2020年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年アメリカンリーグ
ディビジョンシリーズ
チーム 勝数
タンパベイ・レイズ 3
ニューヨーク・ヤンキース 2
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月9日
チーム情報
タンパベイ・レイズ(TB)
監督 ケビン・キャッシュ
シーズン成績 40勝20敗(東地区優勝・第1シード)

ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 アーロン・ブーン
シーズン成績 33勝27敗(東地区2位・第5シード)
チーム 勝数
ヒューストン・アストロズ 3
オークランド・アスレチックス 1
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月8日
チーム情報
ヒューストン・アストロズ(HOU)
監督 ダスティ・ベイカー
シーズン成績 29勝31敗(西地区2位・第6シード)

オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ボブ・メルビン
シーズン成績 36勝24敗(西地区優勝・第2シード)

 < 2019
ALDS
2020

2021 > 

 < 2019
NLDS
2020

2021 > 
リーグ優勝決定戦 ワールドシリーズ

2020年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ2020 American League Division Series, ALDS)は、2020年の10月5日から10月9日まで行われる予定のMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

タンパベイ・レイズ東地区優勝)対ニューヨーク・ヤンキースワイルドカード)、ヒューストン・アストロズオークランド・アスレチックス西地区優勝)の組み合わせとなった。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行の影響で、例年とは違い開催球場は一つに絞られる。

結果は3勝2敗でタンパベイ・レイズと、3勝1敗でヒューストン・アストロズが勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

ヤンキース対レイズ[編集]

日付 試合 アウェイ球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月5日 第1試合 ニューヨーク・ヤンキース 9-3 タンパベイ・レイズ ペトコ・パーク
10月6日 第2試合 ニューヨーク・ヤンキース 5-7 タンパベイ・レイズ
10月7日 第3試合 タンパベイ・レイズ 8-4 ニューヨーク・ヤンキース
10月8日 第4試合 タンパベイ・レイズ 1-5 ニューヨーク・ヤンキース
10月9日 第5試合 ニューヨーク・ヤンキース 1-2 タンパベイ・レイズ
勝者:タンパベイ・レイズ

第1試合 10月5日[編集]

ペトコ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 0 1 0 2 0 0 0 5 9 15 0
レイズ 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3 6 0
  1. : ゲリット・コール(1-0)  : ブレイク・スネル(0-1)  
  2. 本塁打:  NYY – クリント・フレイジャー(1) カイル・ヒガシオカ(1) アーロン・ジャッジ(1) ジャンカルロ・スタントン(1)  TB – ランディ・アロサレーナ(1) 崔志萬(1)

第2試合 10月6日[編集]

ペトコ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 0 3 0 0 0 0 1 5 5 1
レイズ 1 2 2 0 1 1 0 0 7 8 0
  1. : タイラー・グラスノー(1-0)  : J.A.ハップ(0-1)  S: ピート・フェアバンクス(0-0-1)  
  2. 本塁打:  NYY – ジャンカルロ・スタントン(2・3)  TB – ランディ・アロサレーナ(2) マイク・ズニーノ(1) マニュエル・マーゴット(1) オースティン・メドウズ(1)

第3試合 10月7日[編集]

ペトコ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 1 3 1 3 0 0 0 0 8 13 2
ヤンキース 0 0 1 0 1 0 0 2 0 4 7 0
  1. : チャーリー・モートン(1-0)  : 田中将大(0-1)  
  2. 本塁打:  TB – ケビン・キアマイアー(1) ランディ・アロサレーナ(3) マイケル・ペレス(1)  NYY – ジャンカルロ・スタントン(4)

第4試合 10月8日[編集]

ペトコ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 0 1 0 3 0 0 0 0 1 3 1
ヤンキース 0 2 0 0 0 2 0 1 5 11 0
  1. : チャド・グリーン(1-0)  : ライアン・トンプソン(0-1)  S: アロルディス・チャップマン(0-0-1)  
  2. 本塁打:  NYY – ルーク・ボイト(1) グレイバー・トーレス(1)

第5試合 10月9日[編集]

ペトコ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 1 3 0 0 0 0 1 3 2
レイズ 0 2 0 0 1 0 0 1 2 3 0
  1. : ディエゴ・カスティーヨ(1-0)  : アロルディス・チャップマン(0-1-1)  
  2. 本塁打:  NYY – アーロン・ジャッジ(2)  TB – オースティン・メドウズ(2) マイク・ブロソー(1)

アストロズ対アスレチックス[編集]

日付 試合 アウェイ球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月5日 第1試合 ヒューストン・アストロズ 10-5 オークランド・アスレチックス ドジャー・スタジアム
10月6日 第2試合 ヒューストン・アストロズ 5-2 オークランド・アスレチックス
10月7日 第3試合 オークランド・アスレチックス 9-7 ヒューストン・アストロズ
10月8日 第4試合 オークランド・アスレチックス 6-11 ヒューストン・アストロズ
勝者:ヒューストン・アストロズ

第1試合 10月5日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アストロズ 0 0 0 3 0 4 1 0 2 10 16 1
アスレチックス 0 2 1 1 1 0 0 0 0 5 8 1
  1. : ブレイク・テイラー(1-0)  : J.B.ウェンデルケン(0-1)  
  2. 本塁打:  HOU – アレックス・ブレグマン(1) カルロス・コレア(1・2)  OAK – クリス・デービス(1) ショーン・マーフィー(1) マット・オルソン(1)

第2試合 10月6日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アストロズ 0 0 2 1 2 0 0 0 0 5 6 0
アスレチックス 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. : フランバー・バルデス(1-0)  : ショーン・マナイア(0-1)  S: ライアン・プレスリー(0-0-1)  
  2. 本塁打:  HOU – ジョージ・スプリンガー(1・2) マーティン・マルドナード(1)  OAK – クリス・デービス(2) チャド・ピンダー(1)

第3試合 10月7日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 1 1 0 1 1 0 3 2 0 9 11 1
アストロズ 2 0 0 0 5 0 0 0 0 7 10 0
  1. : リアム・ヘンドリックス(1-0)  : ブルックス・ラリー(0-1)  
  2. 本塁打:  OAK – トミー・ラステラ(1) マーク・カナ(1) マット・オルソン(2) マーカス・セミエン(1) チャド・ピンダー(2)  HOU – ホセ・アルトゥーベ(1) アレドミス・ディアス(1)

第4試合 10月8日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 3 0 0 1 0 0 0 2 6 11 1
アストロズ 0 0 0 5 2 2 2 0 11 14 0
  1. : クリスティアン・ハビエル(1-0)  : フランキー・モンタス(0-1)  
  2. 本塁打:  OAK – ラモン・ラウレアーノ(1・2)  HOU – マイケル・ブラントリー(1・2) カルロス・コレア(3) ホセ・アルトゥーベ(2)

脚注[編集]

関連項目[編集]