2019年イギリス総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2019年イギリス総選挙
United Kingdom general election, 2019
イギリス
2017年 ←
2019年12月12日
→ 次期
最長2024年

内閣 ボリス・ジョンソン内閣
解散日 2019年11月6日
公示日 2019年11月6日
改選数 650
選挙制度 単純小選挙区制
有権者 有権者を参照
有権者数 47,587,254
UK House of Commons in 2019.svg
選挙後の党派別勢力図

庶民院 全650議席
投票率 67.3%(減少 1.6%)
  第1党 第2党 第3党
  Yukiya Amano with Boris Johnson in London - 2018 (41099455635) (cropped).jpg Jeremy Corbyn election infobox 3.jpg Nicola Sturgeon election infobox 3.jpg
党首 ボリス・
ジョンソン
ジェレミー・
コービン
ニコラ・
スタージョン
政党 保守党 労働党 スコットランド国民党
党首就任 2019年7月 2015年9月 2014年11月
党首選挙区 アクスブリッジ・南ライスリップ イズリントン北 不出馬[注 1]
前回選挙 317 262 35
選挙前議席 298 244 35
獲得議席 365 203 48
議席増減 増加 67 減少 41 増加 13
得票数 13,966,451 10,295,907 1,242,380
得票率 43.6% 32.2% 3.9%

  第4党 第5党 第6党
  Official portrait of Jo Swinson crop 2.jpg Arlene Foster MLA (cropped) 2.jpg Mary Lou McDonald (official portrait) (cropped 1).jpg
党首 ジョー・スウィンソン英語版 アーリーン・フォスター英語版 マリー・ルー・マクドナルド英語版
政党 自由民主党 民主統一党 シン・フェイン党
党首就任 2019年7月 2015年12月 2018年2月
党首選挙区 東ダンバートンシャー 不出馬[注 2] 不出馬[注 3]
前回選挙 12 10 7
選挙前議席 21 10 7
獲得議席 11 8 7
議席増減 減少 10 減少 2 増減なし
得票数 3,696,423 244,127 181,853
得票率 11.5% 0.8% 0.6%

2019UKElectionMap.svg

全国選挙区の地図

選挙前首相

ボリス・ジョンソン
保守党

選出首相

ボリス・ジョンソン
保守党

2019年イギリス総選挙(2019ねんイギリスそうせんきょ、英語: United Kingdom general election, 2019)は、2019年12月12日イギリスで行われた議会庶民院)議員の総選挙である。

当初は、議会任期固定法により、次回の総選挙は2022年6月8日に実施されることになっていたが、ボリス・ジョンソン首相がイギリスの欧州連合離脱を推進するために解散総選挙を実施する動議や法案を提出し続け、4度目にようやく実施が決定した。12月に総選挙を行うのは1923年以来96年ぶりである。

概要[編集]

イギリスのテリーザ・メイ首相は議会下院において、欧州連合と合意した離脱協定案の承認を得ることができず、2019年7月に退陣に追い込まれ後任には離脱強硬派のボリス・ジョンソン前外相が就任した。

ジョンソンは就任時点での離脱期限である10月末の離脱を目指し、離脱協定案の承認がない「合意なき離脱」も辞さない姿勢を見せた。これに対し議会下院は9月5日、合意なき離脱を阻止する野党提出の法案を可決した。これを受け政府は事態打開のため、10月15日に総選挙を行う動議を提出したが否決された[1]。9月9日の議会閉会直前に再度、解散総選挙を行う動議を提出したが、野党議員のほとんどが反対や棄権にまわり、必要な票数を得られず否決された[2]

その後、再開された議会で10月28日、政府は総選挙を12月12日に実施する動議を提出したが、合意なき離脱が消えない限りは解散総選挙を支持しないことを明らかにしている労働党などが反対にまわったため三度否決された[3]。同日には英国・EU双方が、10月末に予定されていた離脱期日を2020年1月31日まで延期することに同意し、合意なき離脱の可能性は遠のいた。

