2019年フランスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランスの旗 2019年フランスグランプリ
レース詳細
Circut Paul Ricard 2018 layout map.png
日程 2019年シーズン第8戦
決勝開催日 6月23日
開催地 ポール・リカール・サーキット
フランスの旗 フランス ヴァール県 ル・カステレ英語版
コース長 5.842km
レース距離 53周 (309.690km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:28.319
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
タイム 1:32.740 (53周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2019年フランスグランプリ (2019 French Grand Prix) は、2019年のF1世界選手権第8戦として、2019年6月23日ポール・リカール・サーキットで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DE FRANCE 2019[1]

レース前[編集]

本レースでピレリが用意するドライタイヤのコンパウンドは、ハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の組み合わせ[2]

前年の開催時に安全性が懸念されたピットレーン入口を、ターン14(最終コーナーの手前)のレーシングラインを外れた位置に変更した。なお、コース幅が狭いためピットレーンでの制限速度は60km/hのままとなる[3]。トラックリミット規制を強化するため、各所にボラードやボードを設置する対策が取られた[4]

ホンダは、レッドブルマックス・フェルスタッペンピエール・ガスリートロ・ロッソダニール・クビアトに「スペック3」のパワーユニット(以下PU)を投入する[5]。クビアトに関しては、4基目のエンジン(ICE)、3基目のターボチャージャー(TC)、MGU-H、MGU-K、エナジーストア(ES)、コントロールエレクトロニクス(CE)が導入され、ICE、MGU-K、ES、CEについては年間最大基数[注 1]を超えたため15グリッド以上の降格ペナルティが科され、最後尾グリッドからのスタートが決まった[6]。ホームグランプリを迎えるルノーはマシンのアップグレードを行い[7]ダニエル・リカルドに「スペックB」のPUを投入する[8]

エントリーリスト[編集]

レギュラーシートについては前戦カナダGPから変更なし。ただし、スクーデリア・フェラーリフランスたばこ広告に関する規制が厳しいことから、開幕戦オーストラリアGP及びカナダGPと同様の処置[9]を行ったため、同チームのみエントリー内容が変更されている。ウィリアムズのリザーブドライバーを務めるニコラス・ラティフィが前戦カナダGPに続いて金曜午前のFP1を走行する。なお、今回はジョージ・ラッセルに代わって出走する[10]

フリー走行[編集]

FP1(金曜午前)
メルセデス勢は再舗装された路面コンディション状態の改善を待つため、開始後25分過ぎまでコースインしなかった。コースインするとともにメルセデス勢は速さを見せつけ、1-2体制を築いた。セッション終盤にフェラーリ勢がメルセデス勢に迫るタイムを出してきたが、それでもシャルル・ルクレールはトップタイムのルイス・ハミルトンに0.3秒遅れの3番手、セバスチャン・ベッテルは1秒以上遅れて5番手に終わった。4番手のマックス・フェルスタッペンはミディアムタイヤに対して「滑り過ぎる」と訴え、6番手のピエール・ガスリーもフェルスタッペン同様、リアタイヤのグリップ不足を訴えた。ロマン・グロージャンはマシントラブルにより9周しか走行できず、最下位に終わった[12]。最終的にハミルトンが1分32秒738のトップタイムを出し、バルテリ・ボッタスが0.1秒以内の僅差で続く[13]
FP2(金曜午後)
FP1に続いてメルセデス勢が圧倒した。開始後30分の時点で唯一1分31秒台に入るなど好調を見せ、ボッタスが新品ソフトで1分30秒台に突入した。一方、ハミルトンはターン3-4で挙動を乱してドリフトを披露しつつもコースオフ、コースに戻るところであわやフェルスタッペンに接触しかけた[14]。この一件は審議にかけられたがお咎め無しとなった[15]。最終的にトップタイムのボッタスのみが1分30秒台に突入する1分30秒937を出した[16]
FP3(土曜午前)
ホンダは、既にグリッド降格が決まっているダニール・クビアトターボチャージャーとMGU-Hをさらに交換することにした。これで両方のコンポーネントは4基目で年間最大基数を超えたが最後尾グリッドに変わりはなく、残りのシーズンを踏まえた「戦略的交換」であった[17]。序盤はインスタレーションラップから本格的に走行するマシンが少なく、上位3チームは20分頃から順次本格的に走行する。セッション折り返しの時点でフェラーリとメルセデスの間でトップタイムを出していくが、徐々にメルセデスが差を付けて1-2体制でセッションを終えた。5番手のフェルスタッペンは「マシンのグリップがない!」と訴えるなど、僅差でマクラーレン勢が迫るレッドブル勢は予選に不安を残した。トップタイムはボッタスの1分30秒159[18]

