2020年東京オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東京2020オリンピック競技大会
第32回オリンピック競技大会
Jeux de la XXXIIe olympiade
Games of the XXXII Olympiad
New national stadium tokyo 1.jpg
2020 Summer Olympics text logo.svg
開催都市 日本の旗 日本 東京都
参加国・地域数 205(予定)
参加人数 12,000人以上(予定)
競技種目数 非追加種目 28競技321種目1エキシビション
追加種目 5競技18種目
合計 33競技339種目1エキシビション
開会式 2021年7月23日
閉会式 2021年8月8日
主競技場 オリンピックスタジアム
夏季
冬季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

東京2020オリンピック競技大会(とうきょうニーゼロニーゼロオリンピックきょうぎたいかい[注釈 1]TOKYO 2020)は、2021年令和3年)7月23日から8月8日までの17日間、日本東京都で開催される予定のオリンピック競技大会である[1]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて、2020年夏の開催日程から1年延期となった。大会延期により開催年は変わるが「東京2020」の名称に変更はない[2]

一般的には東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪(とうきょうごりん)と略称される。なお、公用文では第三十二回オリンピック競技大会(だいさんじゅうにかいオリンピックきょうぎたいかい)の表記も用いられている[3]

2013年9月の第125次IOC総会開催都市が東京に決定した。東京での開催は、1964年大会以来、57年ぶりとなる。大会組織委員会は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)。

参加国・地域[編集]

2020年3月12日の時点で、以下の153か国・地域の国内オリンピック委員会 (NOC) が出場資格を得ている(ただし、ユニバーサリティ出場枠を通して、出場資格にかかわらず競技者を派遣することができる陸上競技および水泳競技の参加資格未取得競技者を有するのみのNOCを除く)。

2020年東京オリンピックの参加国・地域(アルファベット順)

開会式の入場行進の順番については、50音順(あいうえお順)で実施されることとなった(2020年10月29日、各国、地域オリンピック委員会 (NOC)通達)。日本で過去に開催された1964年東京オリンピック1972年札幌オリンピック1998年長野オリンピックはいずれもアルファベット順で実施しており、50音順は初となる。

開会式[編集]

入場の先頭は慣例によりオリンピック発祥地のギリシャ、最後部は日本、その前がホスト国に内定しているフランス(2024年パリ大会)、米国(2028年ロサンゼルス大会)で、その他の国が50音順の並びになる。今回のテレビ放送では日本人選手名のローマ字表記を「名・姓」でなく、日本語表記と同じ「姓・名」に変更することも決まっている[7]

実施競技[編集]

2020年東京オリンピックでは、33競技339種目が実施される[8]。うち、非追加種目が28競技321種目、開催地の組織委員会提案の追加種目は5競技18種目となっている[8]。非追加種目はオリンピック憲章で定められた上限310種目を11種目上回った。下記の情報は2017年6月現在[8]。括弧内の数字は種目数、★は東京五輪における追加種目を含む競技、並びは競技名のアルファベット順。

実施競技の見直し[編集]

2020年夏季五輪においては実施競技について見直しが行われた。

2013年[編集]

  • 2月12日 - IOCは2012年のロンドンで実施された26競技のうち、レスリングを除く25競技を「中核競技[注釈 4]」として位置付けた。その上で、2020年夏季五輪においては「中核競技」25競技と2016年リオデジャネイロ五輪で追加される2競技を併せた27競技を実施するものとし、レスリングを実施競技から除外する勧告を行った[9]
  • 5月22日 - カナダケベックシティで行われたIOC理事会において、フィリップ・ボビIOCスポーツ局長が2020年大会での実施競技の選考過程を発表した。
  • 5月29日 - IOC理事会において、2月の理事会で除外されたレスリングと新たな候補競技7競技(野球ソフトボール空手ローラースポーツスカッシュウェークボード武術太極拳スポーツクライミング)の計8競技から、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュを選出。
  • 9月8日 - 開催都市決定の翌日。アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる第125次IOC総会において、5月29日の理事会で選出された3競技からIOC委員による投票で、追加する1競技がレスリングに決定した[10]

2015年[編集]

  • 9月28日 - スカッシュ、ボウリング、武術太極拳以外の、5競技18種目のIOCへの提案が決定される。それぞれ、野球・ソフトボールは野球(男子)、ソフトボール(女子)。空手は組手3階級(男女)、形(男女)。ローラースポーツはスケートボードストリート(男女)、スケートボードパーク(男女)。スポーツクライミングはボルダリング・リード・スピード複合(男女)、サーフィンショートボード(男女)[12]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

