2020年の東京ヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年の東京ヤクルトスワローズ
成績
本拠地
都市 東京都新宿区
球場 明治神宮野球場
Meiji Jingu Stadium 2016.jpg
球団組織
オーナー 根岸孝成
経営母体 ヤクルト本社
監督 高津臣吾
« 2019

2020年の東京ヤクルトスワローズでは、2020年シーズンについての東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。

このシーズンの東京ヤクルトスワローズは、高津臣吾監督の1年目のシーズンである。

開幕前[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
11 奥川恭伸 星稜高等学校 ドラフト1位 25 館山昌平 楽天二軍投手コーチ
28 吉田大喜 日本体育大学 ドラフト2位 35 寺原隼人 琉球ブルーオーシャンズコーチ
35 杉山晃基 創価大学 ドラフト3位 43 村中恭兵
44 大西広樹 大阪商業大学 ドラフト4位 44 岩橋慶侍
90 長谷川宙輝 福岡ソフトバンクホークス育成 自由契約 45 ハフ
今野龍太 東北楽天ゴールデンイーグルス 自由契約 58 屋宜照悟 阪神タイガース打撃投手[1]
90 沼田拓巳 琉球ブルーオーシャンズ
捕手
45 嶋基宏 東北楽天ゴールデンイーグルス 自由契約 69 山川晃司
内野手
2 エスコバー アメリカ合衆国の旗 ホワイトソックス傘下AAA 新外国人 2 大引啓次
58 長岡秀樹 八千代松陰高等学校 ドラフト5位 33 畠山和洋 二軍打撃コーチ
60 武岡龍世 八戸学院光星高等学校 ドラフト6位 60 三輪正義
外野手
4 バレンティン

[2][3]

選手・スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ヤクルト戦力外の屋宜が引退 来季阪神の打撃投手”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年11月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911290000886.html 2019年11月30日閲覧。 
  2. ^ 2019年度NPB公示 NPBHP
  3. ^ ニュース 東京ヤクルトスワローズ公式HP

関連項目[編集]