予選[編集]

2019年6月22日 15:00 CEST(UTC+2)

メルセデス勢が他を圧倒してフロントローを独占し、ルイス・ハミルトンポールポジションを獲得した。フェラーリ勢はシャルル・ルクレールが3番手を確保したが、セバスチャン・ベッテルは7番手に沈んだ。レッドブル勢はマックス・フェルスタッペンが4番手に食い込んだが、地元出身のピエール・ガスリーは9番手に終わった。フリー走行から好調ぶりを示していたマクラーレン勢はランド・ノリスがフェルスタッペンに僅差の5番手、カルロス・サインツJr.がノリスに続く6番手と大きく躍進した。ホームグランプリのルノーは、新型PUを搭載したダニエル・リカルドが8番手に入った[19]

結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:30.609 1:29.520 1:28.319 1
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:30.550 1:29.437 1:28.605 2
3 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:30.647 1:29.699 1:28.965 3
4 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:31.327 1:30.099 1:29.409 4
5 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:30.989 1:30.019 1:29.418 5
6 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:31.073 1:30.319 1:29.522 6
7 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:31.075 1:29.506 1:29.799 7
8 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 1:30.954 1:30.369 1:29.918 8
9 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 1:31.152 1:30.421 1:30.184 9
10 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:31.180 1:30.408 1:33.420 10
11 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 1:31.445 1:30.461 11
12 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:30.972 1:30.533 12
13 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:30.865 1:30.544 13
14 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:30.964 1:30.738 14
15 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:31.166 1:31.440 15
16 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:31.564 19 1
17 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:31.626 16
18 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:31.726 17
19 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:32.789 20 2
20 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:33.205 18
107% time: 1:36.888
ソース:[20][21]
追記
  • ^1 - クビアトはFP1とFP3で規定を超えるパワーユニット交換を行い、グリッド降格数が15を超えたため最後尾グリッドに降格
    • FP1で4基目のエンジン(ICE)、3基目のMGU-K、エナジーストア(ES)、コントロールエレクトロニクス(CE)に交換[6][22]
    • FP3で4基目のターボチャージャー(TC)とMGU-Hに交換[17][23]
  • ^2 - ラッセルは予選前に規定を超えるパワーユニット交換(3基目のESとCE)を行い、グリッド降格数が15を超えたため最後尾グリッドに降格[19][24]

決勝[編集]

2019年6月23日 15:10 CEST(UTC+2)[25]

ルイス・ハミルトンが1度も首位の座を譲らず、ポール・トゥ・ウィンで4連勝を飾った。ただ、メルセデス勢はフロントタイヤに大きなブリスターが発生し、2位のバルテリ・ボッタスの方はその影響でペースの悪化が起きながらも、3位のシャルル・ルクレールを辛うじて抑えきった。一方でハミルトンも外見上は苦しんでいるように見えたが、彼はそのタイヤで2位に18秒以上の差をつけたうえで、ファステストラップを更新。マシンを降りた際は疲労の色を見せたものの、モナコGPのような苦戦に陥ったわけではなかった。この結果、メルセデスは第5戦スペインGP以来今シーズン6回目、F1通算50回目の1-2フィニッシュ[26]かつメルセデス勢は(シーズンを跨いで)2014年のV6ハイブリッドターボPUに変更されて以来2度目となる10連勝を達成という記録を打ち立てた。だが、華々しい記録とは裏腹に周囲の反応は冷ややか面を見せた。メディア関連で言えば、ハミルトンのウイニングランよりほかのマシンやノリスの順位争いの映像が優先[27]。また、表影される際、メルセデスも含めチームスタッフによる歓声はどこか控えめで、観客も派手な歓声やコース内に入って表彰台を間近で見ようとする動きの少なさも目立っていた[28]。さらにこの結果を受け、多くのメディアや識者がハミルトンの6回目のタイトルに事実上の王手がかかっている[29]という声が多数見られた。

ハミルトンがグランドスラム達成かと思われたが、5位のセバスチャン・ベッテルは終盤にタイヤをソフトに変更し、最終ラップでファステストラップを記録してハミルトンのグランドスラムを阻止した[30]。またベッテルのペナルティポイントの内2点が6月24日に有効期限切れとなり5点になった。 他の結果は、マックス・フェルスタッペンは上位3台についていくことができず4位。ベスト・オブ・レストは6位に入ったマクラーレンカルロス・サインツJr.で、チームメイトのランド・ノリスは油圧関係のトラブルに見舞われ失速したものの入賞(後述の理由で10位から9位へ繰り上げ)[31]。彼は予選及び決勝の好走が評価され、初のドライバー・オブ・ザ・デイを受賞した[32]

