2020年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年の映画(2020ねんのえいが)では、2020年映画分野の出来事(動向)について記述する。

出来事[編集]

通年[編集]

世界[編集]

日本[編集]

周年[編集]

日本の映画興行[編集]

各国ランキング[編集]

日本興行収入ランキング[編集]

全世界興行収入ランキング[編集]

北米興行収入ランキング[編集]

日本公開作品[編集]

受賞[編集]

死去[編集]

日付 名前 出身国 年齢 職業
1月 2日 上原正三 日本の旗 82 脚本家[126]
4日 ロレンツァ・マッツェッティ イタリアの旗 92 小説家映画監督[127]
8日 バック・ヘンリー アメリカ合衆国の旗 89 脚本家[128]
12日 青山京子 日本の旗 84 元女優、俳優歌手小林旭の実妻[129]
18日 宍戸錠 日本の旗 86 俳優[130][131]
19日 原知佐子 日本の旗 84 女優、映画監督の故・実相寺昭雄の実妻[132]
上野隆三 日本の旗 82 殺陣師、元俳優[133]
21日 テリー・ジョーンズ イギリスの旗 77 コメディアン、映画監督[134]
29日 梓みちよ 日本の旗 76 歌手、タレント[135]
30日 藤田宜永 日本の旗 69 推理小説家[136]
31日 内田勝正 日本の旗 75 俳優[137]
2月 5日 カーク・ダグラス アメリカ合衆国の旗 103 俳優、映画プロデューサー[138]
佐野康之 日本の旗 49 声優[139]
7日 イ・ギュヒョン朝鮮語版 大韓民国の旗 63 映画監督[140]
日下部五朗 日本の旗 85 映画プロデューサー、元東映京都撮影所所属[141]
8日 ロバート・コンラッド アメリカ合衆国の旗 84 俳優[142]
13日 坂口芳貞 日本の旗 80 俳優、声優[143]
16日 ゾーイ・コールドウェル オーストラリアの旗 86 女優[144]
池上司 日本の旗 60 小説家、脚本家、『真夏のオリオン』(2009年、東宝)原作者[145]
18日 古井由吉 日本の旗 82 小説家、『沓子』(1977年)原作者[146]
21日 勝田久 日本の旗 92 声優、俳優[147]
24日 後藤淳一 日本の旗 40 声優、俳優[148]
3月 1日 仙元誠三 日本の旗 81 撮影監督、カメラマン[149]
2日 ジェームズ・リプトン アメリカ合衆国の旗 93 俳優、作家、脚本家、映画人紹介番組『アクターズ・スタジオ・インタビュー』司会者[150]
3日 勝目梓 日本の旗 87 小説家、『獣たちの熱い眠り』(1981年、東映)原作者[151]
7日 マート・クロウリー アメリカ合衆国の旗 84 劇作家、脚本家[152]
8日 マックス・フォン・シドー スウェーデンの旗 90 俳優[153]
ジョニー・ユン アメリカ合衆国の旗 大韓民国の旗 84 俳優、コメディアン[154]
14日 仲西環 日本の旗 44 声優[155]
20日 楠部三吉郎 日本の旗 82 映画プロデューサー、シンエイ動画名誉会長[156]
21日 宮城まり子 日本の旗 93 歌手、俳優、社会運動家[157]
増岡弘 日本の旗 83 声優[158]
25日 マーク・ブラム英語版 アメリカ合衆国の旗 69 俳優[159]
29日 志村けん 日本の旗 70 タレント、いかりや長介とザ・ドリフターズメンバー[160]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ゴールデン・グローブ賞『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が作品賞など最多3冠!”. シネマトゥデイ. (2020年1月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113286 2020年1月8日閲覧。 
  2. ^ “放送映画批評家協会賞作品賞は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」”. 映画.com. (2020年1月13日). https://eiga.com/news/20200113/7/ 2020年1月22日閲覧。 
  3. ^ “『パラサイト』全米映画俳優組合賞で最優秀作品の快挙!”. シネマトゥデイ. (2020年1月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113579 2020年1月22日閲覧。 
  4. ^ “アニー賞でNetflixアニメ「クロース」が最多受賞、今敏への功労賞授与も”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年1月26日). https://natalie.mu/eiga/news/364676 2020年1月27日閲覧。 
  5. ^ “英国アカデミー賞「1917 命をかけた伝令」が最多7冠”. 映画.com. (2020年2月3日). https://eiga.com/news/20200203/13/ 2020年2月4日閲覧。 
  6. ^ “韓国映画「パラサイト」、作品賞など4冠 アカデミー賞”. 朝日新聞. (2020年2月10日). https://www.asahi.com/articles/ASN2B3QLZN2BUHBI004.html 2020年2月10日閲覧。 
  7. ^ “作品賞は『パラサイト 半地下の家族』!アジア単独映画初の快挙&最多4部門受賞”. シネマトゥデイ. (2020年2月10日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114012 2020年2月10日閲覧。 
  8. ^ “第70回ベルリン映画祭、コンペ最高賞はイラン映画 他部門で諏訪敦彦、想田和弘監督作が表彰&受賞”. 映画.com. (2020年3月1日). https://eiga.com/news/20200301/9/ 2020年3月7日閲覧。 
  9. ^ “新型肺炎の影響で、中国でハリウッド映画の上映が次々と中止に”. 映画.com. (2020年2月6日). https://eiga.com/news/20200206/5/ 2020年2月28日閲覧。 
  10. ^ “コロナウイルスの犠牲となった映画は”. Sputnik 日本. (2020年2月26日). https://jp.sputniknews.com/culture/202002267222588/ 2020年2月28日閲覧。 