開催日程[編集]

2020年3月24日現在、公式サイトでは未定だとしている[16][17]


OC 開会式 予選 1 決勝 EG エキシビション CC 閉会式
2021年7月 / 8月 21
(水)
22
(木)
23
(金)
24
()
25
()
26
(月)
27
(火)
28
(水)
39
(木)
30
(金)
31
()
1
()
2
(月)
3
(火)
4
(水)
5
(木)
6
(金)
7
()
8
()
種目数
Olympic Rings Icon.svg 式典 OC CC
Archery pictogram.svg アーチェリー 1 1 1 1 1 5
Athletics pictogram.svg 陸上競技 2 3 5 5 6 5 7 7 7 1 48
Badminton pictogram.svg バドミントン 1 1 1 2 5
バスケットボール Basketball pictogram.svg バスケットボール 1 1 4
3x3 basketball pictogram.svg 3×3 2
Boxing pictogram.svg ボクシング 2 1 1 1 4 4 13
カヌー Canoeing (slalom) pictogram.svg スラローム 1 1 1 1 16
Canoeing (flatwater) pictogram.svg スプリント 4 4 4
自転車競技 Cycling (road) pictogram.svg ロード 1 1 2 22
Cycling (track) pictogram.svg トラック 1 2 1 2 2 1 3
Cycling (BMX) pictogram.svg BMX 2 2
Cycling (mountain biking) pictogram.svg マウンテンバイク 1 1
Equestrian pictogram.svg 馬術 1 1 2 1 1 6
Fencing pictogram.svg フェンシング 2 2 2 1 1 1 1 1 1 12
Field hockey pictogram.svg ホッケー 1 1 2
Football pictogram.svg サッカー 1 1 2
Golf pictogram.svg ゴルフ 1 1 2
体操 Gymnastics (artistic) pictogram.svg 体操競技 1 1 1 1 4 3 3 EG 18
Gymnastics (rhythmic) pictogram.svg 新体操 1 1
Gymnastics (trampoline) pictogram.svg トランポリン 1 1
Handball pictogram.svg ハンドボール 1 1 2
Judo pictogram.svg 柔道 2 2 2 2 2 2 2 1 15
Karate pictogram.svg 空手 3 3 2 8
Modern pentathlon pictogram.svg 近代五種 1 1 2
Rowing pictogram.svg ボート 2 4 4 4 14
Rugby union pictogram.svg ラグビー Rugby sevens pictogram.svg 7人制ラグビー 1 1 2
Sailing pictogram.svg セーリング 2 2 2 2 2 10
Shooting pictogram.svg 射撃 2 2 2 2 2 1 2 2 15
Skating pictogram.svg ローラースポーツ Skateboarding pictogram.svg スケートボード 1 1 1 1 4
野球ソフトボール Baseball pictogram.svg 野球 1 1
Softball pictogram.svg ソフトボール 1 1
Climbing pictogram.svg スポーツクライミング 1 1 2
Surfing pictogram.svg サーフィン 2 2
水泳 Diving pictogram.svg 飛込 1 1 1 1 1 1 1 1 8
Swimming pictogram.svg 競泳 4 4 4 5 5 4 4 5 1 1 37
Synchronized swimming pictogram.svg アーティスティックスイミング 1 1 2
Water polo pictogram.svg 水球 1 1 2
Table tennis pictogram.svg 卓球 1 1 1 1 1 5
Taekwondo pictogram.svg テコンドー 2 2 2 2 8
Tennis pictogram.svg テニス 1 1 3 5
Triathlon pictogram.svg トライアスロン 1 1 1 3
バレーボール Volleyball (beach) pictogram.svg ビーチバレー 1 1 4
Volleyball (indoor) pictogram.svg バレーボール 1 1
Weightlifting pictogram.svg ウエイトリフティング 1 2 1 2 1 2 1 2 1 1 14
Wrestling pictogram.svg レスリング 3 3 3 3 3 3 18
決勝数 11 18 21 22 23 17 22 19 26 22 24 17 28 22 34 13 339
累計 11 29 50 72 95 112 134 153 179 201 225 242 270 292 326 339
2020年開催時の計画 7月 / 8月 22
(水)
23
(木)
24
(金)
25
()
26
()
27
(月)
28
(火)
29
(水)
30
(木)
31
(金)
1
()
2
()
3
(月)
4
(火)
5
(水)
6
(木)
7
(金)
8
()
9
()
種目数
2021年7月 / 8月 21
(水)
22
(木)
23
(金)
24
()
25
()
26
(月)
27
(火)
28
(水)
39
(木)
30
(金)
31
()
1
()
2
(月)
3
(火)
4
(水)
5
(木)
6
(金)
7
()
8
()

