2020年東京オリンピックのカヌー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2020年東京オリンピックカヌー競技(2020ねんとうきょうオリンピックのカヌーきょうぎ)は、国際カヌー連盟が管轄し、スプリント海の森水上競技場スラロームはカヌー・スラロームセンター(葛西臨海公園隣接都有地に設置)で開催予定。競技はスラロームは2021年7月25日から30日、スプリントは8月2日から7日まで行われる[1][2][3]

出場選手[編集]

スラローム[編集]

男女ともカヌー シングル(C-1)とカヤック シングル(K-1)の2種目ずつ計4種目が実施される。男女ともC-1は17名、K-1は24名の計41名の選手が出場枠を獲得する。1つの国からは各種目1名しか出場枠を獲得できない。NOCは出場枠を獲得した選手と別の選手を本大会に派遣することができ、片方の種目でのみ出場枠を得たNOCは1名の選手しか派遣できないが、その選手を本大会のもう一方の種目にも出場させることができる。出場枠の配分は以下の通り。

  • 2019年カヌースラローム世界選手権スペインの旗ラ・セウ・ドゥルジェイ)の成績により、C-1[4][5]は11か国、K-1[6][7]は18か国に出場枠が与えられる[8][9]
    • 同じ国からは3人まで世界選手権に出場できるが、複数の選手が出場枠圏内に入った場合も出場枠は1つしか獲得できず、余った出場枠は次点の選手が所属する国に与えられる。(例:フランスは男子C-1で1位と5位と8位の選手がいたが、出場枠は1つだけ獲得し、その代わりに12位のクロアチアと13位のチェコが出場枠を獲得した)
    • 同じ選手が同時にC-1とK-1の出場枠を獲得できないため、いずれかの出場枠は辞退しなければならない。辞退された出場枠は次点の選手が所属する国に再配分される。(例:ニュージランドのLuuka Jonesは女子K-1で3位、女子C-1で9位となったが、同国は女子C-1の出場枠を辞退した。同種目では他にも出場枠の繰り下げが発生し、19位のスロベニアまで出場枠を獲得した。)
  • 大陸予選を通じて、大陸ごと(ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジア、オセアニア、アフリカ)に各種目1か国に出場枠が与えられる。
    • 大陸予選による出場枠は、種目ごとに世界選手権で出場枠を得ていない国が、その大陸に3か国以上ある場合のみ与えられる。
    • 対象が3か国に満たない場合は、出場枠を得ていない国のうち、世界選手権で大陸最上位の国に出場枠が再配分される。
  • 開催国(日本)には各種目1つの出場枠が与えられる。
    • 世界選手権で矢澤亜季英語版が女子K-1の出場枠の配分で12番手(18位)となり、自力で出場枠を確保したため、同19番手(41位)の中国まで出場枠を獲得した。
    • 日本カヌー連盟の選考基準により、羽根田卓也(男子C-1)、佐藤彩乃(女子C-1)、足立和也(男子K-1)、矢沢亜季(女子K-1)が代表に選出された[10]
  • 上記の他に、性別・種目を限定していない招待枠が最大2名分、用意されている。

スプリント[編集]

男女ともカヌー2種目、カヤック4種目の6種目ずつ計12種目が実施される。1つの国からは男女ともカヌー3名、カヤック6名までしか出場枠を獲得できない。NOCは出場枠を獲得した選手と別の選手を本大会に派遣することができ、本大会では派遣された選手の人数の範囲内で、予選で出場枠を獲得していない種目も含め、各種目2艇まで出場させることができる[11]。出場枠の配分は以下の通り。

