2020年東京オリンピックのスケートボード競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

2020年東京オリンピックのスケートボード競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのスケートボードきょうぎ)はワールドスケートが管轄し、2021年7月25日から8月5日に開催される2020年東京オリンピックローラースポーツの追加種目スケートボードである[2][3]オリンピックでスケートボードが実施されるのは初めてである[1]ローラースポーツが実施されるのは1992年バルセロナオリンピックでの公開競技男子ローラーホッケー(のちのリンクホッケー)以来のことである。会場は有明アーバンスポーツパーク

概要[編集]

スケートボード競技実施の経緯[編集]

国際ローラースポーツ連盟によるスケートボード競技の運営開始

2014年12月8日モナコで開催されたIOC臨時総会において、オリンピックの改革案『オリンピック・アジェンダ2020』が採決された。この改革案の中には開催都市のオリンピック組織委員会が追加種目を提案できる、ということが含まれていた[4][5]。スケートボード競技の当時の最大勢力の国際競技連盟 (IF) であった国際スケートボード連盟 (International Skateboarding Federation, ISF) はIOCにスケートボードのオリンピック競技採用を働きかけていたが、ISFはIOC未承認団体(ARISF非加盟)であり、スポーツアコード(のちの国際競技連盟連合)にも非加盟であった。スケートボードをオリンピック競技にしたいIOCが、ISFの頭越しにARISF加盟団体の国際ローラースポーツ連盟(FIRS、のちのワールドスケート)にスケートボード競技の運営を託した[6]。2015年2月、FIRSはスケートボード委員会を設置[6]

東京オリンピック大会組織委員会による追加種目案の決定

2015年5月、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (TOCOG) 種目追加検討会議はFIRSを含むARISF加盟の33の国際競技連盟に追加種目の提案募集を開始[7]。FIRSはインラインスケートとローラーマラソンを追加種目としてやりたい旨を応募した[6]。TOCOGはIOCとの調整の中でIOCが若者のスポーツ離れの傾向を阻むため若者に人気のスケートボード、スポーツクライミングサーフィンのようなアーバンスポーツをオリンピックに増やしたいという意向を察知した。TOCOGは野球ソフトボール空手8種目の大量の追加種目を採用してもらいたいという難しい希望を持っていた。FIRSはスケートボードのストリートを追加申請した。TOCOG種目追加検討会議は2015年9月28日、提案種目案(ローラースポーツのスケートボードは男女ストリート、男女パーク4種目を含む計5競技18種目)を決定。TOCOG理事会も検討会議案の通り提案種目を決定し、IOCに追加種目を提案した[8]

TOCOGの発表に応募の実務をしていたFIRS傘下の日本ローラースポーツ連盟(JRSF、のちのワールドスケートジャパン)会長の平沢勝栄はスケートボード決定に「大きな喜び」と語ったものの、渋い表情を浮かべた。当初申請したインラインスケートとローラーマラソンが落選して「きわめて残念」と述べた。しかも、スケートボードは追加申請したストリートだけでなく未申請のパークまで入っていた。JRSFは5月にISFの国内競技連盟である日本スケートボード協会会長の宮沢武久を委員長としてスケートボード委員会を設置したばかりでスケートボードの全日本選手権大会もまだ、開催したことはなかった。日刊スポーツ紙は、IOCの意向が働いてTOCOG種目追加検討会議はスケートボードを提案したのではないか、としている[6]。TOCOGの追加種目提案に先立つ4月には、スポーツアコード会長兼国際柔道連盟会長のマリウス・ビゼールは、追加種目制度はこの様なIFの意向を軽視する事態が起きるのではないのか、と懸念を表明していた[9]。また、この提案はIOCと調整済みなので追加種目内定とも言われた。

IOCによる東京オリンピック追加種目決定及び、ISFとFIRSの統合

ISF会長のゲイリー・リーム (Gary Ream) はオリンピックのスケートボード競技にその歴史や文化を知る自分たちが関係しないのはよくないとIOCやFIRSと盛んに接触するようになる。2016年8月にスケートボードの2020年東京オリンピック追加種目が決定するという見込みの中、2016年5月30日、FIRS本部もあるローザンヌのIOC本部でIOC競技部とFIRS、アメリカフィラデルフィアから出向いたリームらのISFの3者で非公式会談が持たれる。スケートボードについてFIRSがオリンピック、ISFはそれ以外の国際大会を主催するほか、オリンピックでの競技構成・審判・コースの設計を担当することで合意した[10]

2016年8月3日リオデジャネイロでのIOC総会でTOCOG提案の追加種目18種目の実施が決定される。しかし、これでは事態は収まらなかった。2017年6月、FIRSとISFは統合する予定だと発表される[11]。9月、FIRS総会で東京オリンピックに向けて団体への参加を表明したISFとの統合とワールドスケート (World Skate) に改称を決定[12][13][14]。リームはワールドスケート・スケートボード委員会委員長に就いた[15]

この東京オリンピックでの実施状況を見て2020年12月、IOC理事会でスケートボード男女ストリート、男女パークの2024年パリオリンピック追加種目が正式決定する予定だった。しかし、2020年3月、東京オリンピック開催は1年間延期が決定された。

実施種目[編集]

男女ともパークとストリートの2種目ずつ、計4種目が実施される[16]

競技会場[編集]