放送事業者[編集]

アメリカ国内ではNBCがソチオリンピックから今大会までの4大会分の放映権を43億3000万ドルで獲得した[18]

ヨーロッパではディスカバリー・コミュニケーションズ平昌オリンピックからパリオリンピックまで、本大会を含む4大会分の欧州向け放映権を13億ユーロで獲得した[19][20]

以下は、現在[いつ?]までに確定した放送事業者である。

^1 – 22カ国の放送事業者に販売する権利。
^2 – フランスとロシアを除く。
^3クック諸島フィジーキリバスマーシャル諸島ミクロネシアナウルニウエパラオサモアソロモン諸島トンガツバルバヌアツにおける権利。

東京国際展示場が報道陣向けのプレスセンターとして使用される。

スポンサー[編集]

一業種1社を原則とするが、国際オリンピック委員会(IOC)と協議して特例で2社共存したスポンサー[46] や、複数で共存したスポンサー[47][48]もある。

2020年夏季オリンピックのスポンサー
位置づけ 企業
ワールドワイドオリンピックパートナー
ゴールドパートナー
オフィシャルパートナー
オフィシャルサポーター

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では2020部分を「ニーゼロニーゼロ」と呼称している。
  2. ^ 2020年3月22日、カナダは2020年東京オリンピックが予定通りのスケジュールで開催される場合、選手団を派遣しないことを表明した[4]
  3. ^ 2021年4月5日、新型コロナウイルスから選手を守るため不参加を表明した[5][6]
  4. ^ 「中核競技」とはIOCが実施競技選定に導入した新方式で、25競技を(特別な事情がない限り)固定化するというもの。実施競技の上限は28競技とし、中核競技以外に五輪活性化のための実施競技入れ替えが大会ごとの追加枠で採用される「その他の競技」がある。

出典[編集]

