2019年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2019年ワールドシリーズ
President Trump at the World Series Game (48975696912).jpg
第5戦が行われているナショナルズ・パークの様子。こちらに背を向けてフィールドを眺めている手前の4人のうち、左から2番目が当時のアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ、その右隣がメラニア
チーム 勝数
ワシントン・ナショナルズNL 4
ヒューストン・アストロズAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月22日–30日
観客動員 7試合合計:30万5072人
1試合平均:04万3582人
MVP スティーブン・ストラスバーグ(WAS)
責任審判 ゲイリー・シダーストロム[1]
ALCS HOU 4–2 NYY
NLCS WAS 4–0 STL
チーム情報
ワシントン・ナショナルズ(WAS)
シリーズ出場 球団創設51年目で初
GM マイク・リゾ
監督 デーブ・マルティネス
シーズン成績 093勝69敗・勝率.574
NL東地区2位=第1ワイルドカード
分配金 選手1人あたり38万2358.18ドル[2]

ヒューストン・アストロズ(HOU)
シリーズ出場 2年ぶり3回目
GM ジェフ・ルーノウ
監督 A.J.ヒンチ
シーズン成績 107勝55敗・勝率.660
AL西地区優勝
分配金 選手1人あたり25万6030.16ドル[2]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ジョン・スモルツ
平均視聴率 8.1%(前年比0.2ポイント下降)
ワールドシリーズ
 < 2018 2020 > 

2019年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第115回ワールドシリーズ(115th World Series)は、10月22日から30日にかけて計7試合が開催された。その結果、ワシントン・ナショナルズナショナルリーグ)がヒューストン・アストロズアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、球団創設51年目で初の優勝を果たした。

7戦4勝制のシリーズにおいてビジター球団が全勝したのは、MLBのみならず北米4大プロスポーツリーグの他競技を含めても史上初めて[3]アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.でワールドシリーズが開催されたのは1933年以来で[4]、ナショナルズは86年ぶりの首都開催3試合では1勝もできなかった――それどころかいずれの試合も1得点しか奪えず、本拠地での3試合合計得失点差-16は歴代ワーストタイだった[注 1][5]――ものの、敵地テキサス州ヒューストンで4勝を挙げて初出場初優勝を成し遂げた。シリーズMVPには、第6戦に先発登板して相手打線を9回途中まで2失点に抑えるなど、2試合14.1イニングで2勝0敗・防御率2.51という成績を残したナショナルズのスティーブン・ストラスバーグが選出された。

冠スポンサーは2018年3月締結の契約に基づき、Google傘下動画投稿サイトのテレビ放送配信サービス "YouTube TV" が務める[6]。よって大会名はワールドシリーズ presented by YouTube TVとなる。

ワールドシリーズまでの道のり[編集]

両チームの2019年[編集]

10月15日にまずナショナルリーグでナショナルズ(東地区)が、そして19日にはアメリカンリーグでアストロズ(西地区)が、それぞれリーグ優勝を決めてワールドシリーズへ駒を進めた。

ホームフィールド・アドバンテージ[編集]

ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、レギュラーシーズンの勝率がより高いほうの球団に与えられる。ポストシーズン進出10球団のアドバンテージ優先順位は以下の通り[7]

優先順位 球団 レギュラーシーズン成績 ポストシーズン結果
WCG DS LCS
01 ヒューストン・アストロズ 107勝55敗・勝率.660 AL西地区優勝 ワールドシリーズ進出 免除 3勝2敗 4勝2敗
02 ロサンゼルス・ドジャース 106勝56敗・勝率.654 NL西地区優勝 地区シリーズ(DS)敗退 免除 2勝3敗
03 ニューヨーク・ヤンキース 103勝59敗・勝率.636 AL東地区優勝 リーグ優勝決定戦(LCS)敗退 免除 3勝0敗 2勝4敗
04 ミネソタ・ツインズ 101勝61敗・勝率.623 AL中地区優勝 地区シリーズ(DS)敗退 免除 0勝3敗
05[※1] アトランタ・ブレーブス 097勝65敗・勝率.599 NL東地区優勝 地区シリーズ(DS)敗退 免除 2勝3敗
06[※1][※2] オークランド・アスレチックス 097勝65敗・勝率.599 AL西地区2位=第1ワイルドカード ワイルドカードゲーム(WCG)敗退 0勝1敗
07[※2] タンパベイ・レイズ 096勝66敗・勝率.593 AL東地区2位=第2ワイルドカード 地区シリーズ(DS)敗退 1勝0敗 2勝3敗
08[※2] ワシントン・ナショナルズ 093勝69敗・勝率.574 NL東地区2位=第1ワイルドカード ワールドシリーズ進出 1勝0敗 3勝2敗 4勝0敗
09[※2] セントルイス・カージナルス 091勝71敗・勝率.562 NL中地区優勝 リーグ優勝決定戦(LCS)敗退 免除 3勝2敗 0勝4敗
10 ミルウォーキー・ブルワーズ 089勝73敗・勝率.549 NL中地区2位=第2ワイルドカード ワイルドカードゲーム(WCG)敗退 0勝1敗
※1  シーズン162試合の勝敗が同じ、かつこの年の直接対決がない場合は、それぞれの球団が同地区他球団相手に残した成績が決め手となる。ブレーブスがナショナルリーグ東地区4球団相手に46勝30敗・勝率.605だったのに対し、アスレチックスはアメリカンリーグ西地区4球団相手に44勝32敗・勝率.579だったので、ブレーブスが上位となる。
※2  同一リーグ内の地区シリーズリーグ優勝決定戦では、勝率に関係なく地区優勝球団はワイルドカード球団より上位に位置づけられるが、ワールドシリーズだけはこれに当てはまらない。

