2019年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2019年のテレビでは、2019年(平成31年/令和元年)のテレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 1日
    • 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』のフィールドリポーターを務めた八木麻紗子(テレビ朝日アナウンサー)が、第2子妊娠による産休入りを理由としてこの日の放送を最後を番組を退いた[41]
    • 【報道】BSフジ・BSフジ4Kで放送の『BSフジLIVE プライムニュース』がインターネット同時配信を開始。民放キー局系のBSテレビ局が、レギュラー番組で同時配信を行うのは初の事例となる[42]
  • 2日 - 【音楽】出産のためフジテレビ系『シオノギ・ミュージックフェア[注 12]の司会を昨年5月から休んでいた仲間由紀恵(女優)がこの日の放送から復帰。これに伴い代役を務めていた加藤綾子(フリーアナウンサー・元同局アナウンサー)は2月23日放送分で任務を終了した[43]
  • 8日 - 【映画】日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で、昨年(2018年)公開され大ヒット作品となった上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』をテレビ初放送の上完全ノーカットで通常より10分拡大の23時4分まで放送[44]、さらに放送開始冒頭から約40分間は一切CMを挟まずに放送した[45]。平均視聴率は11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯・リアルタイム)だった[46]
  • 9日10日 - 【スポーツ】野球日本代表(侍ジャパン)の2019年初戦『ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019「日本×メキシコ」』(京セラドーム大阪)をテレビ朝日系・BS朝日・BS朝日4K(9日)、TBS系・BS-TBSBS-TBS 4K(10日)、J SPORTS 3(両日)にてそれぞれ生中継した。
  • 9日 - 【お笑い・近畿広域圏】 1970年代から1980年代にかけて桂三枝(現・六代 桂文枝)および明石家さんまの主演で一世を風靡した朝日放送(現:朝日放送テレビ)のコメディ番組『花の駐在さん』(吉本興業制作)が、2月23日にクールジャパンパーク大阪TTホールにて『さんま・岡村の花の駐在さん』と題して1日限りで復活して上演された公演の模様について、朝日放送テレビはこの日の15時 - 16時30分枠(関西ローカル)にて放送。本作では明石家さんまが主演を務め、岡村隆史桂文枝西川きよし間寛平らがゲストとして出演した[47]
  • 10日
  • 11日 - 【バラエティ】テレビ朝日系『中居正広の身になる図書館』がこの日のスペシャル『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』(20時30分 - 21時48分)を以て終了[52]。なお同局は中居正広司会の新番組を準備している[53]としていたが、後述するように、全編ローカルセールス枠ながらも土曜12時 - 13時に『中居正広のニュースな会』を放送開始した。
  • 12日 - 【バラエティ・静岡県静岡朝日テレビ(あさひテレビ・SATV、テレビ朝日系)は、『ピエール瀧のしょんないTV』(テレビ朝日系一部局や独立局でも周回遅れ放送あり)について、出演者に問題が生じたことを理由として番組公式サイトを閉鎖すると共に、公式Twitterのアカウントを削除した[54][55]。なお、同局は3月13日午前、同番組の扱いについて「15日0時40分 - 1時10分(14日深夜、通常より15分遅れ)の放送予定を取り消し、放送を休止する」ことを広報部のTwitterにて発表[56]。その後、15日に番組そのものを打ち切ることを決定し、発表した[57]
  • 13日 - 【教養・バラエティ】NHK総合、爆笑問題司会の教養バラエティ番組『探検バクモン』(2012年5月2日 - )がこの日で終了、7年の歴史に幕。
  • 15日 - 【ドキュメンタリー】CBCテレビは、同社制作のドキュメンタリー番組『ゲンバビト』(TBS系列局ネット全国放送)について、出演者の不祥事を受けて番組の編集に支障が生じたことにより3月に放送を予定していた全ての回を中止すると共に、前年度に同時間帯で組まれていた紀行バラエティー番組『旅ずきんちゃん』のスペシャル版を放映することを発表した[58][59]
  • 16日 - 【トーク】NHK総合『土曜スタジオパーク』MC陣の一人で2年間担当した渡辺直美(タレント)がこの日の放送をもって卒業[60]
  • 17日 - 【教養・情報】NHK Eテレの将棋講座・情報番組『将棋フォーカス』は、平成30年度最終放送のこの日を以て2015年4月より隔週で司会を務めた将棋棋士の山崎隆之(八段)と中村太地(七段)ならびに、同じく2015年4月からアシスタントを務めた伊藤かりん(アイドル歌手、乃木坂46、当時)の3人が卒業[61]
  • 18日
    • 【トーク・追悼】テレビ朝日系『徹子の部屋』は、3月17日に内田裕也(ロック・ミュージシャン)が他界したことを受け、この日の放送について当初予定していた前川泰之&政井マヤ夫妻の回を差し替え[注 14]、内田の追悼特集に切り替えて放送した[62]
    • 【バラエティ 深夜番組としては、3月13日まで毎週水曜0時20分 - 0時50分(火曜深夜)に放送されていたKis-My-Ft2出演の『10万円でできるかな』が前述の『中居正広の身になる図書館』の後番組として、この日から月曜20時 - 20時54分に全国ネットのゴールデンタイム番組に昇格(初回は21時48分までの2時間スペシャル)。なお、この昇格は1月19日放送の同2時間スペシャルにて発表された[52][53]
  • 20日21日 - 【スポーツ】日本テレビ系にて、MLB日本開幕戦として東京ドームで開催される「アスレチックス×マリナーズ」戦を生中継(20日は18時30分 - 20時54分、21日は19時 - 20時54分)。
  • 20日
    • 】TBS系『世界遺産』が日本地理学会賞を社会貢献部門で受賞したことが、この日、同局から発表された。テレビ番組が同賞を受賞したのは2011年にNHK総合『ブラタモリ』が団体貢献部門で受賞して以来8年ぶり2例目、社会貢献部門では『世界遺産』が初[63][64]
    • 【音楽】NHK総合にて、桑田佳祐(サザンオールスターズ)が昭和と平成の大衆音楽について語る音楽特番『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」〜昭和・平成、そして新たな時代へ〜』(22時 - 23時10分)を放送。番組内では桑田のスペシャルインタビューや、桑田自身が過去3回行ったソロライブ「ひとり紅白歌合戦」を紹介するほか、前年の紅白歌合戦での秘話も紹介された[65]。なお、BSプレミアムで4月30日に拡大特別版で放送された(後述)。
  • 22日 - 【スポーツ・近畿広域圏】 朝日放送テレビで毎年プロ野球シーズン中に放送されていた阪神タイガース応援番組『虎バン』(CS放送・スカイAでも時差ネットで放送)について、2019年以降はレギュラー放送を行わないことがこの日判明。以後は単発特番として放送される見込み[66]
  • 23日
    • 日本テレビ系
      • 【バラエティ】『月曜から夜ふかし』(プラチナイト月曜)特別編として、通常の改編期のゴールデン・プライムタイム特番とは異なる内容の特番『月曜から夜ふかし特別版 平成のテレビ問題大清算スペシャル』(19時 - 21時54分)を放送[67]
      • 【スポーツ】深夜枠スポーツニュース番組『Going! Sports&News』は、この週の放送にて当番組気象情報担当を1年間務めた水谷果穂(女優、土曜日)&トラウデン直美(タレント、日曜日)の2名が番組を卒業[68]
  • 24日
    • (23日深夜)【お笑い】NHK総合にて、1999年 - 2010年に放送されたお笑い番組『爆笑オンエアバトル』が放送開始から20周年を記念して、復活特番『爆笑オンエアバトル20年SPECIAL 〜平成最後の年に一夜限りの大復活!〜』(0時30分 - 2時)を放送。司会は同番組から輩出されたお笑いコンビ・タカアンドトシが務め、番組前半はアンジャッシュおぎやはぎダンディ坂野テツandトモ東京03ドランクドラゴンはなわ北陽ますだおかだといった同番組出身芸人らがスタジオに集結して思い出を語ったほか、後半は放送当時と同様、若手芸人10組によるオンエアバトルを展開した[69][70]
    • 【音楽・バラエティ】NHK BSプレミアムAKB48 SHOW!』(2013年10月5日 - )が終了、5年半の歴史に幕[71]
    • 【紀行・バラエティ】1995年4月から2008年9月まで毎日放送制作・TBS系で放送された『世界ウルルン滞在記』がスペシャルとして10年ぶりに一夜限りで復活(21時 - 22時48分)。今回は竹内涼真(俳優)がミャンマーホームステイし、現地の子供たちと触れあう様子などを放送する[72]。司会は徳光和夫と設楽統。
    • 【情報】フジテレビ・関西テレビの共同制作による、フジテレビ系情報ワイド番組『Mr.サンデー』は、2013年4月より2代目アシスタントを務めた椿原慶子(フジテレビアナウンサー)が、第1子妊娠による産休入りのため、この日の放送を最後に退く[73]
  • 25日 - 【ドラマ・単発枠】TBS系 2時間ドラマ枠『月曜名作劇場』が終了[74]。これに伴い、同系列における2時間ドラマのレギュラー枠は消滅する[74](最終回は23時7分までの3時間超え枠の拡大版で放送)。
  • 26日
    • 【バラエティ・新潟県】(25日深夜) テレビ新潟(TeNY、日本テレビ系)で放送されていたNGT48の冠バラエティ番組『NGT48のにいがったフレンド!』はこの日の放送を以て終了[75]
    • 【教養・バラエティ】BSテレ東・BSテレ東 4Kの動物バラエティ番組『まさはる君が行く!ポチたまペット大集合』(2012年6月6日放送開始、当時:BSジャパン)がこの日の2時間SPを最後に足掛け7年に亘るレギュラー放送を終了、今後は不定期特番で継続予定[76]
    • 【音楽】 NHK総合ではこの日22時より『竹内まりや Music&Life 〜40年をめぐる旅〜』と題する40分の音楽特番を放送。シンガー・ソングライターの竹内まりやが2008年以来のテレビ番組に登場し、デビュー以来40周年の歩みなどを紹介すると共にこれからの思いについても語った[77]
  • 27日
    • 【紀行・バラエティ】 NHK総合、平日昼の紀行バラエティ生番組『旬感☆ゴトーチ!』(2018年4月2日 - )がこの日の放送を最後に1年で幕。なお、4月からこの枠は一週間すべて収録番組と一部レギュラー番組の再放送枠に切り替わったため、『ひるのプレゼント』(1970年 - 1991年)以来49年間続いた正午台の生放送番組枠が消滅した[78]
    • 日本テレビ系
      • 【バラエティ】2014年4月から『ヒルナンデス!』の水曜レギュラーを務めていたお笑いコンビ・ハリセンボンがこの日の放送をもって番組を卒業[79]
      • 【バラエティ】中居正広冠司会の『ナカイの窓』(2012年10月 - )が終了、6年半の放送に幕[80][81]
  • 28日 - 【バラエティ・トーク】テレビ朝日系「ネオバラエティ」水曜日に放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』が、この日の20時 - 21時48分枠でゴールデンタイムのスペシャル番組として放送[82][83]
  • 29日
    • NHK
      • 【地域報道・関東広域圏】関東広域圏で放送の『首都圏ネットワーク』のキャスターを2016年4月より担当した合原明子(NHKアナウンサー)が、この日を以て3年務めた番組を離任[84]
      • 【報道】『ニュース7』の平日版メインキャスターを2017年4月より務めた鈴木奈穂子(NHKアナウンサー)が産前産後休業入りを理由としてこの日を以て2年務めた番組を離任[84][85]
      • 【報道】平日23時台の『ニュースチェック11』(2016年4月4日 - )が、この日の放送を以て3年の歴史に幕[84][85]
    • 日本テレビ系
      • 【情報】 平日朝の情報番組『ZIP!』で第3代女性MCを務めてきた川島海荷(女優、2016年10月3日より在任)がこの日をもって勇退。また、2011年4月1日の放送開始から8年間金曜パーソナリティとして出演してきた鈴木杏樹(女優)および、料理コーナー『MOCO'Sキッチン』→『おもてなしMOCO』レギュラーを務めた速水もこみち(俳優)もそれぞれ、この日を最後に同番組を卒業した[86]
      • 【紀行・ドキュメンタリー・バラエティ】深夜番組『アナザースカイ』(金曜23時 - 23時30分)がタイトル改題・リニューアルのため、第1シリーズはこの日が最終回となり、第5代女性MCを務めてきた中条あやみ(女優・ファッションモデル、2016年10月7日より在任)がこれにあわせて最後に卒業した[87][88](番組名改題前最終回はプロ野球開幕戦の15分延長により、23時15分 - 23時45分に15分押しで放送)。
    • テレビ朝日系
      • 【情報】平日朝の情報ワイド番組『羽鳥慎一モーニングショー』(ANNフルネット24局+ANNフルネット局の置局のない県のNNN2局へも系列外ネット[注 15])のアシスタントを放送開始の2015年10月より3年6か月務めた宇賀なつみ(テレビ朝日アナウンサー、当時)が、3月末日での自身のテレビ朝日退職に伴い、この日の放送を最後に番組を卒業した[89]
      • 【報道】平日昼枠の『ワイド!スクランブル』内包の『ANNニュース』(11時45分 - 11時56分)を2016年4月より担当した下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)が、自身の家庭の都合[注 16]による業務縮小を理由としてこの日の放送を以て番組を降板した[90]
    • (28日深夜)【トーク・バラエティ・教養】稲垣吾郎(元SMAP)がSMAP時代から冠司会を務めていたTBS系深夜枠のを紹介していたトークバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(2011年4月 - )が終了。8年間の歴史に幕[91]
    • 【情報・関東広域圏】テレビ東京の情報番組『よじごじDays』(関東ローカル)は、2代目司会者を2017年10月から1年6か月務めた竹崎由佳(テレビ東京アナウンサー)が、この日の放送を最後に番組から離任した[92]
    • 【情報】 フジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』は、2015年3月の放送開始以来、4年間キャスター陣の一人として番組に出演した三田友梨佳がこの日の放送を最後に勇退[93]
    • 【報道・経済】BSテレ東・BSテレ東4K平日プライムタイムの経済ニュース番組『BSニュース 日経プラス10』のメインキャスターを2014年4月より務めた小谷真生子(フリーキャスター)が、この日の放送を最後に5年間担当した番組を勇退[94]
    • 地方局
      • 【地域報道・情報・近畿広域圏】読売テレビの早朝枠ローカル情報番組『朝生ワイド す・またん!』にて、2010年の番組開始から9年間出演したニュース解説担当の辛坊治郎(ジャーナリスト、元読売テレビ解説委員)がこの日の放送を最後に番組を勇退[95]
      • 【地域報道・情報・近畿広域圏】関西テレビの夕方枠ローカルニュース番組『報道ランナー』にて、2017年3月の放送開始から木曜・金曜のサブキャスターを担当した中島めぐみ(関西テレビ放送アナウンサー)がこの日の放送を最後に番組を離任[96]
      • 【地域報道・情報・中京広域圏】CBCテレビの夕方枠ローカル報道・情報番組『イッポウ』(2006年4月3日 - )が終了、13年の歴史に幕。
      • 【地域報道・情報・静岡県】静岡朝日テレビの夕方枠ローカルワイド番組『とびっきり!しずおか』のニュースゾーン「AsahiTV News」を2015年4月から担当している赤間優美子(静岡朝日テレビアナウンサー)が、この日の放送を最後に4年間担当した番組から勇退[97]
  • 30日
    • (29日深夜)【音楽】TBS系で、2018年の放送を見送ったシンガーソングライター小田和正がホストを務める『クリスマスの約束』に代わる特別番組『風のようにうたが流れていた』(0時20分 - 1時50分)を放送[98]
    • フジテレビ系
      • 【報道・情報】土曜早朝枠報道・情報番組『めざましどようび』は、2018年4月よりメインキャスターのひとりとして出演した宮澤智(フジテレビアナウンサー)がこの日の放送を以て番組を離任[99]
      • 【バラエティ】紀行バラエティ番組『もしもツアーズ』の2002年10月の番組開始から16年半にわたってレギュラー出演していた三瓶(お笑い芸人)がこの日の放送をもって番組を卒業[100]
    • 朝日放送テレビ
      • 【紀行】テレビ朝日系(同系フルネット局の置局のない一部の県の日本テレビ系3局でも系列外ネット)の旅行番組『朝だ!生です旅サラダ』のコーナーである「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」のリポーターを担当しているヒロド歩美(朝日放送テレビアナウンサー)が、この日の放送を最後に2015年8月1日[注 17]から出演した同番組を勇退する[101]
      • 【オーディション・近畿広域圏】関西ローカルにて、動画投稿者などを対象とした異色オーディション番組『新世代スターアワード NEXT 〜あなたもテレビで活躍しませんか?〜』(23時30分 - 翌0時55分)を放送。番組の司会は陣内智則が務め、特別審査員として西川きよし(漫才師)が出演した[102]
    • 【情報・静岡県】静岡朝日テレビの土曜午前枠(9時30分 - 10時25分)の情報番組『サタハピ しずおか』がこの日の放送を最後に前身の『筧利夫のサタ☆ハピ!しずおか』から通算して4年の歴史に終止符を打った[103]
  • 31日
  • 31日・4月1日 -【スポーツ】- 日本テレビ系週末の深夜枠スポーツニュース番組『Going! Sports&News』(通常編成時は土・日曜23時55分 - 翌0時55分)は、この週の放送から当番組気象情報担当として、31日(日曜)[注 18]から山崎紘菜(女優、土曜版)と4月1日(月曜)[注 19]から永島聖羅(タレント、日曜版)の2名が登板する[68]

4月[編集]

4月上期[編集]