  1. ^ 東京五輪、21年7月23日〜8月8日開催へ 日本経済新聞 (2020年3月30日)
  2. ^ 東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持”. BBC NEWS (2020年3月24日). 2020年3月25日閲覧。
  3. ^ 第三十二回オリンピック競技大会及び第十六回パラリンピック競技大会東京招致に関する決議”. shugiin.go.jp. 衆議院. 2018年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月5日閲覧。
  4. ^ Team Canada will not send athletes to Games in summer 2020 due to COVID-19 risks”. Canadian Olympic Committee (2020年3月22日). 2020年3月23日閲覧。
  5. ^ 주체110(2021)년 조선민주주의인민공화국 올림픽위원회 총회 진행”. 朝鮮体育 (2021年4月5日). 2021年4月6日閲覧。
  6. ^ 北朝鮮 東京オリンピック不参加の方針 新型コロナを理由に”. NHK (2021年4月6日). 2021年4月6日閲覧。
  7. ^ 2020年10月30日中日新聞朝刊24面
  8. ^ a b c d 東京2020オリンピック競技大会実施種目決定!”. tokyo2020.jp. TOCOG (2017年6月10日). 2018年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  9. ^ “IOC理事会、レスリング除外を勧告 2020年五輪から”. CNN.co.jp (タイムワーナー). (2013年2月13日). オリジナルの2013年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130216052308/http://www.cnn.co.jp/showbiz/35028152.html 2014年8月7日閲覧。 
  10. ^ レスリングがオリンピック競技存続へ、2020・24年大会で実施…IOC総会”. 日本レスリング協会 (2013年9月9日). 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  11. ^ “東京五輪:応募26競技から18連盟落選落胆「なぜ…」”. 毎日新聞. (出典提示者が配信日を未記載). オリジナルの2015年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150623050516/http://mainichi.jp/sports/news/20150623k0000m050089000c.html 2015年6月23日閲覧。 
  12. ^ ニュース 2015年09月28日 5競技、18種目を東京2020大会の追加種目としてIOCへ提案 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年9月29日アーカイブ分)
  13. ^ 134th IOC Session, Day 3, part 1 (YouTube). IOCチャンネル.. (2019年6月26日). https://www.youtube.com/watch?v=M8Nz9Ksca4w 2020年7月24日閲覧。 
  14. ^ 国際ウエイトリフティング連盟前会長の不正疑惑を認定 調査委”. NHK News Web (2020年6月5日). 2020年6月25日閲覧。
  15. ^ 現実味を増す ウエイトリフティングの東京五輪からの除外”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2020年6月12日). 2020年6月25日閲覧。
  16. ^ オリンピック競技スケジュール”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2020年3月24日). 2020年5月9日閲覧。
  17. ^ 延期の東京五輪、来年7月23日に開会式…IOC臨時理事会で承認”. 日本: 読売新聞オンライン (2020年3月30日). 2020年5月9日閲覧。
  18. ^ McCarthy, Michael (2011年6月7日). “NBC wins U.S. TV rights to four Olympic Games through 2020”. USA Today. オリジナルの2013年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130205125129/http://content.usatoday.com/communities/gameon/post/2011/06/olympic-tv-decision-between-nbc-espn-and-fox-could-come-down-today/1 2016年4月27日閲覧。 
  19. ^ Discovery Lands European Olympic Rights Through ’24”. Sports Business Journal. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  20. ^ BBC dealt another blow after losing control of TV rights for Olympics”. The Guardian. 2016年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月30日閲覧。
  21. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Asia”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年7月29日). オリジナルの2015年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150730224534/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-asia/246644 2015年7月29日閲覧。 
  22. ^ “Seven Network reclaims rights to broadcast Summer Olympics in Rio de Janeiro in 2016 and Tokyo in 2020”. News.com.au. (2014年7月9日). オリジナルの2015年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150416024041/http://www.news.com.au/national/seven-network-reclaims-rights-to-broadcast-summer-olympics-in-rio-de-janeiro-in-2016-and-tokyo-in-2020/story-e6frfkp9-1226982287383 2014年7月9日閲覧。 
  23. ^ Pavitt, Michael (2016年6月13日). “Austrian broadcaster ORF agree deal for Pyeongchang 2018 and Tokyo 2020”. inside the games. オリジナルの2016年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160624060744/http://www.insidethegames.biz/index.php/articles/1038424/austrian-broadcaster-orf-agree-deal-for-pyeongchang-2018-and-tokyo-2020 2016年6月13日閲覧。 
  24. ^ “IOC reaches agreement for broadcast rights in Brazil with Grupo Globo through to 2032”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年12月10日). オリジナルの2015年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151213030204/http://www.olympic.org/news/ioc-reaches-agreement-for-broadcast-rights-in-brazil-with-grupo-globo-through-to-2032/247620 2015年12月10日閲覧。 
  25. ^ “IOC awards 2018-2020 broadcast rights in Canada”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年10月28日). オリジナルの2016年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160108195519/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2020-broadcast-rights-in-canada/240130 2014年10月29日閲覧。 
  26. ^ “CBC Joins with Bell, Rogers to Deliver 2018, 2020 Olympics”. sportscastermagazine. (2014年10月28日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304100120/http://www.sportscastermagazine.ca/on-air/cbc-joins-with-bell-rogers-to-deliver-2018-2020-olympics/1003321703/ 2014年10月28日閲覧。 
  27. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in China”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年12月4日). オリジナルの2014年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141207112230/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-china/241891 2014年12月4日閲覧。 
  28. ^ Lloyd, Tom (2016年6月2日). “Discovery sign Croatian and Irish Olympic deals”. SportsPro. オリジナルの2016年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160630221050/http://www.sportspromedia.com/news/discovery_sign_croatian_and_irish_olympic_deals 2016年6月2日閲覧。 
  29. ^ Polák, Lukáš (2016年5月9日). “Olympiáda zůstane neplacená, práva od Discovery získala Česká televize” (Czech). Digitální rádio (rozhlas.cz). オリジナルの2016年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160530040246/http://www.rozhlas.cz/digital/televize/_zprava/olympiada-zustane-neplacena-prava-od-discovery-ziskala-ceska-televize--1611542 2016年5月9日閲覧。 