10月9日、ナショナルリーグ地区シリーズでブレーブスとドジャースの敗退が決まった。この時点で、ナショナルリーグで勝ち残っていたのはナショナルズとカージナルスである。この2球団はいずれも、アメリカンリーグで勝ち残りのヤンキースとアストロズ、レイズのどれよりも勝率が低い。したがってブレーブスとドジャースの敗退により、アドバンテージがアメリカンリーグ優勝球団へ与えられることが確定した。

両チームの過去の対戦[編集]

2011年9月9日の対戦の様子。手前の一塁手がアストロズのカルロス・リー、奥の走者がナショナルズのダニー・エスピノーサ

ナショナルズとアストロズはいずれも、1961年以降のエクスパンションによってナショナルリーグに創設された球団である。ナショナルズは1969年カナダケベック州モントリオールを本拠地とする "モントリオール・エクスポズ" として創設され、2004年シーズン終了後にアメリカ合衆国ワシントンD.C.へ移転してナショナルズとなった。アストロズはエクスポズより7年早く1962年に "ヒューストン・コルトフォーティファイブス" として創設され、3年後にアストロズに改称、2012年シーズン終了後にナショナルリーグ中地区からアメリカンリーグ西地区へ転籍した。したがって、1969年から2012年までの44年間、エクスポズ/ナショナルズとアストロズは同じリーグで毎年対戦していた。その間の対戦成績はアストロズの243勝201敗・勝率.547である[8]。ただ、エクスポズがナショナルズになった2005年から2012年までの8年間に限ると、逆にナショナルズが30勝26敗・勝率.536で勝ち越している[9]。両球団がポストシーズンで対戦したことは、44年間で一度もない。

2013年にアストロズがアメリカンリーグへ転籍したあとは、両球団の対戦はインターリーグとして数年に一度しか行われなくなった。同年から2019年までの7年間で、両球団の対戦は7試合が組まれており、その結果はナショナルズの6勝1敗・勝率.857である[10]。直近の対戦は2017年8月、アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークでの3連戦で、ナショナルズの2勝1敗だった。

ロースター[編集]