ノリスがトラブルに見舞われたことで、後方からダニエル・リカルドキミ・ライコネンニコ・ヒュルケンベルグの3台が迫り、レース終盤には4台が7位を争う展開となった。最終ラップのターン8でリカルドはコースを外れてノリスを抜き、リカルドのコース復帰の際にノリスはコースを外れなければならなかった。この間にライコネンがリカルドとノリスをパスするが、マシンのコントロールを取り戻したリカルドはターン9でライコネンを抜いて7位でフィニッシュした。これにより、7位リカルド-8位ライコネン-9位ヒュルケンベルグ-10位ノリスで入賞圏外の11位となったピエール・ガスリーという順でチェッカーを受けた。ところがリカルドはレース後にこの件が審議対象となり、リカルドに2つのペナルティが科された結果、合計10秒加算とペナルティポイント3点加点処分を受け、入賞圏外の11位に降格[33]。このペナルティでガスリーが入賞圏内の10位に繰り上がり、他のドライバーも一つ順位が繰り上がる形となった。

結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 53 1:24:31.198 1 25
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 53 +18.056 2 18
3 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 53 +18.985 3 15
4 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 53 +34.905 4 12
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 53 +1:02.796 7 11 FL
6 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 53 +1:35.462 6 8
7 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 52 +1 Lap 12 6
8 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 52 +1 Lap 13 4
9 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 52 +1 Lap 5 2
10 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 52 +1 Lap 9 1
11 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 52 +1 Lap 1 8
12 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス 2 レーシング・ポイント-BWTメルセデス 52 +1 Lap 14
13 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 52 +1 Lap 17
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 52 +1 Lap 19
15 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 52 +1 Lap 11
16 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 52 +1 Lap 10
17 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 15
18 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 51 +2 Laps 18
19 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 51 +2 Laps 20
Ret 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 44 撤退 16
ソース:[34]
ファステストラップ[35]
ラップリーダー[36]
追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • ^1 - リカルドは最終ラップのバトルの件でレース後に2つのペナルティが科せられ、レースタイムに10秒加算されたため7位から11位に降格[33]
    • コースを外れた後、安全な形で復帰しなかったため、5秒ペナルティとペナルティポイント2点(合計4点)[37]
    • コースを離れてライコネンをオーバーテイクしてアドバンテージを得たため、5秒ペナルティとペナルティポイント1点(合計5点)[38]
  • ^2 - ペレスはターン3からターン4でコースアウトし、コースへ復帰する際にアドバンテージを得たため、5秒ペナルティ(ピットインで消化)とペナルティポイント1点が加算された(合計4点)[39][40]

第8戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ エンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-Hは最大3基、MGU-K、エナジーストア(ES)、コントロールエレクトロニクス(CE)は最大2基。

出典[編集]