  11. ^ “中国の映画業界、5月上旬の復活めざす ─ 映画館の再開相次ぐ、観客取り戻すカギは『ハリー・ポッター』再上映”. THE RIVER. (2020年3月24日). https://theriver.jp/china-theater-reopened-2/ 2020年3月25日閲覧。 
  12. ^ “コロナウイルスの影響で「ミッション:インポッシブル」のイタリアロケが中断”. 映画.com. (2020年2月27日). https://eiga.com/news/20200227/6/ 2020年2月28日閲覧。 
  13. ^ “「マトリックス4」も新型コロナウイルスの影響で撮影休止”. 映画.com. (2020年3月18日). https://eiga.com/news/20200318/6/ 2020年3月19日閲覧。 
  14. ^ “ジェームズ・キャメロン監督「アバター」続編も撮影休止”. 映画.com. (2020年3月19日). https://eiga.com/news/20200319/8/ 2020年3月22日閲覧。 
  15. ^ “マーベル『シャン・チー』監督の自己隔離で撮影一時休止 新型コロナ検査結果待ち”. シネマトゥデイ. (2020年3月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114695 2020年3月14日閲覧。 
  16. ^ “‘Shang-Chi’ Director Destin Daniel Cretton Tests Negative For Coronavirus, Says “Social Distancing Is An Act Of Love…For Every Person””. Deadline.com. (2020年3月16日). https://deadline.com/2020/03/shang-chi-director-destin-daniel-cretton-tests-negative-for-coronavirus-says-social-distancing-is-an-act-of-love-for-every-person-1202885191/ 2020年3月18日閲覧。 
  17. ^ “ハリウッド大手企業、映画・ドラマの撮影中止を続々発表 - 新型コロナウイルス各社対応まとめ”. THE RIVER. (2020年3月14日). https://theriver.jp/hollywood-halted-covid19/ 2020年3月15日閲覧。 
  18. ^ “新型コロナ対策でNetflixがヨーロッパでのストリーミング画質を抑制”. 映画.com. (2020年3月25日). https://eiga.com/news/20200325/7/ 2020年3月26日閲覧。 
  19. ^ “Netflixなどストリーミングサービス、自宅待機の動きで活況 ─ 帯域幅節約のため画質低下の取り組みも”. THE RIVER. (2020年3月25日). https://theriver.jp/covid-streaming-impact/ 2020年3月26日閲覧。 
  20. ^ a b “『007』新作、11月まで世界公開延期が決定…新型肺炎の影響”. シネマトゥデイ. (2020年3月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114519 2020年3月6日閲覧。 
  21. ^ a b “『ピーターラビット2』公開延期 新たな日本公開日は未定”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114640 2020年3月11日閲覧。 
  22. ^ a b “『クワイエット・プレイス PARTII』全世界公開が延期に ─ 新型コロナウイルスの影響で”. THE RIVER. (2020年3月13日). https://theriver.jp/qp2-postponed/ 2020年3月14日閲覧。 
  23. ^ a b “『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』全世界公開を約1年延期、2021年4月の封切りへ - 新型コロナウイルスの影響で”. THE RIVER. (2020年3月13日). https://theriver.jp/f9-postponed/ 2020年3月14日閲覧。 
  24. ^ “『ムーラン』実写版、米国公開が無期延期に ─ 監督がコメントを発表、新型コロナウイルスの感染拡大受け”. THE RIVER. (2020年3月13日). https://theriver.jp/mulan-us-postponed/ 2020年3月14日閲覧。 
  25. ^ “X-MEN『ニュー・ミュータンツ』米国公開が無期延期に - 2018年から4度目の延期、新型コロナウイルスの影響で”. THE RIVER. (2020年3月13日). https://theriver.jp/new-mutants-postponed/ 2020年3月14日閲覧。 
  26. ^ “'Mulan' Release Pushed Back Amid Coronavirus Pandemic”. The Hollywood Reporter. (2020年3月13日). https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/mulan-release-pushed-back-coronavirus-pandemic-1284275 2020年3月14日閲覧。 
  27. ^ “『ブラック・ウィドウ』米公開延期が決定”. シネマトゥデイ. (2020年3月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114783 2020年3月19日閲覧。 
  28. ^ “Lionsgate Takes ‘Antebellum’, ‘Run’ & ‘Spiral’ Off Release Calendar For The Time Being”. Deadline.com. (2020年3月17日). https://deadline.com/2020/03/lionsgate-takes-antebellum-run-spiral-off-release-calendar-for-the-time-being-1202886268/ 2020年3月19日閲覧。 
