2020年東京オリンピックのラグビー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
ラグビー競技
Ajinomoto Stadium2.jpg
東京スタジアム
会場東京スタジアム (多目的スタジアム)
開催日2021年7月26日 - 7月31日
参加チーム数男子:12カ国、女子:12カ国
« 20162024 »

2020年東京オリンピックのラグビー競技(2020ねんとうきょうオリンピックのラグビーきょうぎ)はワールドラグビー管轄の下で実施される2020年東京オリンピックのラグビーである[1]7人制ラグビーを実施。会場は東京スタジアム。男子は2021年7月26日から28日、女子は同29日から31日までの予定[2]2016年リオデジャネイロオリンピック同様、男女各12ヵ国が出場。

参加国[編集]

男子[編集]

男子[3][4] 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国 - - 1 日本 日本
2018-19 ワールドラグビーセブンズシリーズ 2018年11月30日 - 2019年6月9日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ
計10ヶ所
4 フィジー フィジー
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
ニュージーランド ニュージーランド
南アフリカ 南アフリカ
南米予選英語版 2019年6月29日-30日 チリの旗 サンティアゴ 1 アルゼンチン アルゼンチン
2019RANセブンズ英語版 2019年7月6日-7日 ケイマン諸島の旗 ジョージタウン 1 カナダ カナダ
欧州予選英語版 2019年7月13日-14日 フランスの旗 コロミエ 1 イギリス イギリス
2019オセアニア選手権英語版 2019年11月7日-9日 フィジーの旗 スバ 1 オーストラリア オーストラリア
2019アフリカセブンズ英語版 2019年11月8日-9日 南アフリカ共和国の旗 ヨハネスブルグ 1 ケニア ケニア
アジア予選英語版 2019年11月23日-24日 大韓民国の旗 仁川広域市 1 韓国 韓国
世界最終予選英語版 2021年6月 モナコの旗 モナコ 1
Total 12

2018-19ワールドラグビーセブンズシリーズ

シリーズ全戦に出場するコアチーム15ヵ国がドバイセブンズから始まる[5]10大会の総合成績英語版により、4つの出場枠を争う。ただし、イギリス イギリスの出場権は本土3協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ)の取り決めにより、2017-18 ワールドラグビーセブンズシリーズ英語版で3協会で最も成績が良かったイングランドの成績により決定する[6](欧州予選においても同様)。オリンピック出場時のイギリス代表のチーム編成はイギリスオリンピック委員会によって決定される。

世界最終予選(男子)

各大陸予選大会の2位と3位、計12ヵ国が出場する。ただし、オセアニア選手権の2位:フィジー(出場権獲得済み)と3位:日本(招待チーム)の代わりに、4位:サモアと5位:トンガが出場する。

女子[編集]

女子[3][4] 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国 - - 1 日本 日本
2018-19 ワールドラグビー女子セブンズシリーズ 2018年10月20日-2019年6月16日 アメリカ合衆国の旗 グレンデール
計6ヶ所
4 ニュージーランド ニュージーランド
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
カナダ カナダ
オーストラリア オーストラリア
南米予選英語版 2019年6月1日-2日 ペルーの旗 リマ 1 ブラジル ブラジル
欧州予選英語版 2019年7月13日-14日 ロシアの旗 カザン 1 イギリス イギリス
2019アフリカ女子セブンズ英語版 2019年10月12日-13日 チュニジアの旗 モナスティル 1 ケニア ケニア [note 1]
2019オセアニア女子選手権英語版 2019年11月7日-9日 フィジーの旗 スバ 1 フィジー フィジー
アジア予選英語版 2019年11月9日-10日 中華人民共和国の旗 広州市 1 中国 中国
世界最終予選英語版 2021年6月 モナコの旗 モナコ 2
Total 12

2018-19 ワールドラグビー女子セブンズシリーズ

シリーズ全戦に出場するコアチーム11ヵ国が6大会の総合成績英語版により、4つの出場枠を争う。ただし、イギリス イギリスの出場権は本土3協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ)の取り決めにより、イングランドの成績により決定する[6](欧州予選においても同様)。オリンピック出場時のイギリス代表のチーム編成はイギリスオリンピック委員会によって決定される。

世界最終予選(女子)

各大陸予選大会の2位と3位、計12ヵ国が出場する。ただし、北中米からは2019RAN女子セブンズ英語版優勝:ジャマイカと2位:メキシコが出場する。また、2019アフリカ女子セブンズの2位:ケニア(出場権獲得済み)の代わりに、4位:チュニジアが3位:マダガスカルとともに出場する。

日程[編集]

午前の部は9時から12時まで、午後の部は16時30分から19時又は19時30分まで開催される。

PR 予選ラウンド PM 順位決定戦 QF 準々決勝 SF 準決勝 F 決勝
スケジュール[8][9]
日付 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31
種目 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
男子 PR PM QF PM SF PM F
女子 PR PM QF PM SF PM F

脚注[編集]

  1. ^ 優勝した南アフリカは大陸別大会で得る出場権を辞退する方針であるため、準優勝のケニアが出場権を獲得した。[7]

出典[編集]

  1. ^ ラグビー” (日本語). 東京2020. 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ World, Rugby (2018年7月26日). “2020 Tokyo Olympics Rugby Sevens Schedule Finalised” (英語). Rugby World. 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ a b World Rugby and IOC confirm rugby sevens qualification process for Tokyo 2020”. www.insidethegames.biz (1537357260). 2020年7月12日閲覧。
  4. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年7月12日閲覧。
  5. ^ Dubai Rugby Sevens to kick-off competition for 2020 Tokyo Olympics” (英語). ArabianBusiness.com. 2020年5月23日閲覧。
  6. ^ a b Sevens Olympic pathway confirmed for 2020”. England Rugby (2018年9月17日). 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月23日閲覧。
  7. ^ Kenya qualify for Tokyo 2020 despite Rugby Africa Women's Sevens final defeat”. www.insidethegames.biz (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  8. ^ ラグビー 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月17日閲覧。
  9. ^ Schedule - Rugby Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。

関連項目[編集]