2020年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
プロ野球ドラフト会議 > 2020年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)
2020年度新人選手選択会議
開催日 2020年10月26日
開催地 東京都港区
会場 グランドプリンスホテル新高輪
制度 1順目:重複くじ引き
2順目以下:変則ウェーバー(前日の順位で指名順を決定[1][2][3]
指名数 123人(新人:74 育成:49)
1巡目初回最多選択希望(4球団)
佐藤輝明内野手近畿大学
早川隆久投手早稲田大学
« 2019

2020年度新人選手選択会議 (2020ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2020年10月26日に行われた第56回のプロ野球ドラフト会議。当初は11月5日に開催を予定していたが、新型コロナウィルス感染症拡大による開幕延期により、11月も公式戦開催が続く為、試合予定のない10月26日に前倒しして開催となった[4]大正製薬が特別協賛しており、公式名称は『プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD[5]。なお、大正製薬は2013年のドラフト会議から8年連続で特別協賛している[5]

概要[編集]

2019年のドラフト会議から2巡目以降のウェーバー優先権がセントラル・リーグパシフィック・リーグが1年おきに交互に変更させることになった為、2020年はパ・リーグがウェーバー優先権を得ることになった。

NPB(日本野球機構)が2020年9月7日に行った12球団の臨時代表者会議で、新型コロナウイルス感染防止を考慮した形での実施を決定[6]

  • 各球団ごとに用意された換気の良い個室で、リモート形式にて実施。
  • 1巡目競合の場合は代表者が別部屋の会場で抽選を行う。
  • 無観客での実施。

また、2020年9月7日に行ったNPB(日本野球機構)の12球団の臨時の代表者会議では、2008年10月に当時のプロ野球実行委員会で定められたドラフト会議に対象となっているアマチュアの選手(高校・大学・社会人)が日本国内のプロ野球球団を経由しないで、海外の野球リーグでプレーを行った場合、高校は3年間、大学・社会人は2年間、それぞれ指名が凍結されるという申し合わせ事項であるいわゆる「田澤ルール」の廃止を決定[7]。これによって、田澤純一も指名の対象になった[7](結果は指名ならず)。

2020年9月18日に日本野球機構事務局長の井原敦は2位以降の指名の順番について、前日の10月25日に試合の終了時のセ・リーグとパ・リーグの順位で決定することを明らかにした[1][2][3]。これは、例年ならば日本シリーズの直前に行われるドラフト会議までにはシーズン最終順位が決定しているものの、シーズン中に行われた本ドラフトについては当日までに全ての球団の最終順位が確定しきらない可能性があったため[2][3]。その後、2020年10月23日にNPB(日本野球機構)は、2位以降の指名の順番について、同じ勝率の場合、2020年度のチームの対戦成績、それでも決まらない場合は2019年度の順位で決定することを明らかにした[8]。最終的にドラフト前々日にあたる2020年10月24日に2位以降の指名の順番が確定[9]、結果的に中日と阪神の2球団がシーズン最終順位とは異なる指名順となっている(最終順位は阪神が2位、中日が3位)。

2020年10月1日から10月12日までの応募期間を設けて、日本野球機構と大正製薬はファンが2020年のドラフト会議をオンライン(ZOOMミーティング)という形で参加できる『リポビタンD SPECIAL ONLINE SEAT』を設け、抽選で1000名を招待する新たな試みを行った[10]

指名選手一覧[編集]

