2020年のメジャーリーグサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
メジャーリーグサッカー
シーズン 2020
MLSカップ
コロンバス・クルー(2回目)
サポーターズ
シールド
フィラデルフィア・ユニオン
(1回目)
CCL2021
(アメリカ)
アトランタ・ユナイテッドFC
コロンバス・クルー
フィラデルフィア・ユニオン
ポートランド・ティンバーズ
リーグスカップ英語版
(2021)
コロラド・ラピッズ
ニューヨーク・シティFC
ニューヨーク・レッドブルズ
ミネソタ・ユナイテッドFC
オーランド・シティSC
シアトル・サウンダースFC
スポルティング・カンザスシティ
トロントFC
試合数 291
ゴール数 826 (1試合平均2.84)
得点王 ディエゴ・ロッシ
 (14 goals)
最大差勝利ホーム試合
6点差:
SEA 7-1 SJ
(9月10日)
LFC 6-0 VAN
(9月23日)
最大差勝利アウェー試合
5点差:
RSL 0-5 COL
(9月12日)
SJ 1-6 POR
(9月19日)
最多得点試合
計9得点:
LA 3-6 POL
(10月7日)
最多連勝記録
5試合:
ポートランド・ティンバーズ
(9月19日-10月11日)
トロントFC
(9月23日-10月11日)
コロンバス・クルー
(11月8日-12月12日)
最多連続負け無し記録
11試合:
オーランド・シティSC
(8月26日-10月18日)
最多連続勝ち無し記録
9試合:
D.C.ユナイテッド
(9月6日-10月14日)
最多連敗記録
6試合:
ロサンゼルス・ギャラクシー
(9月19日-10月14日)
最多観客動員
69,301
ATL2-1CIN
(3月7日)
最少観客動員
0(無観客試合)
合計観客動員 751,599
平均観客動員 11,052
2019
2021 →

2020年のメジャーリーグサッカーは、1996年に最初のシーズンが行われて以来、25回目のメジャーリーグサッカーである。今シーズンから新たに、インテル・マイアミCFナッシュビルSCが参入し、合計26チームとなった[1]

レギュラーシーズンは2月29日に開幕したが、3月12日、MLSは北アメリカでの2019年コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受け、大会の30日の中断を発表した[2][3]。3月19日、その中断は5月10日までに延長された[4]。そして4月17日には少なくとも6月8日までの再延期が発表された[5]。5月1日、禁止されていた野外における選手の個人練習が5月6日に解禁されることが発表された[6]。このCOVID-19のパンデミックは、アメリカ同時多発テロでシーズン後半の試合の多くが中止された2001年シーズン以来であるレギュラーシーズンの中断をもたらした。

6月10日、MLSはシーズン再開への第一歩として「MLSイズ・バック・トーナメント」 (MLS is Back Tournament) という大会をウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスで7月8日から8月11日まで開催することを発表した[7]

レギュラーシーズンは「MLSイズ・バック・トーナメント」決勝戦の翌日である8月12日に再開し11月8日まで行われた。プレーオフは11月22日に開始し、決勝戦であるMLSカップは12月12日に行われた[8]

チーム[編集]

場所[編集]

チーム一覧[編集]

レギュラーシーズン[編集]

当初の予定では2月29日に開幕し、10月4日に終了する予定であった[1]。東西13チームずつに分かれて、同カンファレンス内の12チームとホームアンドアウェー形式で24試合、もう一方のカンファレンスの13チームのうち10チームと1試合ずつ(ホーム・アウェー5試合ずつ)の計34試合を戦う形式であり、MLSとして初めて、全てのチームと最低1試合ずつの対戦が組まれないこととなった[11]

上述の通り、3月12日に中断した時点では各チーム2試合しか消化していなかったが、7月の「MLSイズ・バック・トーナメント」のグループステージ(各チーム3試合)の成績をレギュラーシーズンにも組み込む形で再開された。「MLSイズ・バック・トーナメント」終了後、更に18試合ずつを戦い、レギュラーシーズンは各チーム23試合ずつとなった。しかし、COVID-19の影響を受けてコロラド・ラピッズ[12]の5試合が延期になるなど、ウエスタンの8チームがプレーオフ開幕までに全試合を消化できなかったため、未消化の試合は中止となり、最終順位は1試合あたりの勝ち点で決定された[13]

サポーターズ・シールドフィラデルフィア・ユニオン(14勝4敗5分)が初めて獲得し、CONCACAFチャンピオンズリーグ2021の出場権も獲得した。

MLSカップ・プレーオフ[編集]

シーズン再開と同時にナッシュビルSCがイースタンへ移籍[14]したことに伴い、イースタン14チーム、ウエスタン12チームとなったため、イースタンの上位10チームとウェスタンの上位8チームがプレーオフに進出した。

MLSカップ(プレーオフ決勝)ではコロンバス・クルー(イースタン3位)とシアトル・サウンダーズ(ウェスタン2位)が対戦し、3対0で制した[15]コロンバス・クルーが12年ぶり2回めの優勝を果たすとともに、CONCACAFチャンピオンズリーグ2021の出場権も獲得した。

MLS is Back Tournament[編集]