  29. ^ “‘Beastie Boys Story’ Theatrical Release Postponed Amid Coronavirus Pandemic, Will Stream On AppleTV+ As Planned”. Deadline.com. (2020年3月17日). https://deadline.com/2020/03/beastie-boys-story-postpones-theatrical-release-appletv-imax-1202886094/ 2020年3月19日閲覧。 
  30. ^ “『ミニオンズ』新作スタジオ閉鎖で完成間に合わず 全米公開が延期”. シネマトゥデイ. (2020年3月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114859 2020年3月22日閲覧。 
  31. ^ “『ワンダーウーマン 1984』米国公開が延期に ─ 『イン・ザ・ハイツ』『弱虫スクービーの大冒険』も、新型コロナウイルスの影響で”. THE RIVER. (2020年3月25日). https://theriver.jp/ww1984-postponed/ 2020年3月26日閲覧。 
  32. ^ “劇場閉鎖、米ユニバーサルは『透明人間』など公開中作品を異例のデジタル配信へ”. THE RIVER. (2020年3月17日). https://theriver.jp/universal-coronavirus-vod/ 2020年3月18日閲覧。 
  33. ^ “‘Birds of Prey’ Will Be Released on VOD Early”. Variety. (2020年3月16日). https://variety.com/2020/film/news/birds-of-prey-vod-early-coronavirus-1203535955/ 2020年3月18日閲覧。 
  34. ^ “Pixar’s ‘Onward’ Being Released Early on Digital and Disney Plus”. Variety. (2020年3月20日). https://variety.com/2020/film/news/onward-on-demand-1203540197/ 2020年3月22日閲覧。 
  35. ^ “Kumail Nanjiani & Issa Rae Comedy ‘The Lovebirds’ To Nest At Netflix”. Deadline.com. (2020年3月20日). https://deadline.com/2020/03/the-lovebirds-netflix-debut-coronavirus-paramount-1202842883/ 2020年3月22日閲覧。 
  36. ^ “SXSW、新型コロナの影響で開催中止 バーチャルでの実施を模索”. 映画.com. (2020年3月6日). https://eiga.com/news/20200307/8/ 2020年3月11日閲覧。 
  37. ^ “トライベッカ映画祭、開催延期を発表”. Mashupニューヨーク. (2020年3月12日). https://www.mashupreporter.com/tribeca-film-festival-postponed/ 2020年3月14日閲覧。 
  38. ^ “ハリウッドにも上陸したコロナパニック。公開延期、撮影中止、在宅勤務指示の現状況”. Yahoo!ニュース. (2020年3月13日). https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20200313-00167575/ 2020年3月14日閲覧。 
  39. ^ “米国の週末映画興収、20年ぶりの低記録に - 新型コロナウイルスの影響で客足遠のく、閉鎖の映画館も”. THE RIVER. (2020年3月16日). https://theriver.jp/us-bo-20-years-low/ 2020年3月17日閲覧。 
  40. ^ “Box Office: Weekend Revenue Hits 20-Year Low Amid Coronavirus Pandemic”. The Hollywood Reporter. (2020年3月15日). https://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-weekend-hits-20-year-low-coronavirus-pandemic-1284734 2020年3月17日閲覧。 
  41. ^ “週末の全米興収が激減…新型コロナで20年ぶりの低さ”. シネマトゥデイ. (2020年3月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114771 2020年3月18日閲覧。 
  42. ^ a b “北米の映画館約5,000館が休業、興行の96%が消失状態 - ディズニー&ユニバーサルが興収データ発表を見合わせ、ランキング集計不能か”. THE RIVER. (2020年3月21日). https://theriver.jp/us-5000-theaters-closed/ 2020年3月22日閲覧。 
  43. ^ Status Update On BoxOfficeMojo Amid COVID-19 Concerns”. Box Office Mojo (2020年3月17日). 2020年3月25日閲覧。
  44. ^ “週末の全米興収の発表なし…新型コロナによる映画館封鎖で”. シネマトゥデイ. (2020年3月24日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114905 2020年3月25日閲覧。 
  45. ^ “米国の週末映画興行収入、史上初の「報告なし」 ─ 映画館の大規模休業、スタジオ各社のデータ発表見合わせで”. THE RIVER. (2020年3月25日). https://theriver.jp/usbo-no-reporting/ 2020年3月26日閲覧。 
  46. ^ “全米最大の映画館チェーン、最長12週間の休業へ - 相次ぐ決定、計3,600館以上が閉鎖”. THE RIVER. (2020年3月17日). https://theriver.jp/amc-closing-covid19/ 2020年3月18日閲覧。 
  47. ^ “米映画館チェーン、大規模閉鎖に突入 ─ 国内第1位~第3位の企業がすべて休業、4,000館に影響”. THE RIVER. (2020年3月18日). https://theriver.jp/cinemark-closing-covid19/ 2020年3月19日閲覧。 