  • 1日
    NHK
    日本テレビ系
    • 【情報】『ZIP!』は、この週の放送から4代目女性メイン司会者に同局アナウンサーの徳島えりかが就任[110][注 20]。また、気象予報士の小林正寿(月・水・金担当)とくぼてんき(火・木担当)両名が加入、お天気キャスター担当3年目となる貴島明日香(ファッションモデル)[注 21]とのコンビで気象情報を担当する。
    • 【報道】新元号『令和』の発表がこの日11時40分頃に執り行われたことにより、日本テレビは10時25分 - 12時55分に『NNN news every.特別版「平成」の次は?新元号誕生まですべて見せます』をこの日の『news every.』の通常放送とは別途に放送した。なお同日の『ヒルナンデス!』については60分繰り下げ・短縮の12時55分 - 13時55分に「短縮版」の形で放送された。
    テレビ朝日系
    • 【情報】午前枠の情報ワイドショー番組『羽鳥慎一モーニングショー』は、この日の放送より前週までアシスタントを務めていた宇賀なつみの後任として、同日にテレビ朝日に入社した新人アナウンサー:斎藤ちはる(元アイドル歌手、乃木坂46元所属メンバー)を抜擢起用した[111]。この日は新元号発表関連のニュースを報じるために通常放送とは別枠で9時55分 - 10時25分に『ANN報道特別番組 羽鳥慎一モーニングショー』も別途放送。
    • 【情報】昼枠の情報番組『ワイド!スクランブル』は、この日の放送からメインキャスターの大下容子(テレビ朝日アナウンサー)の名が冠された『大下容子ワイド!スクランブル』に番組名が変更され、第2部の放送時間が20分繰り下げ・短縮の12時50分 - 13時40分となる(第1部は従前通り10時25分 - 12時、一部地域では10時30分または11時45分に飛び乗り)[112]。なお、MC冠つき番組名変更後第1週(1日 - 5日)に限り、「第2部」の開始時刻を繰り上げ、前拡大する(1日は12時開始・2 - 5日は12時30分開始。これは『帯ドラマ劇場』第2期開始が1日開始ではなく、8日開始であり、さらに1日は『徹子の部屋』も休止のため)。なお、1日の第1部はテレビ朝日系列フルネット全24局でのみの放送となるが、いずれの局でもフルネットでの放送となる(第1部の内包番組『ANNニュース』は臨時で休止)。
    • 【バラエティ】 これまで土曜22時10分 - 23時10分[注 22]で放送されていた『陸海空 地球征服するなんて』はこの日から「ネオバラエティ」枠へ移動し、タイトルも陸海空 こんなところでヤバイバルに変更。さらにインターネットテレビAbemaTV』とも連動し、「ヤバイ司令官」役で髙嶋政宏(俳優)が新たに加入[113]
    TBS系
    • 【情報】平日早朝枠の『はやドキ!』は、この週よりメインキャスターが前週までの高野貴裕(TBSアナウンサー)から山本匠晃(同)&皆川玲奈(同)に交代する[114]
    • 【情報】平日早朝枠の『あさチャン!』はこの週より産前産後休業から復帰の加藤シルビア(TBSアナウンサー)が加入、スポーツコーナーは月曜と火曜が熊崎風斗、水 - 金曜が日比麻音子(共にTBSアナウンサー)が担当する[115]
    • 【報道】新元号発表がこの日11時30分ごろと決定されたことから、9時55分 - 12時55分に『JNN報道特別番組「まもなく新元号発表!」歴史的瞬間いまなにが?』を放送する。これにより、『ひるおび!』は「午後」のみの放送となり、65分繰り下げ・短縮の13時 - 13時55分に「短縮版」を放送。なお、通常時「ひるおび!・午前」の終盤のローカル枠で放送している各局別のローカルニュースは単独番組扱いで12時55分 - 13時に放送。
    • 【報道・情報】CBCテレビの制作により、TBSをはじめとする一部系列局でも番販ネットしている午後のワイドショー『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(13時55分 - )は、この週より制作局でもTBSの現在の飛び降り点である15時49分終了に変更される[116]。またこの日からIBC岩手放送(IBC、岩手県)、チューリップテレビ(TUT、富山県)、熊本放送(RKK、熊本県)の3局で新規にネットされることになり、ネット局が11局に拡大する[117]が、北海道放送のみ通常編成時に行使していた15時40分での飛び降りネットを、東北放送・熊本放送でもこの日から通常編成時に実施。また同番組では毎週水曜日のコメンテーターに古舘伊知郎(フリーアナウンサー)が加入し、3月まで水曜コメンテーターであった東国原英夫(政治評論家)が木曜日へ異動する[118]
    テレビ東京系
    • 1日(3月31日深夜) - 【アイドル・バラエティ】 アイドルグループ:日向坂46(旧けやき坂46)の冠番組にしてテレビ東京制作のアイドルバラエティ番組『ひらがな推し』(毎週月曜1時5分 - 1時35分〈日曜深夜〉、関東ローカル)が、グループ名の改名(けやき坂46⇒日向坂46)などがあったことにより、この日の放送を最後に番組リニューアルを理由として1年間の歴史に幕を閉じる形で放送終了となった[119]
    • 【報道】新元号発表がこの日11時30分ごろと決定されたことから、『昼サテ』(通常時は11時13分 - 11時35分)を5分後拡大とし、11時40分まで5分後拡大して[注 23]、『昼サテスペシャル』として放送した[120]
    • 【報道】月 - 金曜日夕方の情報番組『よじごじDays』(関東ローカル、平日15時40分 - 16時54分・「祝日かつ月 - 金曜日」15時55分 - 16時54分)は、3代目司会者として松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)がこの日の放送から登板する[92]
    フジテレビ系
    • 【報道】新元号発表がこの日11時30分ごろと決定されたことから、9時50分 - 11時55分に『FNN特報 列島縦断LIVE!ようこそ新元号SP』を放送する。
    • 【報道】この日より新ニュースブランド『Live News』を立ち上げ[121][93]。全日通しての夕方は『Live News it!』として平日版のメインキャスターに加藤綾子が就任し、脇を木村拓也(同局アナウンサー)と風間晋(同局報道局解説委員)が固め[122]、また週末版のキャスターは竹内友佳野島卓(いずれも同局アナウンサー)が務める。
    • 【情報・ワイドショー】 情報ワイドショー『直撃LIVE グッディ!』は、前週までキャスターを務めていた三田友梨佳が『FNN Live News α』へ異動することに伴い、この日の放送より宮澤智(フジテレビアナウンサー)が三田の後任として加入、また倉田大誠(同)が1年ぶりに番組に復帰する[123]
    • 【食・紀行・ミニ番組】 日本の農業と食にスポットを当てた新ミニ番組『四季彩キッチン』(毎週月曜日21時54分 - 22時、ただし4月1日の第1回は改編期のため54分繰り下げ、22時48分 - 22時54分の放送)を開始。ナビゲーターには林修(予備校講師)が起用される[124]
    NHKの各放送局ならびにキー局以外の5大系列局のローカル編成および独立局・BS・CS
    • BSデジタル
      • 【報道・経済】 BSテレ東・BSテレ東4Kのプライムタイムの経済ニュース番組『BSニュース 日経プラス10』は、この週の放送から新メインキャスターとして榎戸教子(フリーアナウンサー)が登板する[94]。また同番組の火曜日担当サブキャスターには竹崎由佳(テレビ東京アナウンサー)が起用される[92]
      • 【報道】BSフジ・BSフジ4Kの『BSフジLIVE プライムニュース』は、4月より出演者の交代およびシフト変更を実施。アンカーマンに2018年3月以来、1年ぶりの番組復帰となる反町理(フジテレビ放送局解説委員長)を起用、またアシスタントキャスターには竹内友佳(フジテレビアナウンサー)が前年に引き続き続投して月曜日から水曜日まで担当し、木曜日・金曜日担当として長野美郷(フリーアナウンサー)が起用される[125]
    • 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)
      • 【情報】MX1(091ch・メイン)で放送の夕方の情報番組『5時に夢中!』の8代目となる番組アシスタントとして、上田まりえに代わりこの日の放送から大橋未歩(フリーアナウンサー)が登板する[126]
      • 【スポーツ】月曜20時枠で、東京に本拠を置くプロおよびアマチュアスポーツにスポットを当てた生放送番組『TOKYO LOVE SPORTS』を放送開始。キャスターは登坂淳一(フリーアナウンサー・元NHKアナウンサー)と稲村亜美(タレント)が務め、コメンテーターを水内猛(元サッカー選手)、またリポーターとして宮下純一(元競泳選手)と室伏由佳(元陸上競技選手)が担当する[127]
    • 【報道・中京広域圏】 CBCテレビで、中京ローカルの夕方新報道番組『チャント!』(15時49分 - 19時)を開始[116]。TBS制作『Nスタ』のネット受けについては、前番組の『イッポウ』同様、「第2部」のJNN協定適用部分のみ実施。
    • 【近畿広域圏】NHK大阪放送局
    • 【情報・近畿広域圏ほか】 毎日放送『ちちんぷいぷい』(宮崎放送南日本放送にも改編前は15時50分までの第1部のみネット)は、この日から放送時間を従来より約2時間短縮して15時49分までの放送とし、ネット局3局で放送時間が15時49分終了に変更の上統一される。毎日放送ではさらにこれに引き続いて新情報生番組『ミント!』を開始(15時49分 - 19時)。またちちんぷいぷいのMCは月・火曜が山中真、水 - 金曜が河田直也(いずれも毎日放送アナウンサー)が務め、ミント!はMCを大吉洋平が、ニュースキャスターを西靖(いずれも毎日放送アナウンサー)がそれぞれ務める[129]。TBS制作『Nスタ』のネット受けについては、従前通り「第2部」のJNN協定適用部分のみ実施(従前は単独番組扱いで放送)。
    • 【情報・近畿広域圏】朝日放送テレビキャスト』(月 - 金曜日15時50分 - 17時53分・18時15分 - 19時)は、この週から放送開始時間を15時50分に繰り上げ、新たにレギュラー出演者として関西ジャニーズJr.出身のユニット・なにわ男子を起用する[130]。また月曜日のコーナー担当にヒロド歩美喜多ゆかりの同社女子アナを起用、金曜日には同社顧問の道上洋三が自身11年ぶりのテレビ登場で、1970年代に放送されていた『モーニングジャンボ奥さま8時半です』(TBS系[注 24])以来となるレギュラーとして「道上さんの中継」コーナーを津田理帆(同社アナウンサー)と共に担当する[131]
    • 【報道・情報・近畿広域圏】関西テレビ『報道ランナー』は、この週より放送開始時間を2分繰り上げて16時45分からとする。また同番組サブキャスター担当曜日も変更となり、薄田ジュリア(フリーアナウンサー)が月 - 木曜の担当、竹上萌奈(関西テレビ放送アナウンサー)が前週までの中島めぐみに代わって金曜を担当(竹上は火・水曜のスポーツコーナーも担当)となる[96]
    • 【報道・情報・静岡県】 静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』のニュースゾーン「AsahiTV News」は、この日の放送から広瀬麻知子(静岡朝日テレビアナウンサー)が、新たにキャスターとして登板する[132]
    • 【情報・石川県】 北陸朝日放送(HAB、テレビ朝日系)で、3月29日終了の『2時はどきどき5ch』(月 - 金曜日14時 - 14時45分、13時55分 - 14時に事前枠『もうすぐ2時どき』も別途放送)の後番組として、同番組の放送時間繰り下げの上『HABスーパーJチャンネル』(月 - 木曜日16時45分 - 19時・金曜日16時45分 - 18時53分、改編後はいずれも16時50分開始)を内包させた形の自社制作の夕方ワイド新番組『ギュッ!と石川 ゆうどきLive』(月 - 木曜日15時52分 - 19時・金曜日15時52分 - 18時53分、本編はいずれも16時50分まで)を開始[133]
  • 2日
    • 【報道】NHK総合『クローズアップ現代+』は月曜の放送を廃止して火曜から木曜までの週3日放送に縮小し、放送時間を22時 - 22時30分の30分とする[134]。また同番組はメイン司会の武田真一(NHKアナウンサー)は続投するが、リポーターを一新し、高山哲哉合原明子栗原望のNHKアナウンサー3名が新たに起用される[84]
    • 【報道】フジテレビは前日より立ち上げたニュースブランド『Live News』のうち、この日から[注 25]通常編成時における月曜 - 木曜の夜・土曜未明について、『FNN Live News α』として月曜から木曜は三田友梨佳、土曜は内田嶺衣奈(いずれも同局アナウンサー)がキャスターを務める[121]。全日通しての昼は当初予定より1日遅れての開始となるが、『FNN Live News days』として平日版のキャスターを島田彩夏(月 - 金曜)、奥寺健(月 - 水曜)、野島卓(木・金曜)、週末版を山中章子(いずれも同局アナウンサー)が務める[93][122]
    • 【情報】日本テレビ(首都圏、中京圏熊本県にてネット放送)の午前枠情報番組『バゲット』の気象情報担当として、この日の放送より宮崎由衣子(気象予報士)が加入した[135]
    • テレビ朝日系
      • (1日深夜)【バラエティ】この日から毎週火曜(月曜深夜)0時20分 - 0時50分に『しくじり先生 俺みたいになるな!!』を1年半ぶりにレギュラー放送再開(一部地域では遅れネットまたは非ネット)。初回ではクロちゃん安田大サーカス)によるしくじり授業が行われた[136]
      • 【バラエティ】金曜21時台に放送されていた『金曜★ロンドンハーツ』はこの週より火曜日の「ネオバラエティ」枠へ移動。枠移動に伴いタイトルも火曜21時枠時代の『ロンドンハーツ』に復す[137][138]
    • TBS
    • 【情報・経済関東圏】TBSの経済情報ミニ番組『ビジネスクリック』(火 - 金曜 0時55分 - 0時58分〈月 - 木曜深夜〉・土曜 0時15分 - 0時20分〈金曜深夜〉)は、この週よりキャスター陣を一新。火曜:阿部菜渚美(女優)、水曜:中城あすか(モデル)、木曜:菜波(モデル)、金曜:榊原美紅(女優)、土曜:井口綾子(タレント)が新たに登板する[139]
  • 2日・5日 - 【バラエティ・全国放送化】2012年4月より中京テレビで放送中の『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』(当初は中京ローカル、後に日本テレビを除く一部同系列局と近畿広域圏の独立局の一部でもネット)が4月からNNS加盟全29局ネット番組に移行し(ただし、加盟各局で放送日時は異なる。)、制作局では2日から火曜0時59分 - 1時29分(3月までより5分後拡大)に、日本テレビでは5日から金曜1時29分 - 1時59分に新規にネット開始[140]
  • 3日
    • 【教養】NHK総合の歴史教養番組『歴史秘話ヒストリア』(NHK大阪制作)は、4月よりナビゲーターとして渡邊佐和子(大阪局アナウンサー)が登板する[84]
    • 【バラエティ】 日本テレビ系にて過去に10回特番として放送された、『過去にメディアなどに取り上げられた事象・人物の“その後”を直撃する』人物探索バラエティ番組『衝撃のアノ人に会ってみた!』をレギュラー化し、水曜19時 - 19時56分に新設する[141]。司会は徳井義実チュートリアル)と桝太一(日本テレビアナウンサー)が担当する(初回は20時54分までの2時間スペシャル)。
    • BS朝日・BS朝日4K
      • 【音楽】『日本の名曲 人生、歌がある』は、2013年10月の番組開始から司会を務めた五木ひろし(歌手)に代わり、二代目司会者として布施明(歌手)がこの日から就任すると同時に、タイトルも『日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある』に変更。布施がレギュラーの歌番組の司会[注 26]を務めるのは実に約50年ぶりとなる[142]はずだったが、その後3月に声帯ポリープを患ったことにより延期(6月より仕事復帰、7月3日放送より就任)、この日の放送(3時間スペシャル)は石川さゆり千昌夫吉幾三が代役を務め、また布施の着任までの間は週替わりで出演者の中から代役司会者でつないだ[143](→7月3日の出来事も参照)。
      • 【バラエティ】 水曜22時枠で、過去2回特番として放送された春風亭昇太(落語家)がナビゲーターを務める『春風亭昇太の少年時代工房』をレギュラー化してこの日から放送開始[144]
  • 3日・5月4日(5月3日深夜)
    • 【深夜枠・編成】日本テレビ系列で深夜のエンターテインメント枠『プラチナイト』(3月までは月 - 木曜23時59分 - 翌0時54分。月 - 水曜版は日本テレビ制作、木曜版は読売テレビ制作)について、新たに土曜0時30分 - 0時59分に日本テレビ制作による「金曜版」も5月4日から開始した[145]が、3月まで当該時間に日本テレビをはじめとする半数の系列局で同時放送していた『プラチナプラス』の放送時間・放送のセールス形態を変えずに、枠だけをそのまま置き換える格好になる。なお枠の放送日拡大に伴って放送開始されるレギュラーの新番組は5月4日開始の『新・日本男児と中居[146]である(なお、4月6日 - 27日は『プラチナイト』金曜版開始前のため、つなぎで毎週異なる穴埋め番組を放送)。なお、水曜版のレギュラー番組としては、『ナカイの窓』の後枠として、中京テレビ制作の新レギュラー番組『それって!?実際どうなの課』を3日から開始[147]
  • 4日
    • 【報道】テレビ東京系『モーニングサテライト』はこの日より木・金曜担当のサブキャスターに、産休から復職した秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)を起用[148]
    • 【情報・ファッション】NHK BSプレミアムでは、渡辺直美(タレント)が世界のファッションインフルエンサーをナビゲートする新番組『渡辺直美のナオミーツ』(毎週木曜 23時 - 23時29分)を開始[149]
    • 【報道・近畿広域圏】 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』はこの日の放送から木・金曜担当のサブキャスターとして入社2年目となる同局アナウンサーの澤口実歩が就任[150]
  • 5日
    • 【バラエティ】よしもと所属のお笑いコンビ、霜降り明星が出演する金曜未明(木曜深夜)枠の冠バラエティ2本が、この日未明(4日深夜)から関東・静岡地区のテレビ朝日系列局でそれぞれ放送開始されている。
      • 【関東広域圏】テレビ朝日では、金曜1時59分 - 2時29分枠にて『霜降りバラエティ』が放送開始。放送後にTVerおよびauビデオパス」でも配信される。
      • 【静岡県】静岡朝日テレビでも、金曜0時25分 - 0時55分枠にて『霜降り明星のあてみなげ』が放送開始[151]。一部地域のANN系列局のほか、TOKYO MXでも16日(15日深夜)より遅れネット開始。
    • 【音楽】NHK Eテレのクラシック音楽番組『ららら♪クラシック』は、4月より新たにアシスタントとして石橋亜紗(NHKアナウンサー)が起用される[84][152]
    • 日本テレビ系
      • 【情報】『ZIP!』金曜日、鈴木杏樹の後任となる第2代メインパーソナリティに、元アマチュアレスリング選手の吉田沙保里が就任[110]
      • 【紀行・ドキュメンタリー・バラエティ】『アナザースカイ』はこの日から『アナザースカイII』に番組名改題の上、「アナザースカイ」からの通算で6代目女性MCとして、広瀬アリスが就任[88](ただし、番組名改題後初回は『金曜ロードSHOW!平成狸合戦ぽんぽこ」』(ノーカット版)の35分後拡大のため、23時35分 - 翌0時5分に放送)。
    • 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』の気象情報担当として、2019年新入社女性アナウンサーの下村彩里(テレビ朝日アナウンサー)がこの日より毎週金曜に登板する[153]
  • 6日
    • NHK総合
      • 【報道】『NHKニュースおはよう日本』 (土曜・日曜・祝日)は、この日の放送よりサブキャスターに石橋亜紗(NHKアナウンサー)、スポーツコーナー担当に産前産後休業から復職する廣瀬智美(同)をそれぞれ起用する[84]
      • 【報道】『NHKニュース7』(土曜・日曜・祝日)は、この日の放送よりメインキャスターは青井実が、サブキャスターは井上裕貴池田伸子(いずれもNHKアナウンサー)が務める[107][154]
      • 【地域報道・近畿広域圏】大阪放送局制作の土曜日朝枠ローカルニュース番組『ウイークエンド関西』は、前月までの松苗竜太郎&井田香菜子(NHKアナウンサー)に代わり、今月より近田雄一(同)が登板する[128]
    • 【情報】日本テレビ系 『ズームイン!!サタデー』のこの日の放送から、「スポーツコメンテーター」としてラジオDJ・タレントのサッシャが加入[155]
    • テレビ東京系
      • 【教養】土曜22時枠で放送中の『美の巨人たち』はこの日から『新 美の巨人たち』にリニューアルし、新たに「アートトラベラー」として又吉直樹(お笑い芸人・小説家)、貫地谷しほり(女優)、井浦新要潤(いずれも俳優)が週替わりで登場する[156]
      • 【トーク・バラエティ】土曜22時30分枠で、新トークバラエティ番組『ひねくれ3』(ひねくれスリー)を放送開始。番組ではひねくれ3人男の山里亮太岩井勇気小宮浩信(いずれもお笑い芸人)が毎回、様々な業界で活躍する“若き挑戦者・成功者”のゲストを相手に丁々発止の検証トークを展開、3人男とゲストのトークを仕切る進行役【司会】には秋元真夏(アイドル、乃木坂46)が起用される[157]
    • 【報道・情報】フジテレビ系『めざましどようび』は、この日の放送より久慈暁子(フジテレビアナウンサー)がメインキャスターのひとりとして登板する[99]
    • 【情報・静岡県】静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』が土曜日に進出して『とびっきり!しずおか 土曜版』としてこの日より放送開始。新番組は土曜9時30分 - 11時45分・11時57分 - 13時の大型ワイド番組の形態を採り、平日版を担当している橋本ありす&森直美(共に静岡朝日テレビアナウンサー)および伊地健治(静岡朝日テレビ専属リポーター)が土曜版も出演、レギュラーゲストに田村亮(タレント)と小川泰平(犯罪ジャーナリスト)が起用される[158]
  • 7日
    • 【教養・情報】NHK Eテレの将棋講座・情報番組『将棋フォーカス』(日曜10時 - 10時30分)は平成31年(→令和元年)度最初となるこの日の放送から、将棋棋士の高見泰地叡王)と都成竜馬(五段)が隔週交代で番組の司会を務め、アシスタントとして向井葉月(アイドル歌手、乃木坂46)が新たに登板[61]
    • 【情報】日本テレビ系の情報番組『シューイチ』の気象情報担当が、この日より前週まで担当した7代目の西村まどか(タレント)から8代目となる新人の安田サラ(タレント)に交代する[159]
    • テレビ東京系
      • 【単発枠】『日曜ビッグバラエティ』がこの日から1年ぶりに19時54分 - 21時54分の120分枠を通常編成とするように復した(2018年度は21時までの66分枠ではあったものの、実際には旧の放送時間を中心とした枠拡大版でしか放送実績がなかった)[注 27]
      • 【スポーツ】モータースポーツ番組『SUPER GT+』は、この日の放送から新たにリポーターとして岡副麻希(フリーアナウンサー・タレント)が加入する[160]
    • フジテレビ系
      • 【スポーツ・ドキュメンタリー】 日曜午前枠の“スポーツ界のミライの金の卵”を発掘するスポーツ・ドキュメンタリー番組『ミライ☆モンスター』は、この日の放送より高橋朱里(AKB48)に代わり、矢作萌夏(同)が登場する[161]
      • 【アニメ】アニメ『ちびまる子ちゃん』が2020年1月にアニメ放送開始30周年を迎えるのに先立ち、「30周年アンバサダー」として女性アイドルグループ・ももいろクローバーZが就任。この日の放送からオープニングテーマ「おどるポンポコリン」を歌唱する[162]
      • 【情報・ワイドショー】 フジテレビ・関西テレビの共同制作による情報ワイド番組『Mr.サンデー』は、産前産後休業入りする椿原慶子(フジテレビアナウンサー)の後を受け、この日の放送より3代目アシスタントとして三田友梨佳(同)が登板する[73]
    • CBCテレビ
      • 【情報・健康】TBS系全国ネット番組『健康カプセル!ゲンキの時間』は、この日から2代目司会者として筧利夫(俳優)と西尾由佳理(フリーアナウンサー)が登板する。
      • 【スポーツ】中京圏ローカルの中日ドラゴンズ応援情報番組『サンデードラゴンズ』は、前月まで11代目アシスタント司会者を務めていた柳沢彩美(CBCアナウンサー)が産前産後休業入りにより番組を降板した後を受けて、12代目アシスタント司会者として田中優奈(同)がこの日の放送から登板する[163]
      • 【ドキュメンタリー】 3月に出演者の不祥事により事実上打ち切りとなったTBS系全国ネット番組だった『ゲンバビト』の後番組として、引き続き働く人を応援するコンセプトとした『BACKSTAGE』をこれまでと同様全国ネットでこの日から開始。進行役は置かず、テーマに沿ったゲストを毎回呼んで送る[164]。→3月15日の出来事も参照
  • 8日(7日深夜) - 【アイドル・バラエティ】 アイドルグループ:日向坂46の冠番組で、テレビ東京制作(今回より一部地方局での放送あり)のアイドルバラエティ番組『日向坂で会いましょう』(毎週月曜【日曜深夜】1時5分 - 1時35分)が、この日より放送開始[119]
  • 9日
  • 12日 - 【バラエティ・ミニ枠】テレビ朝日系 木曜0時20分 - 0時50分(水曜深夜)で放送されていた『ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会』が金曜日20時57分 - 21時54分へ移動し、『ザワつく!金曜日』と番組名も改題されて放送開始。これまで同様に長嶋一茂石原良純高嶋ちさ子が司会を務め、高橋茂雄サバンナ)が進行を務める[168]。これに伴い関東ローカルの『世界の街道をゆく』(20時54分 - )は金曜に限り、20時57分までの3分枠に短縮(月 - 木曜日は従前通り21時まで)。
  • 13日 - 【バラエティ】テレビ朝日系で、3月まで「ネオバラエティ」月曜日枠で放送されていた『激レアさんを連れてきた。』が、この日より土曜22時10分 - 23時10分に放送枠を移動して放送開始[169]
  • 14日
  • 15日 - 【バラエティ】 TBS系で、過去にスパモク!!水トク!枠にて主に正月や改編期に特番で放送していた『メイドインジャパン!』をレギュラー化して月曜21時 - 22時枠で放送開始(初回は19時からの3時間SP)。司会を山里亮太(コント師 / タレント)が務め、番組進行役として江藤愛&田村真子(共にTBSテレビアナウンサー)を起用。田村はバラエティ番組初レギュラーとなる[172][173]

4月下期[編集]

  • 16日(15日深夜) - 【バラエティ】 日本テレビ火曜未明(月曜深夜)1時29分 - 1時59分枠にて、アイドルグループ、日向坂46の冠バラエティ番組『HINABINGO!』を放送開始、番組のMCは小籔千豊(喜劇俳優)が務める(第1シーズンは6月25日まで、7月16日より第2シーズン開始)[174]
  • 18日
    • (17日深夜)【紀行・バラエティ】TBS系にて、 2015年4月から2016年3月まで放送されたKAT-TUN出演の紀行バラエティ番組『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』がこの日から3年ぶりに復活し、タイトルも『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』(木曜(水曜深夜)1時28分 - 1時58分)として放送開始[175]
    • 【紀行】テレビ東京系木曜19時台(18時55分 - 19時53分)の新番組として『太川蛭子の旅バラ』を放送開始(初回は20時49分までの2時間SP)。太川陽介(歌手)と蛭子能収漫画家・タレント)のコンビによる旅行番組となる[166][176]
    • 演芸・追悼】BS朝日・BS朝日 4Kの演芸番組『お笑い演芸館+』ではこの日[注 28]、8日に逝去した漫談家のケーシー高峰を偲び「追悼・ケーシー高峰さん…たくさんの笑いをありがとう」と題し、2018年1月13日に故人が出演した回を再放送した[177]
    • 【トーク・表現問題】テレビ朝日系『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』で2月14日から翌15日にまたがって放送した「高校中退芸人」の回にて、大阪府立西成高等学校大阪市西成区を取り上げた際に「事実と異なる内容や差別的な表現があった」とし、この日から翌19日にまたがる回[注 29]の番組終了直前(19日未明)に謝罪コメントを放送。また同局は同番組の公式サイトに謝罪文を掲載した[178]
  • 19日 - 【映画・アニメ・追悼】日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、11日に『ルパン三世』原作者で漫画家のモンキー・パンチが逝去(後述)したことを受け、当初の放送予定を変更し、劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(1978年作品)を放送した[注 30][179]
  • 20日 - 【音楽】 NHK BSプレミアムにて、ZARDを特集した音楽特番『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』(21時 - 22時59分)を放送[180]
  • 21日
  • 22日 - 【トーク】TBS系の月曜プライムタイム枠改編として、20時 - 20時57分)で有田哲平くりいむしちゅー)と高嶋ちさ子(バイオリン奏者)の2人が出演し、ゲストを迎えて人生を語り合う『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』を放送開始(初回は19時 - 21時に2時間SP)[172]
  • 23日 - 28日 - 【スポーツ】テレビ東京系およびBSテレ東にて、卓球の国際大会『世界卓球2019ハンガリー』を連日放送[183]
  • 26日 - 【情報・バラエティ・近畿広域圏】 読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』で1993年6月の番組開始からレギュラーを務めていた森たけし(同局アナウンサー)がこの日の放送をもって卒業。5月からは同局アナウンサーの山本隆弥が新たに加入する[184]
  • 27日 - 【情報】テレビ朝日ほか、一部地域のみの土曜正午枠(12時 - 13時)にて、中居正広の冠司会による生情報番組『中居正広のニュースな会』を放送開始[185][186]
  • 29日 - 5月1日 - 【皇室譲位践祚改元・編成】NHK総合では4月29日から5月1日にかけての明仁天皇の退位と皇太子徳仁親王の践祚、『平成』から『令和』への改元という一時代の転換に合わせて3日間で関連ニュースを中心に平成時代回顧や新時代の展望などを柱にした特別編成を実施[187]。29日には『総決算!平成紅白歌合戦』と題して、平成時代のNHK紅白歌合戦第40回から前年の第69回まで)を2部構成で振り返る特番を放送。改元前日の30日には全5部の大型特番『ゆく時代くる時代〜平成最後の日スペシャル〜[188]を目玉に、ゴールデン・プライム枠には『NHKスペシャル』(20時台・22時台の2回)などが編成された。
  • 29日 -【報道・改編】TBS系では4月改編に加え、5月改編も実施(2か月連続改編は異例)。『NEWS23』の月曜から木曜までの放送開始時間をこの日からこれまでの23時10分から10分繰り上げて2018年3月までの開始時間であった23時スタートに戻す[189](終了時刻は23時56分で変更なし)。これに伴い、月 - 木曜日22時開始の4番組『1番だけが知っている』『火曜ドラマ』(『わたし、定時で帰ります。』の第3話以降)『水曜日のダウンタウン』『櫻井・有吉 THE夜会』は従前より10分短縮の22時57分終了となり、後続の曜日別ミニ枠(関東地区以外は別番組に差し替え)は10分繰り上げた[190]
  • 30日 - 5月1日未明 -【特番】平成最終日の30日夜から令和施行当日の5月1日未明にかけて、各局で特別番組を編成した。
    • 日本テレビ系
      • 【バラエティ】『ザ!世界仰天ニュース』は『ザ!世界仰天ニュース 平成最後の仰天ニュースは生放送4時間SP!』と題し4時間に拡大、21時40分 - 21時43分に一時中断を挟む2部構成の生放送を行った。なお同番組は『ゴールデンまなびウィーク』の一環として、ゲストに所ジョージが出演した(第1部…19時 - 21時40分・第2部…21時43分 - 23時)。
      • 【報道】23時からの『news zero』は放送時間を1日0時59分まで1時間後拡大し『news zero拡大版 有働由美子&櫻井翔「改元の瞬間」生中継SP〜zeroから考える新時代〜』と題し(第1部…23時 - 翌0時・第2部…翌0時 - 0時59分)、同番組でメインキャスターを担当する有働と、月曜日レギュラーキャスターの櫻井翔(嵐)がタッグを組み、改元の瞬間を全国各地から生中継した[191]
    • テレビ朝日系
      • 【トーク】『徹子の部屋』は両日ともに、森英恵(ファッションデザイナー)、森パメラ、森泉(タレント)、森星(ファッションモデル・タレント)の一家3世代4名がゲストに登場(3世代揃ってのテレビ出演は初)、平成最後と令和最初の回を飾った[192][193]
      • 【情報・バラエティ】『羽鳥慎一モーニングショー』はこの日、通常放送とは別枠に9時55分 - 10時25分に『じゅん散歩』(通常時は関東地区・東海3県以外では各局別番組に差し替え)代替の拡大SPも別途放送し、通常と別枠にてゴールデンタイム特番『羽鳥慎一モーニングショー 夜の拡大版 今夜決定!あなたが選ぶ平成ニッポンのヒーロー総選挙』(18時30分 - 21時54分)を放送した[194]
      • 【報道】21時54分からの『報道ステーション』を1日0時20分まで1時間5分後拡大して放送した(第1部…21時54分 - 23時15分・第2部…23時15分 - 翌0時20分)。
    • TBS系
      • 【トーク】19時 - 20時57分に『生放送!平成最後の日』と題した2時間の特番を放送、総合司会を安住紳一郎(TBSアナウンサー)と古館伊知郎(フリーアナウンサー)が務めた[195]
      • 【報道】5月改編により、前日から23時開始となったばかりの『NEWS23』をこの日は1日0時25分まで29分後拡大して放送した。
    • テレビ東京系
      • 【バラエティ】『開運!なんでも鑑定団』は『開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定スペシャル』と題し3時間に拡大して放送(18時55分 -19時・19時 - 21時48分)。1994年の番組開始当初から2016年まで司会を務めた番組功労者の一人である石坂浩二(俳優)が約3年ぶりにスタジオに登場した[196]
      • 【報道】22時 - 5月1日1時に『池上彰の選挙ライブ』のフォーマットで『池上彰の改元ライブ 平成から令和…新時代を見に行く!』と題した3時間の報道特番を地上波・BSテレ東で同時放送。番組進行と解説を池上彰(ジャーナリスト)が務めるとともに、大江麻理子(テレビ東京キャスター)と相内優香(同局アナウンサー)の両名も進行を務めた[197]
    • 【報道・ドラマ】フジテレビ系では18時30分 - 1日0時55分に『FNN報道スペシャル 平成の大晦日 令和につなぐテレビ 知られざる皇室10の物語』と題した6時間25分の報道特番を生放送(第1部…18時30分 - 20時・第2部…20時 - 23時・第3部…23時 - 翌0時55分、日本テレビ系列とのクロスネット局2局では23:00以降前述の『news zero拡大版 - 』をネットするため第3部を非ネット)。総合司会はタモリが務め[198]、番組内企画として、上皇后美智子の生涯を描いたドラマ『プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡』を永作博美の主演で放送した[199]
    • 【音楽】NHK BSプレミアムではこの日、NHK総合で3月20日に放送した桑田佳祐の音楽特番(上述)の特別版として『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」〜昭和・平成、そして新たな時代へ〜 平成フィナーレSP』を、総合テレビ未放送の新映像も追加の上1時間30分に拡大して放送した(21時 - 22時30分)[200]

5月[編集]

