2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018 2019 2020
素因数分解 3×673
二進法 11111100011
六進法 13203
八進法 3743
十二進法 1203
十六進法 7E3
二十進法 50J
ローマ数字 MMXIX
漢数字 二千十九
大字 弐千拾九
算木 Counting rod h2.pngCounting rod 0.pngCounting rod h1.pngCounting rod v9.png

2019二千十九二〇一九、にせんじゅうきゅう)は、自然数また整数において、2018の次で2020の前の数である。

性質[編集]

  • 2019は合成数であり、約数1, 3, 673, 2019 である。
    • 約数の和は2696。
      • 約数関数から導き出される数列 はその初期値によって異なる数列になる。異なる数列になる92番目の初期値(最小の値)を表す数である。1つ前は1983、次は2118。(ただし1を除く)(オンライン整数列大辞典の数列 A257348)
    • 約数を4個もつ571番目の数である。1つ前は2018、次は2021
  • 2019 = 3 × 673
    • 580番目の半素数である。1つ前は2018、次は2021
      • 半素数をつくる p , q において p + 1 と q + 1 も半素数である32番目の数である。1つ前は1985、次は2041。(オンライン整数列大辞典の数列 A193227)
        • 2019 = 3 × 673 , 3 + 1 = 2 × 2 , 673 + 1 = 2 × 337
    • p × q の形で表せる数で素因数の和が平方数となる33番目の数である。1つ前は1703、次は2059。(オンライン整数列大辞典の数列 A141755)
      • 2019 = 3 × 673 → 3 + 673 = 262
  • 3つの素数平方和6通りで表せる最小の数である。次は2091。
  • 2019 = 794 + 1225 = (16 + 26 + 36) + 352
  • 各位の和が12になる143番目の数である。1つ前は1920、次は2028
  • 1/2019循環節の長さが224の3番目の循環小数である。1つ前は1346、次は2692。
  • 2倍、3倍したとき出現する数と自身の数を含めると0から9まで連続する6番目の数である。1つ前は1920、次は2079。(オンライン整数列大辞典の数列 A120564)
    • 例.2019 × 2 = 4038 、2019 × 3 = 6057 、結果自身を含め0から9までの数が出現している。
  • 2019 = 14 + 24 + 34 + 54 + 64
    • 数列 {1, 2, 3, 5, 6} を表す具体的な例を1つあげると、0段階で {1, 2} を用意する。第1段階で 1 + 2 = 3 から {1, 2, 3} という数列を得る。ここに 2 + 3 = 5 を加える。(ここまではフィボナッチ数列と同じ) 次に 1 + 2 + 3 = 6 を加えると第2段階で {1, 2, 3, 5, 6} という数列を得る。これを繰り返していくと第3段階で {1, 2, 3, 5, 6, 11, 14, 16, 17} を得る。(オンライン整数列大辞典の数列 A050049)
    • n = 4 のときの 1n + 2n + 3n + 5n + 6n の値とみたとき1つ前は377、次は11177。
    • 2019 = (3−1/2)4 + (5−1/2)4 + (7−1/2)4 + (11−1/2)4 + (13−1/2)4
  • 2つの連続自然数を降順に並べてできる20番目の数である。1つ前は1918、次は2120。(オンライン整数列大辞典の数列 A127423)

その他 2019 に関連すること[編集]

関連項目[編集]