2019年のMLBドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2019年のMLBドラフト(英語: 2019 First-Year Player Draft)は、メジャーリーグベースボール (MLB)の第60回ドラフト会議で、2019年6月に行われたファースト・イヤードラフト(アマチュアドラフト)である。 2018年のMLBで最下位のボルチモア・オリオールズ全体1位の権利を得た。オリオールズは全体1位で捕手のアドリー・ラッチマンを指名した。捕手が全体1位指名を受けたのは2010年のMLBドラフトジョー・マウアー以来9年ぶり7回目。2018年のワールドシリーズで優勝したボストン・レッドソックスの1巡目指名権の順位は、ぜいたく税の多さによる罰の影響で33位から43位に変更された[1]

1巡目全体2位でカンザスシティ・ロイヤルズから指名されたボビー・ウィット・ジュニアは、1985年のMLBドラフトで全体3位指名された父のボビー・ウィットと合わせると親子での歴代最高順位での指名となった(従来の最高記録はトム・グリーブ英語版ベン・グリーブ親子の6位と2位)[2]

1巡目全体3位でシカゴ・ホワイトソックスに入団したアンドリュー・ボーン2021年4月、このドラフトで指名された1217人の中で最初にMLBの試合に出場した(ただし、2020年のMLBドラフトで指名されたギャレット・クロシェより遅かった)。

1巡目指名[編集]

凡例
* 契約せず
順位 選手 チーム 守備位置 学校
1 アドリー・ラッチマン ボルチモア・オリオールズ 捕手 オレゴン州立大学
2 ボビー・ウィット・ジュニア カンザスシティ・ロイヤルズ 遊撃手 コリービル・ヘリテージ高校英語版 (TX)
3 アンドリュー・ボーン シカゴ・ホワイトソックス 一塁手 カリフォルニア大学バークレー校
4 JJ・ブレデイ マイアミ・マーリンズ 外野手 ヴァンダービルト大学 (TN)
5 ライリー・グリーン デトロイト・タイガース 外野手 ポール・J・ハガーティ高等学校英語版 (FL)
6 CJ・エイブラムス サンディエゴ・パドレス 遊撃手 ブレスト・トリニティ・カトリック高等学校英語版 (GA)
7 ニック・ロドロ シンシナティ・レッズ 投手 テキサスクリスチャン大学 (TX)
8 ジョシュ・ヤン テキサス・レンジャーズ 三塁手 テキサス工科大学英語版
9 シェイ・ランゲリアーズ英語版 アトランタ・ブレーブス[補償 1] 捕手 ベイラー大学 (TX)
10 ハンター・ビショップ サンフランシスコ・ジャイアンツ 外野手 アリゾナ州立大学
11 アレク・マノア トロント・ブルージェイズ 投手 ウェストバージニア大学
12 ブレット・ベイティ ニューヨーク・メッツ 三塁手 レイク・トラビス高等学校英語版 (TX)
13 キオニ・カバコ英語版 ミネソタ・ツインズ 遊撃手 イーストレイク高等学校英語版 (CA)
14 ブライソン・ストット フィラデルフィア・フィリーズ 遊撃手 ネバダ大学ラスベガス校
15 ウィル・ウィルソン英語版 ロサンゼルス・エンゼルス 遊撃手 ノースカロライナ州立大学
16 コービン・キャロル アリゾナ・ダイヤモンドバックス 外野手 レイクサイド高等学校英語版 (WA)
17 ジャクソン・ラットリッジ ワシントン・ナショナルズ 投手 サンジャッキント大学英語版 (TX)
18 クイン・プリースター ピッツバーグ・パイレーツ 投手 キャリー・グローブ高等学校英語版 (IL)
19 ザック・トンプソン英語版 セントルイス・カージナルス 投手 ケンタッキー大学
20 ジョージ・カービー シアトル・マリナーズ 投手 イーロン大学英語版 (NC)
21 ブレイデン・シューメイク英語版 アトランタ・ブレーブス 遊撃手 テキサスA&M大学
22 グレッグ・ジョーンズ タンパベイ・レイズ 遊撃手 ノースカロライナ大学ウィルミントン校英語版
23 マイケル・トグリア コロラド・ロッキーズ 一塁手 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
24 ダニエル・エスピーノ英語版 クリーブランド・インディアンス 投手 ジョージアプレミアアカデミー (GA)
25 コディ・ホージー英語版 ロサンゼルス・ドジャース 三塁手 テュレーン大学 (LA)
26 ブレイク・ウォルストン英語版 アリゾナ・ダイヤモンドバックス[補償 2] 投手 ニューハノーバー高等学校英語版 (NC)
27 ライアン・ジェンセン英語版 シカゴ・カブス 投手 カリフォルニア州立大学フレズノ校
28 イーサン・スモール英語版 ミルウォーキー・ブルワーズ 投手 ミシシッピ州立大学英語版
29 ローガン・デビッドソン英語版 オークランド・アスレチックス 遊撃手 クレムゾン大学 (SC)
30 アンソニー・ボルピー ニューヨーク・ヤンキース 遊撃手 デルバートンスクール英語版 (NJ)
31 マイケル・ブッシュ ロサンゼルス・ドジャース[補償 3] 二塁手 ノースカロライナ大学チャペルヒル校
32 コリー・リー英語版 ヒューストン・アストロズ 捕手 カリフォルニア大学バークレー校