  48. ^ “ハリウッド、新型ウイルスによる損失額が2兆円に及ぶおそれ ─ 公開延期&撮影中断相次ぐ、NY・LAで全映画館閉鎖、専門機関がイベントの8週間延期を推奨”. THE RIVER. (2020年3月16日). https://theriver.jp/hollywood-covid19-2billion/ 2020年3月17日閲覧。 
  49. ^ “Hollywood Could Take $20 Billion Hit From Coronavirus Impact”. The Hollywood Reporter. (2020年3月13日). https://www.hollywoodreporter.com/news/hollywood-could-take-20-billion-hit-coronavirus-impact-1284582 2020年3月17日閲覧。 
  50. ^ “トム・ハンクスと妻が新型コロナウイルスに感染”. 映画.com. (2020年3月12日). https://eiga.com/news/20200312/10/ 2020年3月14日閲覧。 
  51. ^ “トム・ハンクスさんが謝意と現状報告、新型コロナ陽性で隔離中”. CNN. (2020年3月16日). https://www.cnn.co.jp/showbiz/35150888.html 2020年3月18日閲覧。 
  52. ^ “新型コロナ感染トム・ハンクス&リタ・ウィルソン夫妻、快復しアメリカに帰国”. シネマトゥデイ. (2020年3月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0115014 2020年3月29日閲覧。 
  53. ^ “トム・ハンクス夫妻、米国に帰国 滞在先の豪州で隔離生活”. サンケイスポーツ. (2020年3月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200328/geo20032815210033-n1.html 2020年3月29日閲覧。 
  54. ^ “『007』元ボンドガール、新型コロナウイルスに感染”. シネマトゥデイ. (2020年3月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114733 2020年3月17日閲覧。 
  55. ^ “イドリス・エルバも新型コロナウイルスに感染”. 映画.com. (2020年3月17日). https://eiga.com/news/20200317/12/ 2020年3月18日閲覧。 
  56. ^ “‘Game of Thrones’ Star Kristofer Hivju Tests Positive for Coronavirus”. Variety. (2020年3月16日). https://variety.com/2020/tv/news/game-of-thrones-star-kristofer-hivju-coronavirus-1203536037/ 2020年3月18日閲覧。 
  57. ^ “『ゲーム・オブ・スローンズ』俳優が新型コロナウイルス陽性”. フロントロウ. (2020年3月17日). https://front-row.jp/_ct/17349623 2020年3月18日閲覧。 
  58. ^ “'Frozen 2' Star Tests Positive, Shares Coronavirus Symptoms”. The Hollywood Reporter. (2020年3月18日). https://www.hollywoodreporter.com/news/frozen-2-voice-actress-rachel-matthews-tests-positive-coronavirus-1285063 2020年3月22日閲覧。 
  59. ^ “カンヌ国際映画祭が延期を発表”. 映画.com. (2020年3月20日). https://eiga.com/news/20200320/11/ 2020年3月22日閲覧。 
  60. ^ a b “「HAWAII FIVE-0」チン俳優、新型コロナ感染 アジア系への偏見と暴力止めるべきと訴え”. シネマトゥデイ. (2020年3月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114858 2020年3月22日閲覧。 
  61. ^ “Harvey Weinstein Tests Positive For Coronavirus In NY State Prison; Convicted Producer In Isolation”. Deadline.com. (2020年3月22日). https://deadline.com/2020/03/coronavirus-harvey-weinstein-positive-test-prision-1202889800/ 2020年3月25日閲覧。 
  62. ^ “ニューヨークで服役中のハーベイ・ワインスタインがコロナ感染”. 映画.com. (2020年3月24日). https://eiga.com/news/20200324/5/ 2020年3月25日閲覧。 
  63. ^ “ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告に禁錮23年 謝罪口にせず”. 映画.com. (2020年3月12日). https://eiga.com/news/20200312/13/ 2020年3月14日閲覧。 
  64. ^ “「キャッツ」ラジー賞で作品賞など最多6部門に、名誉挽回賞はエディ・マーフィ”. 映画ナタリー. (2020年3月17日). https://natalie.mu/eiga/news/371291 2020年3月18日閲覧。 
  65. ^ “最低映画の祭典「ラジー賞」新型コロナウイルスの影響で開催見送りへ”. THE RIVER. (2020年3月16日). https://theriver.jp/razzie-awards-canceled/ 2020年3月17日閲覧。 
  66. ^ “「映画秘宝」休刊へ 発行の洋泉社、宝島社と合併で解散”. 朝日新聞. (2019年12月18日). https://www.asahi.com/articles/ASMDL5W72MDLUCVL01P.html 2020年1月22日閲覧。 
  67. ^ “「映画秘宝」休刊号発売 2019年度ベスト&トホホ映画発表”. シネマトゥデイ. (2020年1月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113589 2020年1月22日閲覧。 
