2019年バーレーングランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーレーンの旗 2019年バーレーングランプリ
レース詳細
Circuit Bahrain 2004.svg
日程 2019年シーズン第2戦
決勝開催日 3月31日
開催地 バーレーン・インターナショナル・サーキット
バーレーンの旗 バーレーン サヒール
コース 恒久的レース施設
コース長 5.412km
レース距離 57周 (308.238km)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:27.866
ファステストラップ
ドライバー モナコの旗 シャルル・ルクレール
タイム 1:33.411 (38周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2019年バーレーングランプリ (2019 Bahrain Grand Prix) は、2019年のF1世界選手権第2戦として、2019年3月31日バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019[1]

レース前[編集]

本レースでピレリが用意するドライタイヤのコンパウンドは、ハード(白):C1、ミディアム(黄):C2、ソフト(赤):C3[2]

オーバーテイクの機会を増やすため、DRSゾーンが従来の2箇所(メインストレートとバックストレート)から3箇所に増やされる。新たに追加されるゾーンは、ターン1から3の複合コーナー出口からターン4までの直線区間[3]

エントリーリスト[編集]

フェラーリは、チーム名を当初予定していた「スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ」に戻すことを決定した。また、マシンSF90レーシングスーツにも、「ミッション・ウィノウ」のロゴを再び掲示する[4]

フリー走行[編集]

マクラーレンは、前戦オーストラリアGPの決勝でMGU-Kのトラブルによりリタイアしたカルロス・サインツJr.のICE(エンジン)、ターボ、MGU-H、MGU-Kを交換した[6]

金曜午前のFP1は、前戦とは打って変わってフェラーリ勢が好調で、シャルル・ルクレールが1分30秒354のトップタイムを叩き出し、セバスチャン・ベッテルが0.3秒差の2番手で、3番手のボッタス以下に1秒近い大差を付けた[6]

金曜午後のFP2もフェラーリ勢が速く[7]、ベッテルが1分28秒846でトップ、ルクレールが0.035秒差の2番手に続いた[8]レッドブル勢はソフトタイヤのグリップに苦しみ、マックス・フェルスタッペンは6番手、ピエール・ガスリーは12番手に沈んだ[7][9][10]

フェラーリ勢の好調さは土曜午前のFP3も続き、全セッションでフェラーリ勢が1-2番手を独占した。トップタイムはルクレールの1分29秒569[11]。レッドブル勢はフェルスタッペンが8番手、ガスリーが12番手に終わり、予選に不安を残した[12]

予選[編集]

2019年3月30日 18:00 AST(UTC+3)

シャルル・ルクレールがF1キャリア初のポールポジションを獲得しF1累計999戦目にして史上99人目のポールポジション獲得者の誕生となった。2番手のセバスチャン・ベッテルとともにフェラーリフロントローを独占した。続いてルイス・ハミルトンが3番手、前戦オーストラリアで優勝を飾ったバルテリ・ボッタスが4番手でメルセデス勢がセカンドロー、レッドブルマックス・フェルスタッペンが5番手、ピエール・ガスリーはQ2落ちの13番手[13]トロ・ロッソ勢は僅差で揃ってQ2落ちだった[14]。一方でロマン・グロージャンはQ1で低速走行してランド・ノリスのアタックを妨害したとして、3グリッド降格とペナルティーポイント1点を課せられた[15]

結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:28.495 1:28.046 1:27.866 1
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:28.733 1:28.356 1:28.160 2
3 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:29.262 1:28.587 1:28.190 3
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:29.498 1:28.830 1:28.256 4
5 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:29.579 1:29.109 1:28.752 5
6 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:29.532 1:29.017 1:28.757 6
7 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:29.528 1:29.055 1:28.813 7
8 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:29.688 1:29.249 1:29.015 11 1
9 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:29.959 1:29.471 1:29.022 8
10 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:29.381 1:29.258 1:29.043 9
11 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 1:29.859 1:29.488 10
12 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 1:29.514 1:29.513 12
13 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 1:29.900 1:29.526 13
14 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:29.893 1:29.756 14
15 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:29.876 1:29.854 15
16 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:30.026 16
17 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:30.034 17
18 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:30.217 18
19 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:31.759 19
20 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:31.799 20
107% time: 1:34.689
ソース:[16]
  • ^1 - グロージャンはQ1でノリスの走行の妨害をしたため、3グリッド降格とペナルティポイント1点が加算された(合計8点)[17]

決勝[編集]

2019年3月31日 18:10 AST(UTC+3)

ポールポジションシャルル・ルクレールはスタートで出遅れるも、首位の座を取り戻してからレースを支配し続けた。しかし、初優勝を目の前にしたレース終盤、ルクレールのパワーユニット(PU)にトラブルが発生してスローダウンし、メルセデス勢に抜かれて3位に終わった。ルイス・ハミルトンが今季初優勝、バルテリ・ボッタスが2位とメルセデスが2戦連続の1-2フィニッシュを達成した。

展開[編集]

