2020年東京オリンピックの体操競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
体操競技
Ariake Gymnastics Centre.jpg
有明体操競技場
会場有明体操競技場
開催日2021年7月24日-8月8日
« 20162024 »

2020年東京オリンピックの体操競技(2020ねんとうきょうオリンピックのたいそうきょうぎ)は国際体操連盟(FIG)管轄の下で2021年7月から8月に有明体操競技場で開催される2020年東京オリンピック体操である。体操競技[1]新体操[2]トランポリン[3]を実施する。

概要[編集]

今大会の体操では前回リオ大会同様の種目で実施される。体操競技団体は前回リオ大会まで5人まで出場が認められていたが今大会では4人に減らされた。また世界選手権(体操競技新体操トランポリン)や各大陸選手権、ワールドカップシリーズ(体操競技英語版新体操英語版、トランポリン)などの主要大会のポイント上位に出場権が与えられる[4][5][6][7]

なお今大会の器具はセノー他、日独仏社製の器具を使用する[8]

出場選手[編集]

体操競技[編集]

男女98名ずつの選手が出場する。1カ国からは男女6名ずつまで出場できる。

  • 団体 男女12カ国から4名ずつ[4][5]。団体に出場する選手は個人にも出場する。
  1. 2018年世界体操競技選手権の団体(男子女子)の上位3カ国から4名ずつ
  2. 1.の3カ国を除く2019年世界体操競技選手権の団体(男子女子)の上位9カ国から4名ずつ
  • 個人 個人のみに出場する選手は男女50名ずつ(団体の出場国からは2名まで、それ以外の国からは6名まで)
    種目別の成績により選出された選手も、本大会では全ての個人種目に出場できる。
    1. 2019年世界体操競技選手権の個人総合の上位選手(男子[9][10]:12選手、女子[11][12]:20選手)
      団体の出場国の選手を除く。1カ国からは1名まで。
    2. 2019年世界体操競技選手権の種目別の上位選手(男子:3選手×6種目、女子:3選手×4種目)
      各種目8位以内の選手が対象。団体の出場国の選手と上記1.で選出された選手を除く。1選手が複数の種目の出場枠を得ることはできない。1カ国からは全種目を通じて3名まで。
    3. 2018年11月〜2021年6月のワールドカップシリーズ(種目別)の上位選手(男子:1選手×6種目、女子:1選手×4種目)
      団体の出場枠を得た大会で団体競技に出場した選手、上記1.と2.で選出された選手を除く。1カ国からは1名まで。
      この基準で選出された選手が本大会の団体に出場する場合は、この基準による出場枠を失い、次点の選手が出場枠を得る。
    4. 2020年3月〜2021年6月のワールドカップシリーズ(個人総合)の上位3カ国から1名ずつ
      2019年世界体操競技選手権の団体の上位12カ国が対象。

      2021年に予定されていたシュトゥットガルトバーミンガムの両大会が中止となったことにより、オリンピック予選として不成立となったため、FIGは2019年世界選手権の団体(男子、女子)の上位3カ国に1名ずつの出場枠を与えることを発表した[13][14]
    5. 2020年の大陸選手権の個人総合の上位選手・またはその選手が属する国の選手(アフリカ・アメリカ大陸・アジア・ヨーロッパ:2枠、オセアニア:1枠)
      団体の出場枠を得た大会で団体競技に出場した選手、既に団体と合わせて6名分の出場枠を得ている国の選手を除く。1カ国からは1枠まで。
      対象の選手が、団体の出場国の選手ではない場合はその選手、団体の出場国の選手である場合はその選手が属する国から1名が出場枠を得る。
    6. 開催国枠(予選で出場枠を獲得できなかった場合のみ。日本は男女いずれも団体の出場枠を獲得したため、適用されない。)と招待枠(1名ずつ)
    7. いずれかの基準で出場枠に空きが生じた場合は、2019年世界体操競技選手権の個人総合の成績上位者に再配分される。

日本は2018年世界選手権(ドーハ)の男子団体(白井田中谷川内村)が3位、2019年世界選手権(シュトゥットガルト)の女子団体(畠田、梶田、松村、杉原寺本)が11位の成績をそれぞれ収めたため、男女いずれも団体の出場権を獲得した。

新体操[編集]

団体70名、個人26名、計96名の女性選手が出場する。

  • 団体 女子のみ14か国から5名ずつ[4][6]
    1. 2018年世界新体操選手権の団体総合の上位3カ国から5名ずつ
    2. 1.の3カ国を除く2019年世界新体操選手権の団体総合の上位5カ国から5名ずつ
    3. 2020年の大陸選手権の団体総合の上位1カ国から5名ずつ(アフリカ・アメリカ大陸・アジア・ヨーロッパ・オセアニア)
    4. 開催国枠(予選で団体の出場枠を獲得できなかった場合のみ。日本は世界選手権で出場枠を獲得したため、適用されない。)
    5. いずれかの基準で出場枠に空きが生じた場合は、2019年世界新体操選手権の団体総合の成績上位国に再配分される。
  • 個人 女子のみ26名(1カ国からは2名まで)
    1. 2019年世界新体操選手権の個人総合の上位16選手が属する国から1名ずつ
      1カ国からは2名まで。(元々、世界選手権の決勝には1カ国2名までしか出場できない。)
    2. 2020年10月〜2021年6月のワールドカップシリーズ(個人総合)の上位3選手
      上記1.で2名の出場枠を得ている国の選手を除く。1カ国からは1名まで。
      対象の選手が、上記1.で1名の出場枠を得ている国の選手の場合は、その選手が属する国から1名が出場枠を得る。
    3. 2020年の大陸選手権の個人総合の上位1選手(アフリカ・アメリカ大陸・アジア・ヨーロッパ・オセアニア)
      上記1.と2.で出場枠を得ている国の選手を除く。
    4. 開催国枠(予選で個人の出場枠を獲得できなかった場合のみ。日本は世界選手権で出場枠を獲得したため、適用されない。)と招待枠(1名ずつ)
    5. いずれかの基準で出場枠に空きが生じた場合は、2019年世界新体操選手権の個人総合の成績上位者に再配分される。

