2020年東京オリンピックのバドミントン競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
バドミントン
Musashino-no-mori Sports Plaza.jpg
武蔵野の森総合スポーツプラザ
会場武蔵野の森総合スポーツプラザ
開催日2021年7月24日 - 8月2日
参加選手数 172人
« 20162024 »

2020年東京オリンピックバドミントン競技(2020ねんとうきょうオリンピックのバドミントンきょうぎ)は2021年7月24日から8月2日まで開催されるオリンピックバドミントン競技である。世界バドミントン連盟(BWF)管轄。

概要[編集]

前回大会同様、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスの5種目が実施される[1]武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される。男女86名ずつの選手が出場する。BWFが定めるオリンピックランキング(2021年5月4日発表)の上位選手に出場権が与えられる。シングルスは1カ国からは2名(ランキング16位以内に2名以上の選手がいる場合)、又は1名まで出場できる。ダブルスは1カ国からは2組(ランキング8位以内に2組以上の選手がいる場合)、又は1組まで出場できる[2][3]。なお開催国日本は男女シングルスに1名ずつの出場が保証されている。

シングルスはランキングの上位から順に1カ国あたりの制限を満たすように34名+1名(開催国枠)の選手が選出される。ダブルスは上位から順に1カ国あたりの制限を満たすように16組の選手が選出される。その他にシングルスのみ男女3名ずつの招待枠が存在する。シングルスとダブルスで重複して選出された選手が存在し、選出された選手が男女86名ずつに満たない場合は、シングルスのランキングから追加の選手が選出される。ランキングの出場権獲得圏内に1カ国から制限を超える数の選手が含まれている場合は、その国はランキング下位の選手を上位の選手の代わりに派遣することができる。いずれの種目でも各大陸から最低1人(1組)の出場が保証(大陸枠)されている。(ただし、ダブルスはオリンピックランキング50位以内が条件)また、大陸枠は1カ国あたり2種目までしか獲得できない。

競技日程[編集]

[4]

P 予選リーグ R 1回戦 ¼ 準々決勝 ½ 準決勝 F 決勝
7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2
男子シングルス P P P P P R ¼ ½ F
女子シングルス P P P P P R ¼ ½ F
男子ダブルス P P P P ¼ ½ F
女子ダブルス P P P P ¼ ½ F
混合ダブルス P P P ¼ ½ F

競技結果[編集]

種目
男子シングルス
男子ダブルス
女子シングルス
女子ダブルス
混合ダブルス

脚注[編集]

  1. ^ バドミントン” (日本語). 東京2020. 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年8月23日閲覧。
  3. ^ Tokyo 2020 Olympic Qualification / Guidelines for Restarting Badminton” (英語). 2020年8月23日閲覧。
  4. ^ バドミントン 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月8日閲覧。