ここで、ジョンソン首相は作戦を転換し、12月12日に総選挙を実施する法案英語版を提出。成立に議会の3分の2以上の賛成が必要な動議と違い、法案は過半数の賛成で可決できるためハードルを下げ、これに離脱反対を訴える自由民主党スコットランド国民党が、離脱阻止を訴えるために総選挙に賛成する意向を表明。最終的には労働党も賛成を表明し、議会下院は10月29日に法案を可決した[4][5]。翌日の貴族院でも可決され、11月6日の議会解散と12月12日の総選挙実施が確定した。

争点[編集]

欧州連合離脱[編集]

解散総選挙の直接のきっかけである欧州連合離脱の是非が争点となった。

保守党は総選挙で過半数を制すれば欧州連合からの離脱に必要な法案の審議をクリスマスまでに開始し、2020年1月末をもって離脱を実行すると公約に明記[6]。また影響を緩和するための移行期間は延長せず、2020年12月末で終えるとも表明した[7]

一方で労働党は、政権交代が実現した場合は欧州連合と離脱条件を改めてまとめ、それをもとに半年以内に2回目の国民投票を実施すると公約に明記した[8]

主要な政党のうち離脱中止を公約に掲げているのは自由民主党のみである[9]

国民保健サービス改革[編集]

イギリスにおける国民保健サービス (NHS) は医療スタッフの不足や過重労働、また病院での待ち時間の長期化や手術の先送りなどの問題を抱えている[10][11]

保守党は病院の新規建設や看護師の増員を公約に設定。これに対し労働党は、予算の増額や、保守党政権下で廃止された看護学生に対する奨学金の復活を公約に盛り込んだ[10]

労働党は、保守党政権がNHSにアメリカ企業を参入させようとしていると主張し、保守党はこれを根拠のない疑惑であると反論。一方で保守党は、労働党がNHSに週休3日制を導入しようとしていると主張し、労働党はそのような計画はないと否定している[11]

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日・公示日[編集]

  • 2019年11月6日[12]

投票日・開票日[編集]

  • 2019年12月12日

改選数[編集]

  • 650

選挙制度[編集]

投票方法
  • 秘密投票、単記投票、1票制
選挙権
  • 18歳以上のイギリス国籍を有する男女、および英連邦市民、アイルランド共和国市民で一定の欠格要件(刑務所に服役中など)に該当しない市民で、居住地域の自治体で選挙人登録をした者。
被選挙権
  • 18歳以上のイギリス国籍を有する男女、および英連邦市民、アイルランド共和国市民で一定の欠格要件(刑務所に服役中など)に該当しない市民で、居住地域の自治体で選挙人登録をした者。
有権者数

各党の動き[編集]

党派別立候補者数[編集]