  30. ^ Morgan, Liam (2016年5月9日). “Discovery Communications sign broadcast deal with Česká Televize for Pyeongchang 2018 and Tokyo 2020”. inside the games. オリジナルの2016年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160613101133/http://www.insidethegames.biz/articles/1037288/discovery-communications-sign-broadcast-deal-with-ceska-televize-for-pyeongchang-2018-and-tokyo-2020 2016年5月10日閲覧。 
  31. ^ “IOC awards all TV and multiplatform broadcast rights in Europe to Discovery and Eurosport for 2018-2024 Olympic Games”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年6月29日). オリジナルの2015年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150701075438/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-all-tv-and-multiplatform-broadcast-rights-in-europe-to-discovery-and-eurosport-for-2018-2024-olympic-games/246462 2015年6月29日閲覧。 
  32. ^ Lloyd, Tom (2016年4月21日). “Finnish broadcaster in Discovery Olympics deal”. SportsPro. オリジナルの2016年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161004204833/http://www.sportspromedia.com/news/finnish_broadcaster_in_discovery_olympics_deal 2016年4月22日閲覧。 
  33. ^ “IOC awards TV rights in Germany, Korea, France”. USA Today. (2011年7月5日). http://www.usatoday.com/sports/olympics/2011-07-04-216502944_x.htm 2012年3月27日閲覧。 
  34. ^ Kennedy, Mike (2015年6月16日). “France Télévisions in Canal Plus sub-licensing deal”. SportsPro. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304111826/http://www.sportspromedia.com/news/france_televisions_in_canal_plus_sub_licensing_deal 2015年6月17日閲覧。 
  35. ^ “Hungarian Public Television Agrees Deal To Broadcast Summer And Winter Olympics Until 2024”. Hungary today (hungarytoday.hu). (2016年6月20日). オリジナルの2016年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160621110355/http://hungarytoday.hu/news/hungarian-public-television-broadcast-summer-winter-olympics-2024 2016年6月20日閲覧。 
  36. ^ “RTÉ secures rights for Tokyo 2020 Olympic Games”. RTÉ. (2016年6月2日). オリジナルの2016年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160605122007/http://www.rte.ie/sport/olympics/2016/0602/792722-rte-secures-rights-for-tokyo-2020-olympic-games/ 2016年6月2日閲覧。 
  37. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Japan”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年6月19日). オリジナルの2014年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140626075710/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-japan/234015 2014年6月19日閲覧。 
  38. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Middle East and North Africa”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年7月27日). オリジナルの2015年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150730232308/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-middle-east-and-north-africa/246608 2015年7月27日閲覧。 
  39. ^ Emmett, James (2016年3月21日). “Dutch broadcaster follows BBC with Discovery Olympic deal”. SportsPro. オリジナルの2016年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160403060549/http://www.sportspromedia.com/news/dutch_broadcaster_follows_bbc_with_discovery_olympic_deal 2016年3月21日閲覧。 
  40. ^ a b “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in New Zealand and Pacific Island Territories”. Olympic.org. (2016年3月23日). オリジナルの2016年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160326114218/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-new-zealand-and-pacific-island-territories/248914 2016年3月23日閲覧。 
  41. ^ a b “IOC awards SBS broadcast rights for 2018, 2020, 2022 and 2024 Olympic Games”. Olympic.org. (2011年7月4日). オリジナルの2012年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120820030631/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-sbs-broadcast-rights-for-2018-2020-2022-and-2024-olympic-games/133017 2011年8月18日閲覧。 
  42. ^ “Discovery Communications Inc.:Swiss Viewers to Enjoy Enhanced Olympic Games Coverage Following New Discovery Communications and SRG SSR Agreement”. The Wall Street Transcript (twst.com). (2016年7月6日). オリジナルの2016年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160923134535/https://www.twst.com/update/discovery-communications-inc-swiss-viewers-to-enjoy-enhanced-olympic-games-coverage-following-new-discovery-communications-and-srg-ssr-agreement/ 2016年7月6日閲覧。 
  43. ^ “IOC awards broadcast rights in United Kingdom for 2014, 2016, 2018 and 2020 Olympic Games to the BBC”. Olympic.org. (2012年7月18日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304110358/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-broadcast-rights-in-united-kingdom-for-2014-2016-2018-and-2020-olympic-games-to-the-bbc/168427 2012年7月18日閲覧。 
  44. ^ “BBC & Discovery Communications Sign Long-Term Olympic Games Partnership”. Discovery Communications (corporate.discovery.com). (2016年2月3日). オリジナルの2016年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324014951/https://corporate.discovery.com/discovery-newsroom/bbc-discovery-communications-sign-long-term-olympic-games-partnership/ 2016年2月3日閲覧。 
  45. ^ “IOC awards US broadcast rights for 2014, 2016, 2018 and 2020 Olympic Games to NBCUniversal”. Olympic.org. (2011年6月7日). オリジナルの2012年5月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120525201409/http://www.olympic.org/media?articleid=130827&articlenewsgroup=-1 2011年6月8日閲覧。 
  46. ^ 東京五輪のエアラインのオフィシャルパートナーは異例の2社共存 アーカイブ 2016年2月2日 - ウェイバックマシン ニュースイッチ(日刊工業新聞 2015年6月16日)
  47. ^ a b c d e ニュース 2016年01月22日 株式会社読売新聞東京本社、株式会社朝日新聞社、株式会社日本経済新聞社及び株式会社毎日新聞社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2016年1月28日アーカイブ分)
  48. ^ a b c d KNT-CTホールディングス株式会社、株式会社ジェイティービー、東武トップツアーズ株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月11日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年3月31日