  • 1日
    • 【報道・情報・気象】日本テレビのお天気キャラクター「そらジロー」が、同局系『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24制作)のこの日の放送からバーチャル化して登場[201]
    • 【お笑い・バラエティ・特番】TBS系では令和施行初日のこの日、19時よりダウンタウン松本人志浜田雅功)司会のお笑いバラエティ特番を『〜令和初日お笑い祭〜大復活!リンカーン×ドリーム東西ネタSP』と題し、21時を境とした2部構成・合計4時間弱に亘って編成。まず前半(19時 - 21時)には元日の恒例としておなじみの『ドリーム東西ネタ合戦』を、続く後半(21時 - 22時57分)は平成時代に放送されたバラエティ番組『リンカーン』(2005年 - 2013年)の復活版として『リンカーン復活SP』をそれぞれ放送した[202]。『ドリーム東西ネタ合戦』を元日以外で放送されたのは初、『リンカーン』の復活特番の放送は今回で6回目(過去5回はすべて同じコーナー)。また、復活特番第7弾として10月16日には秋恒例となっている『リンカーン芸人大運動会2019』を放送[203]
  • 3日 - 【情報】日本テレビ系『ZIP!』ではこの月から新たに金曜日の月替わりパーソナリティ枠を新設。毎月1名が各月、金曜日メインパーソナリティの吉田沙保里とのコンビで番組の顔を務める。5月はDAIGO(ミュージシャン〈BREAKERZメンバー〉、タレント)が務めた[204]
  • 4日(3日深夜) - 【トーク】日本テレビ系『プラチナイト』枠で新設の土曜未明(金曜深夜)に放送の「金曜版」(土曜0時30分 - 0時59分)の新番組として、中居正広の司会による"一風変わった価値観"を持つ現代の日本人男性を対象にしたトーク番組『新・日本男児と中居』を放送開始[205]
  • 6日 - 【特番・兵庫県サンテレビは、1日に開局50周年に到達したことを受け、この日3部構成[注 31]による開局50周年記念特別番組『SUNキュー!!50年 そして未来へ』(総合司会:浅越ゴエ、スタジオアシスタント:影谷かおり榎木麻衣両アナウンサー)を10時55分 - 18時、神宮球場で行われたヤクルト×阪神のナイトゲームを『開局50周年記念中継 サンテレビボックス席』として18時からそれぞれ放送した。
  • 8日 - 【バラエティ】テレビ東京系水曜20時枠(19時54分 - 21時)にて、長嶋一茂・石原良純のコンビ冠バラエティ『一茂&良純の自由すぎるTV』を放送開始[166](初回は18時55分からの2時間SP)。
  • 10日 - 【BPO・長野県長野放送(NBS、フジテレビ系)で3月21日に放送した特別番組『働き方改革から始まる未来』が、放送内容がCMと識別できないものだったとして、BPOの放送倫理検証委員会はこの日、同番組の審議入りを決定した[207][208]10月7日、BPOは同局に対し、番組が「全体的に特定企業とその事業内容のPR色が濃い」として、放送倫理違反があったと判断する意見書を通知した[209]
  • 11日12日 - 【スポーツ】TBS系にて、横浜国際総合競技場にて両日行われた、リレー種目の国際競技会『世界リレー2019横浜』を両日に亘ってゴールデンタイム枠にて生中継した[210]
  • 12日 - 14日 - 【報道・不祥事・近畿広域圏】読売テレビは12日、2日前の10日に放送された『かんさい情報ネットten.』内のコーナー「迷ってナンボ!」で、性別を質問したりするなど個人のプライバシーに関して不適切な取材を行っていたとして謝罪。同コーナーを巡っては番組コメンテーターを務める若一光司(作家)がコーナー終了後に批判した他、インターネット上でも批判にさらされていた[211]。その後翌13日の番組冒頭でメインキャスターを務める中谷しのぶ(同局アナウンサー)らが謝罪。コーナーの当面休止も発表された[212]。さらに14日には同コーナーに出演していたお笑いコンビ・藤崎マーケットの二人がそれぞれ互いのTwitter上で「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪[213]。なおBPOの放送倫理検証委員会が6月14日に今回の事象について審議入りしたことを同日、同局が発表した[214]
  • 15日16日 - 【トーク】テレビ朝日系『徹子の部屋』が放送回数通算11,000回を達成。それを記念して、両日とも加山雄三(歌手・俳優)、泉ピン子(女優)、和田アキ子(歌手・タレント)の3名がゲストに登場した。
  • 16日 - 【バラエティ・教養】テレビ大阪制作・テレビ東京系『二代目 和風総本家』の司会者として、同番組ナレーションの前田吟(俳優)がこの日の放送から就任[215]
  • 19日 - 【スポーツ】この日、現地時間の18日夜にイギリスの旗 イギリスグラスゴーで開催されたプロボクシング・WBSSバンタム級トーナメント準決勝、井上尚弥大橋ボクシングジム所属)対エマヌエル・ロドリゲスプエルトリコ)戦の模様を、WOWOWプライムでは日本時間19日4時30分より生中継を実施[216]。なお、地上波のフジテレビ系ではこの試合を21時より録画中継した[217]
  • 26日 - 【紀行・バラエティ】テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』のアシスタントを務めた福田典子(テレビ東京アナウンサー、2016年10月より在任)が、この日の放送で同番組を退いた[218][219]
  • 28日 - 【報道・編成】この日朝、神奈川県川崎市多摩区登戸にて通り魔殺傷事件が発生。これを受け、NHK総合と民放各局ではニュース・情報番組にて第一報を伝え、各局の情報番組の内容を大幅に変更して事件を報道したほか、一部の局では報道特別番組を編成して伝えた[220]
    • NHK総合では『あさイチ』でオープニング 直後に事件の第一報をニューススタジオから数分間放送。その後、状況が深刻化したことから8時50分頃に急遽中断、そのまま途中打ち切りとした上で緊急報道特別番組を放送した[注 32]
    • テレビ朝日系ではこの日『羽鳥慎一モーニングショー拡大SP』(通常放送とは別枠)・『大下容子ワイド!スクランブル・拡大』(通常放送とは別枠)を9時55分 - 10時25分・12時 - 12時30分にそれぞれ放送し、同日放送予定番組の一部[注 33]の休止対応をとった[221][222]
    • TBSでは9時55分からの『おびゴハン!』(関東ローカル)を休止して報道特別番組を放送した[220]
    • フジテレビ系ではこの日『ノンストップ!』(一部地域を除く)の内容を大幅変更した[220]ほか、夕方ニュース『Live News it!』の拡大版として15時50分より報道特別番組を放送した(一部地域でもネット)[223]
  • 31日 - 【報道】TBS系『NEWS23』は、この日の「金曜版」の放送(終了時刻は6月1日0時15分)でキャスターの雨宮塔子(フリーアナウンサー、2016年7月より登板)、駒田健吾宇内梨沙(共にTBSテレビアナウンサー)が降板した[224][225]

6月[編集]

  • 2日 - 【スポーツ】この日19時よりフジテレビ系で生中継した『RIZIN.16』(神戸ワールド記念ホール)の那須川天心対マーティン・ブランコ戦第2ラウンドで、ブランコが流血のためドクターチェック中に事前の取り決めに従いCMを1分間挿入したところ、那須川の決定的なノックアウトシーンが生で放送されなかったためSNS上で批判される騒ぎとなった。これについて大会実行委員長の榊原信行は謝罪の上で「今後CMを入れるタイミングについてフジテレビと協議する」とコメント[226][227]。さらにフジテレビ取締役の石原隆は7日に行われた同局の定例会見の場で「生中継の準備および打合せがうまく行かず視聴者の皆様にご迷惑をお掛けしました」と陳謝した[228]
  • 3日 - 【報道】TBS系ではこの日、報道番組の刷新が行われた。まず『Nスタ』には「ニュースプレゼンター」としてTBS入社2年目となるアナウンサーの良原安美を起用[229]。『NEWS23』を同日放送よりリニューアル、出演者を一新。5代目メインキャスターには小川彩佳(フリーアナウンサー、元テレビ朝日アナウンサー)を起用、アンカーマンには星浩(ジャーナリスト)がスライド登板し、取材キャスターには村瀬健介(TBS報道局記者)、サブキャスターに山本恵里伽(TBSアナウンサー)、スポーツキャスターには石井大裕(同)がそれぞれ新たに登板[224]
  • 5日 - 【情報・結婚】お笑いタレントで、漫才コンビ「南海キャンディーズ」のメンバー山里亮太吉本興業所属)と、女優の蒼井優が結婚を発表[230]、同日朝の日本テレビ系『スッキリ』では、「天の声[注 34]からも双方の結婚について、スポーツ紙などの報道で明るみにされたことが報告された[230]。また、翌6日の放送にも山里が生出演し、『スッキリ』は5・6両日ともに第1部(8時 - 9時30分)の2日続けて2桁視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した(5日は10.3%・6日は11.4%)[231]
  • 5日・9日 - 【スポーツ】サッカーの国際試合『キリンチャレンジカップ2019』の日本代表出場2試合(5日:対トリニダード・トバゴ豊田スタジアム。9日:対エルサルバドルひとめぼれスタジアム宮城)を、フジテレビ系(5日)[232]とTBS系(9日)[233]でそれぞれ生中継した。
  • 8日 - 7月7日(日本時間) - 【スポーツ】女子サッカーの国際大会『FIFA女子ワールドカップフランス2019』開催。日本代表戦を含む全試合をNHK BS1[234]およびJ SPORTSで生中継したほか、11日14日20日26日の日本戦全4試合(26日は決勝トーナメント1回戦)がフジテレビ系にて生中継され[235]、同系では元女子日本代表の澤穂希がゲスト解説を務めた[236]
  • 9日 - 7月14日 - 【映画】BSフジ・BSフジ 4Kにて、1997年よりフジテレビ系で連続ドラマ・スペシャルドラマとして放送され、1998年より劇場用映画として制作・公開された、織田裕二主演の刑事ドラマシリーズ『踊る大捜査線』の劇場映画シリーズ全6作品(スピンオフ2作品[注 35]含む)が、6週に亘って各1本、4Kリマスター・完全ノーカットにて放送(各作品、日曜日21時より放送)された[237]
  • 12日 - 【スポーツ】BSテレ東・BSテレ東 4Kにてこの日、プロ野球セ・パ交流戦西武×巨人」(メットライフドーム)を生中継、BSデジタル放送におけるプロ野球中継では初めて4K制作による放送となった(17時58分 - 21時、中継延長のため172chにて放送継続)[238]
  • 14日
    • 【バラエティ】フジテレビ系で2004年4月から2009年3月までレギュラー放送され、伊東四朗(タレント・俳優)が「サプリマスター」に扮して人気を博した『脳内エステ IQサプリ』が2014年の特番以来5年ぶりに2時間スペシャル『IQサプリ2019 令和も超スッキリスペシャル!』として『金曜プレミアム』枠で復活(20時 - 21時49分)[注 36]。レギュラー時代は解答者だった今田耕司(タレント)が「主任」として伊東をサポートした他、久慈暁子(フジテレビアナウンサー)が第四代秘書を務めた[239]
    • 【スポーツ・近畿広域圏】関西テレビで放送したプロ野球セ・パ交流戦オリックス阪神』戦(京セラドーム大阪)の中継にて、勝利したオリックスの選手のヒーローインタビューが放送されなかったため、ファンから同局の対応を批判するツイートが多数寄せられた[240]
  • 16日 - 【音楽】BSテレ東・BSテレ東 4Kにて、今年デビュー50周年を迎え、1992年9月以来歌手活動を休止しているちあきなおみの2時間特番『ちあきなおみ 再び始まる歌姫伝説〜デビュー50周年 新たな魅力再発見〜』(19時 - 20時54分)を放送した[241]
  • 18日
    • 【報道・災害】山形県沖を震源とするM6.8の地震がこの日22時22分頃に発生したことを受け、NHK・民放各局では定時番組を中断して臨時の報道特別番組に急遽差し替える措置を執った。なおNHKではテレビ放送および公式ホームページでの同時配信の形で災害報道を行った[242](19日以降については下述)。
    • 【バラエティ・表現問題・BPO】関西テレビなど[注 37]で5月18日に放送した『胸いっぱいサミット!』で、作家・岩井志麻子の発言について差別的表現があったとして制作局の関西テレビはこの日、謝罪のコメントを発表[243]。また6月22日放送の同番組の冒頭でも同局アナウンサーの関純子が謝罪した[244]。同番組は事前に収録してあったものの、同発言については「差別的意図はない」として編集せずにそのまま放送されていた[243]。BPOの放送倫理検証委員会は7月12日、同番組について審議入りしたことを決定したと発表した[245]
  • 19日
  • 19日 - 21日 -【紀行・ドキュメンタリー】NHK BSプレミアムでは地震の影響により、春秋2季限定で放送している紀行番組『にっぽん縦断 こころ旅』(旅人:火野正平〈俳優〉)は17日から1週予定で放送していた「山形県の旅」を、地震の被害状況を鑑みて週内の放送を取り止めた[247]。7時45分 - 7時59分の「朝版」[注 39]を別番組に差し替え[248]、19時 - 19時29分の「とうちゃこ版」[注 40]については「蔵出しスペシャル」に変更して放送した。なお「山形県の旅」は翌週24日 - 28日(「とうちゃこ版」は29日30日)に改めて放送された[247]
  • 24日
    • 【バラエティ・事故】日本テレビはこの日、2日前の22日に宮城県内で行った『世界の果てまでイッテQ!』のロケ撮影中に、お笑いコンビ・フォーリンラブバービーダンスを披露していたところ左足アキレス腱を断裂する重傷を負い、全治3か月と診断されていたことを公表した[249]
    • 広報・近畿広域圏】朝日放送テレビはこの日から毎週月曜日の23時15分 - 23時22分枠に『サリーの6(ロック)おん!』と題するPRミニ番組を新設。2019年度同局入社の新人アナウンサー増田紗織が司会を担当する[250]。なお、同番組は6月25日より毎週火曜日 - 金曜日の0時29分 - 0時35分枠の帯番組として放送開始[250]
  • 29日 -【編成】TBS系では7月の土曜朝改編に伴い、以下の各番組が放送終了となった。
  • 30日

7月[編集]

  • 1日
    • テレビ朝日系
      • 【トーク・追悼】同日の『徹子の部屋』は、高島忠夫(俳優、司会者)が6月26日に他界(享年88)したことを受け、高島の緊急追悼特集を放送した[255]。なお、当初予定の岩下志麻(女優)のゲスト回は4周遅れで29日に放送[256]
      • 【バラエティ】「ネオバラエティ」月曜日枠は前週までの『陸海空 こんなところでヤバいバル』に代わる新番組として、スター発掘バラエティ『かみひとえ』を放送開始[注 42]。同番組では未来のスター発掘を目的とし、芸能人・素人問わず“かみひとえ”な特技を持つ人材を評価・採点していく。レギュラーMCはココリコ遠藤章造田中直樹)と博多華丸・大吉が務める。うち、ココリコにとっては、かつて同番組と同じ月曜日に放送された『ココリコA級伝説』(1999年4月 - 2000年3月)以来約19年ぶりの同枠での登板となる[257]
    • 【地域情報・静岡県】 テレビ静岡(SUT・テレしず、フジテレビ系)では、6月まで放送していた『てっぺん!』をリニューアルする形でこの週から月曜 - 金曜の16時45分 - 19時枠にて地域情報番組『ただいま!テレビ』を放送開始。同局社員(元アナウンサー)の菰田玲子が6年ぶりの現場復帰の形で番組メイン司会者に就く[258]
  • 1日 - 14日 - 【スポーツ】NHK総合とWOWOWにて、テニスの国際大会『ウィンブルドン2019』を連日生中継。
  • 3日 - 【音楽】 BS朝日・BS朝日4K『日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある』のこの日放送の3時間スペシャルから、二代目司会者として布施明(歌手)が登場。本来は4月3日放送分より就任する予定だったが、3月に声帯ポリープを患ったことにより出演を見合わせていた[259]。→4月3日の出来事参照
  • 4日(3日深夜) - 【バラエティ】テレビ朝日にて、6月まで「ネオバラエティ」月曜日枠で放送していた『陸海空 こんなところでヤバいバル』を関東ローカル枠の木曜未明(水曜深夜)1時59分 - 2時29分枠に移動し、トークバラエティ『ヤバい話のHowMuch?〜ヤバい法律相談〜』と改題・リニューアルして装いも新たに放送開始。これにより、2017年4月に『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』として開始して以来使用されてきた『陸海空』のタイトルが消滅。そして『ヤバい話〜』も9月26日(25日深夜)を最後に番組終了となり、約2年6ヶ月にわたるシリーズに幕が下ろされた。
  • 5日
    • 【バラエティ・BPO】BPOの放送倫理検証委員会は、「週刊文春」が祭り企画でのやらせ疑惑を報じ、1月11日に審議入りした日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』について、「放送倫理違反があったと言わざるを得ない」との認定に至ったことを発表した。これを受けて同局は番組公式サイトで「今回の判断を真摯に受け止め、今後の番組制作に生かしていきます」とコメントした[260]。→1月11日の出来事参照
    • 【クイズ・追悼】フジテレビ系にてこの日『クイズ!ドレミファドン!SP〜話題のドラマ出演者がイントロに挑戦!!〜』を放送(19時 - 21時55分、一部地域は20時飛び乗り、または21時49分まで)。番組初代司会者であり、6月26日に逝去した高島忠夫(享年88)の追悼の旨をエンディングでテロップ表示した[注 43]ほか、一部地域を除いて、高島司会時代のレギュラー放送(1976年 - 1988年)の名場面集を特別に放送した。
  • 6日
    • TBS系
      • 【報道・情報】 毎週土曜朝5時30分 - 7時枠にて新報道・情報番組『まるっと!サタデー』を放送開始(ただし、一部系列局では6時45分以降のみネットワークセールス枠のため、同時刻から飛び乗り)。メインキャスターには駒田健吾田村真子(いずれもTBSテレビアナウンサー)、サブキャスターとして樺島彩(フリーアナウンサー)、気象情報には増田雅昭(気象予報士)をそれぞれ起用[251]
      • 【スポーツ・トーク】 TBS系毎週土曜朝7時 - 7時30分に2020年東京五輪パラリンピック関連番組としてトップアスリートをゲストに招いてトークを展開する『東京VICTORY』を放送開始。MCはトーク番組初司会の安住紳一郎、アシスタントは山形純菜(いずれもTBSアナウンサー)が担当[261]。なお前述の通り、『アニメサタデー630』第1部(毎日放送制作、土曜6時30分 - 7時)および第2部(TBS制作、7時 - 7時30分)はともに6月29日放送分で終了となる。
    • 【音楽・特番】日本テレビ系にて、夏恒例の大型音楽特番『THE MUSIC DAY 2019 〜時代〜』を放送(13時30分 - 15時〈Part1〉・15時 - 16時30分〈Part2〉・16時50分 - 19時〈Part3〉・19時 - 22時54分〈Part4〉。Part2とPart3の幕間の16時30分 - 16時50分はニュース放送のため一時中断)。7回目の放送となる今回のテーマは「時代」で、司会は7年連続で櫻井翔(嵐)が務めた[262]
  • 12日13日 - 【スポーツ】テレビ朝日系にて、夏恒例のプロ野球オールスター戦マイナビオールスターゲーム2019』(12日:東京ドーム、13日:阪神甲子園球場)を両日とも生中継[263](BS朝日・BS朝日4Kおよびテレ朝チャンネル2ホームランダービーを放送したほか、地上波放送終了後にBS朝日・BS朝日4Kでリレー中継を実施した)。
  • 13日 - 28日 - 【スポーツ】テレビ朝日系、BS朝日・BS朝日4Kにて、水泳の世界選手権大会である『世界水泳 韓国・光州2019』(大韓民国の旗 韓国光州広域市にて開催)を連日中継放送。目玉である競泳21日から28日まで地上波で8夜連続放送[264]するほか、アーティスティックスイミングは13日から20日までBS朝日・BS朝日 4Kにて8日間にわたり放送[265]
  • 13日 - 14日 - 【音楽・特番】TBS系にて、夏恒例の大型音楽特番『音楽の日2019』を生放送(13日14時 - 19時・19時 - 21時54分・23時45分 - 14日0時45分・14日0時45分 - 5時、途中別の4番組挿入での中断あり)。第1回から司会を務めている中居正広と安住紳一郎(TBSアナウンサー)のコンビが9年連続で担当、今回のテーマは「」。主な企画として、出演アーティストが汗にまつわる企画に挑戦するほか、中島みゆきの名曲「時代」をTBS系番組の出演者らによる合唱を実施、合唱の指揮をビートたけしが務めた[266][267]
  • 19日
  • 20日
    • 【アニメ】毎日放送制作・TBS系テレビアニメ『スーパーアニメイズム炎炎ノ消防隊』はこの日未明(19日深夜)に放送予定だった第3話について「過日発生した火災を彷彿させる内容がある」として、系列キー局のTBSおよび公式サイトが当日の地上波[271]および配信サイトでの放送を見送ると発表[272]。また第4話以降については公式サイトで改めて告知するとした[272]
    • 【紀行・バラエティ】テレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』はこの日、18時30分より2時間30分の拡大SP[注 44]として放送[注 45]。ゲストに中居正広が登場し、山形県を舞台にバイク旅を展開した。なお、中居がテレビ東京の番組に出演するのはSMAP時代にレギュラー出演していた『愛ラブSMAP!』(1991年 - 1996年)以来約23年ぶりとなった[273][注 46]
  • 21日 - 22日 - 【報道・選挙第25回参議院議員通常選挙(4日公示)投開票日の21日夜から22日午前にかけて、NHK総合と民放各局で選挙特別番組を放送した。
  • 22日 - 【情報・倫理問題】一連の闇営業問題に関わったとされる吉本興業所属タレントの宮迫博之雨上がり決死隊、19日付で契約解除[注 47])と田村亮ロンドンブーツ1号2号、謹慎中。以下「亮」と記す)の両名が20日に共同で開いた謝罪会見および、この日午後に行われた同社社長の岡本昭彦の記者会見のため、民放各局のワイドショー番組ではそれらに関する特集を編成した。
    • 日本テレビ系『スッキリ』では、宮迫と亮の会見に関する特集にて、同番組司会であり、同じく所属タレントである加藤浩次が吉本を痛烈批判。同社の取締役ら経営陣の一新を求め「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と、退社も覚悟の上で訴え、激しい怒りを露わにした[275][276]。また同じく司会陣の一人であり所属タレントである近藤春菜ハリセンボン)も涙ながらに訴えた[277]
    • テレビ朝日系『大下容子ワイド!スクランブル』はこの日、第2部(12時50分 - )の放送時間を拡大し15時34分まで放送して岡本の会見の模様を伝えた[注 48]。日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作)、TBSほか『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作)、フジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』、毎日放送ほか『ちちんぷいぷい』でも予定内容を変更し、岡本の会見に時間を割いて伝えた。
  • 24日 - 【オリンピック2020年東京オリンピック開幕まであと1年となったこの日、NHK総合・民放各局の生放送番組などでオリンピック関連の特集・中継企画を実施。
    • 24日・8月28日 -【特番】NHK総合にて、ジャニーズ事務所所属のグループ・がナビゲーターを務めるオリンピック・パラリンピック特集番組『2020スタジアム』を24日と、パラリンピック開幕1年前となる8月28日の2回に亘って放送(19時30分 - 20時42分)[278][279]
  • 27日 - 【特番】この日、東京都一級河川の隅田川流域(台東区墨田区)で開催される『第42回隅田川花火大会』を、テレビ東京にて当日18時30分 - 20時54分まで生中継[注 49]。本年度の中継は総合司会として高橋英樹(俳優)と角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)(同)が務めた[280]

8月[編集]

  • 3日 - 【映画】NHK総合にて、2016年に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』を地上波初放送(21時 - 23時06分)。これに合わせる形で翌週の10日には『NHKスペシャル』にて後述の特別番組を放送した[281]
  • 4日
    • 【報道・放送事故】フジテレビ系の夕方ニュース番組『Live News it!』[注 50]でこの日、京都アニメーション放火殺人事件報道にて、犠牲者を悼む関係者のコメントを放映した際に実際のコメントとは逆の文言をサイドバー字幕テロップで誤って表示する放送事故を発生させた。フジテレビでは直ちにミスに気付き、同番組内にて訂正と謝罪を行った上、同日深夜のスポーツニュース番組『S-PARK』内でも担当キャスターが放送事故の一切について釈明と謝罪を行った[282]
    • 【紀行・バラエティ】テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』は、この日の放送より4代目アシスタントとして2019年入社の田中瞳(テレビ東京アナウンサー)が登板[283]
  • 5日 - 【アニメ】 フジテレビ系『サザエさん』の二代目フグ田マスオ[注 51]役、また日本テレビ系『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を務めた声優の増岡弘が、高齢(82歳)を理由に両番組を降板したことがこの日、両局が発表。降板は本人の申し出によるもの。サザエさんは同月18日放送分[284]、それいけ!アンパンマンは同月9日放送分[注 52]が最後となる。後任は第3代マスオ役が田中秀幸(声優)、第2代ジャムおじさん役は山寺宏一(声優・俳優・タレント)に決定。山寺はめいけんチーズなどと併任となる[285][286]。なお増岡がナレーションを務め、隔週土曜日に放送されているフジテレビ系『有吉くんの正直さんぽ』については引き続き担当する見込み[287]
  • 6日 - 22日[注 53] - 【スポーツ】第101回全国高等学校野球選手権大会阪神甲子園球場)をNHK総合・Eテレ、朝日放送テレビ・BS朝日・BS朝日4K・スカイA(有料CS)にて中継放送。なお、朝日放送テレビ・テレビ朝日系列では大会期間中に恒例となるダイジェスト番組『熱闘甲子園』を月 - 木・土曜日23時15分 - 23時45分および金・日23時10分 - 23時40分に放送[注 54]。本年度も番組キャスターは古田敦也(元ヤクルト捕手・兼任監督、『サンデーLIVE!!』レギュラーキャスター)とヒロド歩美(朝日放送テレビアナウンサー)が務める[288]。また今年度の同番組テーマ曲(2019年朝日放送テレビ・ラジオ夏の高校野球応援ソング兼)は、Official髭男dism(ピアノポップバンド)の『宿命』を起用[289][290]。また朝日放送テレビでは試合間のインターバルに1回4分のミニドラマ『青空ふたたび』を関西ローカル限定で放送する[291]
  • 9日 - 【特番】NHKのスクランブル放送化を主張する「NHKから国民を守る党」が第25回参議院議員通常選挙にて議席を獲得したことなどを受けて、NHKは総合テレビにて同局理事が出演し、受信料制度への理解を求める番組を放送した(20時42分 - 20時45分)[292]
  • 10日
    • 【特番】NHK総合『NHKスペシャル』はこの日、前週3日放送の『この世界の片隅に』の連動特番として、同局『あさイチ』『クローズアップ現代+』およびラジオ第1らじらー!』の各番組で呼びかけ、SNSを通じて募った視聴者からのエピソードを紹介する特別番組『#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん〜戦争中の暮らしの記憶〜』を放送(21時 - 21時49分)。この番組では『らじらー!』とのコラボ放送も実施し、土曜日パーソナリティの八乙女光伊野尾慧(いずれもHey!Say!JUMP)がテレビ生放送開始前はテレビのスタジオ内に設置したラジオブースからラジオの生放送を通常どおり20時5分から開始し、テレビ放送時間からは八乙女と伊野尾はテレビ側のセットに移動して出演、ラジオでも同時放送された[293][281]
    • 【スポーツ・特番】テレビ朝日系ではこの日、高校野球を題材にした特別番組として『ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙〜最強高校編〜』を生放送(18時56分 - 22時)。今回は高校野球ファンの記憶に残る歴代最強の出場校をファン投票で決定し、最強校のランキングを発表した。司会は爆笑問題田中裕二太田光)が務めた[294]
  • 13日 -【スポーツ・活動進退】テレビ大阪(テレビ東京系、TVO)アナウンサーの植草結樹が、プロ野球中継『ナマ虎スタジアム阪神タイガースVS中日ドラゴンズ』の実況を担当。なお植草は、長きにわたり江夏豊(野球解説者、元・阪神など)とのコンビで阪神戦の実況中継を担当してきたが、2020年1月末で定年退職となるため、阪神戦での実況中継を担当するのはこれが最後となった[295]
  • 20日 - 22日(19 - 21日深夜) - 【バラエティ・特番・関東広域圏】テレビ朝日の深夜枠(火 - 木曜日未明、月 - 水曜深夜)、同局系列のインターネットテレビ局AbemaTVで配信されている人気コンテンツを地上波特別版で放送する特番枠『アベマの時間』を3夜連続で放送。20日は『オオカミくんには騙されない♥』(0時25分 - 1時20分)を、21日は『初対面で結婚!リアリティーショー いきなりマリッジ』(0時55分 - 1時50分)を、22日は『恋愛ドラマな恋がしたい〜宇宙一のキス〜』(0時25分 - 1時20分)といったラインナップをそれぞれ放送した。以降、月1回、1週間のペースで放送されている[296]
  • 24日25日 - 【特番】日本テレビ系にて毎年夏恒例の『24時間テレビ42「愛は地球を救う」』を放送(全国31局[注 55])。メイン会場は例年の日本武道館に代わり(後述の『世界柔道』開催および、東京五輪に向けた改修工事により施設が運用休止のため[297])、この年は両国国技館(東京都墨田区)に場所を移して開催された[注 56]。この年のテーマは「人と人〜ともに新たな時代へ〜」で、メインパーソナリティーには、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・嵐(6年ぶり5回目・櫻井翔のみ2年ぶり6回目)が務め[298]、チャリティーパーソナリティは元フィギュアスケーターの浅田真央が務めた[299]。また、チャリティーマラソンは「24時間駅伝」と題し、4名(1区:近藤春菜(ハリセンボン)→2区:ガンバレルーヤ・よしこ→3区:水卜麻美(日本テレビアナウンサー)[注 57]→最終4区:いとうあさこ)によるリレー形式で実施された[注 58]。なお、全体の平均視聴率は16.5%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)で、最高視聴率は25日20時51分の39.0%(同)だった[300]
    • 【近畿広域圏】このうち、読売テレビの関西ローカルパートにおいて、スペシャルサポーターを務めていた関西ジャニーズJr.所属のアイドルグループ「なにわ男子」のライブがあべのハルカス(大阪市阿倍野区)会場にて25日に予定されていたが、前日の整理券配布の際に想定を上回る来場者が殺到したため「スムーズな運営が困難になる」と判断し、中止となった[301][302]。これについて、同社社長・大橋善光は放送後に開かれた定例の記者会見で「ご不便をおかけした結果、ケガや放送できないトラブルは防げたが、我々の読みが甘かった」と振り返った上で謝罪した[303]
  • 25日 - 9月1日 - 【スポーツ】フジテレビ系にて、柔道の国際大会『2019年世界柔道選手権大会』を独占中継放送。この年は日本武道館(東京都千代田区)にて開催された[304]
  • 25日 - 【スポーツ】テレビ朝日系にてこの日、2019年世界バドミントン選手権大会スイスの旗 スイス バーゼルセイント・ジャコブ・ホール)で日本人選手(男子シングルス:桃田賢斗NTT東日本】、女子シングルス:奥原希望太陽ホールディングス】ら)が4種目で決勝戦に進出したことから、当初予定していた『日曜プライム』枠(21時 - 23時05分)のスペシャルドラマ(『深層捜査スペシャル』)を急遽変更、決勝2試合(男女シングルス)を中継した[305](『深層捜査スペシャル』は9月8日へ移動して放送された(→2019年のテレビドラマ (日本)#主な動向も参照))。
  • 28日
    • 【報道・災害】この日、未明から明け方にかけて九州北部で記録的な大雨となり、NHK総合では早朝から大雨関連の特別報道体制が組まれた。午前6時頃に佐賀県福岡県大雨特別警報が出されたことを受け、当時放送中だった『NHKニュース おはよう日本』は特別警報発令後から7時45分の全国枠終了までほぼ全編大雨報道に徹した。その後、8時15分からの『あさイチ』は第1部のオープニング直後から約10分間、報道スタジオから大雨関連ニュースを放送。また、第1部と第2部の幕間の定時ニュースを9時10分まで延長し関連情報を伝えた。なお、九州・沖縄地方では8時25分頃 - 9時・9時10分 - 9時55分に大雨関連のローカル報道特番を放送したため『あさイチ』は第1部の冒頭部分を除き全編ネット返上となった。また、10時の定時ニュースは大雨関連の報道特番扱いで9時55分 - 10時20分に繰り上げ・拡大となり、後続の『くらし☆解説』『趣味どきっ!』はいずれも15分繰り下げとなった(ただ、九州・沖縄地方は10時20分 - 11時に大雨関連のローカル報道特番を放送のため両番組ともネット返上)。さらに、11時からは大雨関連の報道特別番組を11時54分まで放送し、この影響で11時台のローカル情報番組枠(関東地方の場合は『ひるまえほっと[注 59])が休止となった。午後も、正午の全国ニュースを大雨関連ニュースを中心に12時40分まで拡大放送(ローカルニュースは25分繰り下げて12時40分 - 12時45分に放送、12時20分からの『梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!』は休止)したほか、13時台の『ごごナマ・第1部』は通常同番組内包の定時ニュースを13時 - 13時15分に単独番組扱いで放送したため、15分繰り下げ・短縮(13時15分 - 14時)し放送した[注 60]
    • 【スポーツ】読売テレビ制作・日本テレビ系にて夏恒例の『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019』を放送(19時 - 20時54分)。この年の第42回大会も例年通り滋賀県彦根市松原水泳場を舞台に7月27日・28日の両日開催されるも、27日が台風第6号の影響により途中で打ち切りになったため翌28日の競技の模様を中心に構成して放送された。また、この年から新MCとして矢部浩之ナインティナイン)が就任[306][307]
    • 【地域報道・BPO・埼玉県テレビ埼玉(テレ玉、独立局)の報道番組『ニュース545』で4月11日に放送した、元埼玉県川越市議会議員によるセクハラおよびパワハラを告発した同市職員を相手に損害賠償を求めて起こした訴訟の報道を巡り、BPOの放送人権委員会がこの日、同ニュースについて審理に入ることを発表。同ニュースにおいてテロップで「元市議セクハラ訴訟 被害女性職員 請求棄却求める」と表示して報道したが、元市議が身に覚えのないハラスメントとして提訴したにもかかわらず、「セクハラを訴えられたような印象を与え、名誉を損なわれた」とBPOに申し立てていた[308]
  • 30日 - 【音楽】テレビ朝日系『ミュージックステーション』のこの日の放送にて、ロックシンガーの矢沢永吉が同番組に初出演。当日は東京・六本木の同局本社屋上の特設ステージにて、東京の夜景をバックに、彼の代表曲である「黒く塗りつぶせ」と、最新アルバム『いつか、その日が来る日まで…』(9月4日発売)の収録曲「ヨコハマ Uō・Uō・Uō」の2曲をスペシャルメドレーで披露した。また、司会のタモリと矢沢の初トークが今回実現した[309]

