2019年島根県議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2019年島根県議会議員選挙(2019ねんしまねけんぎかいぎいんせんきょ)は、2019年平成31年)4月7日に投票が行われた島根県議会の議員を改選するための一般選挙である。

概要[編集]

県議会議員の4年の任期満了に伴う選挙である。なお、島根県議会議員選挙は1947年昭和22年)4月に実施された第1回の選挙からいずれも統一地方選挙の日程で実施されている。

2019年3月29日に告示され、定数37に対し48人が立候補。無投票当選が決まった選挙区は4つだった[1]

同日選挙の島根県知事選挙にて、自民党の県議会議員の対応が割れ分裂選挙になったことも注目の要因となった[2]

選挙データ[編集]

  • 告示日:2019年3月29日
  • 投開票日:2019年4月7日
  • 改選議席数:37議席
  • 選挙区:12選挙区(うち4選挙区で無投票)
  • 立候補者:44名(うち4名が無投票当選)
自由民主党:19名
立憲民主党:2名
国民民主党:1名
公明党:2名
日本共産党:2名
無所属:18名

当選者[編集]

 自民党   公明党   立憲民主党   国民民主党   共産党   無所属 

松江市 福田正明[自 1] 吉野和彦 岩田浩岳
川上大[自 2][自 1] 五百川純寿[自 3] 白石恵子[立 1]
細田重雄[自 1] 角智子 小沢秀多[自 1]
尾村利成 加藤勇[自 3]
浜田市 大屋俊弘[自 3] 岡本昭二[自 1] 須山隆[立 1]
出雲市 原拓也[自 1] 多々納剛人[自 1] 園山繁[自 3]
森山健一[自 1] 遠藤力一 高見康裕[自 2][自 3]
池田一[自 3] 成相安信[無 1] 大国陽介
益田市 中島謙二[自 1] 平谷昭[国 1] 田中八洲男[自 3]
大田市 生越俊一[自 3] 内藤芳秀[自 2][自 1]
安来市 田中明美[自 3] 嘉本祐一[自 1]
江津市 坪内涼二[無 1]
仁多郡[3] 絲原徳康[自 3]
雲南市飯石郡 山根成二[自 2][自 3] 高橋雅彦[自 2][自 3]
邑智郡[3] 福井竜夫[自 3]
鹿足郡[3] 中村芳信[自 2][自 3]
隠岐郡[3] 吉田雅紀[自 2][自 3]

脚注[編集]

  1. ^ 12選挙区に48人立候補中國新聞2019年3月29日付
  2. ^ 44年ぶり保守分裂の島根、人の激戦に産経新聞2019年3月22日付
  3. ^ a b c d 立候補が定数内のため無投票
  • 自民党関連
  1. ^ a b c d e f g h i j k 丸山達也県政野党会派「島根県議会自由民主党」に参加
  2. ^ a b c d e f g 当選後自民党に入党
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 丸山達也県政与党会派「自由民主党島根県議会議員連盟」に参加
  • 立憲民主党関連
  1. ^ a b 当選後立憲民主党に入党
  • 国民民主党関連
  1. ^ 当選後国民民主党に入党
  • 無所属関連
  1. ^ a b 会派に属さない議員