チーム オリックス ヤクルト 日本ハム 広島 楽天 DeNA 西武 阪神 ロッテ 中日 ソフトバンク 巨人
支配下選手
1巡目1 佐藤輝明 早川隆久 伊藤大海 栗林良吏 早川隆久 入江大生 早川隆久 佐藤輝明 早川隆久 髙橋宏斗 佐藤輝明 佐藤輝明
1巡目2 山下舜平大 鈴木昭汰 --- --- --- --- 渡部健人 --- 鈴木昭汰 --- 井上朋也 平内龍太
1巡目3 --- 木澤尚文 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
2巡目→ 元謙太 山野太一 五十幡亮汰 森浦大輔 高田孝一 牧秀悟 佐々木健 伊藤将司 中森俊介 森博人 笹川吉康 山崎伊織
3巡目← 来田涼斗 内山壮真 古川裕大 大道温貴 藤井聖 松本隆之介 山村崇嘉 佐藤蓮 小川龍成 土田龍空 牧原巧汰 中山礼都
4巡目→ 中川颯 元山飛優 細川凌平 小林樹斗 内間拓馬 小深田大地 若林楽人 榮枝裕貴 河村説人 福島章太 川原田純平 伊藤優輔
5巡目← 中川拓真 並木秀尊 根本悠楓 行木俊 入江大樹 池谷蒼大 大曲錬 村上頌樹 西川遼祐 加藤翼 田上奏大 秋広優人
6巡目→ 阿部翔太 嘉手苅浩太 今川優馬 矢野雅哉 内星龍 高田琢登 ブランドン 中野拓夢 --- 三好大倫 --- 山本一輝
7巡目← --- --- --- --- --- --- 仲三河優太 髙寺望夢 --- --- --- 萩原哲
8巡目→ --- --- --- --- --- --- --- 石井大智 --- --- --- ---
育成選手
1巡目→ 川瀬賢斗 下慎之介 松本遼大 二俣翔一 石田駿 石川達也 赤上優人 岩田将貴 谷川唯人 近藤廉 佐藤宏樹 岡本大翔
2巡目← 辻垣高良 赤羽由紘 齋藤伸治 --- --- 加藤大 長谷川信哉 --- 小沼健太 上田洸太朗 中道佑哉 喜多隆介
3巡目→ 宇田川優希 松井聖 --- --- --- --- 宮本ジョセフ拳 --- 山本大斗 松木平優太 桑原秀侍 笠島尚樹
4巡目← 釣寿生 丸山翔大 --- --- --- --- 豆田泰志 --- 佐藤奨真 --- 早真之介 木下幹也
5巡目→ 佐野如一 --- --- --- --- --- 水上由伸 --- --- --- 緒方理貢 前田研輝
6巡目← 古長拓 --- --- --- --- --- --- --- --- --- 居谷匠真 坂本勇人
7巡目→ --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 大城真乃 戸田懐生
8巡目← --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 中村亮太 阿部剣友
9巡目→ --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 奈良木陸
10巡目← --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 山﨑友輔
11巡目→ --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 保科広一
12巡目← --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 加藤廉
  • 太字は交渉権確定。重複した場合は左の球団から順に抽選。
  • 2巡目以降の指名は、巡目の矢印の向きにウェーバー制により指名。

備考[編集]

  • ドラフト史上初の12球団全てが育成選手を指名した。
  • 巨人の19人指名は歴代最多。

球団別選択選手一覧[編集]

球団名はウェーバー順に表示。2020年度はパ・リーグ優先。なお、ウェーバー順は2020年10月25日時点での順位である。育成選手入団で太字は、後に支配下登録された選手となる。

オリックス・バファローズ[編集]

新人選手選択会議[11]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 山下舜平大 投手 福岡大学附属大濠高 入団
2位 元謙太 外野手 中京高 入団
3位 来田涼斗 外野手 明石商業高 入団
4位 中川颯 投手 立教大学 入団
5位 中川拓真 捕手 豊橋中央高 入団
6位 阿部翔太 投手 日本生命 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 川瀬堅斗 投手 大分商業高 入団
2位 辻垣高良 投手 学校法人松韻学園福島高 入団
3位 宇田川優希 投手 仙台大学 入団
4位 釣寿生 捕手 京都国際高 入団
5位 佐野如一 外野手 仙台大学 入団
6位 古長拓 内野手 福島レッドホープス 入団

東京ヤクルトスワローズ[編集]

新人選手選択会議[12]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 木澤尚文 投手 慶應義塾大学 入団
2位 山野太一 投手 東北福祉大学 入団
3位 内山壮真 捕手 星稜高 入団
4位 元山飛優 内野手 東北福祉大学 入団
5位 並木秀尊 外野手 獨協大学 入団
6位 嘉手苅浩太 投手 日本航空石川高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 下慎之介 投手 高崎健康福祉大高崎高 入団
2位 赤羽由紘 内野手 信濃グランセローズ 入団
3位 松井聖 捕手 信濃グランセローズ 入団
4位 丸山翔大 投手 西日本工業大学 入団

北海道日本ハムファイターズ[編集]

新人選手選択会議[13]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 伊藤大海 投手 苫小牧駒澤大学 入団
2位 五十幡亮汰 外野手 中央大学 入団
3位 古川裕大 捕手 上武大学 入団
4位 細川凌平 内野手 智辯学園和歌山高 入団
5位 根本悠楓 投手 苫小牧中央高 入団
6位 今川優馬 外野手 JFE東日本 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 松本遼大 投手 花巻東高 入団
2位 齊藤伸治 投手 東京情報大学 入団