フロントローを取ったフェラーリ勢がレースを支配する展開となり、特にポールポジションを取ったシャルル・ルクレールはスタートこそセバスチャン・ベッテルの先行を許すも抜き返し、その後は後続を突き放す走りで初優勝が目前に迫ったが、残り11周のところでPUトラブルによりスローダウン。トラブルが発生した際、ルクレールは無線で「エンジンが何かおかしい!XXX!何が起きてるんだ?」や「そんな・・・なんてことだ!」と放送禁止用語を交えながら言っており、XXXの部分が音声処理された[18]。最終的には終盤ルノー勢に立て続けに起こった電気系トラブルがきっかけでセーフティカー導入のままメルセデスのワンツーフィニッシュで終わった。それでも、ルクレールはセーフティカーに助けられ、レッドブルマックス・フェルスタッペンを振り切って3位を死守し、初表彰台とファステストラップボーナスポイントの1点を獲得した。そして、ドライバー・オフ・ザ・デイにはルクレールが選出された[19]。ベッテルは中盤にハミルトンに2位の座を奪われた直後に単独スピンを喫したうえにフロントウィングを壊したことによる後退が響いて5位に終わり、ベッテルと同じドイツ人であるニコ・ロズベルグは「去年のセブと同じだね」や「あれではF1チャンピオンにはなれないよ」と批判している[20]。「ベスト・オブ・ザ・レスト」はアルファロメオキミ・ライコネンとの6位争いを制したマクラーレンの新人ランド・ノリス。レッドブルのピエール・ガスリーはフェルスタッペン同様にマシンバランスに苦しみながらも8位、トロ・ロッソアレクサンダー・アルボンは9位、10位にはレーシング・ポイントセルジオ・ペレスが入り、ノリスと8位以下のドライバーは今季初入賞[19]を果たした。そのうち、ノリスとアルボンはこれがキャリア初入賞となる。表彰台こそ逃すもホンダPU搭載ドライバー4名の内3名が入賞を果たした。

結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 57 1:34:21.295 3 25
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 57 +2.980 4 18
3 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 57 +6.131 1 16 1
4 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 57 +6.408 5 12
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 57 +36.068 2 10
6 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 57 +45.754 9 8
7 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 57 +47.470 8 6
8 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 57 +58.094 13 4
9 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 57 +1:02.697 12 2
10 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 57 +1:03.696 14 1
11 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 57 +1:04.599 16
12 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 56 +1 Lap 15
13 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 56 +1 Lap 6
14 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 56 +1 Lap 18
15 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 56 +1 Lap 19
16 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 55 +2 Laps 20
17 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 53 パワーユニット 17
18 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 53 パワーユニット 10
19 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 53 ギアボックス 7
Ret 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 16 接触ダメージ 11
ソース:[21]
ファステストラップ[22]
ラップリーダー[23]
追記

第2戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2019 Bahrain Grand Prix”. The Official F1 Website. 2019年3月28日閲覧。
  2. ^ ピレリ、“新名称”による2019年シーズン開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表。カラーは3色のみに”. AUTOSPORTweb (2018年12月11日). 2019年3月28日閲覧。
  3. ^ F1第2戦バーレーンGPに、3カ所目のDRSゾーンが追加。追い抜きは増える?”. motorsport.com (2019年3月28日). 2019年3月28日閲覧。
  4. ^ フェラーリ、F1第2戦バーレーンGPを前に「Mission Winnow」を復活”. Formula1-Data (2019年3月23日). 2019年3月23日閲覧。
  5. ^ Entry List”. FIA (2019年3月28日). 2019年3月28日閲覧。
  6. ^ a b F1バーレーンGP FP1:フェラーリの新鋭ルクレールがトップ。レッドブル・ホンダは5、6番手”. AUTOSPORTweb (2019年3月29日). 2019年3月30日閲覧。
  7. ^ a b F1バーレーンGP FP2:初日最速はベッテル。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは6番手。ガスリーは12番手と苦戦”. AUTOSPORTweb (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  8. ^ FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019 - PRACTICE 2”. The Official F1 Website (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  9. ^ フェルスタッペン、“小さな問題”に見舞われ6番手「決勝には自信があるが、予選パフォーマンスの改善が必要」:レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP金曜”. AUTOSPORTweb (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  10. ^ ガスリー12番手「予選シミュレーションがうまくいかなかった。ソフトタイヤでのペースが不足」:レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP金曜”. AUTOSPORTweb (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  11. ^ F1バーレーンFP3速報:ルクレール最速。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは8番手”. motorsport.com (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  12. ^ F1バーレーンFP3:フェラーリ好調続く。レッドブルどうした? フェルスタッペン8番手”. motorsport.com (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  13. ^ F1バーレーンGP予選:跳ね馬復活、ルクレールが自身初のポールを獲得、レッドブル・ホンダのガスリー無念のQ2落ち autosport web 2018年3月31日。
  14. ^ 【順位結果】F1第2戦バーレーンGP予選 autosport web 2018年3月31日。
  15. ^ グロージャンが3グリッド降格ペナルティ/F1バーレーンGPグリッド autosport web 2019年3月31日、同4月2日閲覧。
  16. ^ FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2019年3月31日). 2019年3月31日閲覧。
  17. ^ Offence Doc23 - R.Grosjean”. fia.com (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  18. ^ 【F1バーレーンGP無線レビュー】優勝目前のルクレールが悲痛な叫び「エンジンが何か変なんだ! XXX!」 autosport web 2019年4月4日。
  19. ^ a b F1バーレーンGP決勝:残り10周の悲劇……ルクレール初優勝逃す。優勝はハミルトン jp.motorsport.com 2019年4月1日。
  20. ^ 「昨年と同じベッテルがいた」とニコ・ロズベルグ TOPNEWS 2019年4月1日、同4日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  22. ^ FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  23. ^ Lap Chart”. FIA (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
前戦
2019年オーストラリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2019年シーズン
次戦
2019年中国グランプリ
前回開催
2018年バーレーングランプリ
バーレーンの旗 バーレーングランプリ次回開催
2020年バーレーングランプリ