補償ラウンド[編集]

前年にクオリファイング・オファーを拒否されて規定の条件を満たした球団に指名権が与えられた。

順位 選手 チーム 位置 学校
33 ブレナン・マローン アリゾナ・ダイヤモンドバックス[補償 4] 投手 IMGアカデミー (FL)
34 ドレイ・ジェームソン英語版 アリゾナ・ダイヤモンドバックス[補償 5] 投手 ボール州立大学 (IN)

戦力均衡ラウンドA[編集]

前年のドラフトで戦力均衡ラウンドBの指名権があった7球団に指名権が与えられた[3]

順位 選手 チーム 守備位置 学校
35 キャメロン・マイスナー英語版 マイアミ・マーリンズ 外野手 ミズーリ大学コロンビア校
36 J.J.ゴス英語版 タンパベイ・レイズ 投手 サイプレスランチ高等学校英語版 (TX)
37 サミー・シアニ英語版 ピッツバーグ・パイレーツ[補償 6] 外野手 ウィリアム・ペン・チャータースクール英語版 (PA)
38 T.J.シッケマ英語版 ニューヨーク・ヤンキース[トレード 1] 投手 ミズーリ大学コロンビア校
39 マット・ウォールナー英語版 ミネソタ・ツインズ 外野手 南ミシシッピ大学英語版
40 セス・ジョンソン英語版 タンパベイ・レイズ[トレード 2] 投手 キャンベル大学英語版 (NC)
41 デービス・ウェンゼル英語版 テキサス・レンジャーズ[トレード 3] 三塁手 ベイラー大学 (TX)

その他注目選手[編集]

巡目 順位 選手 チーム 守備位置 学校
2 68 グレイ・ケッシンジャー英語版 ヒューストン・アストロズ 遊撃手 ミシシッピ大学
2 69 マシュー・ルーゴ英語版 ボストン・レッドソックス 遊撃手 カルロス・ベルトラン
ベースボールアカデミー (PR)
2B 75 ドミニク・フレッチャー アリゾナ・ダイヤモンドバックス 外野手 アーカンソー大学

関連項目[編集]

脚注[編集]

補償[編集]

  1. ^ 2018年のMLBドラフトカーター・スチュワートと契約できなかったため
  2. ^ 2018年のMLBドラフトでマット・マクレインと契約できなかったため
  3. ^ 2018年のMLBドラフトでJ.T.ギン英語版と契約できなかったため
  4. ^ ワシントン・ナショナルズがパトリック・コービンと契約したため
  5. ^ ロサンゼルス・ドジャースがA.J.ポロックと契約したため
  6. ^ 2018年のMLBドラフトでガナー・ホグランドと契約できなかったため

トレード[編集]

  1. ^ 2019年1月21日にソニー・グレイとのトレードでシンシナティ・レッズから当指名権とシェド・ロングを獲得した
  2. ^ 2018年12月21日にテキサス・レンジャーズも絡む三角トレードでオークランド・アスレチックスから当指名権などを獲得した
  3. ^ 2018年12月16日にアレックス・クラウディオとのトレードでミルウォーキー・ブルワーズから当指名権を獲得した

出典[編集]

  1. ^ Red Sox owe $12 million in luxury tax, showing why they'd want to shed payroll”. NBCスポーツ (2018年12月16日). 2021年4月25日閲覧。
  2. ^ MLB father-son duos drafted in 1st round”. MLB.com (2020年6月11日). 2021年4月25日閲覧。
  3. ^ 2019 MLB Draft Competitive Balance rounds set”. MLB.com (2018年11月20日). 2021年4月25日閲覧。