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m n ニュース 2015年01月27日 アサヒビール株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  50. ^ ニュース 2015年04月06日 株式会社アシックスとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  51. ^ ニュース 2015年02月18日 キヤノン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  52. ^ ニュース 2015年03月18日 JX日鉱日石エネルギー株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  53. ^ ニュース 2015年03月20日 東京海上日動火災保険株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  54. ^ ニュース 2015年03月20日 日本生命保険相互会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  55. ^ ニュース 2015年02月19日 NEC(日本電気株式会社)との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  56. ^ ニュース 2015年01月26日 日本電信電話株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  57. ^ ニュース 2015年03月25日 野村ホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  58. ^ ニュース 2015年02月19日 富士通株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  59. ^ a b ニュース 2015年04月14日 株式会社みずほフィナンシャルグループ及び株式会社三井住友フィナンシャルグループとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  60. ^ ニュース 2015年04月20日 三井不動産株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  61. ^ 三井不動産 13社目の東京オリンピック ゴールドパートナーに - 日本不動産野球連盟 2015年4月20日 - ウェイバックマシン(2018年2月28日アーカイブ分)
  62. ^ ニュース 2015年10月16日 株式会社 明治との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月21日アーカイブ分)
  63. ^ ニュース 2015年11月26日 株式会社LIXILとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年12月8日アーカイブ分)
  64. ^ 味の素株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月8日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年3月28日
  65. ^ アース製薬株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年10月27日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年10月27日
  66. ^ イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年7月17日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月5日
  67. ^ 株式会社エアウィーヴとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月27日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月27日
  68. ^ キッコーマン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月23日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月15日
  69. ^ シスコシステムズ合同会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月9日
  70. ^ a b ニュース 2015年10月20日 セコム株式会社及び綜合警備保障株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月25日アーカイブ分)
  71. ^ a b ニュース 2015年06月15日 全日本空輸株式会社及び日本航空株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  72. ^ a b 大日本印刷株式会社および凸版印刷株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年10月31日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年10月31日
  73. ^ 大和ハウス工業株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年8月6日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月29日
  74. ^ ニュース 2015年07月27日 東京ガス株式会社との東京 2020 スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  75. ^ a b 東京地下鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月7日
  76. ^ TOTO株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年3月3日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月24日
  77. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2019年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月22日閲覧。
  78. ^ 日清食品ホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年6月30日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月23日
  79. ^ - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月20日アーカイブ分)
  80. ^ 久光製薬株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年2月6日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年2月6日
  81. ^ 三菱電機株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年3月5日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月29日
  82. ^ ニュース 2015年08月10日 ヤマトホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月20日アーカイブ分)
  83. ^ 株式会社リクルートホールディングスとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年5月30日
  84. ^ 株式会社AOKIホールディングスとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年10月11日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月11日
  85. ^ Aggreko Events Services Japan 株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月14日
  86. ^ 株式会社ECCとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年10月11日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月3日
  87. ^ EY Japan株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年10月28日
  88. ^ 株式会社KADOKAWAとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年4月10日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年4月10日
  89. ^ グーグル合同会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年6月27日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月27日
  90. ^ コクヨ株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年8月30日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月30日
  91. ^ 清水建設株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。
  92. ^ TANAKAホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。
  93. ^ 株式会社乃村工藝社の東京2020スポンサーシップ契約について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月4日
  94. ^ パーク24株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年8月4日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月3日
  95. ^ 株式会社パソナグループとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年1月17日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年1月17日
  96. ^ 丸大食品株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年11月29日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年4月13日
  97. ^ 株式会社モリサワとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年12月7日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月6日
  98. ^ ヤフー株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年5月31日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年5月31日
  99. ^ a b 株式会社産業経済新聞社、株式会社北海道新聞社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年1月4日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年1月4日

関連項目[編集]