広島東洋カープ[編集]

新人選手選択会議[14]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 栗林良吏 投手 トヨタ自動車 入団
2位 森浦大輔 投手 天理大学 入団
3位 大道温貴 投手 八戸学院大学 入団
4位 小林樹斗 投手 智辯学園和歌山高 入団
5位 行木俊 投手 徳島インディゴソックス 入団
6位 矢野雅哉 内野手 亜細亜大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 二俣翔一 捕手 磐田東高 入団

東北楽天ゴールデンイーグルス[編集]

新人選手選択会議[15]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 早川隆久 投手 早稲田大学 入団
2位 高田孝一 投手 法政大学 入団
3位 藤井聖 投手 ENEOS 入団
4位 内間拓馬 投手 亜細亜大学 入団
5位 入江大樹 内野手 仙台育英学園高 入団
6位 内星龍 投手 履正社高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 石田駿 投手 栃木ゴールデンブレーブス 入団

横浜DeNAベイスターズ[編集]

新人選手選択会議[16]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 入江大生 投手 明治大学 入団
2位 牧秀悟 内野手 中央大学 入団
3位 松本隆之介 投手 横浜高 入団
4位 小深田大地 内野手 履正社高 入団
5位 池谷蒼大 投手 ヤマハ 入団
6位 髙田琢登 投手 静岡商業高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 石川達也 投手 法政大学 入団
2位 加藤大 投手 横浜隼人高 入団

埼玉西武ライオンズ[編集]

新人選手選択会議[17]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 渡部健人 内野手 桐蔭横浜大学 入団
2位 佐々木健 投手 NTT東日本 入団
3位 山村崇嘉 内野手 東海大学付属相模高 入団
4位 若林楽人 外野手 駒澤大学 入団
5位 大曲錬 投手 福岡大学準硬式野球部 入団
6位 タイシンガーブランドン大河 内野手 東京農業大学北海道オホーツク 入団
7位 仲三河優太 外野手 大阪桐蔭高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 赤上優人 投手 東北公益文科大学 入団
2位 長谷川信哉 外野手 敦賀気比高 入団
3位 宮本ジョセフ拳 外野手 名古屋学院大学 入団
4位 豆田泰志 投手 浦和実業学園高 入団
5位 水上由伸 投手 四国学院大学 入団

阪神タイガース[編集]

新人選手選択会議[18]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 佐藤輝明 内野手 近畿大学 入団
2位 伊藤将司 投手 JR東日本 入団
3位 佐藤蓮 投手 上武大学 入団
4位 榮枝裕貴 捕手 立命館大学 入団
5位 村上頌樹 投手 東洋大学 入団
6位 中野拓夢 内野手 三菱自動車岡崎 入団
7位 髙寺望夢 内野手 上田西高 入団
8位 石井大智 投手 高知ファイティングドッグス 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 岩田将貴 投手 九州産業大学 入団

千葉ロッテマリーンズ[編集]

新人選手選択会議[19]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 鈴木昭汰 投手 法政大学 入団
2位 中森俊介 投手 明石商業高 入団
3位 小川龍成 内野手 國學院大學 入団
4位 河村説人 投手 星槎道都大学 入団
5位 西川僚祐 外野手 東海大学付属相模高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 谷川唯人 捕手 立正大学淞南高 入団
2位 小沼健太 投手 茨城アストロプラネッツ 入団
3位 山本大斗 外野手 開星高 入団
4位 佐藤奨真 投手 専修大学 入団

中日ドラゴンズ[編集]

新人選手選択会議[20]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 髙橋宏斗 投手 中京大学附属中京高 入団
2位 森博人 投手 日本体育大学 入団
3位 土田龍空 内野手 近江高 入団
4位 福島章太 投手 倉敷工業高 入団
5位 加藤翼 投手 帝京大学可児高 入団
6位 三好大倫 外野手 JFE西日本 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 近藤廉 投手 札幌学院大学 入団
2位 上田洸太朗 投手 享栄高 入団
3位 松木平優太 投手 精華高 入団

福岡ソフトバンクホークス[編集]