党派 党首 候補者数
保守党 ボリス・ジョンソン 635
労働党 ジェレミー・コービン 631
自由民主党 ジョー・スウィンソン 611
スコットランド国民党 ニコラ・スタージョン 59
イングランド・ウェールズ緑の党 シアン・ベリー ジョナサン・バートレイ 472
ブレグジット党 ナイジェル・ファラージ 275
民主統一党 アーリーン・フォスター 17
シン・フェイン党 マリー・ルー・マクドナルド 15
プライド・カムリ アダム・プライス 36
北アイルランド同盟党 ナオミ・ロング 18
社会民主労働党 コラム・イーストウッド 14
アルスター統一党 スティーブ・エイケン 16
ヨークシャー党 クリストファー・ホイットウッド 28
スコットランド緑の党 パトリック・ハービー ローナ・スレーター 22
議長 リンジー・ホイル 1
イギリス独立党 パトリシア・マウンテン(臨時) 44
アッシュフィールド独立党 ジェイソン・ザドロズニー 1
自由党 スティーブ・ラドフォード 19
改革無所属グループ アンナ・スーブリ 3
同意党 ピーター・トイビン 7
モンスター・レイビング・ルーニー党 ハウリング・ラウド・ホープ 24
利益より人民 - 2
バーケンヘッド社会正義党 フランク・フィールド 1
キリスト教人民同盟 シドニー・コードル 27
ヘビーウール独立党 アレクサンダー・ルキッチ 1
社会民主党 ウィリアム・クルストン 20
動物福祉党 ヴァネッサ・ハドソン 6
北東党 マーク・バードン 2
リンカンシャー独立党 マリアンヌ・オーバートン 1
北アイルランド緑の党 クレア・ベイリー 3
イギリス民主党 ロビン・ティルブルック 4
リバタリアン党 アダム・ブラウン 5
コーンウォール党 ディック・コール 1
オールダム・サドルワース名誉党 ポール・エルロック 2
無所属ネットワーク イアン・スティーブンス 1
国家党 シアン・カイアチ 3
カノン渓谷党 アンドリュー・チェイニー 1
退役軍人人民党 ロビン・ホースフォール 2
バーンリー・パディハム党 マーク・ペイン 1
シュロップシャー党 ロバート・ジョーンズ 1
カンブリア第一 ジョナサン・デイビス 1
平和党 ジョン・モリス 2
ウィカム独立党 マット・ナイト 1
正義と反汚職党 ドナルド・ジェラード 3
キリスト党 ジェフ・グリーン 2
更新党 ジュリー・ガーリング 4
労働者革命党 ジョシュア・オガンリー 4
イギリス国民党 アダム・ウォーカー 1
スコットランド家族党 リチャード・ルーカス 2
女性の平等党 マンドゥ・リード(臨時) 3
スコットランドリバタリアン党 タム・レアード 1
地域統一党 カムラン・マリク 2
共に進む アナベル・マリン 5
イギリス青年党 トーマス・ホール 3
緑の社会主義同盟 マイク・デイヴィス 3
ヨシュア コリン・ランキン 2
過激派エルヴィス教会党 デイヴィッド・ビショップ 1
社会主義平等党 - 3
イギリス社会党 - 2
総計 - 3,429
出典: Results of the 2019 General Election” (英語). BBC News. BBC. 2019年12月13日閲覧。

与党[編集]

保守党

選挙前より大幅に議席を増やし単独過半数を獲得した。

野党[編集]

解散直後の11月6日、労働党のトム・ワトソン英語版副党首が個人的な理由で辞任し、総選挙には出馬しない意向を表明した[14]

プライド・カムリ(ウェールズ党)と自由民主党イングランド・ウェールズ緑の党は離脱反対の立場から共闘し候補者を調整[14]。離脱強硬派のブレグジット党は、保守党との同盟を拒否されたため600選挙区で候補を擁立する方針を打ち出したが、離脱派の票が分散するとの懸念を受け、最終的には保守党が議席を持つ選挙区には対抗馬を立てない方針をとった[15]。ブレグジット党のこの戦略が、保守党に大量の票が流れた要因となったと評価されている[16]

選挙結果[編集]

投票の結果、保守党は前回選挙より48議席を上乗せし過半数326を上回る365議席を獲得し、これはマーガレット・サッチャー政権時に行われた1987年の総選挙以来の圧勝となった[17]。ボリス・ジョンソン首相はEUからの離脱実現に対する強力な信任を得たと勝利宣言し、2020年1月末までに必ず離脱すると表明した[18]

逆に労働党は前回選挙より59議席を減らし203議席にとどまり、1935年の総選挙以来の惨敗を喫した。これは今まで「レッドウォール」と呼ばれた労働党が圧倒的に優位な選挙区でも保守党が勝つほどであった。ジェレミー・コービン党首は残念な夜になったと敗北を認め、次回の選挙で党を率いることはないと事実上の党首辞任を表明した[17]

自由民主党のジョー・スウィンソン英語版党首は東ダンバートンシャー選挙区英語版選挙区においてスコットランド国民党の候補に149票差で落選した[17]