両チームの出場選手登録(ロースター)は以下の通り。

ワシントン・ナショナルズ ヒューストン・アストロズ
守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験 守備位置 背番号 出身 選手 年齢 ワールドシリーズ経験
出場 優勝 出場 優勝
投手 46 アメリカ合衆国の旗 パトリック・コービン 30 なし 投手 45 アメリカ合衆国の旗 ゲリット・コール 29 なし
63 アメリカ合衆国の旗 ショーン・ドゥーリトル 33 なし 47 アメリカ合衆国の旗 クリス・デベンスキー 28 02年ぶり2回目 1回
48 アメリカ合衆国の旗 ハビー・ゲラ 33 なし 21 アメリカ合衆国の旗 ザック・グレインキー★# 36 なし
44 アメリカ合衆国の旗 ダニエル・ハドソン 32 なし 36 アメリカ合衆国の旗 ウィル・ハリス 35 02年ぶり2回目 1回
21 アメリカ合衆国の旗 タナー・レイニー 26 なし 39 アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ジェームズ 26 なし
56 ドミニカ共和国の旗 フェルナンド・ロドニー 42 13年ぶり2回目 なし 54 メキシコの旗 ロベルト・オスーナ 24 なし
41 アメリカ合衆国の旗 ジョー・ロス 26 なし 41 アメリカ合衆国の旗 ブラッド・ピーコック 31 02年ぶり2回目 1回
19 ベネズエラの旗 アニバル・サンチェス 35 07年ぶり2回目 なし 55 アメリカ合衆国の旗 ライアン・プレスリー 30 なし
31 アメリカ合衆国の旗 マックス・シャーザー 35 07年ぶり2回目 なし 30 ベネズエラの旗 ヘクター・ロンドン 31 03年ぶり2回目 1回
37 アメリカ合衆国の旗 スティーブン・ストラスバーグ 31 なし 38 アメリカ合衆国の旗 ジョー・スミス 35 なし
51 ドミニカ共和国の旗 ワンダー・スエロ 28 なし 65 メキシコの旗 ホセ・ウルキディ 24 なし
捕手 10 ブラジルの旗 ヤン・ゴームズ 32 03年ぶり2回目 なし 35 アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・バーランダー 36 02年ぶり4回目 1回
28 アメリカ合衆国の旗 カート・スズキ 36 なし 捕手 28 ベネズエラの旗 ロビンソン・チリノス 35 なし
内野手 15 アメリカ合衆国の旗 マット・アダムス 31 06年ぶり2回目 なし 12 プエルトリコの旗 マーティン・マルドナード 33 なし
13 ベネズエラの旗 アズドルバル・カブレラ 33 なし 内野手 27 ベネズエラの旗 ホセ・アルトゥーベ 29 02年ぶり2回目 1回
9 アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ドージャー 32 02年連続2回目 なし 2 アメリカ合衆国の旗 アレックス・ブレグマン 25 02年ぶり2回目 1回
47 アメリカ合衆国の旗 ハウィー・ケンドリック 36 なし 1 プエルトリコの旗 カルロス・コレア 25 02年ぶり2回目 1回
6 アメリカ合衆国の旗 アンソニー・レンドン 29 なし 16 キューバの旗 アレドミス・ディアス 29 なし
7 アメリカ合衆国の旗 トレイ・ターナー 26 なし 10 キューバの旗 ユリ・グリエル 35 02年ぶり2回目 1回
11 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ジマーマン 35 なし 外野手 44 キューバの旗 ヨルダン・アルバレス 22 なし
外野手 2 アメリカ合衆国の旗 アダム・イートン 30 なし 23 アメリカ合衆国の旗 マイケル・ブラントリー 32 なし
88 ベネズエラの旗 ジェラルド・パーラ 32 なし 6 アメリカ合衆国の旗 ジェイク・マリスニック 28 なし
16 ドミニカ共和国の旗 ビクター・ロブレス 22 なし 22 アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・レディック 32 02年ぶり2回目 1回
22 ドミニカ共和国の旗 フアン・ソト 20 なし 4 アメリカ合衆国の旗 ジョージ・スプリンガー 30 02年ぶり2回目 1回
3 アメリカ合衆国の旗 マイケル・テイラー 28 なし 3 アメリカ合衆国の旗 カイル・タッカー 22 なし

ナショナルズはリーグ優勝決定戦のロースターから投手をふたり入れ替え、ロエニス・エリアスオースティン・ボスに代えてジョー・ロスワンダー・スエロを登録した。この4投手のうち、今ポストシーズンで登板機会があったのはスエロのみだった。ただそれも地区シリーズ第3戦の0.1イニングのみで、アウトを取る前に本塁打二塁打を打たれていた。ロスとスエロの選出は連投やイニングまたぎを念頭に置いた措置だったが、よほどのことがない限り出番はそう多くならないと予想される[11]。というのもナショナルズは今ポストシーズンで、特定の投手に登板機会を集中させているためである。先発ローテーション投手のうちスティーブン・ストラスバーグマックス・シャーザーパトリック・コービンの3人は、先発登板間にリリーフでも起用されている。これに先発4人目のアニバル・サンチェス、リリーフのショーン・ドゥーリトルダニエル・ハドソンを加えた6人の消化イニング数は、今ポストシーズン全10試合90イニング中では90%の81イニング、リーグ優勝決定戦4試合36イニング中では91.7%の33イニングにのぼる[12]

アストロズはリーグ優勝決定戦のロースターから救援右腕を入れ替え、ブライアン・アブレウを外してクリス・デベンスキーを加えた。デベンスキーは2年前のシリーズ登板経験を買われ、今ポストシーズンで初めてロースター入りした[13]。アブレウは今ポストシーズンの登板がリーグ優勝決定戦・初戦の1試合のみで、5点ビハインドの9回表からマウンドに上がったが、最後まで投げ切れずに2失点を喫していた。また、アストロズにはウェイド・マイリーフランバー・バルデスなどの左投手もいたが、彼らはひとりもロースター入りしていない。特にマイリーはレギュラーシーズンで先発ローテーションの一角を占め、33試合167.1イニングで14勝6敗・防御率3.98を記録した。しかし9月に防御率16.68と打ち込まれ、地区シリーズでも2.2イニングで3点を失っていた。その結果、今シリーズのアストロズ投手陣は全員が右投手となった。左投手不在のロースターでワールドシリーズに臨むのは、1903年の第1回シリーズに出場したボストン・アメリカンズピッツバーグ・パイレーツの両球団以来、アストロズが116年ぶり3球団目である[14]