9月[編集]

9月上期[編集]

  • 1日 - 【開局・特番・バラエティ・芸能・音楽】BS日テレ 4Kがこの日正午より放送開始。BS日テレでは4K開局記念として、アイドルグループ・ももいろクローバーZがメインを務める『BS日テレ 4K特番 スタートダッシュ!!ももクロ仕立て』(19時 - 20時54分)を生放送、同特番では同グループと同局人気番組によるコラボレーション企画が行われた。また、4K本放送開始直前に事前SP『4K放送はじまるよ!ももクロがきてます?』(11時30分 - 12時5分)を放送し、特別ゲストにMr.マリック奇術師)を迎え番組の見どころを紹介した[310]。同局ではこの他4K開局記念特番として、7月に横浜アリーナで開催された「和」をテーマにしたアイスショー『氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-』(宮本亜門演出、高橋大輔主演。12時05分 - 14時50分)、1988年に解散したロックバンド、BOØWYの伝説的ライブ・ドキュメント『BOØWY「1224-THE ORIGINAL」』(21時 - 22時54分)、といった番組をそれぞれ放送した[311]。また、平日夜の報道番組『深層NEWS』が同月から4K制作となる。
  • 2日(1日深夜) - 【バラエティ】テレビ愛知制作・テレビ東京系で放送の乃木坂46冠バラエティ番組『乃木坂工事中』のこの日の放送にて、富士山での新曲ヒット祈願の模様をおくる予定だったが、8月26日に落石により20歳代のロシア人女性が死亡したことを受け[312]急遽内容を変更[313]し、過去のヒット祈願の名場面集を放送した。当初の内容は23日(22日深夜)・30日(29日深夜)の2週に亘って放送。
  • 4日6日 - 【特番・災害・北海道】北海道胆振東部地震から6日で1年を迎えるにあたり、北海道内のNHK・民放にて特別番組を編成。4日には、北海道放送(HBC)にて夕方ワイド番組『今日ドキッ!』をベースとした特別番組『今日ドキッ!防災スペシャル 震度7から1年〜大災害から家族を守れ!ど〜みん防災力テスト〜』(19時 - 20時)を放送[314]。また、地震発生から1年となる6日にはNHK総合(北海道ブロック)にて『北海道スペシャル・北海道胆振東部地震から1年〜被災地はいま、そして、これから〜』(札幌局制作、19時30分 - 20時42分)を放送した[315]。さらに、当日6日の各局の夕方ワイド番組は地震の被災地にあたる3町から生中継を行った[316]
  • 4日 - 【単発枠】TBS系水曜20 - 21時枠(ローカルセールス)の単発特番枠水トク!』(第2期、2012年10月 - )が終了[203]。最終番組は『世界衝撃映像100連発第33弾』を放送した。
  • 5日 - いずれも【スポーツ】
  • 7日 - 【バラエティ】テレビ朝日系『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』がこの日の2時間SPをもってレギュラー放送を終了。今後は不定期特番として継続[319]
  • 8日 - 【特番】TBSは上述の不祥事を受け、同系で同日放送予定だった『消えた天才SP』を変更し、差し替えとして、世界各地の動物映像に特化した『大陸横断!世界の珍獣プレミア映像』を放送した(18時30分 - 20時54分)[320][321]
  • 8日 - 9日 - 【報道・災害】台風15号が関東地方に接近・上陸した影響で、NHK総合では8日22時50分以降台風関連の特別報道体制が組まれた。8日22時50分からは台風関連のニュースを9日4時30分まで終夜放送。このため、8日夜の韓国ドラマ不滅の恋人』(第6話)や9日未明(8日深夜)のアニメ『ヴィンランド・サガ』(第10話)、9日早朝の『大相撲 幕内の全取組』がいずれも休止となった[注 61]。その後、9日4時30分からの『おはよう日本』は番組のほとんどを台風関連ニュースに充てた。また、9日午前8 - 11時台も通常のレギュラー番組を『連続テレビ小説 「なつぞら」』など一部を除き休止・時間変更とした上で台風関連のニュースを随時放送。さらに、正午の全国ニュースを台風関連ニュースを中心に12時40分まで拡大放送した(各地域のニュースは25分繰り下げて12時40分 - 12時45分に放送、12時20分からの『うまいッ!』は休止)。
  • 9日 - 【音楽】NHKが演歌歌謡曲に限定した大型音楽イベント『演歌フェス2019』をこの日、渋谷NHKホールにて開催。同日にBS4Kにて5時間半にわたって生放送された[322]ほか、22日29日10月6日にBSプレミアム『新・BS日本のうた』(日曜19時30分 - 21時)にて3夜連続で放送された。
  • 10日 - 【特番・人物】テレビ朝日系にて、2018年に没した女優の樹木希林(享年75)の一周忌(15日)を前に、追善特別番組『樹木希林さん特別番組〜おもしろうて、やがて不思議の、樹木希林〜』(19時 - 20時54分)を放送。同番組では、樹木と生前交流のあった俳優や映画関係者らのインタビューなどを通して、樹木の人物像を紹介。司会は立川志の輔(落語家、タレント)、進行役は大下容子(テレビ朝日アナウンサー)、ナレーションは小林聡美(女優)がそれぞれ担当した[323]
  • 11日 - 【バラエティ・不祥事・ドラマ・特番】TBSはこの日、『テッペン!』水曜枠で放送の『クレイジージャーニー』について、8月14日に放送された同番組2時間SP、レギュラー版の両方において「爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅」の企画にて不適切な演出などがあったことを発表した。同局では、同番組を局内調査が終了するまで放送休止することを決定(後に打ち切り10月21日のできごとも参照)[注 62][324]
  • 12日
    • 【報道・災害・関東広域圏】前述の台風15号により、千葉県で発生した大規模停電の被害が深刻化したことを受け、NHK総合では14時5分 - 14時36分・19時30分 - 19時57分に関東地方向けに千葉県の大規模停電に関するニュースを放送した。これに伴い、関東地方では『ごごナマ・第2部』(14時5分 - 14時55分)が放送されなかった[注 63]ほか、19時30分からの『所さん!大変ですよ「タピオカ」』が関東地方に限り翌週19日に臨時スライド放送された[注 64]
    • 【バラエティ・放送事故】読売テレビ製作・日本テレビ系にてこの日深夜に放送されたバラエティ特番『映像ビックリエイター』(23時59分 - 13日0時54分)において、ある怪獣映画制作者を紹介する際にその監督の制作した映像でなく別の人物が制作した映像を13秒間放映してしまう失態が発生。読売テレビ側では「制作の過程で担当スタッフが誤った映像を使用してしまった」として関係者らに陳謝した[325]
  • 13日
    • 【BPO】BPOの放送倫理検証委員会はこの日、放送倫理違反の疑いがあるとして、NHKワールド・プレミアムで放送のドキュメンタリー番組『Inside Lens』(取材過程における倫理違反)、北海道放送『今日ドキッ!』(選挙報道における公平・公正性の問題)、TBS系『消えた天才』(映像加工問題=上述)の計3番組について審議入りすることを発表[326][327]
    • 【クイズ】日本テレビ系ではこの日、クイズ番組が2本放送された(いずれも司会は桝太一〈日本テレビアナウンサー〉が務めた)。
    • 【ドラマ・単発枠・トーク】1984年10月に『金曜女のドラマスペシャル』として誕生、2015年4月からの『金曜プレミアム』へと続くフジテレビ系金曜夜の2時間枠が終了、この日放送の『さんまのまんま もそろそろ結婚したいなSP』(関西テレビ制作)を最後に、35年の歴史に幕[330]
  • 14日 - 16日 - 【報道・災害・関東広域圏】前述した台風15号による千葉県の大規模停電が長期化していることを受け、NHK総合では関東地方に限り早朝・深夜など一部の時間帯を除きL字型画面で千葉県内を中心とした生活支援情報を常時伝えた。また、14日10時55分 - 11時25分・15時5分 - 15時30分、15日13時5分 - 13時35分、16日15時5分 - 15時30分には千葉県内を中心とした台風被害に関する関東地方向けのニュースを放送して関連情報を報じた。これに伴い、14日・16日は『大相撲秋場所中継が関東地方に限り15時30分からの放送となった[注 66]
  • 14日 - 10月15日 - 【スポーツ】フジテレビ系にて、バレーボールの国際大会『FIVBワールドカップ 2019』を女子大会(29日まで)・男子大会(10月1日開幕)共に日本戦を中心に連日中継。なお毎大会、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループが務めることで知られる「スペシャルサポーター」は、ジャニーズWESTが務め[331]、同大会のイメージソング『Big Shot!!』を歌唱した[332]。同大会の「スペシャルサポーター」に、デビュー後のアイドルグループ(いわゆる「デビュー組」)が起用されたのは今回が初。
  • 14日 -【アニメ・特番】NHK BSプレミアムにて『発表!全○○大投票』シリーズの第3弾で、東映アニメーション制作のアニメ『プリキュアシリーズ[注 67]を特集する『発表!全プリキュア大投票』を放送(21時 - 23時30分・23時45分 - 翌0時45分)。なお、放送前月となる8月にはシリーズの歴史を振り返る特集番組『歴史秘話 プリキュアヒストリア』を放送した(BSプレミアム:10日・16日〈再放送〉、Eテレ:17日)[333]
  • 15日

9月下期[編集]

  • 18日
  • 21日 - 【お笑い】TBS系にて毎年恒例のコント王者決定戦『キングオブコント2019』決勝を生放送(18時55分 - 19時〈一部地域を除く〉・19時 - 21時54分)、第12代王者にはどぶろっく浅井企画所属)が輝き、賞金1000万円を獲得した[339]
  • 23日 - 【バラエティ】TBS系で、1997年から2008年まで放送されたアイドルグループ・V6(20th century・coming century)出演の『学校へ行こう!』の復刻版スペシャル『V6の愛なんだ2019』を放送(20時 - 22時57分、途中ニュースによる中断あり[340])。同特番は2017年から3年連続となった[341][342]
  • 25日
  • 26日
    • (25日深夜)【芸能】大韓民国の旗 韓国Mnet」で放送され人気を博し、I.O.IWanna OneIZ*ONEなどを輩出したことでも知られるオーディション番組『PRODUCE 101』の日本版となる『PRODUCE 101 JAPAN』(韓国:CJ ENM・日本:吉本興業主催)の第1弾となる特別番組をTBSにて放送(0時1分 - 1時)。なお、この模様は無料動画配信サービス「GYAO!」にて、全12回のインターネット動画配信が行われ、決勝大会は12月11日、同じTBS系列でゴールデンタイムにて放送される[345][346]
    • 【情報・東京都】TOKYO MXの平日21時枠情報ワイドショー番組『バラいろダンディ』月 - 木曜MCを務めた蝶野正洋(プロレスラー、2017年1月 - )およびアシスタントの阿部優貴子(フリーアナウンサー、2018年10月 - )がこの日を以て同番組を卒業[347]
  • 27日
    • 【情報】TBS系情報番組『ビビット』(2015年3月30日 - )がこの日の放送で最終回[348]。同番組終了により、前身番組『いっぷく!』(2014年3月31日 - 2015年3月27日)から5年6か月続いた国分太一TOKIO)司会のTBS系平日朝番組の歴史に幕。
    • 【情報】フジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』にて、1999年4月の番組開始から20年半サブキャスターを務めていた笠井信輔(フジテレビアナウンサー)が自身のフリーアナウンサー転向に伴いこの日をもって番組を卒業[349]
    • 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』にて月 - 木曜のスポーツコーナー担当兼金曜キャスターを務めていた竹内由恵(テレビ朝日アナウンサー)が、自身の退職を理由に、同日放送を最後に番組を卒業[350]
    • 【情報・東京都】TOKYO MX『バラいろダンディ』金曜MCを務めた島田洋七(漫才師、2015年4月 - )および初代金曜司会で現アシスタントの関谷亜矢子(フリーアナウンサー、2014年4月 - )がこの日を以て同番組を卒業[347]
    • 【地域報道・情報・近畿広域圏】毎日放送『ミント!』にて、4月の放送開始より木・金曜アシスタントキャスターを務めてきた豊崎由里絵(毎日放送アナウンサー)が、10月末に同社を退職することを理由に、この日を最後に番組を卒業[351]
    • 【地域報道・高知県テレビ高知(KUTV、TBS系)にて、開局翌年の1971年4月に放送開始した平日夕方枠の老舗ローカルニュース番組『イブニングKOCHI』がこの日の放送を以て終了、約48年半に亘る歴史に幕。翌週30日より後継の新番組として『情報パレット からふる』を放送開始(月 - 金曜18時15分 - 18時55分)。
  • 27日 - 10月6日 - 【スポーツ】TBS系にて、カタールの旗 カタールドーハにて開催の『世界陸上2019』を独占中継放送。メインキャスターは織田裕二(俳優)と中井美穂(フリーアナウンサー)のコンビで、1997年アテネ大会から12大会連続で務めた[352]
  • 28日
  • 29日
  • 30日
    • NHK、令和元年度後期編成を開始。
      • 【ドキュメンタリー】NHK総合の月曜22時50分枠、新たなドキュメンタリー枠として『ストーリーズ』を放送開始[355]
    • 日本テレビ系の早朝・夕方枠番組にて、改編期に伴うキャスト人事を実施。
      • 【報道】早朝枠のニュース番組『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24制作)では、この週よりメインキャスター陣を一新し、日替わり体制を構築。担当者は月曜:笹崎里菜、火曜:郡司恭子、水曜:市來玲奈、木曜:後呂有紗、金曜:岩田絵里奈(全員、日本テレビアナウンサー)がそれぞれ就任[356]
      • 【情報】『ZIP!』でもシフト入れ替えを実施。スポーツコーナー担当として月 - 水曜に佐藤義朗(日本テレビアナウンサー)、木・金曜に田中毅(同)がそれぞれ登板(田中は3年6ヶ月ぶりに番組復帰)し、ニュース担当のフィールドキャスターには月・火曜は伊藤遼(同)が続投し、水 - 金曜担当には篠原光(同)がスポーツコーナーから配置転換(ニュース自体は引き続き徳島えりか(総合司会)が兼務)。また「SHOW BIZ」コーナー担当、月 - 水曜は後呂有紗(同)が続投(『Oha!4』と兼務)し、木・金曜はこの年入社の新人アナウンサー杉原凛(同)が新たに登板[357]
      • 【報道】夕方のニュース番組『news every.』では「カルチャー&スポーツキャスター」としてハードキャッスル エリザベス(フリーアナウンサー・元山梨放送アナウンサー)がこの日の放送から就任[358]
    • 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』は、この日より月 - 木曜のスポーツコーナー新担当に清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー)が就任[359]
    • 【情報】TBS系平日午前8 - 9時枠にて、新情報ワイドショー番組『グッとラック!』を放送開始(月 - 木曜8時 - 10時25分、金曜8時 - 9時55分)。メイン司会には立川志らく(落語家)と国山ハセン(TBSアナウンサー)が就任、アシスタントとして2019年入社の新人である若林有子(TBSアナウンサー)を新たに起用[348]
    • 【報道】テレビ東京系の夕方ニュース番組『ゆうがたサテライト』のサブキャスターを務めた戸室穂美(フリーアナウンサー、2017年11月6日から在任)がこの日の放送を最後に退任した[360]
    • フジテレビ系の朝番組でもリニューアルを実施。
      • 【報道・情報】『めざましテレビ』では、この週よりフジテレビ新人アナウンサーの藤本万梨乃がフィールドキャスターとして加入する[361]
      • 【情報】『とくダネ!』では、この週より月 - 水曜のコーナープレゼンテーション担当に、フジテレビ新人アナウンサーの堀池亮介が新たに加入する[361]
    • 【情報・東京都】TOKYO MX『バラいろダンディ』はこの週より番組をリニューアル。月 - 木曜の司会者に垣花正(フリーアナウンサー、元ニッポン放送アナウンサー)、アシスタントに大島由香里(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)を起用し、金曜の司会者に宮崎謙介(元自由民主党代議士)、アシスタントに新井麻希(フリーアナウンサー、元TBSアナウンサー)を新たに起用する[347]
    • 【報道】BS日テレ・BS日テレ 4Kの報道番組『深層NEWS』はこの日の放送よりアンカーマンが交代、近野宏明(日本テレビ報道局記者)の後任として、辛坊治郎(フリーキャスター、元読売テレビ解説委員)が就任、月 - 木曜を担当[362]。金曜は日本テレビ政治部記者(元アナウンサー)の右松健太がアンカーマンを務める[363]。またサブキャスターには日本テレビアナウンサーの畑下由佳(月・火曜担当、日本テレビアナウンサー)と久野静香(水 - 金曜担当、同)が、レギュラーコメンテーターには飯塚恵子(読売新聞編集委員)がそれぞれ就任する[363]
  • 30日 - 10月1日未明 -【報道】10月1日に消費税の税率が8%→10%に引き上げられることを受け、NHK総合では深夜帯のニュース解説番組『時論公論』を消費税率引き上げをテーマに5分拡大して放送(23時35分 - 23時50分)、続けて23時50分から1日未明(30日深夜)0時15分まで消費税率引上げの関連ニュースを放送し、税率引き上げの瞬間や増税が景気に与える影響などを中継や記者解説を交え詳報した。民放でも、特に『WBS』(テレビ東京系・BSテレ東・BSテレ東 4K、この日は特別編成のため20分繰り下げ23時20分 - 翌0時18分に放送)や『FNN Live News α』(フジテレビ系)が消費増税のニュースを中心とした内容で放送された。

10月[編集]

10月上期[編集]