党派別獲得議席[編集]

e • d  イギリスの旗 2019年イギリス庶民院総選挙 (2019年12月12日施行)
UK House of Commons in 2019.svg
党派 獲得
議席
増減 得票数 得票率
保守党 365 増加067 13,966,565 43.6%
労働党 202 減少041 10,269,076 32.1%
スコットランド国民党 48 増加013 1,242,372 3.9%
自由民主党 11 減少010 3,696,423 11.6%
民主統一党 8 減少002 244,128 0.8%
シン・フェイン党 7 増減なし 181,853 0.6%
プライド・カムリ 4 増減なし 153,265 0.5%
社会民主労働党 2 増加002 118,737 0.4%
イングランド・ウェールズ緑の党 1 増減なし 835,579 2.7%
北アイルランド同盟党 1 増加001 134,115 0.4%
議長 1 増減なし 26,831 0.1%
ブレグジット党 0 新党 642,303 2.0%
アルスター統一党 0 増減なし 93,123 0.3%
ヨークシャー党 0 増減なし 29,201 0.1%
スコットランド緑の党 0 増減なし 28,122 0.1%
イギリス独立党 0 減少001 22,817 0.1%
アッシュフィールド独立党 0 増減なし 13,498 0.0%
自由党 0 増減なし 10,562 0.0%
改革無所属グループ 0 新党 10,006 0.0%
同意党 0 新党 9,814 0.0%
モンスター・レイビング・ルーニー党 0 増減なし 9,739 0.0%
利益より人民 0 増減なし 7,526 0.0%
バーケンヘッド社会正義党 0 新党 7,285 0.0%
キリスト教人民同盟 0 増減なし 6,486 0.0%
ヘビーウール独立党 0 新党 6,423 0.0%
社会民主党 0 増減なし 3,295 0.0%
動物福祉党 0 増減なし 3,086 0.0%
北東党 0 増減なし 2,637 0.0%
リンカンシャー独立党 0 新党 1,999 0.0%
北アイルランド緑の党 0 増減なし 1,996 0.0%
イギリス民主党 0 増減なし 1,987 0.0%
リバタリアン党 0 増減なし 1,780 0.0%
コーンウォール党 0 増減なし 1,660 0.0%
オールダム・サドルワース名誉党 0 新党 1,606 0.0%
無所属ネットワーク 0 新党 1,542 0.0%
国家党 0 新党 1,515 0.0%
カノン渓谷党 0 新党 1,322 0.0%
退役軍人人民党 0 増減なし 1,219 0.0%
バーンリー・パディハム党 0 増減なし 1,162 0.0%
シュロップシャー党 0 増減なし 1,141 0.0%
カンブリア第一 0 増減なし 1,070 0.00%
平和党 0 増減なし 971 0.00%
ウィカム独立党 0 増減なし 926 0.00%
正義と反汚職党 0 増減なし 728 0.00%
キリスト党 0 増減なし 705 0.00%
更新党 0 新党 545 0.00%
労働者革命党 0 増減なし 524 0.00%
イギリス国民党 0 増減なし 510 0.00%
スコットランド家族党 0 増減なし 465 0.00%
女性の平等党 0 増減なし 416 0.00%
スコットランドリバタリアン党 0 増減なし 405 0.00%
地域統一党 0 増減なし 393 0.00%
共に進む 0 新党 351 0.00%
イギリス青年党 0 増減なし 311 0.00%
緑の社会主義同盟 0 増減なし 278 0.00%
ヨシュア 0 新党 204 0.00%
過激派エルヴィス教会党 0 増減なし 172 0.00%
社会主義平等党 0 増減なし 172 0.00%
イギリス社会党 0 増減なし 157 0.00%
総計 650 増減なし 31,829,630 100.0%
投票総数(投票率) - - 31,829,630 67.30%
有権者数 - - 47,587,254 100.0%
出典: Results of the 2019 General Election BBC News.