ナショナルズのシャーザーとサンチェス、アストロズのジャスティン・バーランダーの3投手は、2012年シーズン途中から2014年シーズン終了まで、デトロイト・タイガースでチームメイトだった。2012年には3人が揃って先発ローテーションに名を連ね、ワールドシリーズにも出場している[注 2]。もし今シリーズにおいて、シャーザーあるいはサンチェスとバーランダーが同じ試合で両軍の先発投手として対戦すると、ある球団でチームメイトとしてワールドシリーズに出場したふたりがそれぞれ別球団に移籍し、のちにワールドシリーズで投げ合うという史上2度目の出来事となる[注 3][15]。当時タイガース投手コーチだったジェフ・ジョーンズは、今シリーズについて「『こっちのチームに勝ってほしい』とは言いにくいし、試合を観るときにはちょっとそわそわするだろうね。彼らがみんないいピッチングしてくれればと思うよ」と話している[16]

試合結果[編集]

2019年のワールドシリーズは10月22日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月22日(火) 第1戦 ワシントン・ナショナルズ 5-4 ヒューストン・アストロズ ミニッツメイド・パーク
10月23日(水) 第2戦 ワシントン・ナショナルズ 12-3 ヒューストン・アストロズ
10月24日(木) 移動日
10月25日(金) 第3戦 ヒューストン・アストロズ 4-1 ワシントン・ナショナルズ ナショナルズ・パーク
10月26日(土) 第4戦 ヒューストン・アストロズ 8-1 ワシントン・ナショナルズ
10月27日(日) 第5戦 ヒューストン・アストロズ 7-1 ワシントン・ナショナルズ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第6戦 ワシントン・ナショナルズ 7-2 ヒューストン・アストロズ ミニッツメイド・パーク
10月30日(水) 第7戦 ワシントン・ナショナルズ 6-2 ヒューストン・アストロズ
優勝:ワシントン・ナショナルズ(4勝3敗 / 球団創設51年目で初)

第1戦 10月22日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、8分3秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ワシントン・ナショナルズ 0 1 0 1 3 0 0 0 0 5 9 0
ヒューストン・アストロズ 2 0 0 0 0 0 1 1 0 4 10 0
  1. マックス・シャーザー(1勝)  ゲリット・コール(1敗)  Sショーン・ドゥーリトル(1S)  
  2. 本塁打:  WAS – ライアン・ジマーマン1号ソロ、フアン・ソト1号ソロ  HOU – ジョージ・スプリンガー1号ソロ
  3. 審判:球審…アラン・ポーター、塁審…一塁: ダグ・エディングス、二塁: ゲイリー・シダーストロム、三塁: ジェームズ・ホイ、外審…左翼: ランス・バークスデイル、右翼: サム・ホルブルック
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時10分 試合時間: 3時間43分 観客: 4万3339人 気温: 73°F(22.8°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ワシントン・ナショナルズ ヒューストン・アストロズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ターナー 1 G・スプリンガー
2 A・イートン 2 J・アルトゥーベ
3 A・レンドン 3 M・ブラントリー
4 J・ソト 4 A・ブレグマン
5 DH H・ケンドリック 5 Y・グリエル
6 A・カブレラ 6 C・コレア
7 R・ジマーマン 7 DH Y・アルバレス
8 K・スズキ 8 M・マルドナード
9 V・ロブレス 9 J・レディック
先発投手 投球 先発投手 投球
M・シャーザー G・コール