  • 2019年カヌースプリント世界選手権ハンガリーの旗セゲド)の成績により、カヌー シングル(C-1)は6か国、カヌー ペア(C-2)は8か国、カヤック シングル(K-1)は5か国、カヤック ペア(K-2)は6か国、カヤック フォア(K-4)は10か国に出場枠が与えられる[12][13]
    • 同じ選手がK1の2種目の両方で出場枠獲得圏内に入った場合は、距離が長い種目において出場枠を獲得し、距離が短い種目の次点の選手が所属する国に再配分される。
    • 同じ選手が人数が異なる複数の種目において出場枠獲得圏内に入った場合は、最も人数が多い種目において出場枠を獲得し、余った出場枠は性別、種類(カヌー又はカヤック)ごとにグルーピングし、人数が多い種目から順に次点の選手が所属する国に再配分される。
    • K-4では最低でも4つの大陸の国に出場枠が与えられるように選考される。(例:男子K-4 500mでは8位のフランスと9位のチェコの代わりに、12位の日本(アジア最上位)と14位カナダ(アメリカ大陸最上位)が出場枠を得た。)
  • 大陸予選を通じて、大陸ごと(ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジア、オセアニア、アフリカ)に出場枠が与えられる。(K-4を除く)
    • 大陸ごとに与えられる出場枠は、種目ごとに世界選手権で出場枠を得ていない国が、その大陸に3か国以上ある場合のみ与えられ、3か国に満たない場合は、大陸に関係なく、世界選手権の次点の選手が所属する国に再配分される。
    • アメリカ大陸に与えられた出場枠の一部が世界選手権の成績により再配分されることになった結果、日本は女子C-2 500メートルの出場枠を獲得することになった。
  • 2021年5月のワールドカップ2(ロシアの旗バルナウル)の成績により1か国に出場枠が与えられる。(K-1、C-1のみ)
  • 開催国(日本)には男子2種目(C-1 1000メートル、K-1 1000メートル)と女子2種目(C-1 200メートル、K-1 500メートル)の出場枠が与えられる。
    • 世界選手権で男子 K-4 500メートルにて自力で出場枠を確保した[14]ため、男子 K-1 1000メートルの開催国枠は適用されない。
      • 日本カヌー連盟は選考基準で出場枠を獲得した選手を日本代表に選出すると定めており、松下桃太郎、藤嶋大規、水本圭治、宮田悠佑の4人が代表に決まった[15]
    • また、出場枠の再配分により、女子 C-2 500メートルの出場枠を獲得したため、女子 C-1 200メートルの開催国枠は適用されない。
      • 出場枠の獲得に伴い、日本カヌー連盟は2019年世界選手権で9位の成績を収めた久保田愛夏、桐明輝子組が代表になったことを発表した[16]
  • 上記の他に、性別・種目を限定していない招待枠が最大2名分、用意されている。

競技日程[編集]

スラロームは14時(予選のみ13時)から開始、スプリントは9時半から開始する。

凡例
H ¼ ½ F
予選 準々決勝 準決勝 決勝
スラローム[17]
種目/日付 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30
男子 C-1 H ½ F
男子 K-1 H ½ F
女子 C-1 H ½ F
女子 K-1 H ½ F
スプリント[18]
種目/日付 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7
男子 C-1 1000 m H ¼ ½ F
男子 C-2 1000 m H ¼ ½ F
男子 K-1 200 m H ¼ ½ F
男子 K-1 1000 m H ¼ ½ F
男子 K-2 1000 m H ¼ ½ F
男子 K-4 500 m H ½ F
女子 C-1 200 m H ¼ ½ F
女子 C-2 500 m H ¼ ½ F
女子 K-1 200 m H ¼ ½ F
女子 K-1 500 m H ¼ ½ F
女子 K-2 500 m H ¼ ½ F
女子 K-4 500 m H ½ F

競技結果[編集]

スラローム[編集]

種目
男子C-1
女子C-1
男子K-1
女子K-1

スプリント[編集]

男子
種目
C-1 1000メートル
C-2 1000メートル
K-1 200メートル
K-1 1000メートル
K-2 1000メートル
K-4 500メートル
女子
種目
C-1 200メートル
C-2 500メートル
K-1 200メートル
K-1 500メートル
K-2 500メートル
K-4 500メートル

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 競技スケジュール|東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ カヌー(スプリント)” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ カヌー(スラローム)” (日本語). 東京2020. 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ Men's C1 results”. 2019年9月28日閲覧。
  5. ^ Women's C1 results”. 2019年9月29日閲覧。
  6. ^ Men's K1 results”. 2019年9月29日閲覧。
  7. ^ Women's K1 results”. 2019年9月28日閲覧。
  8. ^ Qualification” (英語). ICF - Planet Canoe (2018年11月30日). 2020年8月16日閲覧。
  9. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Canoe Slalom”. 2020年8月16日閲覧。
  10. ^ JOC - カヌー、羽根田卓也が五輪代表に 4大会連続、女子は矢沢と佐藤” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年8月2日閲覧。
  11. ^ First round of Olympic canoe sprint quotas allocated” (英語). ICF - Planet Canoe (2019年8月30日). 2020年8月16日閲覧。
  12. ^ TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES - CANOE SPRINT” (英語). ICF - Planet Canoe. 2020年8月16日閲覧。
  13. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年5月1日閲覧。
  14. ^ カヌー・カヤックフォア男子、東京オリンピック出場権獲得”. Olympic Channel. 2020年6月9日閲覧。
  15. ^ JOC - カヌーで五輪出場枠獲得 カヤックフォア男子” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月21日閲覧。
  16. ^ JOC - カヌー、久保田・桐明組が五輪へ スプリント女子” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年5月1日閲覧。
  17. ^ カヌー(スラローム) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  18. ^ カヌー(スプリント) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。