  1. ^ French Grand Prix 2019”. The Official F1 Website. 2019年6月21日閲覧。
  2. ^ F1フランスGPのタイヤ選択が明らかに。中団勢はソフトを最多の10セット、レッドブル・ホンダは選択別れる”. autosport web (2019年6月13日). 2019年6月21日閲覧。
  3. ^ ポール・リカール、ピット入り口を大改修。より安全なルートを設定”. motorsport.com (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  4. ^ FIA、F1フランスGPの”コース外走行”を厳密に監視へ”. motorsport.com (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ ホンダF1、ジェット機の航空技術を導入したスペック3のパワーユニット導入を発表も、パフォーマンスはライバルに「まだ至っていない」”. autosport web (2019年6月19日). 2019年6月21日閲覧。
  6. ^ a b トロロッソ・ホンダのクビアト、“スペック3”パワーユニット導入で最後方グリッドに降格。ルノーがリカルドのエンジンをアップグレード”. autosport web (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  7. ^ カナダで躍進したルノーF1、母国フランスにアップデートを持ち込む”. motorsport.com (2019年6月22日). 2019年6月22日閲覧。
  8. ^ ルノーのリカルド、フランスで”パワーアップ”したアップグレードPU投入”. motorsport.com (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  9. ^ フェラーリF1、カナダGPとフランスGPで「Mission Winnow」を削除”. Formula1-data (2019年5月29日). 2019年6月21日閲覧。
  10. ^ ラティフィ、フランスGPでウイリアムズF1から2度目のフリー走行参加「F2にも出場するから、おもしろいチャレンジになる」”. autosport web (2019年6月20日). 2019年6月21日閲覧。
  11. ^ Entry List”. FIA (2019年6月20日). 2019年6月21日閲覧。
  12. ^ F1フランスGP FP1:メルセデスが1-2発進。スペック3投入のレッドブル・ホンダはタイヤのグリップ不足に苦戦”. autosport web (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  13. ^ 【タイム結果】F1第8戦フランスGPフリー走行1回目”. autosport web (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  14. ^ F1第8戦フランスGP FP2:初日はメルセデスが圧倒。好調マクラーレンのノリスがレッドブル・ホンダを上回る5番手”. autosport web (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  15. ^ ハミルトン&フェルスタッペン、仏国GPのFP2”ニアミス”事件は不問に”. motorsport.com (2019年6月22日). 2019年6月22日閲覧。
  16. ^ 【タイム結果】2019年F1第8戦フランスGP フリー走行2回目”. autosport web (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  17. ^ a b ホンダF1 予選を前に再びエンジン交換、フランスGPでクビアトに追加のターボとMGU-Hを投入”. Formula1-Data (2019年6月22日). 2019年6月22日閲覧。
  18. ^ 5番手フェルスタッペンを含む中団勢は大接戦【タイム結果】F1第8戦フランスGPフリー走行3回目”. autosport web (2019年6月22日). 2019年6月22日閲覧。
  19. ^ a b F1第8戦フランスGP予選:メルセデスがライバルを圧倒。フェルスタッペンは大躍進のマクラーレンを僅差で下し2列目確保” (2019年6月22日). 2019年6月23日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DE FRANCE 2019 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2019年6月22日). 2019年6月23日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DE FRANCE 2019 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2019年6月22日). 2019年6月23日閲覧。
  22. ^ Offence Doc9 - D.Kvyat”. FIA (2019年6月21日). 2019年6月22日閲覧。
  23. ^ Offence Doc23 - D.Kvyat”. FIA (2019年6月22日). 2019年6月22日閲覧。
  24. ^ Offence Doc34 - G.Russel”. FIA (2019年6月22日). 2019年6月23日閲覧。
  25. ^ 特記ない限り、F1フランスGP決勝:ハミルトン、“貫禄”4連勝。ガスリー、繰り上がりで10位”. motorsport.com (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  26. ^ ボッタス2位でメルセデスが50回目のワンツー「ペースもタイヤ管理もルイスにかなわなかった。学ぶ必要がある」:F1フランスGP”. autosport web (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  27. ^ 例えば、開幕戦でボッタスが勝利した際は、彼がピットに戻るまでのウイニングランが全て映されたのに対し、フランスGPではハミルトンがチェッカーを受ける瞬間を数秒映したら、2位争いやベッテルのファステストラップの成否に切り替わっている(実際、中国GPでピエール・ガスリーがファステストラップを狙いに行った際、彼がホームストレートに入る瞬間は映されていない)。
  28. ^ 第9戦オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンが勝利した際は、彼関係の観客が多数いたことを考慮しても、多数の歓声が聞き取れ、コース上に大勢の観客が流れ込む様子が映し出されており、熱気に明らかな違いがあった。
  29. ^ イタリアのメディアも認める「ハミルトンのライバルたちにもうF1タイトルの望みはない」”. www.topnews.jp (2019年6月26日). 2019年6月26日閲覧。
  30. ^ ベッテル、FLを記録しハミルトンのグランドスラムを阻止「今回は敗北。でも勝つことを絶対諦めない」:フェラーリ F1フランスGP”. autosport web (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  31. ^ 油圧トラブルでマシンに次々不具合……困難に対処したノリスをマクラーレン賞賛”. motorsport.com (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  32. ^ F1第8戦フランスGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表”. autosport web (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  33. ^ a b 4台バトルでレースを盛り上げたリカルドにダブルペナルティ、入賞圏外に降格。「後悔はない。皆が楽しんでくれたならうれしい」”. autosport web (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  34. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DE FRANCE 2019 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  35. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DE FRANCE 2019 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  36. ^ Lap Chart”. FIA (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  37. ^ Offence Doc49 - D.Ricciardo”. FIA (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  38. ^ Offence Doc50 - D.Ricciardo”. FIA (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  39. ^ Offence Doc43 - S.Perez”. FIA (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
  40. ^ ペレス、ペナルティに困惑「僕はすべきことをしたのに……」”. motorsport.com (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  41. ^ a b France 2019 - Championship”. STATS F1 (2019年6月23日). 2019年6月24日閲覧。
前戦
2019年カナダグランプリ
FIA F1世界選手権
2019年シーズン
次戦
2019年オーストリアグランプリ
前回開催
2018年フランスグランプリ
フランスの旗 フランスグランプリ次回開催
2020年フランスグランプリ