  • 1日 - 【ドキュメンタリー・表現問題・BPO】6月に放送されたNHK総合『NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」』について、京都府京都市の団体が「自殺を肯定する内容であり、民放連の放送基準などに違反する」として7月にBPOに対し審議申立書を送付していたことがこの日判明。一方NHKは「世間一般に言われる自殺とは大きく異なっており、放送基準に違反しているとは言えない」と反論している[365]
  • 2日 - 【改編・バラエティ・トーク】テレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』が放送枠を1時間繰り上げ30分拡大し「ネオバラエティ」水曜枠に移動して放送開始。レギュラー出演者は引き続き、バカリズム、中丸雄一KAT-TUN)、カズレーザーメイプル超合金)の3名[366]。なお、これまで同番組を放送していた木曜未明(水曜深夜)0時20分 - 0時50分枠(後続枠)には、今田耕司指原莉乃がMCを務めるトークバラエティ『いまだにファンです!』が日曜未明枠から移動し、タイトルも『すじがねファンです!』に改題・リニューアルし、翌3日未明(2日深夜)から放送開始。同番組の司会は引き続き今田と指原が務めるほか、サブMCとして人気お笑い芸人も出演する[367]
  • 3日 - 【アニメ】テレビ東京系木曜18時枠前半(17時55分 - 18時25分)に、新アニメ番組枠『プリスクタイム』を放送開始。「子どもに見せたい良質なアニメをお届けする」をコンセプトに、『GO!GO!アトム』と『エッグカー』の各15分アニメ2本立てで構成される[368]
  • 4日
  • 4日 - 6日【バラエティ・イベント・北海道】鈴井貴之CREATIVE OFFICE CUE代表)、大泉洋(俳優、TEAM NACSメンバー)らによる北海道テレビ(HTB、テレビ朝日系)制作の長寿深夜番組『水曜どうでしょう』のファンミーティングイベント『水曜どうでしょう祭2019』を札幌・ばんけいスキー場で開催[374]。同番組の最新作をテレビ放送に先駆けて上映する。なお、最新シリーズは2013年10月2日〜2014年1月8日にHTBで放送された「初めてのアフリカ」シリーズ以来6年ぶりとなる[375]。なお、新作の地上波での放送はHTBでは12月25日から開始予定、他の地域では現時点で未定[376]
  • 5日 - 13日 - 【スポーツ】プロ野球・クライマックスシリーズを地上波(主に出場球団の地元各地区ローカル)・BS(NHK BS1、他)・CS各局にて中継放送。
  • 5日
    • 【アニメ】テレビ朝日系の土曜夕方枠(16時30分 - 17時30分)に新アニメ枠として『アニメタイム』を新設。長年に亘り金曜19時枠で放送されていた『ドラえもん』および『クレヨンしんちゃん』のアニメ2本を移動、放送順も『しんちゃん』『ドラえもん』の順に入れ替えとなった[369][382][注 71]。改編に伴い、最後まで残った金曜19時アニメ枠が廃枠となり、民放各局におけるゴールデンタイムのアニメ枠がすべて消滅した。
    • 【料理・トーク・バラエティ】TBS系『人生最高レストラン』はこの週から「2号店」として新装開店、スタジオセットも居酒屋風のものにリニューアルし、新たに「女将」として島崎和歌子がMC陣に加入。リニューアル初回のゲストには木梨憲武とんねるず)が出演した[383][384]
    • テレビ東京系
    • 【特番・北海道】テレビ北海道(TVh、テレビ東京系)にてこの日11時より、開局30周年記念特番として『開局30周年食欲の秋、てんこもりスペシャル』を8時間に亘り生放送。同局の看板番組である『けいナビ〜応援!どさんこ経済〜』『スイッチン!』『旅コミ北海道じゃらんdeGO!』『土曜旅館 桜の間』4番組のMC・リポーター。同局アナウンサーらが総出演、「北海道の食」をテーマにした企画を放送した[386](途中、テレビ東京系ネット番組[注 73]の為中断)。
  • 6日 -【ドキュメンタリー】CBCテレビ制作・TBS系『BACKSTAGE』の新MCとして武井壮(タレント、元陸上競技選手)が登板[387]
  • 8日 - 13日(日本時間) - 【スポーツ】テレビ朝日系にて、ドイツの旗 ドイツシュツットガルトにて開催の体操の国際大会『世界体操2019』(日本時間4日開幕)を6夜連続で放送。
  • 8日 - 【スポーツ・ドキュメンタリー】 BS11にて、学生スポーツに焦点を当てたスポーツドキュメンタリー番組『キラボシ!』(火曜23時 - 23時30分)をこの日より放送開始。番組ナレーターは葵わかな(女優)が務める[388]
  • 9日 - 【バラエティ】TBS系水曜21時枠にて、恵俊彰(タレント・司会者、ホンジャマカ)と高島彩(フリーアナウンサー)が司会を務め、これまで『水トク!』枠(9月終了、前述)にて不定期放送されていた『ワールド極限ミステリー』がレギュラー昇格し放送開始。初回は4時間SP(19時 - 22時57分)で放送した。
  • 10日15日 - 【スポーツ】テレビ朝日系にて、サッカーW杯カタール大会・アジア2次予選日本代表戦をゴールデンタイム枠で中継放送した(10日:対モンゴル、15日:対タジキスタン戦)。
  • 10日 -【情報・東京都】TOKYO MX1『バラいろダンディ』のこの日の放送から、アイドルグループ・NEWS小山慶一郎がコメンテーターとして登場。小山は隔週木曜日のコメンテーターを務める[389]
  • 11日 -【バラエティ】テレビ朝日系金曜20時枠、後述の『Mステ』枠移動に伴い、前月まで「ネオバラエティ」水曜枠で放送されていた『マツコ&有吉 かりそめ天国』をゴールデン進出しこの日から放送(初回は3時間SP)[369][注 71]
  • 12日 - 14日 -【報道・災害・編成】12日、台風19号が日本列島(東海・関東地方)に接近・上陸したことにより、NHKと民放各局にて、12日から14日にかけて一部の時間帯を除き、関連の報道特別番組を放送した。
    • NHK総合(ここでは、12日 - 14日の3日間の動きをまとめる。)
      • 12日 - 9時30分以降の通常番組を『連続テレビ小説 スカーレット』の昼の再放送を除き全て休止し、台風関連の報道特別番組を断続的に長時間放送した。また、正午の全国ニュース(12時 - 12時40分、30分拡大)や『ニュース7』(19時 - 20時、30分拡大)も台風関連ニュースを中心に拡大放送した。なお『ラグビーワールドカップ2019・1次リーグ「アイルランド×サモア」』はEテレに放送波を変更し、19時44分 - 20時・20時 - 21時55分に時間を変更して放送(途中19時55分 - 20時の5分間だけマルチ編成を実施し、メインチャンネルにて通常編成の『NHK手話ニュース』を放送するため、サブチャンネルにて放送)した[390]
      • 13日 - この日の午前中は5時 - 6時53分・8時 - 8時57分・10時 - 11時54分に台風関連の報道特番を断続的に放送[注 74]。午後も、13時15分 - 14時15分・15時 - 15時25分・18時 - 18時45分に台風関連の報道特番を放送した。また、『NHKニュース おはよう日本』(7時 - 8時、15分拡大・全国枠は7時55分まで)、正午の全国ニュース(12時 - 12時25分、15分拡大)、『ニュース7』(19時 - 20時、30分拡大)といった定時報道番組を台風関連ニュースを中心に拡大放送した。また、同日の『日曜討論』(9時 - 10時)では「台風19号・重要課題を問う」と題し、今回の台風に関する議論も行った。このほか、『NHKのど自慢』は15分繰り下げて12時30分 - 13時15分に放送され、前日再放送予定だった『大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜』第38話(6日放送)もこの日の14時15分 - 15時に移動して放送したほか、『プロ野球クライマックスシリーズ・巨人VS阪神』は15時25分から放送[注 75][391]
      • 14日 - 8時15分より随時、豪雨被害関連の報道特番を放送、これにより当日放送の番組の放送時間を概ね変更した[392]。さらに、正午の全国ニュース(12時 - 12時40分・30分拡大)や『ニュース7』(19時 - 19時40分、10分拡大)をそれぞれ時間拡大としたほか、当初この日休止予定だった『ニュースウオッチ9』も急遽21時 - 21時40分に時間変更・短縮の上放送した。さらに、18時台の『ひとモノガタリ』は、18時の定時ニュースが18時15分まで拡大したため18時15分 - 18時45分に時間変更となったが、台風被害の大きかった関東地方などでは当該時間帯に台風関連のローカル報道特番(関東地方の場合は『首都圏ネットワーク』のフォーマットで報道特番を放送)をしたため放送されず、一部地域でのみ東京・放送センターからの先行裏送りネットの形で放送された[注 76]。また、インターネットのニュースサイト「NHK NEWS WEB」やスマートフォン・タブレット端末向けニュースアプリ「NHK ニュース・防災」でも12日朝から14日夜まで総合テレビの台風関連報道の放送同時配信を行ったほか、NHK BS1でも随時関連のニュースを放送した。以後15日以降もしばらく、随時報道番組の枠拡大を行うなどして台風被害の続報を伝えたほか、朝の生活情報番組『あさイチ』でも連日、台風被災地の声を中継などを交えながら伝えた。
    • 民放各局では、以下の通り報道特別番組を編成した。
      • 日本テレビ系では12日、『ラグビーワールドカップ2019 明日運命の大一番!日本×スコットランド直前SP』(13時30分 - 16時10分)[注 77]と直後の2019 ブリヂストンオープン(16時10分 - 17時)を一時中断し台風関連ニュースを放送した後、番組を再開。その後、夕方には読売テレビ制作のアニメ2番組(『僕のヒーローアカデミア』『名探偵コナン』)の放送時間帯に日本テレビをはじめとする一部同系列局では2番組をネット返上し、日本テレビ制作の『news every.サタデー・拡大』(17時30分 - 18時・18時 - 18時30分)を放送(読売テレビをはじめとする、日本テレビ以外の大半の同系列局では2つのアニメを予定通り放送)した。なお、これら2番組は19日の早朝または夕方に各局別での振替放送を行った[注 78][393]。さらに、18時30分からの『満天☆青空レストラン』および19時からの『天才!志村どうぶつ園[注 79]を休止し、『news every.(平日版)』の出演者・フォーマットで『NNN緊急報道特別番組』(第1部…18時30分 - 19時・第2部…19時 - 19時56分)を放送した[394][注 80]。14日の『ZIP!』では予定を大幅変更し、総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)らが現地の模様を中継で伝えた。なお、CS「日テレNEWS24」でも台風関連のニュースを放送した。
      • テレビ朝日系では、12日、14時59分から関東ローカル放送していたクイズバラエティ特番『世界が仰天!クイズどんだけ〜?』を、東京都など1都6県への大雨特別警報発令から30分余り経った16時過ぎをもって打ち切り、さらに前週枠移動したばかりの『クレヨンしんちゃん』『ドラえもん』をこの週はそれぞれ休止し16時過ぎから17時30分まで『ANNスーパーJチャンネル(土曜版)』の出演者・フォーマットで『緊急報道特番 台風19号が直撃』を放送した[395](16時30分までは関東ローカル、16時30分からはANN冠付きで全国ネット)。その後、17時30分からの『ANNスーパーJチャンネル』の通常放送も全編台風報道となった。また21時から23時24分までに放送予定だった『夢対決2019とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』を休止し『ANN緊急報道特番 台風19号が首都圏直撃』に差し替えた[注 81][393][396]。また翌13日も10時 - 11時45分の枠で放送予定だった『サンデーじゅん散歩』を中止し『ANN報道特番 台風19号直撃 列島各地に大きな被害』に差し替えた。
      • TBS系では12日15時 - 15時54分・16時 - 17時30分[注 82]に『報道特別番組「台風19号、関東へ接近」』を放送(この日予定の『バース・デイ』などを休止)。後続の『報道特集』ならびに夜の『新・情報7DAYS ニュースキャスター』でも放送予定を台風関連のニュースを中心に差し替え放送した。翌13日も6時 - 6時30分に報道特番を放送したほか、関東など一部地域では7時台前半(7時 - 7時30分)の『健康カプセル!ゲンキの時間』(CBCテレビ制作)の同時ネットを返上し報道特番を放送[注 83]、8時からの『サンデーモーニング』も台風関連の情報を中心とした内容で放送した(ただ、「週刊御意見番」など通常コーナーも一部放送)他、14時 - 15時24分の枠で『報道特別番組 NスタSP 台風直撃!被害拡大』を放送(一部地域にもネット)[注 84]。また、CS「TBS NEWS」でも台風関連のニュースを放送した。ちなみに同系における報道番組以外では、13日放送の『サンデージャポン』においても、台風の影響による交通の運休によって、出演者の一部が欠席した[397]
      • テレビ東京系では、12日は主にニュースや『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』などの生番組内で台風情報を伝えた。また、13日は11時55分 - 12時54分枠にて『緊急報道スペシャル 巨大台風19号の爪痕』を放送した。
      • フジテレビ系では12日15時30分 - 17時30分の枠にて『報道特報「台風19号 関東上陸の恐れ」』を放送した。同系では同日の総合格闘技イベント『RIZIN.19〜格闘技新時代 大阪の陣〜』(エディオンアリーナ大阪、19時 - 20時54分)中継内でも随時、台風最新情報を伝えた。翌13日にも正午枠の番組(関東ではナベプロ制作番組『なりゆき街道旅』)を変更し『FNN報道特報 台風19号 各地で浸水被害』を放送し、同日21時45分 - 23時54分(バレーボール中継の45分延長により繰り下げ放送。)の『Mr.サンデー拡大スペシャル』(関西テレビと共同制作)では、同番組メインキャスターの宮根誠司(フリーアナウンサー)が現場をレポートする映像を挿入するなど台風関連のニュースを中心とする内容に差し替えて放送。また、14日は当初15時25分 - 16時50分に『メディアミックスα』枠(関東ローカル)で予定していた月9ドラマシャーロック』の第1話アンコール再放送を中止し『FNN報道特別番組 Live News it!・拡大SP』を全国ネットで放送した)
      • ローカル局では、以下の通り報道特別番組を編成した。
        • 【静岡県】12日に県内民放各局で台風接近による特別番組の放送が相次いだ。静岡朝日テレビ(SATV、テレビ朝日系)では『とびっきり!しずおか 土曜版』(9時30分 - 11時45分、11時57分 - 12時59分)の放送内容を台風関連に切り替えて放送し、さらに14時 - 16時29分まで拡大して放送した[398]静岡放送(SBS、TBS系)では16時 - 17時30分[注 85]に『SBS報道特別番組 ORANGEスペシャル 最接近台風19号』を、テレビ静岡(SUT、フジテレビ系)では16時55分 - 17時30分に報道特別番組を放送した。
        • 山梨県山梨放送(YBS、日本テレビ系)では12日16時45分より番組を差し替え、報道特別番組を放送した。
        • 長野県】13日にテレビ信州(TSB、日本テレビ系、16時30分 - 17時30分)、長野朝日放送(abn、テレビ朝日系、13時55分 - 15時20分)、長野放送(NBS、フジテレビ系、14時 - 14時30分)でそれぞれ報道特別番組を放送した。
        • 新潟県テレビ新潟(TeNY、日本テレビ系)で13日未明から早朝にかけて、新潟放送(BSN、TBS系)で13日15時 - 15時30分にそれぞれ報道特別番組を放送した。
        • 栃木県とちぎテレビ(GYT、独立局)で12日以降しばらく、台風関連のニュースを随時放送した。
        • 福島県福島テレビ(FTV、フジテレビ系)では13日16時 - 16時50分に報道特別番組を放送した。
        • 【宮城県】ミヤギテレビでは12日23時30分 - 23時55分・13日1時5分 - 35分の2番組を差し替え、台風情報を放送した。
        • 岩手県】13日17時 - 17時30分の枠にて、テレビ岩手(TVI、日本テレビ系)で『プラス1特報 岩手に初の大雨特別警報 台風19号』、岩手めんこいテレビ(mit、フジテレビ系)で『mit Live News』(30分拡大版)の各報道特別番組をそれぞれ放送した。
  • 12日 -【バラエティ】テレビ朝日系土曜19時台(18時56分 - 19時54分)にて、2回に亘り特番として放送された『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』をレギュラー昇格、この日より放送開始(初回は66分後拡大の2時間SP、 - 21時)[319]
  • 13日 -【音楽】テレビ東京系『日曜ビッグバラエティ』枠で放送の視聴者参加音楽番組『THEカラオケ★バトル』は、これまで司会を務めていた繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)が10月から産前産後休業に入ったことに伴い、繁田の後任として、入社1年目の新人アナウンサー森香澄(同)が登板し、この日18時30分から21時54分までの3時間半SP『〜あのヒット曲でご本人は何点出せるのか?スペシャル』から出演[399]
  • 14日
    • NHK総合(台風19号関連以外)
    • 【スポーツ】フジテレビ系にて、秋季恒例の学生三大駅伝の一つ『富士通スポーツスペシャル 第31回出雲全日本大学駅伝』を生中継(13時 - 15時25分)。以降、11月3日には、メ〜テレ制作・テレビ朝日系にて『秩父宮賜杯 第51回全日本大学駅伝対校選手権大会』(7時45分 - 13時40分)が生中継された。
    • 【紀行】 BS朝日・BS朝日 4Kの月曜22時枠で、過去2回単発放送され、出演者の苗字が“鈴木”にこだわった旅番組『旅する鈴木 夫婦で世界一周』をレギュラーに昇格して放送開始(昇格初回は21時からの2時間スペシャル)。案内役は単発放送時から担当していた鈴木浩介(俳優)に加え、鈴木杏(女優)が新たに登板[402]
  • 14日 - 18日 - 【情報】読売テレビ製作・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』にて、アシスタント司会者を務める林マオ(読売テレビアナウンサー)の休暇に伴い、毎年恒例の日本テレビ系列女性アナウンサー代打シリーズを実施、14日:馬場のぶえ広島テレビ)、15日:蜂谷由梨奈(ミヤギテレビ)、16日:小野紗由利(福島中央テレビ)、17日:梅山茜四国放送)、18日:磯貝初奈(中京テレビ)とアナウンサー5名がそれぞれ登場し、メイン司会者・宮根誠司のパートナーを務めた[403]
  • 14日 - 25日 - 【情報・近畿広域圏】毎日放送『ちちんぷいぷい』(1999年10月1日 - 。10月改編後は宮崎放送〈MRT〉へのみ同時番版ネット)にて、放送開始から満20年を迎え、この日から20周年記念企画として「ちちんぷいぷい おかげさまで20歳 〜やりたいことつめこんだらヤバイ10日間になりましたSP〜」と題した特別企画を実施、同番組の20周年記念ソングを3人組ロックバンドのヤバイTシャツ屋さんが手掛けた[404]

10月下期[編集]

  • 16日
    • 【報道・不祥事】テレビ朝日はこの日の夜、常務取締役の篠塚浩と広報局長の長田明が記者会見を行い「本年3月15日に放送した『スーパーJチャンネル』の特集コーナー「業務用スーパーの意外な利用法」の放送VTRの中で、主要な一般客として出演した人物が当該番組の取材・撮影を担当したディレクターの知人であり、担当ディレクターがその知人に依頼して番組に出演してもらうという不適切演出があった」ことを公表した。これを受けて篠塚らが「番組への信頼を損ねる重大事案であり、視聴者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪を行った[405]。なお、同局は今後について徹底した検証をへて再発防止策を策定するとともに、同番組の金曜夕方の企画枠は中止するとした。また、同局会長兼CEO早河洋が報酬の10%を1カ月返上するなど、役員クラスの処分も合わせて発表した[406]。さらに翌17日の同番組中盤でメインキャスターの渡辺宜嗣(同局専属ニュースキャスター・元同局アナウンサー)が謝罪した[407]
    • テレビ東京系
  • 17日 - 【スポーツ・ドキュメンタリー】TBS系にてこの日、プロ野球ドラフト会議を東京・新高輪プリンスホテルから生中継(16時50分 - 17時50分)。19時からは恒例の3時間特番『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』( - 22時、途中ニュース中断あり)を放送した[409]
  • 18日
    • 【クイズ】日本テレビ系金曜19時台にて、これまで4回[注 86]スペシャル番組として放送されたクイズ番組『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』をレギュラー化して放送開始(初回は2時間SP)。レギュラー化に当たり、司会者に劇団ひとり(お笑いタレント・作家)と佐藤隆太(俳優)の両名が就任[328]
    • テレビ朝日系
      • 【トーク】昼の長寿トーク番組『徹子の部屋』が放送11111回を達成。記念回のゲストとして王貞治(福岡ソフトバンク球団会長、元巨人内野手→助監督→監督・ダイエー→ソフトバンク監督・2006年WBC日本代表監督)が出演した[410][411]
      • 【音楽】金曜夜の長寿歌謡番組『ミュージックステーション』(以下『Mステ』と記す)がこの日の放送より、1986年10月24日の放送開始から33年間放送していた20時枠から1時間繰り下げて21時枠(21時 - 21時54分)へ移動、タイトルロゴとスタジオセットも大幅リニューアル(初回は19時からの3時間SP、翌週25日より21時開始〈ただし特別編成のため6分短縮[412]〉)[369][注 71]
  • 19日 - 23日 - 【スポーツ】プロ野球日本シリーズ「巨人×福岡ソフトバンク」を、地上波・BS・CS各局で中継放送。地上波では第1戦:フジテレビ系、第2戦:TBS系、第3・4戦:日本テレビ系で放送、BSでは第1・2・3戦をNHK BS1で放送した。
  • 20日
  • 21日 - 【スポーツ・バラエティ・不祥事】TBSは、9月に不適切な演出が発覚し放送を休止していた『消えた天才』『クレイジージャーニー』の2番組について放送を打ち切り終了することを発表。また他に同様の演出がなかったか調査していたが該当するものはなかったとした[417]。→9月5日及び9月11日の出来事を参照
  • 22日(21日深夜) - 26日 - 【バラエティ・配信・キャンペーン】テレビ朝日では、AbemaTVとの共同キャンペーンとして「テレビ朝日×アベマTV 秋のリレーーーー→WEEK」と題し、その週に同系で放送される番組の地上波放送後にAbemaTVにて完全オリジナル番組を独占配信する期間を1週間にわたり実施。対象番組は『しくじり先生 俺みたいになるな!!』『テレビ千鳥』『ロンドンハーツ』『アメトーーク!』『激レアさんを連れてきた。』のバラエティ5番組で、その週の各番組放送後の未明(26日のみ深夜)から「Abemaビデオ」にてオリジナルコンテンツを独占配信した[418]
  • 22日
    • 【特番・報道・皇室・即位】この日、即位の礼即位礼正殿の儀施行に伴い、NHK総合・民放各局にて関連の報道特別番組などを編成した。
      • NHK総合ではこの日、8時 - 11時54分・12時45分 - 14時5分・15時 - 16時5分・17時 - 18時に即位の礼関連の報道特別番組を、台風19号被害の続報やこの日関東・東北地方で降ったまとまった雨に関する最新情報を織り交ぜながら放送。さらに、正午の全国ニュース(12時 - 12時25分、15分拡大)や『ニュース7』(19時 - 20時、30分拡大)もこれらのニュースを中心に拡大放送した。なお、この特別編成に伴い連続テレビ小説『スカーレット』は本放送・再放送のいずれも通常より15分繰り上げて放送(前者が7時45分 - 8時、後者が12時30分 - 12時45分)した。
      • 日本テレビ系ではこの日の『ヒルナンデス!』を休止し『NNN news every.特別版 即位礼正殿の儀完全生中継』(11時55分 - 13時55分)として、即位礼正殿の儀を生中継。なお、この日の『news every.』のレギュラー放送では通常ローカルセールスとなっている第1部(15時50分 - 16時50分)を『NNN news every.特別版 即位礼正殿の儀スペシャル』と題しこの日に限り臨時に全国ネット(NNN・NNSフルネット28局)で放送した。
      • テレビ朝日系では『大下容子ワイド!スクランブル・第2部』を拡大し、12時 - 13時55分の枠で放送(この日の『徹子の部屋』『帯ドラマ劇場 やすらぎの刻〜道』および、13時55分 - 14時のミニ番組〈関東地区は『東京サイト』〉は休止。『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』〈朝日放送テレビ制作〉は関西地区のみ翌23日4時7分 - 4時22分に臨時枠移動〈同日は関西地区のみ早朝と昼の2回放送〉とし、テレ朝など他のANN系列フルネット23局では臨時にネット返上[注 89][注 90]
      • テレビ東京系では12時40分 - 14時の枠で『報道スペシャル 即位礼正殿の儀』を放送した[419]
      • フジテレビ系では11時55分 - 16時50分の枠で『バイキング×直撃LIVE グッディ!×FNN Live News 即位の礼SP』を放送。番組ナビゲーターは上白石萌音(女優)が務めた(テレビ宮崎のみ12時 - )
    • 【映画】フジテレビ系にてこの日、2016年に公開された映画『スノーホワイト-氷の王国-』(イギリス・アメリカ合作、セドリック・ニコラス=トロイアン監督)を地上波初放送(19時 - 20時54分、一部地域を除く)。日本語吹き替え版では水樹奈々(歌手・声優)らが声を担当[注 91]
    • 【音楽】NHK総合の歌謡番組『うたコン』で第2代女性司会を務めた小郷知子(NHKアナウンサー、2017年4月より在任)が、産前産後休業入りのためにこの日の放送を最後に離任した[420]
  • 23日 - 【スポーツ・特番・福岡県】プロ野球・福岡ソフトバンクホークスが3年連続日本一を達成、在福のNHK・民放各局[注 92]にて優勝記念特別番組を同日夜から24日未明(深夜)にかけて放送した。
  • 25日
    • 【報道・災害】この日、千葉県を中心とした関東地方南部で記録的な大雨が降り、NHK総合では昼頃から随時大雨関連の臨時ニュースを挿入(一部は関東地方もしくは関東甲信越地方でのみ放送)。夕方になってダムの緊急放流が検討されるなど緊迫した事態となったことから、16時から16時50分まで大雨関連の緊急報道特別番組を放送した(16時20分からの『連続テレビ小説名作選「ゲゲゲの女房」』などは休止)。その後、後続の『ニュース シブ5時』や19時からの『ニュース7』でも一部内容を変更し大雨情報を中心に放送した。さらに、関東地方では18時台の『首都圏ネットワーク』も大雨関連ニュース中心の内容となったほか、19時30分からの『首都圏情報 ネタドリ!』を休止し当該番組時間帯を大雨関連のローカル報道特番に差し替えた。また、民放各局でも昼から夕方にかけての各報道・情報番組で大雨情報を随時伝え、このうちフジテレビ系の『Live News it!』はフジテレビに限り15時50分から緊急拡大で放送した。
    • 【バラエティ】日本テレビ系『沸騰ワード10』が前月までの金曜19時台→20時台(19時56分 - 20時54分)へ繰り下げ移動、同時に全国ネットに昇格[328]
    • 【バラエティ】フジテレビ系、新設の金曜21時枠で、これまで2回特番として放送された川島明(お笑いタレント、麒麟)、がMCを務める『ウワサのお客さま』をレギュラーに昇格。またお笑いコンビ・サンドウィッチマンが新たにMC陣に加わる(初回は20時からの2時間SP)[330][421]
  • 26日
  • 28日
  • 29日
  • 30日
    • フジテレビ系
    • 【トーク・バラエティ】TBS系木曜『テッペン!』枠で放送されていた国分太一(TOKIO)・渡辺直美司会のトークバラエティ番組『世界くらべてみたら』がこの日からゴールデン帯に昇格すると同時に水曜20時枠に移動(初回は2時間SP)[439]。なお『クレイジージャーニー』打ち切り終了に伴う、同番組があった水曜『テッペン!』枠の後番組については未定。

11月[編集]

  • 1日 - 【教養・バラエティ】 テレビ東京系『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』は、第1子妊娠による産前産後休業入りにより離任した繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)の後を引き継ぎ、この日の放送より第3代番組進行[注 95]として竹﨑由佳(同)が登板[440]
  • 2日 - 3日 - 【バラエティ・スポーツ・特番】フジテレビ系、毎年恒例のFNSの日27時間テレビ(FNN・FNS27局ネット[注 96])、2020年東京五輪・パラリンピックを翌年に控え『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』と題し、スポーツをテーマに、2016年以来約3年ぶりの生放送となったこの年も、2017年より3年連続となるビートたけしが総合司会、同じく村上信五関ジャニ∞)が「キャプテン」を務めたほか[441]、新たに松岡茉優(女優)が「マネージャー」として参加した[442](2日18時30分 - 3日21時54分)。
    • これにより、たけしが通常レギュラー出演しているTBS系『新・情報7DAYS ニュースキャスター』の2日の放送は欠席し、ラグビーW杯日本代表堀江翔太福岡堅樹[注 97]がゲスト出演した[443][注 98]
    • また27時間通しての平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。リアルタイム・世帯)で、前年の7.3%をさらに下回り番組歴代最低を更新した[444]
  • 2日 - 【歴史・紀行・ドキュメンタリー】テレビ北海道(TVh)開局30周年記念特別番組として、この日の16時 - 17時15分にテレビ東京系にて、五稜郭函館市)の謎を解き明かすミステリー紀行『土方歳三 五稜郭 星の謎 〜田中要次 オランダ・函館紀行〜』を放送した。同特番では田中要次(俳優)がナビゲーターを務め、磯田彩実(テレビ北海道アナウンサー)がナレーターを担当した[445]
  • 4日
  • 5日 - 17日(予定) - 【スポーツ】野球の国際大会『世界野球プレミア12第2回大会をテレビ朝日とTBSで共同放送[449][450]
  • 5日
    • (4日深夜)【バラエティ・近畿広域圏】関西テレビにて、関西ジャニーズJr.のユニット、なにわ男子とAぇ!Groupの2組共同による冠バラエティ番組『なにわからAぇ!風吹かせます!〜なにわイケメン学園×Aぇ!男塾〜』を放送開始(火曜未明〈月曜深夜〉0時55分 - 1時25分)[451][452]
    • 【音楽】NHK総合『うたコン』にて、谷原章介(俳優)とコンビを組む第3代女性司会者として、片山千恵子(NHKアナウンサー)がこの日の放送から就任[420]
  • 6日 - 11日(10日深夜) - 【スポーツ】テレビ東京系およびBSテレ東・BSテレ東 4Kにて、卓球の国際大会『卓球ワールドカップ団体戦』(東京体育館にて開催)を連日中継。
  • 6日 -【福祉・バラエティ・不祥事】 NHKは、Eテレ『バリバラ』について、7月4日・11日に放送した回に出演していた元男性タレントがこの日宮城県警察覚せい剤取締法違反で逮捕されたことを受け、当該回の出演者情報を公式サイトから削除した[453]
  • 7日
  • 7日 - 15日(日本時間)- 【スポーツ】NHK総合にて、障害者スポーツの国際大会『パラ陸上世界選手権2019』(アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦ドバイにて開催)を連日生中継。
  • 8日
    • 【BPO】BPOの放送倫理検証委員会はこの日、放送倫理違反の疑いがあるとして、TBS系『クレイジージャーニー』(不適切演出)及びテレビ朝日系『スーパーJチャンネル』(同)の両番組について審議入りすることを発表[459]
    • 【教養・バラエティ】フジテレビ系の科学実験バラエティ番組『でんじろうのTHE実験』が、この日の放送より日曜20時→金曜20時(20時 - 21時、同日より同時ネットのテレビ大分〈日本テレビ系とのクロスネット〉を含む一部地域では - 20時54分)枠へ移動[416]
  • 9日 - 【特番・報道・皇室・即位】NHKではこの日、総合テレビ、BS4K、ワールド・プレミアムの3波にて、この日施行の「天皇陛下即位祝賀式典」(皇居前広場)の模様を生中継した(18時5分 - 18時45分、「NHK NEWS WEB」でも同時配信)[460]
  • 10日
    • 【特番・報道・皇室・即位・編成】この日行われる「祝賀御列の儀」(15時 - 15時30分)をNHK総合・民放各局にて生中継。これに伴い、予定のスポーツ中継など一部が変更となった。
      • NHK総合では13時35分 - 16時にニュース特番を放送(「NHK NEWS WEB」でも同時配信)した。
      • 日本テレビ系では、14時50分 - 16時に『NNN news every.特別版 「即位パレード」完全生中継』を放送(CS放送・日テレNEWS24でも放送)。これにより、当日中継の女子サッカー『MS&ADカップ2019「なでしこジャパン×南アフリカ」』(ミクニワールドスタジアム北九州』はキックオフ時間変更により[461]12時45分 - に変更して放送[注 99]
      • テレビ朝日系では、13時55分 - 16時に『サンデーステーション』(以下『サンステ』と記す)の特番として『サンデーステーション 祝賀御列の儀SP』を放送。同SPの代償としてこの日の『サンステ』通常版は16時 - 17時25分に『P&Gpresents 松岡修造東京オリンピック!!人生を変える感動体験』[注 100]を放送の関係で1時間繰り下げ・短縮(17時30分 - 18時)して放送。
      • TBS系では、14時45分 - 15時54分に『NスタSP 完全中継!天皇陛下即位パレード』を放送(CS放送・TBS NEWSでも放送)。なお、当日の『TOTOジャパンクラシック・最終日』中継(毎日放送制作)は12時54分 - 14時45分に時間変更の上放送された[注 101]
      • テレビ東京系では、14時55分 - 16時に『TXN報道スペシャル 祝賀御列の儀』を放送した。
      • フジテレビ系では、14時35分 - 16時に『令和の即位パレード 華やか御列生中継SP』を放送し、この関係上、当日開催の競馬GIレースエリザベス女王杯について、地上波[注 102]では中継を見送ったが、BSフジ・BSフジ 4Kの『BSスーパーKEIBA』にて予定通り中継された[462]。また同日16時 - 17時25分に関東ほか一部地域で『プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡』(4月30日特番内にて放送)の再放送を、20時 - 21時54分の『日曜THEリアル!』にて『陛下と雅子さま 知られざる笑顔の物語』と題した特別番組をそれぞれ放送した[463][注 103]
    • 【バラエティ】日本テレビ系『行列のできる法律相談所』のこの日の放送にて、松本人志(漫才師、ダウンタウン)が初のゲスト出演を果たした[464]
    • 【スポーツ・神奈川県】この日神奈川県横浜市で開催の市民マラソン大会『横浜マラソン2019』をテレビ神奈川にて生中継(第1部:8時 - 11時30分・第2部:13時30分 - 15時30分。また、サブチャンネル(032ch)にてフィニッシュシーンを放送〈9時40分 - 15時30分〉)[465]した。なお、TBSでも23日に録画放送される[466]
  • 13日 - 【音楽】読売テレビ制作・日本テレビ系にて、秋恒例の音楽特番『ベストヒット歌謡祭2019』を大阪城ホールから生放送(19時 - 20時54分)。司会は宮根誠司と橋本マナミ(タレント・モデル)が務めた[467][注 104]
  • 15日 - 【情報・不祥事・山口県テレビ山口(tys、TBS系)のローカル情報番組『週末ちぐまや家族』の9日放送分において、性的少数者に対して「珍」テロップを挿入するなどの不適切な放送を行ったとしてこの日、同局公式サイトでお詫びの文面を公表した[468][469]
  • 16日
  • 17日・19日 - 【スポーツ】フジテレビ系にて、サッカーの国際試合『キリンチャレンジカップ2019』日本戦2試合(17日:対U-22コロンビア代表戦、広島市エディオンスタジアム広島、19日:対ベネズエラ代表大阪府吹田市パナソニックスタジアム吹田)をそれぞれ生中継。
  • 17日 - 【アニメ】テレビ東京系の長寿人気アニメシリーズ『ポケットモンスターシリーズ』の新作となる『ポケットモンスター』(日曜18時 - 18時30分)をこの日から放送開始、同日は17時30分からの拡大版で、第1話を放送するとともに、東京スカイツリーから豪華ゲストを迎えての生放送でおくる。
  • 22日 - 24日 - 【スポーツ】テレビ東京系にて、柔道の東京五輪代表選考大会となる『柔道グランドスラム大阪』(丸善インテックアリーナ大阪)を連日ゴールデンタイムで生中継。
  • 22日・24日 - 【バラエティ・アニメ・ドラマ】フジテレビ系テレビアニメ『サザエさん』(1969年10月5日 - )が放送開始50周年を記念した特別番組を放送。
    • 22日はジャーナリストの池上彰とサザエさんが初共演する一夜限りの特別番組『池上彰×サザエさんスペシャル お茶の間ニッポン史50の解説でございま〜す!』を19時から放送。同特番には24日に放送されるスペシャルドラマでフグ田サザエ役を演ずる天海祐希も出演する[473]
    • 24日はスペシャルアニメ(18時30分 - 20時)[注 105]と実写版ドラマスペシャル(20時 - 21時54分)の2本立てからなる3時間30分の特別番組を放送[284]。実写版ドラマスペシャルではサザエ役を天海が演じる他[474]、22日の特番に出演した池上がスペシャルアニメにも登場する[473]
  • 22日 - 【バラエティ・近畿広域圏】朝日放送テレビ制作、一部のテレビ朝日系列局など[注 106]で放送されている『探偵!ナイトスクープ』の第2代「探偵局長」(司会)[注 107]を19年間務めていた西田敏行(俳優、2001年10月より在任)がこの日の放送[注 108]をもって退任。10月18日[注 108]の番組内で西田自ら発言した。退任理由については当日明かされる[475]
  • 27日(予定) - 【音楽】日本テレビ系にて恒例の音楽特番『ベストアーティスト2019』を放送(19時 - 22時54分)。総合司会は櫻井翔(嵐)が11年連続で務め、羽鳥慎一(フリーアナウンサー)、徳島えりか(日本テレビアナウンサー)とのトリオで担当[476][注 104]
  • 29日(予定) - 【バラエティ・近畿広域圏】朝日放送テレビ『探偵!ナイトスクープ』の第3代探偵局長として、同日放送より松本人志(漫才師、ダウンタウン)が就任する[477]と共に、第3代の松尾依里佳(ヴァイオリニスト)の退任後空席となっていた「局長秘書」(アシスタント)[注 109]には増田紗織(同局アナウンサー、2019年入社)を第4代として抜擢(同局アナウンサーからの起用は初)[478]
  • 30日(予定) - 【トーク・近畿広域圏】関西テレビ制作、フジテレビ系列他(放送日時は地域により異なる)で放送されている岡村隆史ナインティナイン)司会のトークバラエティ番組『おかべろ[注 110]の生放送2時間半スペシャルをこの日14時27分 - 16時57分枠(関西ローカル)にて放送する。ゲストには橋下徹弁護士・タレント、元大阪府知事大阪市長)を迎えるほか、『よ〜いドン!』(関西ローカル)とのコラボ企画として『となりの人間国宝さん』のロケにも挑戦する[479]