第2戦 10月23日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分18秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ワシントン・ナショナルズ 2 0 0 0 0 0 6 3 1 12 14 2
ヒューストン・アストロズ 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 9 1
  1. スティーブン・ストラスバーグ(1勝)  ジャスティン・バーランダー(1敗)  
  2. 本塁打:  WAS – カート・スズキ1号ソロ、アダム・イートン1号2ラン、マイケル・テイラー1号ソロ  HOU – アレックス・ブレグマン1号2ラン、マーティン・マルドナード1号ソロ
  3. 審判:球審…ダグ・エディングス、塁審…一塁: ゲイリー・シダーストロム、二塁: ジェームズ・ホイ、三塁: ランス・バークスデイル、外審…左翼: サム・ホルブルック、右翼: アラン・ポーター
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時8分 試合時間: 4時間1分 観客: 4万3357人 気温: 73°F(22.8°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ワシントン・ナショナルズ ヒューストン・アストロズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ターナー 1 G・スプリンガー
2 A・イートン 2 J・アルトゥーベ
3 A・レンドン 3 M・ブラントリー
4 J・ソト 4 A・ブレグマン
5 DH H・ケンドリック 5 Y・グリエル
6 A・カブレラ 6 DH Y・アルバレス
7 R・ジマーマン 7 C・コレア
8 K・スズキ 8 R・チリノス
9 V・ロブレス 9 J・レディック
先発投手 投球 先発投手 投球
S・ストラスバーグ J・バーランダー

第3戦 10月25日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分48秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヒューストン・アストロズ 0 1 1 0 1 1 0 0 0 4 11 0
ワシントン・ナショナルズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 9 2
  1. ジョシュ・ジェームズ(1勝)  アニバル・サンチェス(1敗)  Sロベルト・オスーナ(1S)  
  2. 本塁打:  HOU – ロビンソン・チリノス1号ソロ
  3. 審判:球審…ゲイリー・シダーストロム、塁審…一塁: ジェームズ・ホイ、二塁: ランス・バークスデイル、三塁: サム・ホルブルック、外審…左翼: ジム・ウルフ、右翼: ダグ・エディングス
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時7分 試合時間: 4時間3分 観客: 4万3867人 気温: 64°F(17.8°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ヒューストン・アストロズ ワシントン・ナショナルズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・スプリンガー 1 T・ターナー
2 J・アルトゥーベ 2 A・イートン
3 M・ブラントリー 3 A・レンドン
4 A・ブレグマン 4 J・ソト
5 Y・グリエル 5 A・カブレラ
6 C・コレア 6 R・ジマーマン
7 J・レディック 7 K・スズキ
8 R・チリノス 8 V・ロブレス
9 Z・グレインキー 9 A・サンチェス
先発投手 投球 先発投手 投球
Z・グレインキー A・サンチェス

第4戦 10月26日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、4分59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヒューストン・アストロズ 2 0 0 2 0 0 4 0 0 8 13 1
ワシントン・ナショナルズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 0
  1. ホセ・ウルキディ(1勝)  パトリック・コービン(1敗)  
  2. 本塁打:  HOU – ロビンソン・チリノス2号2ラン、アレックス・ブレグマン2号満塁
  3. 審判:球審…ジェームズ・ホイ、塁審…一塁: ランス・バークスデイル、二塁: サム・ホルブルック、三塁: ジム・ウルフ、外審…左翼: ダグ・エディングス、右翼: ゲイリー・シダーストロム
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時8分 試合時間: 3時間48分 観客: 4万3889人 気温: 63°F(17.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ヒューストン・アストロズ ワシントン・ナショナルズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・スプリンガー 1 T・ターナー
2 J・アルトゥーベ 2 A・イートン
3 M・ブラントリー 3 A・レンドン
4 A・ブレグマン 4 J・ソト
5 Y・グリエル 5 H・ケンドリック
6 C・コレア 6 R・ジマーマン
7 R・チリノス 7 V・ロブレス
8 J・マリスニック 8 Y・ゴームズ
9 J・ウルキディ 9 P・コービン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ウルキディ P・コービン

第5戦 10月27日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、6分13秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヒューストン・アストロズ 0 2 0 2 0 0 0 1 2 7 10 0
ワシントン・ナショナルズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4 0
  1. ゲリット・コール(1勝1敗)  ジョー・ロス(1敗)  
  2. 本塁打:  HOU – ヨルダン・アルバレス1号2ラン、カルロス・コレア1号2ラン、ジョージ・スプリンガー2号2ラン  WAS – フアン・ソト2号ソロ
  3. 審判:球審…ランス・バークスデイル、塁審…一塁: サム・ホルブルック、二塁: ジム・ウルフ、三塁: ダグ・エディングス、外審…左翼: ゲイリー・シダーストロム、右翼: ジェームズ・ホイ
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時8分 試合時間: 3時間19分 観客: 4万3910人 気温: 72°F(22.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ヒューストン・アストロズ ワシントン・ナショナルズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・スプリンガー 1 T・ターナー
2 J・アルトゥーベ 2 A・イートン
3 M・ブラントリー 3 A・レンドン
4 A・ブレグマン 4 J・ソト
5 Y・グリエル 5 H・ケンドリック
6 Y・アルバレス 6 R・ジマーマン
7 C・コレア 7 V・ロブレス
8 M・マルドナード 8 Y・ゴームズ
9 G・コール 9 J・ロス
先発投手 投球 先発投手 投球
G・コール J・ロス