  68. ^ “1月休刊の「映画秘宝」、早くも復刊へ ファンの声受け”. 朝日新聞. (2020年3月25日). https://www.asahi.com/articles/ASN3T3RWYN3TUCVL007.html 2020年3月26日閲覧。 
  69. ^ “映画秘宝が復活!のん×塚本晋也×入江悠の「HIHO RETURNS」も公開”. 映画ナタリー. (2020年3月25日). https://natalie.mu/eiga/news/372527 2020年3月26日閲覧。 
  70. ^ “キネ旬ベストテン1位は「火口のふたり」「ジョーカー」、瀧内公美と池松壮亮が主演賞”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2020年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/365791 2020年2月12日閲覧。 
  71. ^ “荒井晴彦がキネ旬1位獲るも白石和彌、阪本順治に嫉妬?「演出と脚本教わる」”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2020年2月11日). https://natalie.mu/eiga/news/366795 2020年2月12日閲覧。 
  72. ^ “成田凌、シム・ウンギョンらが毎日映画コンクールに、RADWIMPSもそろって登場”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2020年2月13日). https://natalie.mu/eiga/news/366758 2020年2月14日閲覧。 
  73. ^ "『翔んで埼玉』武内監督「埼玉の方はマゾというか寛大」/ブルーリボン賞". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-02-19. 2020年2月19日閲覧
  74. ^ "「ジョーカー」が外国作品賞「社内でも物議あった」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2020-02-18. 2020年2月19日閲覧
  75. ^ “『映画しまじろう』公開予定前日に延期決定 新型コロナウイルスの影響”. シネマトゥデイ. (2020年2月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114392 2020年2月28日閲覧。 
  76. ^ “「映画ドラえもん のび太の新恐竜」新型コロナウイルスの影響で公開延期”. 映画ナタリー. (2020年2月27日). https://natalie.mu/eiga/news/368982 2020年2月28日閲覧。 
  77. ^ “『劇場版ウルトラマンタイガ』公開延期 新型肺炎の影響”. シネマトゥデイ. (2020年3月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114444 2020年3月4日閲覧。 
  78. ^ “ディズニー新作「2分の1の魔法」「ムーラン」、新型コロナウイルスの影響で公開延期”. 映画ナタリー. (2020年3月2日). https://natalie.mu/eiga/news/369437 2020年3月4日閲覧。 
  79. ^ “「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」公開が初夏に延期”. 映画ナタリー. (2020年3月3日). https://natalie.mu/eiga/news/369608 2020年3月4日閲覧。 
  80. ^ “R・ダウニー・Jr.主演「ドクター・ドリトル」新型コロナ対策のため公開延期”. 映画ナタリー. (2020年3月5日). https://natalie.mu/eiga/news/369910 2020年3月6日閲覧。 
  81. ^ “「ソニック・ザ・ムービー」3月27日の公開を延期”. 映画ナタリー. (2020年3月6日). https://natalie.mu/eiga/news/370103 2020年3月7日閲覧。 
  82. ^ “オダギリジョー出演『サタデー・フィクション』ほかロウ・イエ監督作が公開延期へ”. cinemacafe.net. (2020年3月12日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/03/12/66228.html 2020年3月14日閲覧。 
  83. ^ “欅坂46のドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実」公開延期が決定”. 映画ナタリー. (2020年3月12日). https://natalie.mu/eiga/news/370918 2020年3月14日閲覧。 
  84. ^ “日向坂46、初のドキュメンタリー映画が公開延期に”. 音楽ナタリー. (2020年3月12日). https://natalie.mu/music/news/370929 2020年3月14日閲覧。 
  85. ^ “「映画プリキュアミラクルリープ」公開延期が決定、キュアグレースが報告”. 映画ナタリー. (2020年3月14日). https://natalie.mu/eiga/news/371201 2020年3月15日閲覧。 
  86. ^ “『きかんしゃトーマス』公開延期 公開日は決まり次第発表”. シネマトゥデイ. (2020年3月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114748 2020年3月17日閲覧。 
  87. ^ a b c d e “新作公開延期、休館する映画館も……コロナウイルスによる日本映画界への影響”. 映画.com. (2020年2月28日). https://eiga.com/news/20200228/13/ 2020年2月28日閲覧。 
  88. ^ “「ブラック・ウィドウ」日本でも公開延期が決定、アメリカの発表受けて”. 映画ナタリー. (2020年3月18日). https://natalie.mu/eiga/news/371708 2020年3月19日閲覧。 
  89. ^ “「映画ドラえもん のび太の新恐竜」新公開日は8月7日、「STAND BY ME」続編は延期”. 映画ナタリー. (2020年3月19日). https://natalie.mu/eiga/news/371984 2020年3月22日閲覧。 
