2019年アジアパシフィック柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2019年アジアパシフィック柔道選手権大会は2019年4月20日から23日の4日間にわたって、UAEのフジャイラで開催された[1]。2019年からはアジア選手権オセアニア選手権が統合されて、新たに「アジアパシフィック選手権大会」という名称で開催されることになった[2]

大会結果[編集]

男子[編集]

階級
60kg以下級 日本の旗 古賀玄暉 チャイニーズタイペイの旗 楊勇緯 モンゴルの旗 エンフタイバン・アリウンボルド
カザフスタンの旗 グスマン・キルギズバエフ
66kg以下級 カザフスタンの旗 エルラン・セリクジャノフ カザフスタンの旗 エルドス・ジュマカノフ モンゴルの旗 ヨンドンペレンレイ・バスフー
キルギスの旗 アルトゥール・テ
73kg以下級 モンゴルの旗 ツェンドオチル・ツォグトバータル 大韓民国の旗 安昌林 アラブ首長国連邦の旗 ビクトル・スクボルトフ
ウズベキスタンの旗 ヒマティロフ・トゥラエフ
81kg以下級 モンゴルの旗 オトゴンバータル・ウーガンバータル ウズベキスタンの旗 シャロフディン・ボルタバエフ 日本の旗 友清光
大韓民国の旗 イ・スンホ
90kg以下級 日本の旗 増山香補 タジキスタンの旗 コムロンショフ・ウストピリヨン カザフスタンの旗 イスラーム・ボズバエフ
中華人民共和国の旗 布和畢力格
100kg以下級 モンゴルの旗 ルハグバスレン・オトゴンバータル 大韓民国の旗 ウォン・チョンフン オーストラリアの旗 高木海帆
ウズベキスタンの旗 ムハンマドカリム・フラモフ
100kg超級 大韓民国の旗 金成民 タジキスタンの旗 テムール・ラヒモフ キルギスの旗 ルリー・クラコベツキー
大韓民国の旗 キム・ミンジョン

女子[編集]

階級
48kg以下級 中華人民共和国の旗 李亜男 カザフスタンの旗 オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ 日本の旗 坂上綾
大韓民国の旗 イ・ヘギョン
52kg以下級 ウズベキスタンの旗 ディヨラ・ケルディヨロバ モンゴルの旗 ルハグバスレン・ソソルバラム 日本の旗 立川莉奈
朝鮮民主主義人民共和国の旗 リム・ソンシム
57kg以下級 朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・ジナ 日本の旗 富沢佳奈 カザフスタンの旗 セバラ・ニシャンバエワ
モンゴルの旗 ルハグバトゴー・エンフリーレン
63kg以下級 中華人民共和国の旗 楊俊霞 モンゴルの旗 ボルド・ガンハイチ オーストラリアの旗 カタリナ・ヘッカー
中華人民共和国の旗 唐婧
70kg以下級 日本の旗 田中志歩 ウズベキスタンの旗 グルノザ・マトニヤゾワ オーストラリアの旗 アオイフェ・コフラン
大韓民国の旗 ユ・ジェヨン
78kg以下級 日本の旗 泉真生 中華人民共和国の旗 馬振昭 大韓民国の旗 イ・チョンギュン
大韓民国の旗 ユン・ヒョンジ
78kg超級 大韓民国の旗 金珉程 大韓民国の旗 ハン・ミジン 日本の旗 井上あかり
中華人民共和国の旗 王彦

男女混合団体戦[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
富沢佳奈
野上廉太郎
田中志歩
増山香補
井上あかり
大韓民国の旗 韓国
金ジャンディ
安昌林
韓喜主
郭同韓
金珉程
キム・ミンジョン
モンゴルの旗 モンゴル
ドルジスレン・スミヤ
ツェンドオチル・ツォグトバータル
ツォグオチル・バトツェツェグ
エルデネフー・ムンフジャルガル
オトゴン・ムンフツェツェグ
ウルジバヤル・ドゥレンバヤル
中華人民共和国の旗 中国
盧童娟
チン・ダガ
ジュ・ヤ
布和畢力格
王彦
ユアン・シャオトン

各国メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 5 1 4 10
2 モンゴルの旗 モンゴル 3 2 4 9
3 大韓民国の旗 韓国 2 4 6 12
4 中華人民共和国の旗 中国 2 1 4 7
5  カザフスタン 1 2 3 6
6  ウズベキスタン 1 2 2 5
7 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 1 0 1 2
8 タジキスタンの旗 タジキスタン 0 2 0 2
9 チャイニーズ・タイペイの旗 チャイニーズ・タイペイ 0 1 0 1
10 オーストラリアの旗 オーストラリア 0 0 3 3
11 キルギスの旗 キルギス 0 0 2 2
12 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 0 0 1 1

脚注[編集]

外部サイト[編集]