第6戦 10月29日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、7分44秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ワシントン・ナショナルズ 1 0 0 0 2 0 2 0 2 7 9 0
ヒューストン・アストロズ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. スティーブン・ストラスバーグ(2勝)  ジャスティン・バーランダー(2敗)  
  2. 本塁打:  WAS – アダム・イートン2号ソロ、フアン・ソト3号ソロ、アンソニー・レンドン1号2ラン  HOU – アレックス・ブレグマン1号ソロ
  3. 審判:球審…サム・ホルブルック、塁審…一塁: ジム・ウルフ、二塁: ダグ・エディングス、三塁: ゲイリー・シダーストロム、外審…左翼: ジェームズ・ホイ、右翼: ランス・バークスデイル
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時8分 試合時間: 3時間37分 観客: 4万3384人 気温: 73°F(22.8°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ワシントン・ナショナルズ ヒューストン・アストロズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ターナー 1 G・スプリンガー
2 A・イートン 2 J・アルトゥーベ
3 A・レンドン 3 M・ブラントリー
4 J・ソト 4 A・ブレグマン
5 DH H・ケンドリック 5 Y・グリエル
6 A・カブレラ 6 DH Y・アルバレス
7 R・ジマーマン 7 C・コレア
8 V・ロブレス 8 R・チリノス
9 Y・ゴームズ 9 J・レディック
先発投手 投球 先発投手 投球
S・ストラスバーグ J・バーランダー

第7戦 10月30日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、11分23秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ワシントン・ナショナルズ 0 0 0 0 0 0 3 1 2 6 9 0
ヒューストン・アストロズ 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 9 1
  1. パトリック・コービン(1勝1敗)  ウィル・ハリス(1敗)  
  2. 本塁打:  WAS – アンソニー・レンドン2号ソロ、ハウィー・ケンドリック1号2ラン  HOU – ユリ・グリエル1号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・ウルフ、塁審…一塁: ダグ・エディングス、二塁: ゲイリー・シダーストロム、三塁: ジェームズ・ホイ、外審…左翼: ランス・バークスデイル、右翼: サム・ホルブルック
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時8分 試合時間: 3時間42分 観客: 4万3326人 気温: 65°F(18.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / FanGraphs
両チームの先発ラインナップ
ワシントン・ナショナルズ ヒューストン・アストロズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ターナー 1 G・スプリンガー
2 A・イートン 2 J・アルトゥーベ
3 A・レンドン 3 M・ブラントリー
4 J・ソト 4 A・ブレグマン
5 DH H・ケンドリック 5 Y・グリエル
6 A・カブレラ 6 DH Y・アルバレス
7 R・ジマーマン 7 C・コレア
8 Y・ゴームズ 8 R・チリノス
9 V・ロブレス 9 J・レディック
先発投手 投球 先発投手 投球
M・シャーザー Z・グレインキー

テレビ中継[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国におけるテレビ中継はFOXが放送した。実況はジョー・バックが、解説はジョン・スモルツが、フィールドリポートはケン・ローゼンタールとトム・バードゥッチが、それぞれ務めた。また試合前にはケビン・バークハート進行のコーナーがあり、デビッド・オルティーズアレックス・ロドリゲスフランク・トーマスが出演して試合の見所などを語った。FOXがスポンサー企業に販売したCM放送枠の価格は30秒あたり45万ドルと推定される[17]。第7戦ではアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプの陣営が、1年後の大統領選挙での再選に向け1期目の実績をアピールするCMを流すために、具体的な金額は不明ながら7桁(100万ドル以上)の金額を費やしたとされる[18]。今シリーズ7試合でFOXが得た広告収入は総額4億ドルを超えたとみられる[19]

全7試合の平均視聴率は8.1%で、前年から0.2ポイント下降した。平均視聴者数は1391万人で、これは2012年2008年に次いで、史上3番目に少ない数字である[20]。シリーズを通しての、全米および出場両チームの本拠地都市圏における視聴率等は以下の通り。