  90. ^ “「魔女見習いをさがして」制作上の都合で公開延期、年内の封切り目指す”. 映画ナタリー. (2020年3月19日). https://natalie.mu/eiga/news/371797 2020年3月22日閲覧。 
  91. ^ “「映画プリキュア」公開日が5月16日に再決定、劇場版24作品の無料配信も”. 映画ナタリー. (2020年3月20日). https://natalie.mu/eiga/news/372100 2020年3月22日閲覧。 
  92. ^ “「ミニオンズ」新作が公開延期、パリのスタジオは一時的に閉鎖”. 映画ナタリー. (2020年3月23日). https://natalie.mu/eiga/news/372312 2020年3月25日閲覧。 
  93. ^ “「ムーラン」公開が再度延期に”. 映画ナタリー. (2020年3月24日). https://natalie.mu/eiga/news/372478 2020年3月25日閲覧。 
  94. ^ “明日封切り予定だった「ハリエット」が公開延期”. 映画ナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/372889 2020年3月27日閲覧。 
  95. ^ “「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」最終章が4月25日に公開延期へ”. 映画ナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/372936 2020年3月27日閲覧。 
  96. ^ “ワン・ビン監督作「死霊魂」が6月27日に公開延期”. 映画ナタリー. (2020年3月27日). https://natalie.mu/eiga/news/372968 2020年3月29日閲覧。 
  97. ^ “「ワンダーウーマン 1984」の公開延期が決定”. 映画ナタリー. (2020年3月27日). https://natalie.mu/eiga/news/373070 2020年3月29日閲覧。 
  98. ^ “ベネディクト・カンバーバッチ主演「エジソンズ・ゲーム」が公開延期に”. 映画ナタリー. (2020年3月27日). https://natalie.mu/eiga/news/373097 2020年3月29日閲覧。 
  99. ^ “「ママやめ」コロナウイルス拡散防止のため公開日と同日にオンライン上映開始”. 映画ナタリー. (2020年2月28日). https://natalie.mu/eiga/news/369115 2020年2月28日閲覧。 
  100. ^ “新型コロナウイルスの影響により、新作映画をインターネットで有料配信”. ENCOUNT. (2020年3月13日). https://encount.press/archives/31469/ 2020年3月14日閲覧。 
  101. ^ “渋谷Bunkamura、新型コロナウィルスの影響で映画&公演&展覧会など中止へ”. cinemacafe.net. (2020年2月27日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/02/27/66004.html 2020年2月28日閲覧。 
  102. ^ “TOHOシネマズがチケット払い戻しを実施 新型コロナウィルス感染拡大を考慮”. cinemacafe.net. (2020年2月27日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/02/27/66010.html 2020年2月28日閲覧。 
  103. ^ “新型コロナ影響で映画チケット払い戻し。シネマサンシャインやTOHOシネマズなど”. AV Watch. (2020年2月28日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1237659.html 2020年2月28日閲覧。 
  104. ^ “新型コロナウイルスに直面した映画館の対応は? チケット払い戻し&休館情報”. 映画.com. (2020年3月1日). https://eiga.com/news/20200301/7/ 2020年3月4日閲覧。 
  105. ^ “【新型コロナウイルス】映画館のチケット払い戻し&休館&公開延期作品情報”. 映画.com. https://eiga.com/info/notice/theater-covid-19/ 2020年3月4日閲覧。 
  106. ^ a b “新型コロナ感染拡大防止への映画館対応。入場制限や座席間隔空けての販売も”. AV Watch. (2020年3月5日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1238922.html 2020年3月6日閲覧。 
  107. ^ “お知らせ”. シネマサンシャイン. (2020年3月4日). https://www.cinemasunshine.co.jp/news/1138.php 2020年3月6日閲覧。 
  108. ^ “3月7日(土)営業再開のご案内”. シネマサンシャイン. (2020年3月6日). https://www.cinemasunshine.co.jp/theater/shimonoseki/news/1147.php 2020年3月7日閲覧。 
  109. ^ イオンシネマ 9 劇場 臨時休業のお知らせ”. イオンシネマ (2020年3月5日). 2020年3月6日閲覧。
  110. ^ “イオンシネマ9劇場休業へ…座間はオープン延期”. 読売新聞. (2020年3月5日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20200305-OYT1T50267/ 2020年3月6日閲覧。 
  111. ^ 「イオンシネマ座間」グランドオープンのお知らせ”. イオンシネマ (2020年3月24日). 2020年3月25日閲覧。
  112. ^ “東京都内のTOHOシネマズが今週末の営業休止、外出自粛要請に伴い”. 映画ナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/372835 2020年3月27日閲覧。 
  113. ^ “TOHOシネマズ、松竹マルチプレックスシアターズ、佐々木興業が今週末の東京・神奈川の営業を休止”. 映画.com. (2020年3月26日). https://eiga.com/news/20200326/14/ 2020年3月29日閲覧。 