シーズン中におけるCOVID-19の感染拡大を防ぐためとして、MLSは6月10日に「MLSイズ・バック・トーナメント」 (MLS is Back Tournament) と名付けられたトーナメント方式の大会の開催を発表した。大会はフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスを会場として無観客で行われる。

この大会が終わった後にレギュラーシーズンが再開される予定であり、またこの大会のグループステージでの成績はレギュラーシーズンの成績としてもカウントされることになっている。

また、この大会の優勝チームはCONCACAFチャンピオンズリーグの出場権を獲得することも同時に発表された[7]

日付 試合
7月8日 グループステージ開幕
7月25日-7月28日 Round of 16
7月30日-8月1日 準々決勝
8月5日-8月6日 準決勝
8月11日 決勝[7]

なお、FCダラスナッシュビルSCがCOVID-19陽性者の集団発生により、グループステージの試合を行う前に大会から撤退した。決勝ではポートランド・ティンバーズオーランド・シティSCを2対1で破り[16]、優勝を果たすとともに、CONCACAFチャンピオンズリーグ2021の出場権も獲得した。

表彰[編集]

各節ベストプレイヤー&イレブン[編集]

太字で表記した選手がベストプレイヤー

各節ベストゴール[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b When does the 2020 MLS season begin? All you need to know” (英語). ESPN.com (2019年12月23日). 2021年2月23日閲覧。
  2. ^ “MLS suspends 2020 season for 30 days due to coronavirus” (プレスリリース), Major League Soccer, (2020年3月12日), https://www.mlssoccer.com/post/2020/03/12/major-league-soccer-suspends-season-30-days-impact-coronavirus 2020年3月12日閲覧。 
  3. ^ MLSがリーグ戦延期を発表…新型コロナウイルスの影響で30日間の中断” (日本語). サッカーキング. 2021年2月23日閲覧。
  4. ^ “MLS extends season suspension in accordance with CDC guidance on COVID-19” (プレスリリース), Major League Soccer, (2020年3月19日), https://www.mlssoccer.com/post/2020/03/19/mls-extends-season-suspension-accordance-cdc-guidance-covid-19 2020年3月19日閲覧。 
  5. ^ “MLS postponement extended until at least June 8 due to ongoing impact of COVID-19 pandemic” (プレスリリース), Major League Soccer, (2020年4月17日), https://www.mlssoccer.com/post/2020/04/17/mls-postponement-extended-until-least-june-8-due-ongoing-impact-covid-19-pandemic 2020年4月17日閲覧。 
  6. ^ MLS announces players may begin to use outdoor training fields for individual workouts May 6”. MLSSoccer.com (2020年5月1日). 2020年5月1日閲覧。
  7. ^ a b c MLS is Back tournament”. Major League Soccer (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
  8. ^ MLS releases 2020 return to season schedule”. MLSSoccer.com. 2021年2月23日閲覧。
  9. ^ ナッシュビルSCは当初、東西13チームずつとするためにウエスタンに所属していたが、COVID-19の問題により地理的に近いチームとの対戦に限定するため、イースタンに移された。
  10. ^ Nashville SC moves to Eastern Conference for remainder of 2020 season”. MLSSoccer.com. 2021年2月23日閲覧。
  11. ^ Goff, Steven (2019年12月3日). “MLS breaks with tradition, will no longer have every team face every other team” (英語). ワシントン・ポスト. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/sports/2019/12/02/mls-breaks-with-tradition-will-no-longer-have-every-team-face-every-other-team/ 2021年2月23日閲覧。 
  12. ^ MLS postpones next three Colorado Rapids league matches”. 2021年2月23日閲覧。
  13. ^ MLS to use points per game to determine final 2020 regular season standings”. 2021年2月23日閲覧。
  14. ^ Nashville SC moves to Eastern Conference for remainder of 2020 season”. MLSSoccer.com. 2021年2月23日閲覧。
  15. ^ MLS Cup”. 2021年2月23日閲覧。
  16. ^ MLS is Back Tournament Final pres. by Wells Fargo”. 2021年2月23日閲覧。
  17. ^ Quillen, Ian (2020年3月2日). “Team of the Week presented by Audi: Loons, Red Bulls show big in Week 1”. メジャーリーグサッカー. 2020年3月2日閲覧。
  18. ^ Liljenwall, Ari (2020年3月2日). “Seattle Sounders' Jordan Morris voted MLS Player of the Week for Week 1”. メジャーリーグサッカー. 2020年3月2日閲覧。
  19. ^ Quillen, Ian (2020年3月9日). “Team of the Week presented by Audi: Sporting KC, Atlanta United and Minnesota United dominate Week 2”. メジャーリーグサッカー. 2020年3月10日閲覧。
  20. ^ MLSsoccer Staff (2020年3月9日). “Minnesota United's Ike Opara voted MLS Player of the Week for Week 2”. メジャーリーグサッカー. 2020年3月10日閲覧。
  21. ^ Atlanta United midfielder Emerson Hyndman wins AT&T Goal of the Week for Week 1”. メジャーリーグサッカー (2020年3月5日). 2020年3月7日閲覧。

公式サイト