2020年の千葉ロッテマリーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年の千葉ロッテマリーンズ
成績
本拠地
都市 千葉県千葉市
球場 ZOZOマリンスタジアム
QVC Marine Field (27170481472).jpg
球団組織
オーナー 代行:河合克美
経営母体 ロッテホールディングス
« 2019

2020年の千葉ロッテマリーンズでは、2020年シーズンについての千葉ロッテマリーンズの動向をまとめる。


開幕前[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
15 美馬学 東北楽天ゴールデンイーグルス FA移籍 00 レイビン
17 佐々木朗希 大船渡高等学校 ドラフト1位 15 関谷亮太 一軍打撃投手[2]
37 小野郁 東北楽天ゴールデンイーグルス FA人的補償 18 涌井秀章 東北楽天ゴールデンイーグルス 金銭トレード
60 横山陸人 専修大学松戸高等学校 ドラフト4位 23 酒居知史 東北楽天ゴールデンイーグルス FA人的補償
ジャクソン アメリカ合衆国の旗 ブリュワーズ 日本球界復帰 30 大嶺祐太 育成選手
ハーマン 東北楽天ゴールデンイーグルス 自由契約 40 島孝明
60 阿部和成 二軍サブマネジャー
85 ブランドン
86 ボルシンガー
捕手
32 佐藤都志也 東洋大学 ドラフト2位
内野手
40 福田光輝 法政大学 ドラフト5位 7 鈴木大地 東北楽天ゴールデンイーグルス FA移籍
67 茶谷健太 育成登録 支配下選手契約[3] 9 福浦和也 二軍打撃コーチ
68 西巻賢二 東北楽天ゴールデンイーグルス 自由契約 32 高濱卓也 育成選手
42 バルガス
67 李杜軒
68 大木貴将
外野手
7 福田秀平 福岡ソフトバンクホークス FA移籍 38 伊志嶺翔大 一軍コーチ
38 高部瑛斗 国士舘大学 ドラフト3位
育成選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
120 本前郁也 北翔大学 育成ドラフト1位
126 大嶺祐太 支配下選手 再契約[4]
128[5] アコスタ ニカラグアの旗 ヒガンテス・デ・リバス 新外国人
129[5] フローレス BCリーグ・富山 新外国人
捕手
125 植田将太 慶應義塾大学 育成ドラフト2位
内野手
127 高濱卓也 支配下選手 再契約[4] 124 茶谷健太 支配下選手登録[3]

[6][7]

選手・スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ "ロッテ重光武雄オーナー死去、本社創業 98歳". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2020-01-19. 2020-01-21閲覧.
  2. ^ "ロッテ関谷が現役引退「思い出深いのはプロ初登板初勝利」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019-12-13. 2019-12-13閲覧.
  3. ^ a b "ロッテ・茶谷が支配下契約「1日でも早く1軍の戦力に」 背番号は67". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2019-12-25. 2019-12-26閲覧.
  4. ^ a b "ロッテ育成契約の大嶺は126、高浜は127に". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2019-12-17. 2019-12-17閲覧.
  5. ^ a b "ロッテ フローレスは背番号「129」、アコスタは「128」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-01-07. 2020-01-07閲覧.
  6. ^ 2019年度NPB公示 NPBHP
  7. ^ ニュース 千葉ロッテマリーンズ公式HP

関連項目[編集]