2020年東京オリンピックのウエイトリフティング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
ウエイトリフティング競技
Tokyo International Forum Außen 1.jpg
東京国際フォーラム
会場東京国際フォーラム
開催日2021年7月24日 - 8月4日
参加選手数 196人
« 20162024 »

2020年東京オリンピックウエイトリフティング競技(2020ねんとうきょうオリンピックのウェイトリフティングきょうぎ)は、国際ウエイトリフティング連盟(IWF)が管轄し、2021年7月24日から8月4日まで東京国際フォーラムホールAにて男女計14種目が行われる。

実施種目[編集]

前回大会から男子の1種目が削減され、計14種目となった[1]。また、全ての階級の制限体重が変更されたため、オリンピック記録は全てリセットされる[2]

  • 男子
    • 61 kg
    • 67 kg
    • 73 kg
    • 81 kg
    • 96 kg
    • 109 kg
    • 109 kg超
  • 女子
    • 49 kg
    • 55 kg
    • 59 kg
    • 64 kg
    • 76 kg
    • 87 kg
    • 87 kg超

競技日程[編集]

競技日程[3]
日付 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/01 8/02 8/03 8/04
男子61kg F
男子67kg F
男子73kg F
男子81kg F
男子96kg F
男子109kg F
男子109kg超 F
女子49kg F
女子55kg F
女子59kg F
女子64kg F
女子76kg F
女子87kg F
女子87kg超 F

出場枠[編集]

出場枠は以下の通りである[4][5]。1つの国・地域からは1種目に1名ずつ、男女4名ずつまで出場できる。ただし、2008年北京オリンピックから2020年東京オリンピックの予選終了までの期間のドーピング違反回数により、2名または1名ずつまでに制限される[2]。出場選手は予選期間中(2018年11月~2021年4月)に行われる世界選手権アジア選手権を始めとする各競技会の成績により獲得したポイントによる世界ランキングにより選出される(上位8名+5大陸から1名ずつ)[2]。開催国である日本は男女3名ずつの出場が保証されており、少なくとも3つの世界ランキングの対象となる競技会に出場した選手の中から、本大会出場選手を選出することができる。

出場選手計 うち開催国枠 うち招待枠
男子 98 3 4
女子 98 3 4
合計 196 6 8

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bodyweight categories unanimously accepted as IWF confirms plans to hold 2020 World Championships for non-Olympic divisions”. www.insidethegames.biz (1530860760). 2020年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c Tokyo 2020 Qualifying Guide” (英語). Weightlifting House (2019年2月22日). 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ ウエイトリフティング 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年11月7日閲覧。
  4. ^ Tokyo 2020 Olympic Games” (英語). International Weightlifting Federation. 2020年6月21日閲覧。
  5. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD TOKYO2020”. 2020年6月21日閲覧。