12月[編集]

  • 4日11日(予定) - 【音楽】フジテレビ系にて年末恒例の音楽特番『2019 FNS歌謡祭』を2夜連続で放送(4日:18時30分 - 、11日:19時 - )。45周年を迎える今回、総合司会を相葉雅紀(嵐)と永島優美(フジテレビアナウンサー)のコンビが務める[480]
  • 8日(予定) - 【人物・追悼】TBS系CS放送・TBSチャンネル2にて、3月26日に逝去した俳優の萩原健一の追悼番組として『ショーケンFOREVER 追悼・ボクらが知ってる萩原健一さん』と題してこの日の11時より放送予定[481]
  • 9日(予定) - 【お笑い】日本テレビ系にて、3年目となる女性お笑い芸人No.1を決定する『第3回女芸人No.1決定戦 THE W』決勝を20時から生放送予定[482][483]
  • 11日 - 21日(日本時間) - 【スポーツ】日本テレビ系にて、カタールの旗 カタールで開催されるサッカーのクラブ世界一決定戦『FIFAクラブワールドカップ カタール2019』を連日中継放送予定。中継番組キャスターはNEWS(ジャニーズ事務所所属)の手越祐也が8大会連続で務める[484]
  • 16日 - 20日(予定) - 【教養】テレビ東京系で、民放テレビ局史上初の試みとなる0歳から2歳の乳幼児を対象とした知育番組『シナぷしゅ』を5日間連続放送(7時35分 - 8時)。番組の放送に当たってはテレビ東京の部局の垣根を超えた「赤ちゃんプロジェクト」所属のプロデューサー5人で制作する異例の体制となる[485]。また10月31日に行われた同局社長小孫茂の定例会見にて、今回の反響次第で来春にもレギュラー放送される可能性があることが示唆された[486]
  • 22日(予定) - 【お笑い】朝日放送テレビ・テレビ朝日系にて、恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2019』決勝戦を生放送予定[487][488]
  • 25日(予定)
    • 【その他・近畿広域圏】関西テレビは、12月8日に行われる同局アナウンサーによる朗読会『おはなしの暖炉』(演出:わかぎゑふ)の模様を関西ローカルでこの日の早朝に放送(4時29分 - 5時25分)[489][490]
    • 【紀行・バラエティ】テレビ東京系で4月18日から水曜19時枠で放送されていた『太川蛭子の旅バラ』がこの日放送の2時間30分のスペシャルをもって終了。8か月の歴史に幕。終了は11月13日放送の番組の最後で告知された。出演者の蛭子能収(漫画家・タレント)の体力の限界が終了の理由という[491]。→4月18日の出来事参照
    • 【音楽・バラエティ】フジテレビ系にて、KinKi Kidsメインの音楽バラエティ『堂本兄弟』(2001年 - 2014年[注 111])の年1回恒例の復活特番として『堂本兄弟2019 ハッピークリスマスSP』(23:00 - 翌0:00)を放送予定。KinKi Kids(堂本光一堂本剛)、高見沢俊彦THE ALFEE)、武田真治DAIGOBREAKERZ)、高橋みなみ(元AKB48)といったおなじみのメンバーはもちろん、ゲストとして仲間由紀恵(女優)が2006年3月の放送以来13年ぶりに出演するほか、三浦春馬(俳優)、橋本環奈(アイドルタレント)、坂本真綾(声優・歌手)が出演する[492]
  • 31日(予定)

その他テレビに関する話題[編集]

年内[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

福島テレビ(FTV)新社屋
TVQ九州放送の「テレQ」ロゴ
  • 1日
  • 5日 - 【活動進退】 テレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(2007年入社)が、この日付にてテレビ朝日を退職[568]。→2月8日の出来事も参照
  • 8日 - 【訃報】白衣姿で黒板やホワイトボードなどを使った「お色気医療漫談」でテレビの演芸番組で活躍し、他にもテレビドラマや映画などタレント・俳優としても活躍した漫談家のケーシー高峰がこの日午後、肺気腫のため福島県いわき市内の病院で逝去(85歳没)[569]
  • 9日 - 【その他】NHKは、毎年大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』について、2021年は通常会場として使用しているNHKホールが2021年3月から約1年3か月間、耐震補強および設備更新などの改修工事により閉鎖することに伴い、東京国際フォーラムに場所を移して行うことを発表。紅白歌合戦がNHKホール以外の場所で行われるのは1972年の東京宝塚劇場以来49年ぶり[570]
  • 11日 - 【訃報】1971年から日本テレビ系で放送が開始されたテレビアニメ『ルパン三世[注 122]の原作者として知られる漫画家のモンキー・パンチが、この日肺炎のため逝去(81歳没)[571]
  • 16日
    • 【結婚】日本BS放送(BS11)アナウンサーの八木菜緒が元陸上選手の柏原竜二とこの日入籍したことを自身のTwitterおよび柏原のブログを通じて発表[572]
    • 【訃報】1973年 - 1975年放送のNHK連続人形劇『新八犬伝』(NHK総合)の犬山道節役を始め、数々のテレビアニメ作品や外国映画のアテレコ(吹き替え)を担当、またドキュメンタリー番組のナレーションなど多方面に亘る活動をしてきた声優・俳優の川久保潔がこの日、肺がんのため逝去(89歳没)[573]
  • 17日 - 【訃報】 1973年から1976年に萬屋錦之介主演・日本テレビ系で放送され、以後何度も時代劇として制作・放送された漫画『子連れ狼』の原作や、1974年から1975年にフジテレビで放送された特撮ドラマ『電人ザボーガー』の原案などを手がけ、また自身の趣味でもあったゴルフで自ら司会を務めたレッスン番組『小池一夫の至美ゴルフ』(TBSテレビ)でも知られた著作家(漫画原作・小説・作詞など)の小池一夫(旧筆名:小池一雄)がこの日、肺炎のため逝去(82歳没)[574]
  • 20日 - 【訃報】 女性週刊誌女性セブン』(小学館)の記者を経て、芸能リポーターとしてフジテレビ系『3時のあなた』(1968年 - 1988年)やテレビ朝日系『ワイド!スクランブル』、九州朝日放送(KBC、テレビ朝日系)『アサデス。』などに出演。さらに映画評論家としても活躍した福岡翼がこの日、慢性心不全増悪のため東京都内の自宅で逝去(79歳没)。訃報は10月4日になって判明。これまで本人の意思で公表を控えていた[575]
  • 26日 - 【賞】放送批評懇談会特定非営利活動法人)は、テレビ・ラジオなどの放送番組を対象とした『ギャラクシー賞』(1963年創設)の第56回入賞作品および個人賞などをこの日発表した[576]
  • 29日 - 5月5日 - 【キャンペーン】 日本テレビは、ゴールデンウィーク中のコーポレートキャンペーンとして、『ゴールデンまなびウィーク』を2018年に続いて実施。本年は新元号への改元と重なることからテーマを「新しい世界を、まなぶ。」として各番組とのコラボレーションも行った。本キャンペーンの「塾長」所ジョージ(タレント)が前年に続いて務め、「塾生」として中村倫也(俳優)、桝太一・水卜麻美(共に日本テレビアナウンサー)が起用された[577]
  • 30日 - 【活動進退】 読売テレビで報道記者として活動し、NNNロサンゼルス支局長などを務め、2015年から同局報道局解説委員長を務めた春川正明(1985年入社)が、2019年5月1日付でプロ野球読売ジャイアンツ編成本部次長兼国際部部長に就任するのに伴い、この日を以て34年間勤務した同社を退職[578][579]

5月[編集]

  • 4日 - 【訃報・宮崎県】宮崎県を中心にして活動していたローカルタレントで、『UMKスーパーニュース』(テレビ宮崎)にてスポーツコーナーキャスターを担当していたこともあるs@ko(本名:迫田訓光)がこの日逝去(44歳没)[580]
  • 10日 - 【結婚】 テレビ朝日広報部はこの日、同社アナウンサーの竹内由恵(2008年入社)が、2019年3月末に一般人男性と結婚していたことを明らかにした[581][582]
  • 23日 - 【不祥事・福井県】福井放送(FBC、日本テレビ系・テレビ朝日系クロスネット局)の現在非常勤取締役最高顧問で元会長・社長だった87歳の男が、前日の22日夕方に福井市内で女性会社員の運転する車と衝突事故を起こし、女性にケガを負わせてそのまま逃げたとしてひき逃げの疑いで福井県警察福井警察署に逮捕。調べに対して容疑を否認しているが、同局は「報道機関として誠に遺憾。事実関係を調査の上厳正に対処する」とコメント[583][584]。その後5月27日に自ら非常勤取締役最高顧問を辞任した[585]
  • 29日 - 【不祥事】NHKは、2018年11月19日に国際放送・NHK Worldにて放送したドキュメンタリー番組『Inside Lens』(NHKエンタープライズ制作)の中でレンタルサービス会社を紹介した際に、番組中でレンタルサービス会社に依頼する人物として出演した者が当該会社のスタッフであったことを発表。これを受けてNHKは今後同種事案の再発防止に務めると共にNHKエンタープライズに対して「何らかの責任を取らせる」方針を検討中であることを明らかにした[586]

6月[編集]

  • 1日 - 【訃報】漫才コンビ「横山たかし・ひろし」(松竹芸能所属)のメンバーで、1990年代に関西ローカルで放送されていた『森脇健児の切磋たく丸!!』(朝日放送テレビ)にクイズ出題者として個人で出演するなど、バラエティ番組やコマーシャルなどテレビ界でも活躍した漫才師の横山たかしがこの日、多臓器不全のため逝去(70歳没)[587]
  • 5日 - 【人事・沖縄県琉球放送(RBC、TBS系)は、株主総会および取締役会を経て、会長の白石弘幸ならびに社長の濱田建三が退任し、取締役テレビ本部長の中村一彦を社長に昇格させる人事を承認し、発令した[588]
  • 6日 - 【訃報】フジテレビ系『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で音楽アドバイザーを務め、高田みづえのデビュー曲である『硝子坂』の作詩などで知られた音楽家の島武実がこの日、膵臓癌のため逝去(72歳没)[589]
  • 10日
  • 12日 - 【人事・岡山県 / 香川県瀬戸内海放送(KSB、テレビ朝日系)は、この日付で社長の加藤宏一郎を会長に、副社長の山下誠志を社長にそれぞれ昇任させる人事を執行[592]
  • 13日 - 【訃報】 NETテレビ(現・テレビ朝日)系の『魔女っ子メグちゃん』(1974年、東映動画〈現・東映アニメーション〉制作)、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『百獣王ゴライオン』(1981年、東映制作)といったアニメ番組の主題歌の作詞を担当した作詞家の千家和也が、この日、食道がんのため逝去(73歳没)[593]
  • 18日 - 【人事・中京広域圏】中京テレビ(日本テレビ系)は、この日に開催された定時株主総会ならびに取締役会に於いて、同社社長の小松伸生が会長に就き、キー局・日本テレビ専務取締役の丸山公夫を招聘して新社長に就任させる人事を執行[594]
  • 18日
    • 【不祥事・会見・配信】NHKはこの日開いた木田幸紀放送総局長の定例会見にて、AIを活用した番組などを担当するプロデューサーが強制猥褻容疑で逮捕されたことを受け、番組配信サービスNHKオンデマンドにおいて、当該プロデューサーが出演した『NHKスペシャル』5番組の配信を停止することを発表[595]
    • 【BPO・北海道】旧優生保護法のもとでの強制不妊手術の被害者への一時金の支給を巡って、札幌テレビ放送(STV、日本テレビ系)の記者に申請を促されてニュース番組で放送されたとして、強制不妊手術の被害を訴え国に損害賠償を求めている札幌市在住の男性がこの日、BPOの放送人権委員会に審理を申し立てた[596]
  • 20日 - 【人事・近畿広域圏】関西テレビは、現社長の福井澄郎が取締役相談役に退き、新社長として同じフジテレビ系列局であるテレビ愛媛の代表取締役社長を務めていた羽牟(はむ)正一を就任させる人事を執行。これに伴い、テレビ愛媛新社長には関西テレビの常務取締役を務めていた尾谷牧夫が就任した[597][598][599]。一方、再任が予定されていた常務取締役は16日に発生した自身の子息による不祥事の責任を取る形で取締役退任を申し出、顧問に就任した事が19日に発表された[600]
  • 21日
    • 【人事・BS】BSテレビ東京(BSテレ東)は、この日開催された定時株主総会の承認を経て、同社社長の石川一郎が退任し、新社長にテレビ東京ホールディングスおよびテレビ東京両社の専務取締役を務めていた田村明彦を就任させる人事を執行[601]
    • 【人事・近畿広域圏】読売テレビは、この日開催された定時株主総会ならびに取締役会の承認・議決を経て、同社社長の伝川幹を会長に、副社長の大橋善光を社長にそれぞれ昇任させる人事を執行[602]
  • 23日 - 【訃報】 長きにわたりNHK『きょうの料理』で講師を務め、またフジテレビ系で放送された『料理の鉄人』では番組史上初めて鉄人を破るなど放送媒体でも活躍した台湾料理店店主で料理研究家の程一彦がこの日、滞在先の台湾台北市内で逝去(81歳没)。逝去は7月16日に判明した[603][604]
  • 24日 - 【不祥事・倫理問題・活動進退】吉本興業はこの日、反社会的勢力が催した行事に事務所を通さない闇営業で参加し問題となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之よしもと所属のお笑いタレント11名に対し、出演料の受け取りも明らかになったとして、当面の間芸能活動停止とする謹慎処分とすることを発表した。処分対象となったのは宮迫の他、ロンドンブーツ1号2号田村亮レイザーラモンHGガリットチュウ福島善成くまだまさしムーディ勝山天津木村2700(八十島宏行・常道裕史)、ストロベビー・ディエゴ[605]。宮迫らは7日発売の写真週刊誌で元カラテカ入江慎也(4日付で同社契約解除)の仲介で会合に参加していたことが報じられていた[606]。また同じ24日にはワタナベエンターテインメントも、同社所属のお笑いコンビ・ザブングルが反社会的勢力の会合に参加したとして、彼らに当面の間の謹慎処分を科している[607]
  • 26日
    • 【人事】フジ・メディア・ホールディングス(FMHD)および子会社のフジテレビは、この日開催される予定の株主総会などで両社の社長を兼任していた宮内正喜を両社の会長に、またFMHD新社長にフジテレビ専務の金光修、フジテレビ新社長に同社専務の遠藤龍之介をそれぞれ就任させ、さらにFMHD・フジテレビ両社会長を務めていた嘉納修治を同日付で関西テレビの会長に就任させる人事を承認し、発令した[597][598][608]
    • 【人事・中京広域圏】 名古屋テレビ(メ〜テレ、テレビ朝日系)は、現社長の横井正彦が会長に、現常務取締役の狩野隆也が社長にそれぞれ昇任させる人事を執行した[609]
    • 【訃報】1951年に新東宝の「新東宝スターレット」第1期生としてデビューし、その後は映画やドラマ出演の傍ら日本テレビ系『ごちそうさま』、フジテレビ系『クイズ!ドレミファドン!』などあらゆるテレビ番組の司会で活躍し、またフジテレビ系『ゴールデン洋画劇場』の解説も務め、実生活では女優の寿美花代の夫で、俳優の高嶋政宏政伸兄弟の実父であった俳優の高島忠夫がこの日午後、東京都内の自宅で老衰のため逝去(88歳没)[610]。なお、訃報は同月28日に所属事務所の東宝芸能から発表された[611]
  • 27日
    • 【いずれも人事・キー局】
    • 【いずれも人事】
      • 【埼玉県】テレビ埼玉(テレ玉、独立局)は、この日の株主総会を経て代表取締役社長の平本一郎が代表権を保持する会長に、専務取締役の川原泰博が社長にそれぞれ就任する人事を執行[615]
      • 【静岡県】テレビ静岡(テレしず、フジテレビ系)は、現社長の小林豊が取締役相談役に退き、新社長にキー局・フジテレビの執行役員(元同社解説委員長)を務めた若松誠を就任させた[616][617]
      • 【中京広域圏】東海テレビ(フジテレビ系)は、現会長の石黒大山が相談役に退き、新会長に現社長の内田優、新社長に現専務取締役の小島浩資を昇任させる人事を執行[618]
    • 【活動進退】落語芸術協会は、この日開催した総会と理事会において、前会長の桂歌丸(2018年7月没)の死去後不在となっていた会長職に、日本テレビ『笑点』の司会としても知られる春風亭昇太を選出し就任したと発表。併せて副会長には春風亭柳橋も就任した[619]
    • 【不祥事・倫理問題・活動進退】吉本興業は、お笑いコンビ「スリムクラブ(真栄田賢、内間政成)」が3年前に闇営業で暴力団関係者のパーティーに出席したとして、無期限謹慎処分とすることを発表。これを受け、真栄田がレギュラー出演している『探偵!ナイトスクープ』を制作している朝日放送テレビは「8月2日放送分まで収録済みなので、出演部分に配慮しながら再編集して放送する」と発表[620](→お笑い芸人による闇営業問題も参照)。
  • 28日 - 【人事・山梨県テレビ山梨(UTY、TBS系)は、この日執行した役員人事に於いて、1997年(平成9年)より22年間同社社長を務めた金丸康信が勇退して取締役相談役に就き、新社長に専務取締役の原田由起彦を昇格させた[621][622]
  • 30日 - 【活動進退・兵庫県】元AKB48メンバーで、2017年6月からサンテレビの契約アナウンサーとして活動していた中村麻里子が「一身上の都合」を理由にこの日をもって同局を退社[623]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

読売テレビ新社屋
  • 1日
    • 【開局】BSデジタル4K・8K放送BS日テレ 4Kが、この日正午から本放送開始。前年12月に放送開始したNHK BS4Kや他のキー局系BS局などから9か月遅れる形でようやく開局と相成った[注 128]。なお、同局PR大使を務めるアイドルグループ・ももいろクローバーZ(→8月3日の出来事も参照)がメインの生放送特番[310]をはじめとした多彩な開局記念特番を放送(→「テレビ番組関係の出来事・9月1日」も参照)。
    • 【新社屋・準キー局】読売テレビがこの日、大阪府大阪市中央区城見1丁目(旧シアターBRAVA!跡地を含む)の新本社屋(3代目)へ移転し放送開始[668][669]。建物は1月31日に完成し引き渡しを受け、2月4日に竣工式を行った[669]
  • 2日 - 【訃報】小説『塀の中の懲りない面々』シリーズの原作者であり、本名の安部直也名義で日本テレビ系『ゴールデン・キックボクシング』中継(1970年 - 1976年)の解説者を務めるなど、異色の経歴を持ちメディアでの活動も盛んだった小説家の安部譲二がこの日、急性肺炎のため逝去(82歳没)[670]
  • 3日 - 【訃報】産経新聞記者を経て経済評論家として活躍し、テレビ朝日系『やじうまワイド』のコメンテーターとしてテレビ番組にも出演した長谷川慶太郎がこの日、病気のため逝去(91歳没)[671]
  • 6日 - 【配信】北海道胆振東部地震から1年を迎えるにあたり、北海道放送(HBC)では、突然やってくる災害に備えるべく防災というテーマに特化した動画配信サービス「北海道防災チャンネル」を開設[672]
  • 9日 - 【活動進退】TBSアナウンサーの林みなほ(2012年入社)が同日付で退社。11日に林本人が講談社の出版イベントの司会を務めた際に自ら公表。今後の活動などについては追って発表するとのこと[673]
  • 15日 - 【訃報・静岡県】静岡放送(SBS、TBS系)と静岡新聞社の両社の代表取締役会長を兼任した松井純がこの日の朝、病気のため静岡市駿河区の自宅で逝去(84歳没)[674]
  • 18日 - 【スポーツ・キャンペーン】NHKは同日の放送総局長定例会見にて、2日後に開幕を控えたラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックといった国際的大型スポーツイベント開催へと続く秋から翌2020年夏にかけて『「世界を応援しよう!」 プロジェクト』を実施することを発表。今後はラグビーW杯中継や各番組と随時連携する形でプロジェクトを推進していくこととしている[675]
  • 22日 - 【結婚】テレビ朝日アナウンサーの三上大樹が、大分朝日放送(OAB、同系)の元女性アナウンサーと結婚していたことがこの日判明[676]
  • 24日 - 【訃報】予備校英語講師として独特の風貌から「金ピカ先生」として知られ、日本テレビ系『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出演するなどタレントや教育評論家としても活動した佐藤忠志が、この日東京都内の自宅で倒れているのが発見され死亡が確認された(68歳没)[677]
  • 29日 - 【訃報】日本を代表するソプラノ歌手として知られ、『NHK紅白歌合戦』にも1987年から1990年にかけて4年連続で出場、またテレビ神奈川(tvk、独立局)『佐藤しのぶ 出逢いのハーモニー』ではパーソナリティを務めた声楽家の佐藤しのぶがこの日逝去(61歳没)。なお、訃報は10月3日に公表された[678]
  • 30日 - いずれも【活動進退】
    • 【東京キー局】
      • テレビ朝日に2008年入社、『ミュージックステーション』司会や『報道ステーション』スポーツコーナーなどを務めたアナウンサーの竹内由恵が「3月に結婚した夫(医師)の仕事の都合で東京から離れることになり、アナウンサーの仕事との両立が難しくなった」として、同日付で退社した[350]
      • フジテレビに1987年入社、主に情報・ワイドショー番組を中心に活躍したアナウンサーの笠井信輔も同日付で退社。前週まで出演していた『情報プレゼンター とくダネ!』メインキャスターの小倉智昭と同じ事務所「オールラウンド」所属のフリーアナウンサーに転身[349][679]
    • 【愛知県】テレビ愛知(TVA、テレビ東京系)アナウンサーの宇野名都美(2015年入社)が結婚のため同日付で同局を退社。退社は同月15日の自身のブログで公表した[680]

10月[編集]

11月[編集]

周年[編集]

番組[編集]

周年 番組(主管局)
1 50 タイムショックシリーズ(テレビ朝日)
25 胸いっぱいサミット!関西テレビ[注 132]
2 15 プリキュアシリーズ朝日放送テレビ[注 133]
3 40 ズームイン!!シリーズ日本テレビ[注 134]
10 みいつけた!NHK Eテレ
すイエんサー(NHK Eテレ)
S☆1TBS
ひるおび!(TBS)
4 45 おかずのクッキングテレビ朝日
40 ドラえもん(テレビ朝日)
おはよう朝日です(朝日放送テレビ)[712]
皇室ご一家フジテレビ
30 NHKスペシャルNHK総合
渡辺篤史の建もの探訪(テレビ朝日)
25 ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ)[713]
開運!なんでも鑑定団テレビ東京
めざましテレビ(フジテレビ)
20 土曜スタジオパーク(NHK総合)
ロンドンハーツ(テレビ朝日)[注 135]
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)[714]
15 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ)
報道ステーション(テレビ朝日)
10 歴史秘話ヒストリアNHK大阪放送局 / NHK総合)
満天☆青空レストラン(日本テレビ)
スクール革命!(日本テレビ)
火曜サプライズ(日本テレビ)[注 136]
BeauTV〜VoCE(テレビ朝日)
A-Studio(TBS)
たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京)
BSフジLIVE プライムニュースBSフジ
華丸・大吉のなんしようと?テレビ西日本
ぐんま一番群馬テレビ
5 50 サンテレビボックス席サンテレビ
7 50 ワールドプロレスリング(テレビ朝日)
30 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)
8 55 ミュージックフェア(フジテレビ)
50 思い出のメロディー(NHK総合)
20 ほんとにあった怖い話(フジテレビ)
10 60 おかあさんといっしょ(NHK Eテレ)[注 137]
皇室アルバム毎日放送
50 サザエさん(フジテレビ)[715]
30 所さんの目がテン!(日本テレビ)[716]
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(日本テレビ)
NEWS23(TBS)[注 138]
20 科捜研の女(テレビ朝日)
ONE PIECE(フジテレビ)
ちちんぷいぷい(毎日放送)
熱血!タイガース党(サンテレビ)
15 世界一受けたい授業(日本テレビ)
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(テレビ朝日)
白黒アンジャッシュ千葉テレビ放送
10 ブラタモリ(NHK総合)[注 139]
世界の街道をゆく(テレビ朝日)
ホンマでっか!?TV(フジテレビ)
鉄道・絶景の旅(BS朝日)
11 35 カラオケ1ばんテレビ埼玉
12 60 輝く!日本レコード大賞(TBS)
45 FNS歌謡祭(フジテレビ)[717]
40 欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞(日本テレビ)[注 140]
15 人志松本のすべらない話(フジテレビ)[718]

