2020年東京オリンピックのフェンシング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
フェンシング競技
View of Makuhari-Messe from Nakase 2-chome crossing(cropped).jpg
幕張メッセ
会場幕張メッセ
開催日2021年7月24日 - 8月1日
参加選手数 212人
« 20162024 »

2020年東京オリンピックフェンシング競技(2020ねんとうきょうオリンピックのフェンシングきょうぎ)は、国際フェンシング連盟(FIE)の管轄のもと、2021年7月24日から8月1日まで千葉市幕張メッセBホール(国際展示場9–11ホール)で開催される。五輪のフェンシングは1896年の第1回大会から継続して実施されている[1]

実施種目[編集]

男女フルーレエペサーブルの3種目の個人戦・団体戦の計12種目が実施され、212名(うち8名は開催国枠)の選手が出場する[2]

団体戦の出場国にはFIE公式チームランキング[3]1位~4位の国と5位~16位で地域ごとの最上位(アジア・オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ)の計8か国が選出される。5位~16位以内にチームが含まれていない地域がある場合は、5位以下で出場権を得ていない最上位の国が地域に関係なく出場権を獲得する。

個人戦には団体戦の出場国から3名ずつ(計24名)のほか、非出場国から1.FIE公式個人ランキングを基に地域ごとに計6名(アジア・オセアニア、ヨーロッパ:2名、アフリカ、アメリカ:1名)、2.地域別予選を通じて計4名(各地域から1名ずつ)の計34名が出場する。1つの国からの出場選手は、各種目3名(団体戦出場国)または1名(団体戦非出場国)となる。

開催国の日本は開催国枠の8枠をランキング等で得た出場枠と合わせて、各個人種目の出場選手数が3名又は1名になるように割り振ることができる。開催国枠を割り振った結果、出場選手が3名となった種目では、9番目の出場国として、団体戦にも出場できる。もし、開催国枠が使い切れずに余る場合は、余った出場枠は招待枠として使用される。日本はFIEランキングにより、女子フルーレ団体戦と、その他の5種目の個人戦の出場権を確保した。開催国枠は男子エペ、男子フルーレ、男子サーブル、女子サーブルに2枠ずつ割り振られたため、9番目の出場国として団体戦に出場する。

競技日程[編集]

午前の部(M)は9時又は10時開始、夕方の部(E)は18時又は18時30分開始の予定である[4][5]

P 1~3回戦 QF 準々決勝 SF 準決勝 F 決勝
日付 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1
種目 M E M E M M E M E M E M E M E M
男子エペ個人 P QF SF F
男子エペ団体 P QF SF F
男子フルーレ個人 P QF SF F
男子フルーレ団体 P QF SF F
男子サーブル個人 P QF SF F
男子サーブル団体 P QF SF F
女子エペ個人 P QF SF F
女子エペ団体 P QF SF F
女子フルーレ個人 P QF SF F
女子フルーレ団体 P QF SF F
女子サーブル個人 P QF SF F
女子サーブル団体 P QF SF F

脚注[編集]

  1. ^ フェンシング” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月18日閲覧。
  3. ^ Athletes & Rankings”. INTERNATIONAL FENCING FEDERATION - The International Fencing Federation official website. 2020年7月11日閲覧。
  4. ^ フェンシング 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月19日閲覧。
  5. ^ Schedule - Fencing Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月3日閲覧。