  114. ^ “都内劇場、今週末は軒並み営業休止に…大手シネコンやミニシアター各館が発表”. 映画ナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/372911 2020年3月27日閲覧。 
  115. ^ “首都圏TSUTAYA「返却は無理をなさらぬよう」 外出自粛要請うけ追加料金なしの対応”. シネマトゥデイ. (2020年3月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114985 2020年3月29日閲覧。 
  116. ^ “今年の沖縄国際映画祭は内容を縮小し開催…過去11回の映画祭を振り返るパネル展などを実施”. Movie Walker. (2020年2月27日). https://movie.walkerplus.com/news/article/224809/ 2020年2月28日閲覧。 
  117. ^ “受賞作など62本、初の上映中止 新型コロナで高崎映画祭”. 産経新聞. (2020年3月13日). https://www.sankei.com/life/news/200313/lif2003130088-n1.html 2020年3月14日閲覧。 
  118. ^ “ディズニー 映画「2分の1の魔法」試写会中止 新型コロナウイルス感染拡大のため”. スポニチ Sponichi Annex. (2020年2月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/21/kiji/20200221s00041000336000c.html 2020年2月28日閲覧。 
  119. ^ 「仮面病棟」公開記念舞台挨拶の中止に関するお知らせ”. LINE BLOG (2020年2月27日). 2020年2月28日閲覧。
  120. ^ ““新型コロナ”映画ウルトラマンタイガも無観客で舞台あいさつ 新世代ヒーロー集結も寂しすぎる…”. 中日スポーツ. (2020年2月27日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020022702100091.html 2020年2月28日閲覧。 
  121. ^ “志村けん、新型コロナ陽性で入院中と発表「回復に全力で努めております」 感染経路は不明”. ORICON NEWS. (2020年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2158267/full/ 2020年3月26日閲覧。 
  122. ^ “Japan’s Ken Shimura Infected by Coronavirus, ‘God of Cinema’ Filming Halted”. Variety. (2020年3月24日). https://variety.com/2020/film/asia/japan-ken-shimura-coronavirus-god-of-cinema-filming-halted-1203544266/ 2020年3月26日閲覧。 
  123. ^ “志村けんが初主演映画「キネマの神様」出演を辞退、新型コロナ陽性受け”. 映画ナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/eiga/news/372925 2020年3月27日閲覧。 
  124. ^ “【日本アカデミー賞全リスト】作品賞は「新聞記者」に、「キングダム」が最多受賞”. 映画ナタリー. (2020年3月6日). https://natalie.mu/eiga/news/370145 2020年3月7日閲覧。 
  125. ^ “日本アカデミー賞、一般観覧取り止め 規模縮小で開催”. シネマトゥデイ. (2020年2月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114373 2020年2月28日閲覧。 
  126. ^ "上原正三さん死去". アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2020-01-09. 2020年1月9日閲覧
  127. ^ "Addio alla scrittrice Lorenza Mazzetti". ANSA. Agenzia Nazionale Stampa Associata. 2020-01-05. p. 1. 2020年1月5日閲覧
  128. ^ "B・ヘンリーさん死去 映画「卒業」の米脚本家". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-09. 2020年1月9日閲覧
  129. ^ "小林旭の妻、元女優・青山京子さん死去、84歳". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-16. 2020年1月16日閲覧
  130. ^ ""エースのジョー"宍戸錠さん死去、86歳 「渡り鳥」「流れ者」シリーズ敵役で人気". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-01-21. 2020年1月21日閲覧
  131. ^ “死因は虚血性心疾患 俳優の宍戸錠さん”. 産経ニュース. 産経デジタル. (2020年1月23日). https://www.sankei.com/life/news/200123/lif2001230050-n1.html 2020年1月24日閲覧。 
  132. ^ "女優の原知佐子さん死去 「赤いシリーズ」「シン・ゴジラ」など出演". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-20. 2020年1月20日閲覧
  133. ^ "上野隆三氏死去、「仁義なき戦い」「水戸黄門」などの殺陣師". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-21. 2020年1月21日閲覧
  134. ^ "英「モンティ・パイソン」のT・ジョーンズ氏が死去、77歳". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-01-22. 2020年1月23日閲覧
  135. ^ "歌手の梓みちよさん死去「こんにちは赤ちゃん」". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2020-02-03. 2020年2月4日閲覧