開局・放送開始[編集]

デジタルテレビジョン放送局の開局は2003年12月1日以降であるため、前身のアナログテレビジョン放送からの通算。

周年 放送局
1 60 NHK教育テレビジョン(Eテレ)東京
長崎放送
2 60 テレビ朝日[注 141]
3 65 NHK総合テレビジョン大阪名古屋
60 フジテレビジョン毎日放送(MBSテレビ)
九州朝日放送日本海テレビジョン放送
NHK総合(青森鳥取徳島
50 NHK総合、NHK Eテレ(高松佐賀
4 60 札幌テレビ放送東北放送北日本放送中国放送
四国放送高知放送熊本放送南日本放送
NHK総合(福島)、NHK教育(大阪)
55 テレビ東京[注 142]
50 長野放送富山テレビ放送石川テレビ放送中京テレビ放送
京都放送(KBS京都テレビ)瀬戸内海放送福岡放送サガテレビ
テレビ長崎テレビ熊本鹿児島テレビ放送
40 テレビ埼玉
25 鹿児島讀賣テレビ
20 とちぎテレビ
5 50 サンテレビジョン
6 60 NHK総合(山口
30 NHK BS1
7 40 静岡第一テレビ
8 60 NHK総合(福井大分
9 60 IBC岩手放送
NHK総合(甲府
10 60 青森放送山口放送大分放送
NHK総合(松江
50 秋田テレビ福井テレビジョン放送
30 テレビ北海道テレビユー山形熊本朝日放送
11 60 沖縄テレビ放送
12 60 NHK総合(山形秋田帯広釧路
山陰放送山梨放送
50 青森テレビテレビ岩手三重テレビ放送テレビ愛媛[注 143]

ネットワーク[編集]

周年 ネットワーク
4 30 TXNネットワーク(テレビ東京系列)[注 144]
8 60 ジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN・TBS系列)[注 145]
10 50 フジネットワーク(FNS)[注 146]

その他[編集]

キリ番・記念回[編集]

帯番組[編集]

レギュラー番組[編集]

不定期・特別番組[編集]

視聴率[編集]

15分以上の番組(パート)のみ挙げる。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。その他地域別の視聴率はその他テレビに関する話題に。

ニュース・報道番組[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 38.3% 10月12日
18:45 - 19:00
ニュース645[727] NHK総合
2 35.8% 10月12日
16:00 - 17:00
ニュース台風19号関連[728]
3 33.3% 10月12日
19:00 - 19:30
NHKニュース7[728]
4 30.7% 1月26日
19:00 - 19:30
NHKニュース7 / 他[729]
5 28.5% 1月26日
18:45 - 19:00
ニュース645 / 他[729]
6 27.4% 11月10日
15:00 - 16:00
祝賀御列の儀[730]
7 22.8% 10月22日
13:00 - 14:00
即位礼正殿の儀[731]
8 20.9% 1月26日
20:45 - 21:00
ニュース・気象情報[729]

スポーツ[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 41.6% 10月20日
19:10 - 21:26
ラグビーワールドカップ2019
日本×南アフリカ[732]
NHK総合
2 39.2% 10月13日
19:30 - 21:54
ラグビーワールドカップ2019
日本×スコットランド[733]
日本テレビ
3 32.8% 10月5日
19:15 - 21:34
ラグビーワールドカップ2019
日本×サモア[734]
4 32.3% 1月26日
19:30 - 20:45
全豪オープンテニス2019
女子シングルス決勝・大坂なおみ×ペトラ・クビトバ・第2部[729]
NHK総合
5 32.1% 1月3日
7:50 - 14:18
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走・復路[735]
日本テレビ
6 30.7% 1月2日
7:50 - 14:05
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走・往路[735]
7 26.4% 1月26日
18:05 - 18:45
全豪オープンテニス2019
女子シングルス決勝・大坂なおみ×ペトラ・クビトバ・第1部[729]
NHK総合
8 26.3% 5月26日
17:00 - 18:00
大相撲夏場所・千秋楽[736]
9 24.3% 3月23日
20:26 - 21:30
世界フィギュアスケート選手権2019・男子フリー[737][738] フジテレビ
10 24.1% 10月20日
21:26 - 21:50
ラグビーワールドカップ2019
日本×南アフリカ[739]
NHK総合
11 23.2% 1月26日
17:02[注 150] - 18:00
大相撲初場所14日目 / 他[729]
12 22.5% 9月28日
17:10 - 18:31
ラグビーワールドカップ2019
日本×アイルランド・後半[740]
13 21.4% 2月1日
22:55 - 翌1:00
サッカーAFCアジアカップ2019・決勝
日本×カタール[741]
テレビ朝日
14 20.6% 3月22日
20:11 - 21:27
世界フィギュアスケート選手権2019・女子フリー[737][738] フジテレビ
9月22日
17:00 - 18:00
大相撲秋場所・千秋楽[742] NHK総合
16 20.5% 11月2日
17:45 - 20:31
ラグビーワールドカップ2019・決勝戦
イングランド×南アフリカ[743]
日本テレビ

ドラマ・映画[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 23.8% 9月9日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説 なつぞら(#24-139)[744] NHK総合
2 22.8% 3月23日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説 まんぷく(#25-145)
3 22.4% 10月12日
8:00 - 8:15
連続テレビ小説 スカーレット(#2-12)[745]
4 20.3% 10月17日
21:00 - 22:09
木曜ドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜・第6シリーズ(#1)[746] テレビ朝日

バラエティ・歌番組[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 27.6% 8月25日
19:00 - 20:54
24時間テレビ 「愛は地球を救う」42・PART10[747] 日本テレビ
2 26.3% 8月25日
21:00 - 21:54
行列のできる法律相談所[747]
3 24.4% 8月25日
17:23 - 19:00
24時間テレビ 「愛は地球を救う」42・PART9[747]
4 20.8% 9月29日
19:58 - 20:54
ポツンと一軒家[748] テレビ朝日
5 20.5% 1月27日
19:58 - 20:54
世界の果てまでイッテQ![749] 日本テレビ
8月24日
18:30 - 21:20
24時間テレビ 「愛は地球を救う」42・PART1[747]
7 20.2% 8月25日
16:59 - 17:23
24時間テレビ 「愛は地球を救う」42・PART8[747]

主な放送番組[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日曜劇場グッドワイフ』、火曜ドラマ初めて恋をした日に読む話』、金曜ドラマメゾン・ド・ポリス』。
  2. ^ 坂上&指原のつぶれない店』『この差って何ですか?』『東大王』『世界くらべてみたら』『炎の体育会TV』『世界・ふしぎ発見!』の6番組。
  3. ^ 『アナと雪の女王』はフジテレビ系で2017年3月4日に『土曜プレミアム』で地上波初放送されている。
  4. ^ ただし『みんなのKEIBA』通常ネット局のうち岩手めんこいテレビ秋田テレビさくらんぼテレビ山形県)・沖縄テレビは非ネット。
  5. ^ 一部地域は20時54分まで。
  6. ^ なお生野陽子はまだ産前産後休業に入っておらず、土・日曜地上波の『プライムニュース イブニング』には出演している。
  7. ^ 後番組は、サイエンスバラエティ番組『でんじろうのTHE実験』(20時枠、2月3日 - )と『アオハル (青春) TV』(21時枠、1月27日 - 8月18日)と、枠分割による2番組を放送開始している[23]
  8. ^ フジテレビほか大半の局で放送の『坂上どうぶつ王国』の差し替え番組。
  9. ^ フジテレビが関東広域圏での放映権を有していなかったため、本年2月2日までの間、圏内の独立局の一部(TOKYO MX〈MX2…093ch・SD画質〉、テレビ埼玉)で各局遅れネットを実施していた。両独立局ともフジテレビでのネット一旦終了後の同月23日より、打ち切り直前の放送日時(・チャンネル)でネット再開。
  10. ^ フジテレビほか大半の局で放送の『潜在能力テスト』の差し替え番組。
  11. ^ フジテレビが関東広域圏での放映権を有していなかったため、本年2月9・16日に、圏内の独立局の一部であるTOKYO MX(MX2…093ch・SD画質)で遅れネットを実施していた。
  12. ^ 地域限定スポンサードネット番組。
  13. ^ 一部地域では19時6分飛び乗り。
  14. ^ 当該回は4月25日に移動して放送された。
  15. ^ 系列外ネットの2局は山梨放送(YBS)・福井放送(FBC)。
  16. ^ 下平の夫であるプロ野球選手の長野久義讀賣巨人軍から広島東洋カープへ移籍したため、東京広島を往来する生活となることによる。
  17. ^ 番組出演当初はスタジオ進行担当であり、コーナーリポーター兼務になったのは2016年3月5日放送からである。
  18. ^ 前夜に『マツコ会議』が15分押しとなる通常放送とは別枠の69分SPを放送するため、新加入初日は日曜になってからの放送となる。
  19. ^ 前夜に『おしゃれイズム』が通常より30分後拡大となる「春の1HSP」を放送するため、新加入初日は月曜になってからの放送となる。
  20. ^ 2017年4月から担当しているニュースコーナーは引き続き担当し司会と兼務する。
  21. ^ 歴代お天気キャスターの担当期間としては最長を更新。
  22. ^ 一部地域では22時15分飛び乗り。
  23. ^ 新元号発表の時間がずれたため、後続番組の冒頭を本番組の続きに充当した(番組の枠切りには変更がかからなかった)。
  24. ^ 朝日放送テレビは1959年の開局(当時はテレビ・ラジオ兼営局の朝日放送)以来、1975年3月31日まで東京放送(現在のTBSテレビ)を中心とするJNN系列局であった。
  25. ^ 初日は未明(0時 - 0時45分、前夜に改編期特番『HEY!HEY!NEO!』(1日23時 - 2日0時)を放送するため通常より20分押しの「月曜版」)と深夜(通常編成の「火曜版」)の2回放送。
  26. ^ 布施は1973年にフジテレビにて放送されていた『歌う夢のデイト→二人のジョッキー』の司会を務めた経験がある。
  27. ^ ただし、従前通り『池の水ぜんぶ抜く』放送週(月1回)は休止となるが、4月改編で不定期放送降格となった『THEカラオケ★バトル』放送週(『池の水ぜんぶ抜く』よりも頻度の低い不定期放送)にも休止となる。
  28. ^ 21時開始予定がプロ野球中継ロッテ×ソフトバンク』延長のため繰り下げ。
  29. ^ ちなみにこの日は「相方やさしい芸人」の回であった。
  30. ^ 当初予定の『名探偵コナン 天空の難破船』から変更。なお、翌26日は『名探偵コナン ゼロの執行人』は予定通りに放送。
  31. ^ 第1部:『サンテレビゴルフ番組No.1決定戦』(11時 - 12時30分、『原田伸郎のめざせパーゴルフIII』『真弓&勝成のExpert GOLF』『中西清起・小林佳則の熱血!ゴルフ塾!!』『EASY GOLF』の出演者代表による対抗戦として事前に収録、司会:谷口英明アナウンサー、アシスタント:徳原恵梨)[206]、第2部:『SUNキュー!!50年 ワッショイ!ひょうごLOVERS』(12時30分 - 17時、生放送、スペシャルゲスト:よゐこ)、第3部:『おっ!サン的 50年後のスポーツ未来予想図』(17時 - 17時54分、ナビゲーター:橋本航介アナウンサー、インタビューゲスト:和田豊山本昌中嶋聡今成亮太など)。第3部も事前に収録していたため、スポーツアナウンサーの橋本は『サンテレビボックス席』で阪神側のベンチリポーターを担当した。
  32. ^ なお、報道特番は安倍晋三首相ドナルド・トランプ米大統領による海上自衛隊横須賀基地での護衛艦視察関連を織り交ぜながら11時54分まで放送。その後、正午の全国ニュースを川崎の事件のニュースを中心に12時40分まで拡大放送(ローカルニュースは12時40分 - 12時45分に繰り下げ放送、12時20分からの『BENTO EXPO』は休止)したほか、13時台の『ごごナマ・第1部』(ゲスト:野村克也)は通常同番組内包扱いの定時ニュースを13時から単独番組扱いで拡大放送したため、15分繰り下げ(13時15分開始)・短縮して放送された。また夜の『ニュース7』が3分拡大(19時 - 19時33分)となり、後続の『サラメシ』・『うたコン』がいずれも3分繰り下げとなった。
  33. ^ じゅん散歩』(テレビ朝日・メ〜テレ以外では別番組に差し替え)は休止)・『徹子の部屋』。
  34. ^ 番組では山里の親友という設定だが、声は山里本人が充てている。
  35. ^ 交渉人 真下正義』(2005年公開、ユースケ・サンタマリア主演、6月23日放送)・『容疑者 室井慎次』(同、柳葉敏郎主演、6月30日放送)。
  36. ^ 北海道文化放送(日本ハム)と関西テレビ(オリックス・阪神)はプロ野球中継のためいずれも6月16日に振替放送された。
  37. ^ 他に北海道文化放送、東海テレビ、テレビ新広島で同時ネット。
  38. ^ なお、当該枠はいずれも『金とく「東海おもひで食堂」』(名古屋局制作、5月17日に東海3県にて放送)に変更となった。
  39. ^ 昼前の再放送(11時45分 - 11時59分)も含む。
  40. ^ 土・日曜昼前の再放送(11時 - 11時29分・11時29分 - 11時58分)も含む。
  41. ^ 同日は前任司会者で「永世名誉司会」の桂歌丸(2018年7月2日没)の一周忌にちなんだ企画を行っていた。
  42. ^ 厳密には、4月より関東ローカルで木曜未明(水曜深夜)枠にて放送されていた『ヤバイかスゴイか カミヒトエ!』の枠移動・全国進出に伴う改題・リニューアルとなる。
  43. ^ この日の放送では高島の息子で俳優の高嶋政伸火9ドラマチームで出演しており、番組の一部にも高島追悼のテロップを写真付きで挿入した。
  44. ^ この日の正式タイトルは『出川哲朗の充電させてもらえませんか?〜あぁ新緑の山形縦断!絶景の蔵王に赤湯!ゆけ温泉街道105キロ!ですがひゃ〜中居くんが破天荒すぎてヤバいよバいよSP〜』。
  45. ^ テレビ東京・テレビ愛知のみ同時ネット(それ以外の系列局は後日遅れネット)。
  46. ^ なお、出川と中居は『中居くん温泉』(読売テレビ制作・日本テレビ系)と『ぐるぐるナインティナイングルメチキンレース・ゴチになります!3」』(同系)『笑っていいとも!特大号』(フジテレビ系)などで共演経験がある[274]
  47. ^ その後撤回。
  48. ^ 放送時間拡大に伴い『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日放送テレビ制作)および後続のミニ番組(テレビ朝日は『東京サイト』)を通常より1時間54分ずらして放送した。
  49. ^ 当日はテレビ愛知へもネット。
  50. ^ 系列局によりタイトルが異なる場合がある(東海テレビ『中日新聞テレビ日曜夕刊』など)。
  51. ^ 初代フグ田マスオ役は近石真介
  52. ^ 関東地区に準拠(一部地域で放送日が異なる)。
  53. ^ 大会開催期間は16日間であり、天候による日程の変更が行われる可能性があることを考慮。
  54. ^ ただし、同期間中であっても、成立した試合が1試合もない日は放送休止となる。
  55. ^ NNN/NNS30局(クロスネット3局のうちテレビ宮崎(UMK)はNNNのみ加盟)および沖縄テレビ放送(OTV、フジテレビ系列)。
  56. ^ 日本武道館以外での開催は、2009年(第32回)の東京ビッグサイト江東区有明)以来10年ぶりとなった。
  57. ^ この年の総合司会者の一人であり、司会とランナーの兼務はもちろん、現役の日本テレビアナウンサー且つ同局社員がマラソンに参加するのは史上初となった。
  58. ^ 放送翌日の26日に事後特番として、駅伝の舞台裏に密着した特番『密着!24時間駅伝舞台ウラ〜4人でつないだ148km』(21時 - 22時54分)が放送された。
  59. ^ 一部の時間帯は甲信越3県(山梨県長野県新潟県)にもネット。
  60. ^ ただし、九州・沖縄地方では13時15分 - 13時30分に大雨関連の臨時ローカルニュースを放送したため13時30分から飛び乗った。
  61. ^ なお、前者と中者に関しては翌週の同時間帯に振替放送が行われ、それ以降のエピソードは当初予定より1週ずつ繰り下げて放送されている。
  62. ^ TBSでは同日深夜予定分の代替として、15日最終回の日曜劇場ノーサイド・ゲーム』のPR特番『ノーサイド・ゲーム3日後最終回SP』に変更(12日0時1分[注2 1] - 1時、一部地域は別番組を放送)した。
  63. ^ 関東地方以外の地域では東京・放送センターからの裏送りで通常通り放送。
  64. ^ なお、関東地方以外の地域では、本来の日時に東京・放送センターからの先行裏送りネットの形で放送された(NHKオンデマンドでの有料見逃し配信も当初予定通り12日20時頃から実施)。これにより、19日は関東以外では『観光列車ドキドキ旅 でも○○がない!?』(4月18日放送)を再放送[注2 2]した。
  65. ^ NNN29局は同時ネット。テレビ大分沖縄テレビは後日遅れネット。
  66. ^ なお、関東地方以外の地域では予定通り15時5分から放送された。また、こうした事情に配慮してBS1のサブチャンネルで13時からのトップ中継に続いて15時30分まで関東地方以外の総合テレビで放送されていた中継をサイマル放送する措置を取った。
  67. ^ アニメシリーズ自体は朝日放送テレビ・テレビ朝日系にて放送
  68. ^ 男子は8時50分スタート予定だったが計測機器の異常により1分54秒遅れた[336]。女子は予定通り9時10分にスタートした。
  69. ^ AKB1じ59ふん!』→『AKB0じ59ふん!』(いずれも2008年放送)。
  70. ^ 田宮司会時代からは、当時5週連続優勝を経験した人から提供された映像などを放送。なお、第1回放送(1969年1月9日、ゲストは立川談志ほか)の映像は所有者なしのため放送されなかったが、当時の新聞テレビ欄及び広告が紹介された。
  71. ^ a b c d なお、金曜19時台前半の改編は1981年10月期に『ドラえもん』を設置して以来38年ぶりであり、同時期に開局した福島放送(KFB)以降のテレビ朝日系列局では、1993年4月にネットチェンジした山形テレビ(YTS)を含め初となる(福島放送、鹿児島放送新潟テレビ21では『ニュースシャトル』を放送したため19時台前半を10分繰り上げた時期もあるが、番組の入れ替えは初)。また、金曜20時枠の改編は『ワールドプロレスリング』から『Mステ』への転換以来33年ぶりとなるが、同系列の平成新局熊本朝日放送以降に開局)と山形テレビ(系列化以降)では初となる(山形テレビ自体の金曜19時台前半・20時台の改編はネットチェンジ以来26年6か月ぶり)。
  72. ^ なお、10月12日に第4戦開催の場合はRKB毎日放送(TBS系)、また第5・6戦はTVQ九州放送〈テレQ、テレビ東京系〉でそれぞれ放送する予定だった(日程変更および4戦での決着によりRKB・TVQでは放送取り止めとなり、本年度のクライマックスシリーズにおいて放送実績なしとなった)。
  73. ^ ウイニング競馬』・『TXNニュース』(17:20 - 17:30)・『THE フィッシング』(テレビ大阪制作)・『知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜』の4番組。
  74. ^ なお、前者については5時50分 - 6時は『気象情報』のため一時中断。
  75. ^ 台風の影響により、当日の試合開始を14時→15時30分に変更、この為放送開始時間も当初予定の13時50分→15時5分から変更した。
  76. ^ なお、『ひとモノガタリ』は関東地方の場合、15日の22時45分 - 23時15分に臨時枠移動の形で放送された。
  77. ^ 本来の当該時間は愛知県の豊田スタジアムで開催予定だったワールドカップ予選プールBのニュージランドイタリアの中継を予定していたものだが、中止になったためこれまでの日本戦のハイライトを放送。また、翌日の12時 - 14時10分の時間帯も岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムで開催予定だったプールBナミビアカナダの試合も中止になったため、12日と同様に日本戦直前情報に内容変更をし、途中内容を中断して台風19号に関する最新の被害情報を伝えた。
  78. ^ 日本テレビ(キー局)・静岡第一テレビの場合『ヒーローアカデミア』は19日16時 - 16時30分、『コナン』は16時30分 - 17時に振替放送を行った。この日は12日分の振替放送対象の各局にて、12日の振替分と19日分の同時ネットの2回放送した。ただし、連動データ放送は全局で実施せず、また文字多重放送の有無は各局で分かれた。
  79. ^ なお、この日の『天才!志村どうぶつ園』は本来、19時から『Fun!BASEBALL!! セ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦「巨人対阪神」』中継を放送のため休止となっていたが、当該試合が台風の影響を考慮して中止・延期になったことで急遽レギュラー復帰となったものだった。ちなみに、台風に関わらず第3戦で巨人が日本シリーズ進出を決めていた[注2 3]場合も『志村どうぶつ園』の放送が予定されていた。
  80. ^ なお、通常時日本テレビでの『満天☆青空レストラン』の時間帯に『名探偵コナン』を30分遅れネットとしている(フジテレビの『MUSIC FAIR』同時ネットの関係上)テレビ大分(TOS、フジテレビ系とのクロスネット)でもこの特番を第1部からネットしている。
  81. ^ 当初この日休止予定だった『サタデーステーション』が急遽拡大版扱いでレギュラー復帰する形で放送された(ただ、通常の『サタステ』と一部演出などで相違点があった)。なお、『とんねるずの〜』は11月10日の『日曜プライム』枠に移動して放送された。
  82. ^ 当初は前者の時間帯のみの予定だったが、放送中に大雨特別警報が発令されたことを受け急遽後者の時間帯にも追加編成された。
  83. ^ CBCを含む同系列局の大半(TBSなどを除く)では通常通り『健康カプセル!〜』を放送。なお、TBSでは26日16時30分 - 17時に放送した。
  84. ^ この日の『Nスタ(日曜版)』とは別に、同番組平日版の出演者・フォーマットで放送。ただし一部地域のみの放送のためJNN協定は非適用だった。
  85. ^ 当初は16時58分までの予定だったが、番組開始前に静岡県に大雨特別警報が出されたことを受け急遽延長された。
  86. ^ うち2回は『サンバリュ』枠(2011年、2018年)。2019年にはゴールデン枠で2回放送されている。
  87. ^ なお、中継開始までは18時の定時ニュースを台風19号被害の続報を中心に18時20分まで拡大放送し穴埋めした。
  88. ^ 小さな旅』『サラメシ(再放送)』は休止。
  89. ^ 翌23日の昼は通常通りフルネット。
  90. ^ ただし実際には『大下容子ワイド!スクランブル・第1部』(10時25分 - 11時45分)およびその後の『ANNニュース』(11時45分 - 12時)も統合した編成となったため、全体換算で3時間30分となった。
  91. ^ 10月18日の『マレフィセント2』公開を記念して放送。
  92. ^ NHKは九州・沖縄ブロック(福岡県内は福岡北九州の2局)。
  93. ^ 同日放送分は10月13日放送予定が台風19号関連の報道特番のため休止、延期となっていたもの。
  94. ^ 同大会はテレビ朝日系列とBS朝日・BS朝日 4Kにて第1日(10月24日)から最終日(10月27日)までの予定で中継放送されていた。しかし台風20号および21号による豪雨の影響により日程が変更となり、最終ラウンドがこの日の早朝となったため、両番組内で急遽生中継を行った。
  95. ^ 2013年1月に初代進行だった大橋未歩(当時・テレビ東京アナウンサー)が脳卒中で倒れ、その療養期間中に後輩アナウンサーの秋元玲奈が同年2月から9月まで同番組の進行の代役を務めた事例がある。
  96. ^ テレビ大分を除く。
  97. ^ 堀江、福岡の両名は直前まで放送されていた日本テレビ系の同杯決勝戦「南アフリカイングランド戦」の中継に出演していた[443]
  98. ^ 同時間帯で行われた『さんまのお笑い向上委員会』(21時55分 - 3日0時20分[注2 4]内にて、たけしが扮するキャラクター「火薬田ドン」の演出を行う関係上。
  99. ^ ただし、全国高校サッカー選手権地方大会などの自主編成番組の関係でネットしない系列局もあった。
  100. ^ 当初13時55分 - 15時20分に放送する予定だったものを2時間5分繰り下げ。
  101. ^ 15時54分 - 15時57分に『速報!!TOTOジャパンクラシック』も別途放送された。
  102. ^ 東日本は『みんなのKEIBA』、西日本は『KEIBA BEAT』(関西テレビ制作)。
  103. ^ 当初は10月22日の18時30分 - 20時54分枠で放送する予定だったが、祝賀御列の儀の日程変更により放送延期(19時までを通常の『Live News it!』に復帰、19時より前述の通り映画『スノーホワイト 氷の王国』を放送)となり、10月放送予定分を『日曜THEリアル!』の尺に合わせる形に再編集しての放送となる。
  104. ^ a b この月だけで、日本テレビ系列で2本もの大型音楽特番が放送される形となる。
  105. ^ テレビ大分・テレビ宮崎(いずれもクロスネット局)は通常枠で放送。
  106. ^ テレビ朝日・テレビ宮崎を除く(宮崎県では宮崎放送〈TBS系〉で放送)。また一部独立放送局、CS放送のスカイAでも放送。
  107. ^ 初代局長は上岡龍太郎(元タレント、2000年芸能界引退)。
  108. ^ a b 関西ローカルでの放送日。
  109. ^ 初代:松原千明(女優)→2代:岡部まり(タレント・エッセイスト)→3代:松尾依里佳。また、松尾の退任後は週替わりで加藤綾子小島瑠璃子斎藤真美らが見習い秘書として出演した。
  110. ^ 以前は田村亮ロンドンブーツ1号2号)とコンビ司会だったが、諸問題により降板したため、岡村単独司会となった。
  111. ^ 2004年10月より『新堂本兄弟』と改題・リニューアルし、最終回まで放送された。
  112. ^ 70回目ではあるが、第1回は69年前の1951年(昭和26年)1月3日(当時はラジオ放送のみ)であり、厳密には69周年である[注2 5]1953年(昭和28年)1月2日に第3回をラジオ放送で実施し、同じ年の大晦日(12月31日)にテレビ放送として初となる第4回が実施されているため、本年は初のテレビ放送となった第4回から換算して67年目である。
  113. ^ 1959年の放送開始当時は「ラジオ東京テレビ」(通称『KRT』)という局名であった。
  114. ^ 1959年の放送開始当時は『兼高かおる世界飛び歩き』という題名であり、『兼高かおる世界の旅』と題名を変更して放送開始されたのが1960年9月20日からであった。
  115. ^ 1975年1月 - 3月に3か月限定で放送された当時は腸捻転解消前だったため、NET(現・テレビ朝日)系で放送されていた。1976年1月よりTBS系で放送。
  116. ^ 当時は旧東京放送〈現 TBSテレビ〉と旧朝日放送〈現 朝日放送テレビ〉がJNN系列ネットワーク局の関係にあった。現在のように朝日放送テレビがテレビ朝日(ANN)系列になったのは1975年4月1日からである。
  117. ^ 徳光和夫(当時:日本テレビアナウンサー)に四の字固めの技をかけるシーンが語り草となっており、徳光も度々述懐している。
  118. ^ 在職当時は東京放送(現:東京放送ホールディングス)のテレビ放送部門(現・TBSテレビ)。
  119. ^ 当時はNET(日本教育テレビ、現在のテレビ朝日)と毎日放送がANN系列ネットワーク局の関係にあった。現在のように毎日放送がTBSテレビ(JNN)系列になったのは1975年4月1日からである。
  120. ^ JNN系列局ではTBSテレビ(東京放送ホールディングス)、CBCテレビ中部日本放送)、RKB毎日放送RKB毎日ホールディングス)、毎日放送MBSメディアホールディングス)に次いで5番目。
  121. ^ 略称であるFTVおよびこれまでの「FTV」ロゴも引き続き使用する。
  122. ^ 第1作および「PARTIII」は読売テレビ制作、それ以外は日本テレビ制作。
  123. ^ 後年『ルックルックこんにちは』に1コーナーとして内包。
  124. ^ ちなみにRSK山陽放送では、本社を置く岡山県出身のアスリートへの支援を通して社会貢献を図る目的で、2018年より女子ゴルファーのサポートを行っており、現在は渋野と小橋絵利子が同局と専属契約を締結している[656]
  125. ^ ただし、15日は台風10号の影響で同店が臨時休業したため、同イベントも休場となった[660]
  126. ^ なお、イベント終了後の2019年9月でそごう神戸店としての営業を終了し、10月より「神戸阪急」(阪急阪神百貨店運営)として開業。
  127. ^ a b 当時は東京放送(現・東京放送ホールディングス)のテレビ事業部門であり、現・TBSテレビ。
  128. ^ 当初は、同年12月1日付での開局をアナウンスしていたが、日本テレビ系列が中継権を獲得したラグビーワールドカップ日本大会に間に合わせるため、3か月前倒しでの開局となった[667]
  129. ^ 正式社名に略称を冠するのはRKB毎日放送IBC岩手放送RSK山陽放送に続き4局目。
  130. ^ プロ野球ニュース』(地上波版)にも出演経験あり。
  131. ^ 第1次ロッテ監督時代に美空ひばりと共演した。また、長嶋茂雄(当時・巨人監督)と共演したCMでは「野球は巨人、ガムはロッテ」のコピーで有名。
  132. ^ たかじん胸いっぱい』(1994年1月 - 2015年3月)時代からの換算。
  133. ^ 第1作『ふたりはプリキュア』(2004年)からの換算。ただし、公式サイトでは前年の2018年に放送された第15作『HUGっと!プリキュア』を15周年記念作品と位置づけている。
  134. ^ 初代番組『ズームイン!!朝!』(1979年3月 - 2001年9月)から現在の『ZIP!』までの換算。
  135. ^ 『イナズマ!ロンドンハーツ(→ロンドンハーツ→金曜★ロンドンハーツ)』からの換算。
  136. ^ 旧『サプライズ(→SUPER SURPRISE)・火曜日』(2009年4月 - 2010年3月)からの換算。
  137. ^ かつてはNHK総合でも放送された。
  138. ^ 初代番組『筑紫哲也 NEWS23』からの換算。
  139. ^ シリーズ全体(中断期間含む)を換算。
  140. ^ 『欽ちゃんの全日本仮装大賞』時代からの換算。
  141. ^ 1959年2月1日開局時の社名は「株式会社日本教育テレビ(呼称:NETテレビ)」。
  142. ^ 財団法人日本科学技術振興財団のテレビジョン放送事業者「東京12チャンネル」として開局。1981年10月1日、現社名に商号変更し現在に至る。
  143. ^ 旧社名は「愛媛放送株式会社」。2004年10月1日、現社名に商号変更し現在に至る。
  144. ^ 発足当時のネット局はテレビ東京、テレビ大阪テレビ愛知テレビせとうちの4局。
  145. ^ 発足当時のネット局はラジオ東京テレビ(現在のTBSテレビ)、朝日放送(現・朝日放送テレビ)、中部日本放送(現・CBCテレビ)、北海道放送RKB毎日放送ほか多数が参加。
  146. ^ 発足当時のネット局はフジテレビ、関西テレビ、東海テレビテレビ西日本他21局(一部脱退した局あり)。なお、ニュースネットワークであるFNNは1966年8月に発足。
  147. ^ それ以前の3月1日に「朝日放送大阪テレビ(ABC-OTV)」と改称していたが、朝日放送(当時)・大阪テレビ両社合併に伴い朝日放送テレビとなった。
  148. ^ 第2期。第1期との通算は1342回。
  149. ^ ただし、テレビ放送は第4回(1953年12月31日、日本劇場から放送(NHKホールからは1973年第24回以降))からであり、テレビ放送のみに換算した場合は67回となる。
  150. ^ 実際にマルチ編成を実施したのは17時30分からだが、枠切りとしてはメインチャンネルを基準とした58分枠として発表。