  • 2016年12月7日 - IOC理事会において、2020年東京オリンピック追加種目スケートボードの競技会場が青海アーバンスポーツ会場(のちの青海アーバンスポーツパーク)に決定[17]
  • 2017年6月9日 - 2020年東京オリンピック正式競技の種目構成がIOC理事会で決定される。会場未定のバスケットボール3x3男女、自転車BMXフリースタイル男女が種目構成に入っていたので実施会場の検討開始。
  • 2017年12月6日 - IOC理事会にて、自転車BMXフリースタイルの会場が有明BMXコース、バスケットボール3x3の会場が青海アーバンスポーツ会場に決定。スケートボードの会場が青海アーバンスポーツ会場から有明BMXコースへの変更が決定[18][19]
  • 2018年10月23日 - TOCOG第28回理事会にて、IOCの承認を得て有明BMXコースの名称について「有明アーバンスポーツパーク」への変更を正式決定[20][21][22][23]

出場資格[編集]

各種目20名ずつ、計80名が出場する。1か国からは種目ごとに最大3名まで出場できる[24][25]。種目ごとに、2021年に延期された世界選手権英語版の上位3名及びオリンピックランキング上位16名に出場資格が与えられる。その他に開催国枠として日本にはオリンピックランキング最上位者を対象に各種目1名ずつ、計4名の出場枠が与えられている。

競技日程[編集]

[26][27]

日程 日付 開始 終了 種目 内容
大会2日目 7月25日 9:00 13:55 男子ストリート 予選・決勝
大会3日目 7月26日 9:00 13:55 女子ストリート 予選・決勝
大会12日目 8月4日 9:00 13:40 女子パーク 予選・決勝
大会13日目 8月5日 9:00 13:40 男子パーク 予選・決勝

競技結果[編集]

種目
男子ストリート
女子ストリート
男子パーク
女子パーク

脚注[編集]

  1. ^ a b スケートボード” (日本語). 東京2020. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ IOC approves five new sports for Olympic Games Tokyo 2020 - Olympic News”. Olympic.org (2016年8月3日). 2016年8月8日閲覧。
  3. ^ “Skateboarding Is Now an Olympic Sport”. RIDE Channel. http://theridechannel.com/news/2016/08/olympics-skateboarding-tokyo-2020 2017年5月5日閲覧。 
  4. ^ “東京五輪で野球・ソフト復帰有力 開催都市に競技提案権”. 朝日新聞. (2014年12月9日). オリジナルの2014年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141211112917/http://www.asahi.com/articles/ASGD862CYGD8UTQP029.html 2014年12月15日閲覧。 
  5. ^ 時事ドットコム:野球・ソフト復活に道=20年東京五輪で追加可能に-IOC臨時総会”. web.archive.org (2015年5月1日). 2020年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d 荻島弘一 (2015年9月29日). “あれれ?ローラースポーツがスケボーに…東京五輪”. nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2020年8月8日閲覧。
  7. ^ 東京2020オリンピック競技大会の追加種目について (PDF)”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2015年10月6日). 2019年8月3日閲覧。
  8. ^ 5競技、18種目を東京2020大会の追加種目としてIOCへ提案 >>TOKYO 2020”. web.archive.org (2015年9月29日). 2020年11月5日閲覧。
  9. ^ ビゼール氏、五輪改革を批判 スポーツアコード会長 バッハ体制との対立鮮明に - ウェイバックマシン(2015年4月26日アーカイブ分)
  10. ^ 国際スケートボード連盟が死守した オリンピックへの道”. VICE. VICE MEDIA GROUP (2016年12月15日). 2020年8月7日閲覧。
  11. ^ FIRS and ISF to merge into World Skate to aid development and management of skateboarding”. insidethegames. Dunsar Media Company Limited (2017年6月15日). 2020年8月7日閲覧。 “International Roller Sports Federation (FIRS) and the International Skateboarding Federation (ISF) are set to merge, the organisations have announced.”
  12. ^ FIRS EVOLVES INTO WORLD SKATE TO SUPPORT GROWTH ON THE ROAD TO THE TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES AND BEYOND”. World Skate (2017年10月27日). 2019年3月6日閲覧。
  13. ^ World Skate New Logo”. FIRS (2017年11月30日). 2019年3月7日閲覧。
  14. ^ FIRS EVOLVES INTO WORLD SKATE TO SUPPORT GROWTH ON THE ROAD TO THE TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES AND BEYOND”. ISF (2017年6月15日). 2019年3月30日閲覧。
  15. ^ SKATEBOARDING TECHNICAL COMMISSION”. Wolrd Skate. 2019年3月7日閲覧。
  16. ^ TOKYO 2020 EVENT PROGRAMME TO SEE MAJOR BOOST FOR FEMALE PARTICIPATION, YOUTH AND URBAN APPEAL”. International Olympic Committee. 2017年6月9日閲覧。
  17. ^ 東京2020オリンピック競技会場について”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月27日閲覧。
  18. ^ 東京2020オリンピック競技大会の競技会場について”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月27日閲覧。
  19. ^ 東京五輪 バスケ「3×3」 自転車「BMX」会場決定 NHKニュース 2017年12月6日配信
  20. ^ “新国立競技場、オリンピックスタジアムに名称変更”. スポーツ報知. (2018年10月26日). https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20181026-OHT1T50136.html 2020年3月8日閲覧。 
  21. ^ オリンピック会場一覧 - ウェイバックマシン(2018年8月30日アーカイブ分)
  22. ^ オリンピック会場一覧 - ウェイバックマシン(2019年2月3日アーカイブ分)
  23. ^ “3人バスケなど五輪3会場決定 東京大会でIOC:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. https://www.chunichi.co.jp/article/9093 2020年7月11日閲覧。 
  24. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Skateboarding”. worldskate.org. World Skate (2018年4月6日). 2019年9月11日閲覧。
  25. ^ Capritto, Amanda. “Skateboarding at the 2020 Olympics: Everything you need to know” (英語). CNET. 2020年6月6日閲覧。
  26. ^ スケートボード 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月26日閲覧。
  27. ^ Schedule - Skateboarding Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。