日本は2019年世界選手権(バクー)の女子団体(松原熨斗谷杉本横田鈴木竹中)が2位の成績を収め、自力で団体の出場権を獲得したほか、個人総合で皆川夏穂が13位となり、個人の出場枠を1つ確保している。

トランポリン[編集]

  • 個人 男女16名ずつ(1カ国からは男女2名ずつまで)[4][7]
    1. 2019年世界トランポリン競技選手権[15][16]の8位までの選手が属する国から1名ずつ
      1カ国からは1名まで。
    2. 2020年の大陸選手権の1位の選手が属する国から1名ずつ(アフリカ・アメリカ大陸・アジア・ヨーロッパ・オセアニア)
      上記1.で出場枠を得ている国を除く。
    3. 2019-2020ワールドカップシリーズの上位選手が属する国から1名ずつ(上記1.と2.と合わせて14名となるまで選考する。)
      1カ国からは1名まで。上記1.で出場枠を得た国のうち、最大4カ国まで2枠目を得ることができる。
    4. 開催国枠(予選で個人の出場枠を獲得できなかった場合のみ。日本は男女いずれも世界選手権で出場枠を獲得したため、適用されない。)と招待枠(男女いずれか1名)
    5. 上記4.で出場枠に空きが生じた場合は、2019年世界トランポリン競技選手権の成績上位者[17][18]に再配分される。

日本からは2019年世界選手権(有明)にて森ひかるが優勝、堺亮介が5位となり出場枠を獲得し、いずれも代表にも内定した[19][20]

競技日程[編集]

[21][22][23][24]

体操競技[編集]

予選 決勝 Ex エキシビション
種目\日時 7月24日 7月25日 7月26日 7月27日 7月28日 7月29日 7月30日 7月31日 8月1日 8月2日 8月3日 8月4日
男子予選










男子団体










男子個人総合










男子ゆか










男子跳馬










男子平行棒










男子鉄棒










男子あん馬










男子つり輪










女子予選










女子団体










女子個人総合










女子ゆか










女子跳馬










女子段違い平行棒










女子平均台










ガーラ(エキシビション










Ex

新体操[編集]

予選 決勝
種目\日時 8月6日 8月7日 8月8日
女子団体
女子個人

トランポリン[編集]

予選 決勝
種目\日時 7月30日 7月31日
男子個人
女子個人

競技結果[編集]

体操競技[編集]

男子[編集]

種目
団体総合
詳細
個人総合
詳細
ゆか
あん馬
つり輪
跳馬
平行棒
鉄棒

女子[編集]

種目
団体総合
個人総合
跳馬
段違い平行棒
平均台
ゆか

新体操[編集]

種目
団体
個人総合

トランポリン[編集]

種目
男子個人
女子個人

脚注[編集]

  1. ^ 体操競技” (日本語). 東京2020. 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ 新体操” (日本語). 東京2020. 2020年5月30日閲覧。
  3. ^ トランポリン” (日本語). 東京2020. 2020年5月30日閲覧。
  4. ^ a b c d Fédération Internationale de Gymnastique”. www.gymnastics.sport. 2020年6月19日閲覧。
  5. ^ a b Olympic Qualification System Tokyo 2020 ART”. 2020年6月19日閲覧。
  6. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月20日閲覧。
  7. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月20日閲覧。
  8. ^ 東京五輪、体操器具は日仏独社製 共同 2018年11月12日
  9. ^ 49th FIG Artistic Gymnastics World Championships | MEN ALL-AROUND FINAL RESULTS”. gym.longinestiming.com. 2020年6月21日閲覧。
  10. ^ 49th FIG Artistic Gymnastics World Championships | MEN ALL-AROUND QUALIFICATION RESULTS”. gym.longinestiming.com. 2020年6月21日閲覧。
  11. ^ 49th FIG Artistic Gymnastics World Championships | WOMEN ALL-AROUND FINAL RESULTS”. gym.longinestiming.com. 2020年6月21日閲覧。
  12. ^ 49th FIG Artistic Gymnastics World Championships | WOMEN ALL-AROUND QUALIFICATION RESULTS”. gym.longinestiming.com. 2020年6月21日閲覧。
  13. ^ 日本男子に五輪個人枠1 W杯シリーズ成立せず―体操:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年2月11日閲覧。
  14. ^ The All-Around World Cup Series is cancelled”. www.gymnastics.sport. 2021年2月11日閲覧。
  15. ^ Men's Trampoline - Final”. 2020年6月21日閲覧。
  16. ^ Women's Trampoline - Final”. 2020年6月21日閲覧。
  17. ^ Men's Trampoline - Qualification”. 2020年6月21日閲覧。
  18. ^ Women's Trampoline - Qualification”. 2020年6月21日閲覧。
  19. ^ 森ひかる東京五輪内定、日本人初V トランポリン - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月27日閲覧。
  20. ^ 【トランポリン部】堺亮介選手東京五輪トランポリン個人種目出場内定” (日本語). 金沢星稜大学. 2020年7月27日閲覧。
  21. ^ 体操競技 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月26日閲覧。
  22. ^ 新体操 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月26日閲覧。
  23. ^ トランポリン 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月26日閲覧。
  24. ^ Timetable Gymnastics - Tokyo 2020 Olympic Games”. www.olympiandatabase.com. 2020年12月26日閲覧。