試合 日付 全米 コロンビア特別区など
ワシントン
テキサス州ヒューストン
視聴率 占拠率 視聴者数 視聴率 占拠率 視聴率 占拠率
第1戦[21][22] 10月22日(火) 7.3% 15% 1219万人 23.1% 42% 34.1% 56%
第2戦[23][24] 10月23日(水) 7.1% 15% 1193万人 23.5% 42% 31.7% 53%
第3戦[25][26] 10月25日(金) 7.1% 15% 1222万人 24.0% 46% 30.5% 53%
第4戦[27][28] 10月26日(土) 5.9% 13% 1022万人 17.3% 36% 30.4% 54%
第5戦[29] 10月27日(日) 6.5% 12% 1139万人 不明 不明 不明 不明
第6戦[30][31] 10月29日(火) 9.6% 19% 1643万人 23.4% 43% 41.2% 62%
第7戦[32][33] 10月30日(水) 13.1% 25% 2301万人 31.8% 53% 42.7% 63%
平均[20][33] 8.1% 16% 1391万人 23.3% 43% 35.1% 57%
今シリーズ 前年との比較 同時間帯最高視聴率番組との比較
試合 放送時間 視聴率 視聴率 変動 番組 放送局 放送時間 視聴率
第1戦[21] 午後08時04分〜11時53分 7.3% 8.2% 0.9ポイント下降 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 CBS 午後08時00分〜09時00分 7.0%
第2戦[23] 午後08時03分〜00時01分 7.1% 8.1% 1.0ポイント下降 シカゴ・メッド NBC 午後08時00分〜09時00分 5.1%
第3戦[25] 午後08時01分〜00時10分 7.1% 7.9% 0.8ポイント下降 ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜 CBS 午後10時00分〜11時00分 4.5%
第4戦[27] 午後08時04分〜11時50分 5.9% 7.9% 2.0ポイント下降 Saturday Night Football[注 4] ABC 午後07時37分〜11時20分 3.8%
第5戦[29] 午後08時02分〜11時22分 6.5% 10.5% 4.0ポイント下降 サンデーナイトフットボール NBC 午後08時23分〜11時29分 10.4%
第6戦[30] 午後08時03分〜11時46分 9.6% (なし) NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(再放送 CBS 午後08時00分〜09時00分 5.1%
第7戦[32] 午後08時04分〜00時00分 13.1% (なし) シカゴ・メッド NBC 午後08時00分〜09時00分 5.2%
平均 8.1% 8.3% 0.2ポイント下降 [註]放送時間は東部夏時間中部夏時間は-1時間

日本[編集]

日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は鏡和臣が、解説は今中慎二岩村明憲が務め、さらに最初の2試合のみゲストとして上原浩治も出演した[34]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1903年シリーズ第5〜7戦のピッツバーグ・パイレーツ(8-24)と、1961年シリーズ第3〜5戦のシンシナティ・レッズ(7-23)に並ぶ。
  2. ^ タイガースはサンフランシスコ・ジャイアンツに1勝もできず、初戦からの4連敗で敗退した。初戦ではバーランダーが4回5失点で、第3戦ではサンチェスが7回2失点で、いずれも敗戦投手になった。第4戦ではシャーザーが6.1回3失点で降板し、シャーザーには勝敗がつかなかったが、タイガースは延長10回表に勝ち越しを許し優勝を決められた。
  3. ^ これが初めて起きたのは2005年のワールドシリーズ第1戦である。シカゴ・ホワイトソックスホセ・コントレラスが、アストロズはロジャー・クレメンスが、それぞれ先発した。ふたりは2年前の2003年シリーズでは、ニューヨーク・ヤンキースでチームメイトだった。
  4. ^ カレッジフットボール中継番組。この日はノートルダム・ファイティングアイリッシュ(ノートルダム大学)対ミシガン・ウルヴァリンズ(ミシガン大学)戦を放送した。AP通信記者投票ランキングでは、全米大学体育協会(NCAA)ディビジョンIフットボール・ボウル・サブディビジョン全130校中ノートルダムが8位、ミシガンが19位だった。

出典[編集]