  136. ^ "直木賞作家・藤田宜永さん死去…69歳、右下葉肺腺がんで 妻は小池真理子さん". スポーツ報知. 報知新聞社. 2020-01-30. 2020年1月30日閲覧
  137. ^ "俳優の内田勝正さん死去 75歳 「水戸黄門」「暴れん坊将軍」出演". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-02-05. 2020年2月5日閲覧
  138. ^ "ハリウッド黄金期の名優カーク・ダグラスさん死去、103歳…日本とも深い関係、コーヒーCMでも有名に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-02-07. 2020年2月7日閲覧
  139. ^ “声優の佐野康之が49歳で死去、堀内賢雄が追悼「愛くるしい笑顔が忘れられません」”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ. (2020年2月9日). https://natalie.mu/eiga/news/366587 2020年2月10日閲覧。 
  140. ^ “イ・ギュヒョン監督、今月7日に持病により死去、1980年代の青春映画の立役者”. WoW!Korea. エイアイエスイー株式会社. (2020年2月8日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0208/10251007.html 2020年2月12日閲覧。 
  141. ^ “「鬼龍院花子の生涯」「極妻」名プロデューサー、日下部五朗さん死去”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年2月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/18/kiji/20200217s00041000404000c.html 2020年2月18日閲覧。 
  142. ^ "Robert Conrad of 'The Wild Wild West' dead at 84". Cable News Network (英語). Warner Media, LLC. 2020-02-09. 2020年2月9日閲覧
  143. ^ "俳優、坂口芳貞氏が死去 モーガン・フリーマンさんら海外俳優の吹き替えなど". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-02-14. 2020年2月14日閲覧
  144. ^ "トニー賞女優、コールドウェルさん死去 オーストラリア出身". 産経ニュース. 産経デジタル. 2020-02-19. 2020年2月20日閲覧
  145. ^ "作家・池上司さん、交通事故で死去していた 60歳「雷撃深度一九・五」など". スポーツ報知. 報知新聞社. 2020-03-16. 2020年3月16日閲覧
  146. ^ "「内向の世代」の作家 古井由吉さん死去 82歳「杳子」で芥川賞、「栖」「白髪の唄」". デジタル毎日. 毎日新聞社. 2020-02-27. 2020年2月28日閲覧
  147. ^ "「お茶の水博士」声優・勝田久さん死去 92歳、老衰". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-02-23. 2020年2月23日閲覧
  148. ^ "オートバイ事故死の声優、追い越し直後に側壁衝突…「コナン」などに出演". Yomiuri ONLINE. 読売新聞社. 2020-02-24. 2020年2月24日閲覧
  149. ^ "撮影監督の仙元誠三さん死去、81歳…松田優作さん主演「蘇える金狼」などで活躍". スポーツ報知. 報知新聞社. 2020-03-05. 2020年3月5日閲覧
  150. ^ "名司会者のJ・リプトンさん死去". 共同通信. 株式会社共同通信社. 2020-03-03. 2020年3月3日閲覧
  151. ^ "作家の勝目梓氏が死去". 産経ニュース. 産経デジタル社. 2020-03-08. 2020年3月3日閲覧
  152. ^ “The Boys in the Band Playwright Mart Crowley Dies at 84” (英語). Playbill. Total Theater. (2020年3月9日). https://www.playbill.com/article/the-boys-in-the-band-playwright-mart-crowley-dies-at-84 2020年3月10日閲覧。 
  153. ^ "俳優マックス・フォン・シドー氏死去、90歳 多くのベルイマン作品、「エクソシスト」など出演". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-03-09. 2020年3月10日閲覧
  154. ^ "トークショーの永遠の星」よさらば…ジョニー・ユン死去、享年84歳". エンタメコリア. 朝鮮日報社. 2020-03-10. 2020年3月23日閲覧
  155. ^ “声優・仲西環さん死去 44歳 「蒼穹のファフナー」皆城乙姫役など” (日本語). Oricon News. オリコン. (2020年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2157659/full/ 2020年3月23日閲覧。 
  156. ^ "シンエイ動画名誉会長・楠部三吉郎氏 多発肝転移により82歳で死去 ドラえもん、クレヨンしんちゃんなど". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-03-26. 2020年3月26日閲覧
  157. ^ "女優、宮城まり子さん死去 93歳 養護施設「ねむの木学園」運営". デジタル毎日. 毎日新聞社. 2020-03-23. 2020年3月23日閲覧
  158. ^ "声優の増岡弘さんが死去、83歳 マスオ&ジャムおじさん役など". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020-03-26. 2020年3月26日閲覧
  159. ^ "米俳優マーク・ブラムさん、新型コロナ感染で死去". 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2020-03-27. 2020年3月27日閲覧
  160. ^ "志村けんさん死去 コロナ肺炎 70歳 持病なし". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2020-03-30. 2020年3月30日閲覧