新人選手選択会議[21]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 井上朋也 内野手 花咲徳栄高 入団
2位 笹川吉康 外野手 横浜商業高 入団
3位 牧原巧汰 捕手 日本大学藤沢高 入団
4位 川原田純平 内野手 青森山田高 入団
5位 田上奏大 投手 履正社高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 佐藤宏樹 投手 慶應義塾大学 入団
2位 中道佑哉 投手 八戸学院大学 入団
3位 桑原秀侍 投手 神村学園高 入団
4位 早真之介 外野手 京都国際高 入団
5位 緒方理貢 内野手 駒澤大学 入団
6位 居谷匠真 捕手 明豊高 入団
7位 大城真乃 投手 宜野座高 入団
8位 中村亮太 投手 東京農業大学北海道オホーツク 入団

読売ジャイアンツ[編集]

新人選手選択会議[22]
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 平内龍太 投手 亜細亜大学 入団
2位 山崎伊織 投手 東海大学 入団
3位 中山礼都 内野手 中京大学附属中京高 入団
4位 伊藤優輔 投手 三菱パワー 入団
5位 秋広優人 内野手 二松學舎大学附属高 入団
6位 山本一輝 投手 中京大学 入団
7位 萩原哲 捕手 創価大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 岡本大翔 内野手 米子東高 入団
2位 喜多隆介 捕手 京都先端科学大学 入団
3位 笠島尚樹 投手 敦賀気比高 入団
4位 木下幹也 投手 横浜高 入団
5位 前田研輝 捕手 駒澤大学 入団
6位 坂本勇人 捕手 唐津商業高 入団
7位 戸田懐生 投手 徳島インディゴソックス 入団
8位 阿部剣友 投手 札幌大谷高 入団
9位 奈良木陸 投手 筑波大学 入団
10位 山﨑友輔 投手 福山大学 入団
11位 保科広一 外野手 創価大学 入団
12位 加藤廉 内野手 東海大学海洋学部 入団

中継[編集]

テレビ[編集]

地上波[編集]

実況:初田啓介(TBSアナウンサー)
解説:槙原寛己古田敦也

CS[編集]

実況:小縣裕介朝日放送テレビアナウンサー)
解説:小関順二、西尾典文

ラジオ[編集]

実況:煙山光紀(ニッポン放送アナウンサー)
解説:菊地高弘(スポーツライター)

インターネット配信[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ドラフト指名順、前日順位で決定 2位以下のウエーバー-プロ野球」『時事通信』、2020年9月18日。2020年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c 10・26ドラフト 指名順は前日までの順位を採用」『日刊スポーツ』、2020年9月18日。2020年9月19日閲覧。
  3. ^ a b c プロ野球ドラフト会議 前日の順位でウエーバー方式の可能性」『NHK』、2020年9月18日。2020年9月19日閲覧。
  4. ^ ドラフト会議前倒し
  5. ^ a b 2020年新人選手選択会議 特別協賛社決定のお知らせ”. 2020年6月25日閲覧。
  6. ^ "プロ野球 ドラフト会議は12部屋で"リモート開催"". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 September 2020. 2020年9月7日閲覧
  7. ^ a b 「田沢ルール」撤廃決定、自らもドラフト指名対象に」『日刊スポーツ』、2020年9月7日。2020年9月17日閲覧。
  8. ^ ドラフト順、勝率同率は対戦成績、前年順位で決定」『日刊スポーツ』、2020年10月23日。2020年10月24日閲覧。
  9. ^ ドラフト2位以下指名順確定 パ6位オリックスから」『日刊スポーツ』、2020年10月25日。2020年10月25日閲覧。
  10. ^ ドラフト会議をオンラインで楽しめる「リポビタンD SPECIAL ONLINE SEAT」を実施”. 日本野球機構 (2020年9月30日). 2020年10月3日閲覧。
  11. ^ オリックス・バファローズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  12. ^ 東京ヤクルトスワローズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  13. ^ 北海道日本ハムファイターズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  14. ^ 広島東洋カープ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  15. ^ 東北楽天ゴールデンイーグルス 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  16. ^ 横浜DeNAベイスターズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  17. ^ 埼玉西武ライオンズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  18. ^ 阪神タイガース 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  19. ^ 千葉ロッテマリーンズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  20. ^ 中日ドラゴンズ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  21. ^ 福岡ソフトバンクホークス 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  22. ^ 読売ジャイアンツ 選択選手一覧”. 日本野球機構. 2020年10月26日閲覧。
  23. ^ TBS (日本語), プロ野球ドラフト会議2020, http://www.tbs.co.jp/baseball-draft/ 2020年10月24日閲覧。 
  24. ^ プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD番組情報”. スカイA. 2020年9月19日閲覧。
  25. ^ 2020年10月26日の番組表(ニッポン放送公式サイトより)”. 2020年10月18日閲覧。