  1. ^ "Umpires for 2019 World Series announced / Gary Cederstrom to Serve as Crew Chief for Baseball’s 115th Fall Classic; World Series Umpires Will Wear Uniform Patch in Memory of Eric Cooper," MLB.com, October 22, 2019. 2021年8月28日閲覧。
  2. ^ a b "2019 postseason shares announced," MLB.com, November 26, 2019. 2019年11月29日閲覧。
  3. ^ Matt Kelly, "Home field's never been this big a disadvantage / Road teams go 7-0 in historic World Series as Nats win title," MLB.com, October 31, 2019. 2019年10月31日閲覧。
  4. ^ Ronald G. Shafer, "The last time a World Series was played in D.C., tickets cost less than $7. Yes, you read that right.," The Washington Post, October 25, 2019. 2019年10月31日閲覧。
  5. ^ Sarah Langs and Matt Kelly, "Astros' road sweep most dominant in WS history," MLB.com, October 28, 2019. 2019年11月2日閲覧。
  6. ^ Todd Spangler, "YouTube TV Renews MLB Marketing Pact, Will Sponsor 2018 and 2019 World Series," Variety, March 8, 2018. 2019年11月2日閲覧。
  7. ^ "Here's a complete guide to the playoff bracket," MLB.com, September 29, 2019. 2019年9月30日閲覧。
  8. ^ "Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2021年8月28日閲覧。
  9. ^ "Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2021年8月28日閲覧。
  10. ^ "Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2021年8月28日閲覧。
  11. ^ Jamal Collier, "Ross, Suero on Nats' World Series roster," Official Washington Nationals Website, October 22, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  12. ^ Mike Axisa, "MLB World Series: Nationals will need more bullpen weapons to emerge to help carry the workload against Astros," CBSSports.com, October 22, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  13. ^ Brian McTaggart, "Devenski, Pressly in as Astros set WS roster," Official Houston Astros Website, October 22, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  14. ^ Ben Walker, "Left Out: Astros 1st WS team minus lefty pitcher since 1903," Associated Press News, October 23, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  15. ^ Matt Kelly and Sarah Langs, "The 25 World Series facts you need to know / Nationals-Astros Fall Classic gets underway Tuesday in Houston," MLB.com, October 22, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  16. ^ Jason Beck, "Former Tigers pennant winners reunite in WS," Official Detroit Tigers Website, October 20, 2019. 2019年11月9日閲覧。
  17. ^ Anthony Crupi, "Why Fox isn’t sweating the low-rated World Series: Sports Media Brief," AdAge, October 25, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  18. ^ Maegan Vazquez, CNN, "Trump campaign makes seven-figure ad buy during final game of the World Series," CNNPolitics, October 31, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  19. ^ Anthony Crupi, "Fox earns a big payday at the end of a wild and wooly World Series," AdAge, October 31, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  20. ^ a b Joe Reedy, "World Series goes 7 games but averages as third-least viewed," Associated Press News, November 1, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  21. ^ a b Douglas Pucci, "Tuesday Final Ratings: Fox Wins Prime Time by Large Margin Despite Nationals-Astros Game One Earning Five-Year Low for a World Series Telecast," Programming Insider, October 23, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  22. ^ FOXSportsPRの2019年10月23日のツイート2019年11月3日閲覧。
  23. ^ a b Douglas Pucci, "Wednesday Final Ratings: Tyler Perry’s ‘The Oval’ and ‘Sistas’ on BET Off to Decent Starts," Programming Insider, October 25, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  24. ^ FOXSportsPRの2019年10月24日のツイート2019年11月3日閲覧。
  25. ^ a b Douglas Pucci, "Friday Final Ratings: Astros-Nationals Delivers Least-Watched World Series Game Three in Five Years," Programming Insider, October 29, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  26. ^ FOXSportsPRの2019年10月26日のツイート2019年11月3日閲覧。
  27. ^ a b Douglas Pucci, "Saturday Final Ratings: Astros-Nationals Game 4 Posts Lowest-Rated World Series Telecast Among Households To-Date," Programming Insider, October 29, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  28. ^ FOXSportsPRの2019年10月27日のツイート2019年11月3日閲覧。
  29. ^ a b Douglas Pucci, "Sunday Final Ratings: Packers-Chiefs on NBC’s ‘Sunday Night Football’ More Than Doubles the Adults 18-49 of Astros-Nationals World Series Game Five on Fox," Programming Insider, October 30, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  30. ^ a b Douglas Pucci, "Tuesday Final Ratings: World Series on Fox Picks Up Considerable Steam with Nationals-Astros Game Six," Programming Insider, October 30, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  31. ^ FOXSportsPRの2019年10月30日のツイート2019年11月3日閲覧。
  32. ^ a b Douglas Pucci, "Wednesday Final Ratings: Nearly 24 Million Viewers for World Series Game Seven Across All Fox Platforms," Programming Insider, October 31, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  33. ^ a b "Nationals’ Historic World Series Win Delivers Nearly 24 Million Viewers for FOX Sports," Fox Sports PressPass, October 31, 2019. 2019年11月3日閲覧。
  34. ^ MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『ナショナルズ』対『アストロズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『ナショナルズ』対『アストロズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『アストロズ』対『ナショナルズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『アストロズ』対『ナショナルズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『アストロズ』対『ナショナルズ』」「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『ナショナルズ』対『アストロズ』」および「MLB・アメリカ大リーグ ワールドシリーズ 『ナショナルズ』対『アストロズ』」 『NHKクロニクル』。2020年2月2日閲覧。