2019年全豪オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2019年全豪オープン
開催期間:   1月14日 – 1月27日
通算:   107回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   オーストラリアの旗 オーストラリア, メルボルン
優勝者
男子シングルス
セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
女子シングルス
日本の旗 大坂なおみ
男子ダブルス
フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール / フランスの旗 ニコラ・マユ
女子ダブルス
オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー / 中華人民共和国の旗 張帥
混合ダブルス
チェコの旗 バルボラ・クレチコバ / アメリカ合衆国の旗 ラジーブ・ラム
ジュニア男子ダブルス
チェコの旗 Jonáš Forejtek / チェコの旗 Dalibor Svrčina
ジュニア女子ダブルス
日本の旗 川口夏実 / ハンガリーの旗 Adrienn Nagy
レジェンド部門男子ダブルス
フランスの旗 Mansour Bahrami / オーストラリアの旗 Mark Philippoussis
全豪オープン
 < 2018 2020 > 

2019年全豪オープンは、テニスオーストラリアが主催する107回目の全豪オープン。1月14日から27日までメルボルン・パークで開催された。

国際テニス連盟が大会を管轄し、ATPツアーWTAツアー、ITFジュニアツアー、ユニクロ車いすテニスツアーの一部として開催される。本大会は25のコートを使用し、3つのショーコート(ロッド・レーバーマーガレット・コートメルボルン)が主要会場である。今大会では公式ボールにダンロップを採用[1][2][3]。男女シングルスで最終セットで6-6の場合、10ポイントのタイブレークを実施することを発表している。また男子シングルスで第3セット終了時に10分間の休憩が入る。大会メインスポンサーは現代自動車グループ起亜自動車

ポイントと賞金総額[編集]

ポイント配分[編集]

シニア[編集]

種目 W F SF QF 4回戦 3回戦 2回戦 1回戦 Q Q3 Q2 Q1
男子シングルス 2000 1200 720 360 180 90 45 10 25 16 8 0
男子ダブルス 0 N/A N/A N/A N/A N/A
女子シングルス 1300 780 430 240 130 70 10 40 30 20 2
女子ダブルス 10 N/A N/A N/A N/A N/A

賞金総額[編集]

今大会の賞金総額は6250万豪ドルであり、男女シングルスの優勝者には410万ドル授与.[4]

Event W F SF QF Round of 16 Round of 32 Round of 64 Round of 1281 Q3 Q2 Q1
シングルス A$4,100,000 A$2,050,000 A$920,000 A$460,000 A$260,000 A$155,000 A$105,000 A$75,000 A$40,000 A$25,000 A$15,000
ダブルス * A$750,000 A$375,000 A$190,000 A$100,000 A$55,000 A$32,500 A$21,000 N/A N/A N/A N/A
Mixed Doubles * A$185,000 A$95,000 A$47,500 A$23,000 A$11,500 A$5,950 N/A N/A N/A N/A N/A

1Qualifiers prize money was also the Round of 128 prize money.
*per team


優勝者[編集]

シニア[編集]

男子シングルス
ジョコビッチは大会史上最多の7度目の優勝。前年のウィンブルドン全米に続きグランドスラム3連勝。
女子シングルス
大坂は全米オープンに続き四大大会連覇。

脚注[編集]