補足[編集]

  1. ^ NEWS23』の放送時間拡大(マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)特集に伴う)の為、5分遅れで12日未明に開始。
  2. ^ 近畿地方では、ドラマ『不惑のスクラムスペシャル〜がんばれ!ラグビーワールドカップ2019〜』〈19時30分 - 20時42分。16日13時50分 - 14時56分に全国放送された本来のSP版に特典を追加して放送〉に差し替えた。
  3. ^ 実際、巨人は第3戦開始前の時点で3勝0敗(アドバンテージの1勝を含む)と日本シリーズ進出まであと1勝としていたが、第3戦で阪神に敗れ同試合で日本シリーズ進出を決められなかった(なお、翌日の第4戦で勝利し、日本シリーズ進出を決めている)。
  4. ^ 通常のレギュラー放送は23時10分 - 23時40分の枠で放送。
  5. ^ 公式にはカウントされないが、1945年12月31日に行われた『紅白音楽試合』を含め、その後の第1回紅白までの5年間の空白期間を除いた分を換算すると70周年となる。

出典[編集]

  1. ^ TBSの2019年元日は「関口宏の東京フレンドパーク元日SP」 ザテレビジョン、2018年11月14日
  2. ^ 深田恭子、高畑充希らがバラエティの顔と対戦…来年元日放送「関口宏の東京フレンドパークSP」報知新聞 2018年11月14日
  3. ^ a b アナと雪の女王:最新作が来年1月にテレビ初放送 「アナ雪」と2本立てで まんたんウェブ、2018年12月7日
  4. ^ "桑田佳祐 ボウリング愛実った!異色の新春特番出演 1.3テレ東". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018-12-26. Retrieved 2018-12-26.
  5. ^ あなたが主役 50ボイス 過去の放送 NHKオンライン
  6. ^ "馬好王国". フジテレビジョン. Archived from the original on 2018-12-28. Retrieved 2018-12-28.
  7. ^ a b "DAIGOがフジ「みんなのKEIBA」新MC就任 19年1月6日から". スポーツ報知. 報知新聞社. 2018-12-23. Retrieved 2018-12-24.
  8. ^ a b "DAIGOが日曜にも参戦!「みんなのKEIBA」MC進出". ザテレビジョン. 角川書店. 2018-12-23. Retrieved 2018-12-28.
  9. ^ "ABCテレビ朝の情報番組リポーターにNMB48キャプテン・小嶋花梨ら". NewsWalker. 角川書店. 2018-12-17. Retrieved 2018-12-17.
  10. ^ "小倉智昭氏が7日「とくダネ!」復帰 膀胱全摘手術から1カ月 驚きの回復力「今後も元気でうるさく」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-01-06. Retrieved 2019-01-06.
  11. ^ "1・9「バカ殿」正月SPに梅沢富美男、澤部佑、渡辺直美ら豪華ゲスト!浜ちゃんは21年ぶり". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-01-02. Retrieved 2019-01-02.
  12. ^ "浜田雅功 志村けんをボコボコ&裸絞め 偽者「バカ殿」で大暴れ". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-01-09. Retrieved 2019-01-10.
  13. ^ "「水ダウ」クロちゃん"檻公開"企画の大混乱を番組で謝罪「深くおわび」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-01-09. Retrieved 2019-01-10.
  14. ^ プレバト!! MBSテレビ
  15. ^ a b キャスター紹介 BSフジLIVE プライムニュース
  16. ^ "「ZIP!」が放送開始2000回記念でSPECIAL WEEKSを開催". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-01-10. Retrieved 2019-01-10.
  17. ^ "「イッテQ!」BPO審議入り、マニアックな祭りに"やらせ疑惑"". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-12. Retrieved 2019-01-12.
  18. ^ a b 『世界ふしぎ発見!』1500回シリーズ3週続けて特別企画 TBSホット情報(TBSテレビ)2018年11月28日
  19. ^ "HTBで放送事故 同じ映像2度流す". 北海道新聞. 2019-01-16. Retrieved 2019-01-16.
  20. ^ "ゴチ新メンバーは千鳥ノブと土屋太鳳 ノブはひたすら自虐「ハードル上げ過ぎよ!」". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-17. Retrieved 2019-01-18.
  21. ^ "ゴチ新メンバーに土屋太鳳&千鳥・ノブ「ノブじゃ!弱いです」と自虐". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-01-17. Retrieved 2019-01-18.
  22. ^ 教育テレビ 放送開始60年!, (PDF), NHK広報局 (日本放送協会), (2018年12月6日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/kaichou/2018/12/002.pdf 2018年12月6日閲覧。 
  23. ^ 「イッテQ」「行列」に待った! フジ 1月から日曜ゴールデン帯大改編 - スポーツニッポン、2018年11月26日
  24. ^ a b "TBS宇賀神アナ人生最高レストラン2代目助手就任". nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2019-01-26. Retrieved 2019-01-27.
  25. ^ "TBS・笹川友里アナ「母になります」 ラジオで第1子妊娠を生報告". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-27. Retrieved 2019-01-27.
  26. ^ "TBS笹川友里アナ妊娠 フェンシング太田氏第1子". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-01-27. Retrieved 2019-01-27.
  27. ^ "「イッテQ」「行列」に待った! フジ 1月から日曜ゴールデン帯大改編". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018-11-26. Retrieved 2018-11-28.
  28. ^ セクゾ・菊池&佐藤2人で初レギュラー決定 とれたてフジテレビ(フジテレビ)2019年1月14日
  29. ^ フジ日9「アオハル(青春)TV」レギュラー放送終了 視聴率苦戦し7カ月で幕「また会えたら」 スポーツニッポン 2019年8月19日発信・閲覧
  30. ^ a b "羽鳥慎一、初ローカルレギュラー 福岡で月1番組スタート「最終目標は移住!」". ORICON NEWS. 2019-01-21. Retrieved 2019-01-21.
  31. ^ "和牛、関西初冠番組で青春を応援!水田「本当に面白い子がいっぱい」". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-08. Retrieved 2019-01-08.
  32. ^ "○○○○容疑者 強制性交の疑いで逮捕 TV局も出演番組の対応に追われる". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-01. Retrieved 2019-02-01.
  33. ^ "スター☆トゥインクルプリキュア:シリーズ初の宇宙人プリキュア登場 地球を飛び出し宇宙で冒険". MANTAN WEB. 2018-12-27. Retrieved 2018-12-27.
  34. ^ フジ夕方枠で関西の人気バラエティー「快傑えみちゃんねる」初放送!異色の編成に注目 Sponici Annex 2019年2月5日発行、同日閲覧。
  35. ^ テレビ東京、アニメ「妖精ちぃたん☆」の放送見合わせを発表,ねとらぼ,2019年2月15日
  36. ^ “映像発掘バラエティー たけしのその時カメラは回っていた” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会広報局, (2019年1月23日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2019/01/005.pdf 2019年1月23日閲覧。 
  37. ^ "フジ紙兎ロペ、前日と同じ内容を放送 三宅アナ謝罪「明日改めて放送」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-02-20. Retrieved 2019-02-20.
  38. ^ "大泉洋&タカトシ司会!北海道内6局同時生番組発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-02-12. Retrieved 2019-02-12.
  39. ^ "上田まりえ 体調不良で当面の間「5時夢」休養 その他の仕事は体調を見ながら続行へ". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-25. Retrieved 2019-02-25.
  40. ^ "上田まりえ 「自律神経障害」だった…「5時夢」スタジオに入ると右手が震え". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-19. Retrieved 2019-03-19.
  41. ^ "テレ朝・八木麻紗子アナが第2子妊娠 予定日5月で「新元号生まれになるのかドキドキ」". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-03-01. Retrieved 2019-03-01.
  42. ^ BSフジ「プライムニュース」ネット同時配信 権利処理やCM契約…課題探る,産経ニュース,2019年3月6日
  43. ^ "ママ仲間由紀恵が『MUSIC FAIR』MC復帰「緊張します」". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-02-20. Retrieved 2019-02-20.
  44. ^ "「カメ止め」3・8テレビ初放送は完全ノーカット". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-02-08. Retrieved 2019-02-08.
  45. ^ "『カメラを止めるな!』TV初放送で冒頭40分"CMなし"ノーカット放送". ORICON NEWS. oricon ME. 2019-03-08. Retrieved 2019-03-08.
  46. ^ "「カメ止め」TV初放送は高視聴率11.9% 冒頭約40分CMなしの"神演出"反響". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-11. Retrieved 2019-03-16.
  47. ^ "さんま舞台「花の駐在さん」に桂文枝、西川きよし、間寛平ら出演へ". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-02-18. Retrieved 2019-02-18.
  48. ^ 特集 明日へ つなげよう 震災から8年 - NHK東日本大震災プロジェクト
  49. ^ "「R-1ぐらんぷり2019」決勝は3月10日生放送、今年も雨上がり司会". お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ. 2019-02-12. Retrieved 2019-02-12.
  50. ^ "史上初!霜降り明星・粗品がM-1とR-1の2冠、小栗旬と対面熱望". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019-03-11. Retrieved 2019-03-11.
  51. ^ 霜降り粗品のR-1優勝者特番、ロケでツッコミまくる「我ながら攻めました」 お笑いナタリー、2019年7月13日、7月15日閲覧
  52. ^ a b "キスマイ出演のテレ朝深夜番組「10万円でできるかな」4月からゴールデン進出決定". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-01-19. Retrieved 2019-01-20.
  53. ^ a b "「中居正広の身になる図書館」今春で終了、中居MCの新番組準備中". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-21. Retrieved 2019-01-21.
  54. ^ "ピエール瀧○○○ 地元静岡の冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」14日放送休止 HPも削除". スポニチ. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-13. Retrieved 2019-03-13.
  55. ^ "ピエール瀧の地元静岡冠番組HP削除、全国区人気". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-13. Retrieved 2019-03-13.
  56. ^ 「しょんないTV」について 静岡朝日テレビ広報部公式Twitter 2019年3月13日
  57. ^ "「しょんないTV」打ち切り4月ゴールデン昇格が…". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-15. Retrieved 2019-03-15.
  58. ^ "○○のレギュラー番組「ゲンバビト」は3月分が放送中止に 「編集難しい」". スポーツ報知 (in Japanese). 報知新聞社. 2019-03-15. Retrieved 2019-03-15.
  59. ^ "『ゲンバビト』3月放送は中止". アサヒ・コム (in Japanese). 朝日新聞社. Retrieved 2019-03-15.
  60. ^ 土曜スタジオパーク▽ゲスト 福田靖 芦田愛菜 2019/03/16(土)放送(2/2ページ) TVでた蔵、2019年3月16日配信・閲覧
  61. ^ a b "「乃木坂46」向井葉月、NHK Eテレ「将棋フォーカス」司会に…先輩・伊藤かりんから交代". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-03-03. Retrieved 2019-03-04.
  62. ^ "徹子の部屋も緊急追悼番組 希林さんとの2ショットトークも披露". デイリースポーツ (in Japanese). 神戸新聞社. 2019-03-18. Retrieved 2019-03-18.
  63. ^ TBS「世界遺産」が快挙!日本地理学会賞社会貢献部門 テレビ番組初受賞 Sponichi ANNEX、2019年3月20日
  64. ^ TBS『世界遺産』日本地理学会賞を受賞 社会貢献部門ではTV番組として初 ORICON STYLE、2019年3月20日
  65. ^ 桑田佳祐が昭和・平成の大衆音楽について語るNHK特番放送。サザンの知られざるエピソードも ロッキン・オン、2019年3月4日
  66. ^ "ABC「虎バン」、レギュラー放送が終了…今後は単発で". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-03-23. Retrieved 2019-03-23.
  67. ^ 村上&マツコが“夜ふかし的”に平成バラエティを総括 特番決定 マイナビニュース 2019年2月16日発行、同日閲覧。
  68. ^ a b "山崎紘菜&永島聖羅「Going」お天気キャスター". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-26. Retrieved 2019-03-27.
  69. ^ 「爆笑オンエアバトル」20年SP放送決定!初期メンバートーク&新世代ネタ合戦 お笑いナタリー、2019年3月11日
  70. ^ ますおか増田「最もピュアなお笑い番組」オンバト取材会でアンジャッシュら当時を回想 お笑いナタリー、2019年3月12日
  71. ^ "番組を応援してくださった皆さんへ". AKB48 SHOW! bBLOG. 日本放送協会. 2019-02-21. Retrieved 2019-02-21.
  72. ^ "10年ぶり「世界ウルルン滞在記」竹内涼真で一夜限りの復活". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-22. Retrieved 2019-02-22.
  73. ^ a b "フジ椿原アナ 8月ママに 4月以降産休「Mr.サンデー」今月卒業、後任ミタパン". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-08. Retrieved 2019-03-08.
  74. ^ a b "TBS2時間ドラマ枠「月曜名作劇場」3月で終了". 日刊スポーツ. 2019-01-31. Retrieved 2019-01-31.
  75. ^ "NGT48冠番組が今月で終了 公式サイト発表「あらたな出会いを信じて」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-15. Retrieved 2019-03-15.
  76. ^ まさはる君のツイート(2019年3月14日)
  77. ^ "竹内まりや 11年ぶりTV出演! 3.26NHK特番 制作現場TV初公開 歌唱レア映像も満載". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-11. Retrieved 2019-03-11.
  78. ^ 2019年度(前半期)放送番組時刻表, (PDF), NHK広報局 (日本放送協会), (2019年2月13日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/hensei/pdf/2019_jikokuhyo-kokunai.pdf 2018年2月18日閲覧。 
  79. ^ "ハリセンボン、ヒルナンデス卒業 MC南原の気遣いに感謝 漫画の差し入れ「こんな人初めて」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-27. Retrieved 2019-03-27.
  80. ^ "「中居正広」のレギュラー番組が2つ同時に打ち切り 不可解な理由にテレビ業界は衝撃". デイリー新潮 (in Japanese). Retrieved 2019-01-27.
  81. ^ "日テレ「ナカイの窓」終了、金曜夜に中居MC新番組". nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2019-02-25. Retrieved 2019-02-25.
  82. ^ "テレ朝・久保田アナ、入社15年目で初のゴールデン進出に歓喜の涙…「マツコ&有吉かりそめ天国」". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-03-28. Retrieved 2019-03-28.
  83. ^ マツコ&有吉 かりそめ天国2時間スペシャル テレビ朝日
  84. ^ a b c d e f g h i j k 2019年度 主なキャスター一覧, (PDF), NHK広報局 (日本放送協会), (2019年2月13日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20190213.pdf 2018年2月13日閲覧。 
  85. ^ a b c "NHKが新年度番組キャスター発表、片山アナが復帰". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-02-13. Retrieved 2019-02-13.
  86. ^ 『ZIP!』川島海荷・鈴木杏樹・速水もこみちが3月いっぱいで卒業 マイナビニュース、2019年3月日、同日閲覧
  87. ^ 中条あやみ「アナザースカイ」卒業、今田耕司とシンクロ「お父さんみたい」 お笑いナタリー、2010年3月8日
  88. ^ a b 広瀬アリス「アドリブ力」磨く…日テレ系「ANOTHER SKY2」の新MC就任 スポーツ報知 2019年3月15日発行、同日閲覧。
  89. ^ "テレ朝、宇賀なつみアナの退社を発表「今後の人生について真剣に考え決意しました」". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-01-10. Retrieved 2019-01-10.
  90. ^ "下平さやかアナ、夫・長野の移籍で「広島に半分移住」へ 一部番組は卒業". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-03-28. Retrieved 2019-03-28.
  91. ^ "稲垣吾郎MC番組「ゴロウ・デラックス」今春終了へ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-02-05. Retrieved 2019-02-05.
  92. ^ a b c "松丸友紀アナが4月から「よじごじDays」進行役". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-21. Retrieved 2019-03-21.
  93. ^ a b c "フジ"夜の顔"にミタパン 4月に新統一ブランドでニュース番組一新「自分の言葉に責任持って」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-25. Retrieved 2019-02-25.
  94. ^ a b "小谷真生子が降板 日経プラス10". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-02-28. Retrieved 2019-02-28.
  95. ^ "辛坊治郎キャスター、読テレ「す・またん」降板へ…後輩の成長願う". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-03-19. Retrieved 2019-03-19.
  96. ^ a b "カンテレ:「報道ランナー」金曜サブキャスターに竹上萌奈アナ 中島めぐみアナは卒業". まんたんウェブ. 株式会社MANTAN. 2019-03-20. Retrieved 2019-03-20.
  97. ^ "静岡朝日赤間アナがニュース番組卒業「濃密な4年」". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-21. Retrieved 2019-03-21.
  98. ^ "TBS小田和正特番「風のようにうたが流れていた」3.29放送決定!昨年なしの「クリ約」の代わりに". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-04. Retrieved 2019-02-04.
  99. ^ a b ""クジパン"久慈暁子アナ、フジ系土曜朝の顔に!「めざまし-」番組歴代最年少MC". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-03-09. Retrieved 2019-03-09.
  100. ^ "三瓶、16年半出演の『もしツア』卒業 長友の料理人見習いへの想いを語る". ORICON NEWS. oricon ME. 2019-03-30. Retrieved 2019-03-30.
  101. ^ 朝だ!生です旅サラダ TVでた蔵 2019年3月16日
  102. ^ "新世代スターアワード NEXT 〜あなたもテレビで活躍しませんか?〜" (HTML). 朝日放送テレビ. Retrieved 2019-03-18.
  103. ^ "広瀬麻知子アナ「幸せでした」サタハピしずおか卒業". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-30. Retrieved 2019-03-30.
  104. ^ "カトパン、新"フジの夕方の顔"に! 初の報道番組メインキャスター". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-02-05. Retrieved 2019-02-05.
  105. ^ 加藤綾子が夕方ニュース メーンキャスター! とれたてフジテレビ 2019年2月5日発行、同日閲覧。
  106. ^ ""タッキー"滝川アナ4月からNHKニュース7司会". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-02-06. Retrieved 2019-02-06.
  107. ^ a b "上原光紀アナウンサー、NHK「ニュース7」キャスターに抜てき…メインは瀧川剛史アナ". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-02-06. Retrieved 2019-02-06.
  108. ^ "NHK・杉浦友紀アナ、新番組「逆転人生」進行役に就任". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-02-13. Retrieved 2019-02-13.
  109. ^ "「おかあさんといっしょ」よしお兄さん3月末で卒業 歴代最長の14年体操のお兄さん務める". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-18.
  110. ^ a b "吉田沙保里さん「ZIP!」で霊長類最強パーソナリティーに". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-03-24. Retrieved 2019-03-25.
  111. ^ "元乃木坂・斎藤ちはるアナ入社即デビュー「羽鳥さんの足手まといにならないように」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-01. Retrieved 2019-03-01.
  112. ^ "ワイド!スクランブル:23年ぶり番組名を変更 大下容子アナの名前が冠に". まんたんウェブ. 株式会社MANTAN. 2019-03-21. Retrieved 2019-03-22.
  113. ^ "テレ朝「陸海空 地球征服するなんて」4月から月曜夜に引っ越し!MCの小峠英二「しぶとい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-23. Retrieved 2019-02-24.
  114. ^ "TBS皆川アナ、深夜から早朝の顔へ「経験生かす」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-29. Retrieved 2019-03-29.
  115. ^ "TBS「あさチャン!」が一新 夏目三久も初挑戦". Model Press. 株式会社ネットネイティブ. 2019-03-20. Retrieved 2019-04-01.
  116. ^ a b 2019年4月1日(月)からCBCテレビの午後帯が“大変革”!!月曜〜金曜 午後3:49-7:00の新番組『チャント!』がスタート PR TIMES 2019年2月28日発行、同日閲覧
  117. ^ "「ゴゴスマ!」4月から放送局を11局に拡大". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-01. Retrieved 2019-03-01.
  118. ^ "古舘、「ゴゴスマ」水曜レギュラーに「自分でボードをめくりたくならないか心配…」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-29. Retrieved 2019-03-29.
  119. ^ a b 日向坂で会いましょう [@hiraganakmax] (2019年3月31日). "「ひらがな推し」1年間ありがとうございました。" (ツイート). Retrieved 2019年4月8日 – via Twitter.
  120. ^ ""伝説"テレ東も「新元号発表」生中継 ネット大反響「歴史的瞬間」「事件だ」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-04-01. Retrieved 2019-04-01.
  121. ^ a b "ミタパン、フジ"夜の顔"!初報道番組でメインキャスターに抜てき". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019-02-25. Retrieved 2019-02-25.
  122. ^ a b "三田友梨佳アナ:報道メインキャスター初挑戦 「まさか」 フジテレビニュースの"夜の顔"に". MANTAN WEB. 株式会社MANTAN. 2019-02-25. Retrieved 2019-02-27.
  123. ^ "フジ・宮澤アナ「グッディ!」キャスターへ ミタパンからバトン受け継ぐ". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-02-26. Retrieved 2019-02-26.
  124. ^ "林修氏、新番組「四季彩キッチン」に出演 日本の食材の豆知識を紹介". スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-03-28. Retrieved 2019-03-28.
  125. ^ "「BSフジLIVE プライムニュース」新キャスター発表". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-03-01. Retrieved 2019-03-01.
  126. ^ "大橋未歩アナ「5時夢」新加入 休養中の上田まりえ後任 昨年末オファー「体調不良とは無関係」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-06. Retrieved 2019-03-06.
  127. ^ "登坂淳一アナ MXのスポーツ新番組でキャスター 稲村亜美とタッグ". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-18. Retrieved 2019-03-18.
  128. ^ a b c "NHK「おはよう関西」狩野&牛田アナが新キャスター就任 二宮アナは"夕方の顔"に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-07. Retrieved 2019-03-07.
  129. ^ "MBSテレビの情報番組「ちちんぷいぷい」 4月から放送時間を約2時間短縮". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019-03-05. Retrieved 2019-03-05.
  130. ^ Corporation ━, 朝日放送テレビ ━ Asahi Television Broadcasting. "キャスト -CAST- | 朝日放送テレビ". www.asahi.co.jp. Retrieved 2019-03-15.
  131. ^ "ABC道上洋三アナがテレビの夕方帯レギュラー出演". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-19. Retrieved 2019-03-24.
  132. ^ "静岡朝日広瀬麻知子アナがニュースキャスターに転身". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-03-20. Retrieved 2019-03-21.
  133. ^ 4月放送スタート! ギュッ!と石川ゆうどきLive|HAB北陸朝日放送 2019年3月15日閲覧。
  134. ^ "クローズアップ現代、週4→3日に減 放送時間は5分増". アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2019-02-13. Retrieved 2019-02-13.
  135. ^ バゲット [@eigatengoku] (2019年4月2日). "月曜日から木曜日のお天気コーナー担当" (ツイート). Retrieved 2019年4月15日 – via Twitter.
  136. ^ "しくじり先生:4月から深夜枠でレギュラー放送復活 初回の"先生"はクロちゃん". MANTAN WEB. 2019-03-10. Retrieved 2019-03-10.
  137. ^ "テレ朝系『ロンハー』4月から深夜枠に移動「深夜ならではの攻めた企画を」". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2019-01-26. Retrieved 2019-01-26.
  138. ^ 次回、4/2(火)からはネオバラへ!! |NEXT ON AIR|金曜★ロンドンハーツ|テレビ朝日
  139. ^ "新女性キャスター5人勢ぞろい 4月1日スタートTBS「ビジネスクリック」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-03-27. Retrieved 2019-03-27.
  140. ^ 「オードリー×素人」の予測不能トークが人気の深夜バラエティ 名古屋ローカルから全国進出!4月放送スタート @Press 2019年3月8日発行、同日閲覧。
  141. ^ "日テレ春改編はリニューアルが重点 全日帯で改編率4.3%". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2019-03-14. Retrieved 2019-03-14.
  142. ^ "BS朝日「日本の名曲-」司会に布施明、五木ひろしからバトン". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019-01-30. Retrieved 2019-01-30.
  143. ^ "布施明、BS朝日の歌謡番組出演を見送り 声帯ポリープの治療を優先". サンケイスポーツ. 産経デジ