2020年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年の阪神タイガース
成績
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場 阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2009 (2).jpg
球団組織
オーナー 藤原崇起
経営母体 阪神電気鉄道
監督 矢野燿大
« 2019

2020年の阪神タイガースでは、2020年シーズンについての阪神タイガースの動向をまとめる。

このシーズンの阪神タイガースは、矢野燿大監督の2年目のシーズンである。

開幕前[編集]

新たに井上一樹を一軍打撃コーチ[1]北川博敏を二軍打撃コーチにそれぞれ招聘[2][3]

無償トレード福岡ソフトバンクホークスから中田賢一を獲得[4]。ソフトバンクから自由契約となっていたロベルト・スアレスを獲得した他[5]、新外国人としてマイアミ・マーリンズ傘下AAAのジョー・ガンケル[6]クリーブランド・インディアンス傘下AAAジョン・エドワーズ[7]ロサンゼルス・エンゼルスジャスティン・ボーア[8]KBOキウム・ヒーローズジェリー・サンズを獲得した[9]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
15 西純矢 創志学園高 ドラフト1位 13 岡本洋介 球団プロスカウト
20 中田賢一 福岡ソフトバンクホークス 無償トレード 41 高橋聡文 引退
37 及川雅貴 横浜高 ドラフト3位 52 ジョンソン アメリカ合衆国の旗 パドレス
42 エドワーズ アメリカ合衆国の旗 AAAコロンバス 新外国人 54 メッセンジャー 引退
49 ガンケル アメリカ合衆国の旗 AAAニューオーリンズ 新外国人 66 牧丈一郎 育成再契約
66 小川一平 東海大学九州キャンパス ドラフト6位 97 歳内宏明 四国IL香川
75 スアレス 福岡ソフトバンクホークス 自由契約 98 ドリス アメリカ合衆国の旗 ブルージェイズ
捕手
59 藤田健斗 中京学院大中京高 ドラフト5位 59 小宮山慎二 球団ブルペン捕手
内野手
41 ボーア アメリカ合衆国の旗 エンゼルス 新外国人 1 鳥谷敬
45 遠藤成 東海大相模高 ドラフト4位 32 山崎憲晴 球団スコアラー
37 森越祐人 埼玉西武ライオンズ
42 ソラーテ アメリカ合衆国の旗 AAAグウィネット
99 ナバーロ
外野手
32 井上広大 履正社高 ドラフト2位
52 サンズ 大韓民国の旗 キウム 新外国人
育成選手[注 1]
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
115 横山雄哉 育成選手 再契約 115 横山雄哉 再契約
126 牧丈一郎 支配下選手 再契約
内野手
125 藤谷洸介 育成選手 再契約 125 藤谷洸介 再契約
外野手
127 小野寺暖 大阪商業大学 育成ドラフト1位 124 横田慎太郎
128 奥山皓太 静岡大学 育成ドラフト2位

[10][11]

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更

試合予定[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
2020年 レギュラーシーズン

達成記録・出来事[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 支配下選手登録経験者は1年間、未経験者は3年間支配下登録されない場合、自動的に自由契約となる。

出典[編集]

関連項目[編集]