議員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スタージョンはスコットランド議会議員であるため、出馬を見送った。庶民院における代表はイアン・ブラックフォード英語版である。
  2. ^ フォスターは北アイルランド議会議員であるため、出馬を見送った。庶民院における代表はナイジェル・ドッズ英語版である。
  3. ^ マクドナルドは、ドイル・エアラン(アイルランド議会下院)議員であるため、出馬を見送った。

出典[編集]

  1. ^ “英下院、首相提案の解散総選挙を否決 ブレグジット延期法案は可決”. BBC News. BBC. (2019年9月5日). https://www.bbc.com/japanese/49589020 2019年11月6日閲覧。 
  2. ^ “英首相が求める解散総選挙、下院が2度目の否決 英議会は閉会へ”. BBC News. BBC. (2019年9月10日). https://www.bbc.com/japanese/49643995 2019年11月6日閲覧。 
  3. ^ “英下院、解散総選挙をまた否決 ジョンソン首相は再提案へ”. BBC News. BBC. (2019年10月29日). https://www.bbc.com/japanese/50216391 2019年11月6日閲覧。 
  4. ^ “英下院、12月12日の解散総選挙を可決 ブレグジットこう着打破へ”. BBC News. BBC. (2019年10月30日). https://www.bbc.com/japanese/50229647 2019年11月6日閲覧。 
  5. ^ Mason, Rowena (2019年10月30日). “Brexit: Parliament breaks deadlock with vote for 12 December election” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/politics/2019/oct/29/uk-general-election-confirmed-for-12-december-after-brexit-stalemate 2019年10月30日閲覧。 
  6. ^ “英総選挙 与党が公約を発表「来年1月末にはEU離脱実現」”. NHK NEWSWEB. NHK. (2019年11月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012189881000.html 2019年12月5日閲覧。 
  7. ^ “イギリス、合意なきEU離脱リスク、今なお消えない理由”. ニューズウィーク. (2019年12月2日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/eu-204.php 2019年12月5日閲覧。 
  8. ^ “英 総縮政策のため、医療スタ選挙に向け 野党 労働党が政権公約を発表”. NHK NEWSWEB. NHK. (2019年11月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012186381000.html 2019年12月5日閲覧。 
  9. ^ Morales, Alex (2019年12月10日). “英総選挙の逆転期待が後退、EU残留派の希望は「風前のともしび」”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-09/Q289RY6JIJUO01 2019年12月10日閲覧。 
  10. ^ a b 伊藤寿庸 (2019年11月30日). “イギリス総選挙 無料・国営医療が争点に”. しんぶん赤旗 (日本共産党中央委員会). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-11-30/2019113007_01_1.html 2019年12月5日閲覧。 
  11. ^ a b “【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット”. BBC News. BBC. (2019年12月2日). https://www.bbc.com/japanese/50625579 2019年12月5日閲覧。 
  12. ^ “英議会解散 12月12日に向けた選挙戦本格開始”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年11月6日). https://www.sankei.com/world/news/191106/wor1911060010-n1.html 2019年11月6日閲覧。 
  13. ^ “【解説】 イギリス総選挙 仕組みを簡単に”. BBC News. BBC. (2019年10月30日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50230941 2019年11月6日閲覧。 
  14. ^ a b “【英総選挙2019】 女王が議会解散認め、選挙スタートも保守・労働両党で幹部辞任”. BBC News. BBC. (2019年11月7日). https://www.bbc.com/japanese/50327427 2019年11月12日閲覧。 
  15. ^ “【英総選挙2019】 ブレグジット党、与党・保守党と議席争わない方針”. BBC News. BBC. (2019年11月12日). https://www.bbc.com/japanese/50384420 2019年11月12日閲覧。 
  16. ^ 国末憲人 (2019年12月20日). “「保守党圧勝」の舞台裏「ブレグジット総選挙」現地レポート(下)”. フォーサイト (新潮社). https://www.fsight.jp/articles/-/46280 2019年12月20日閲覧。 
  17. ^ a b c “【英総選挙2019】 与党・保守党が大勝 ブレグジットに「新たな信任」と首相”. BBC News. BBC. (2019年12月13日). https://www.bbc.com/japanese/50766470 2019年12月13日閲覧。 
  18. ^ “英総選挙 ジョンソン首相「1月中に必ず離脱」”. NHK NEWSWEB. NHK. (2019年12月13日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191213/k10012214171000.html 2019年12月13日閲覧。