2020年東京オリンピックの日本選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オリンピックの日本選手団
Flag of Japan.svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
2020年東京オリンピック
メダル

0

0

0

0
夏季オリンピック日本選手団
1912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

2020年東京オリンピックの日本選手団(2020ねんとうきょうオリンピックのにほんせんしゅだん)は、2021年7月23日から8月8日にかけて日本の首都東京で開催予定の東京オリンピック日本選手団、およびその競技結果。

概要[編集]

選手団[編集]

メダル[編集]

メダル 選手名 競技 種目
11位 金
22位 銀
33位 銅

種目別選手[編集]

Archery pictogram.svg アーチェリー[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(男女3名ずつ)を保証されている[2][3]

  • 男子3枠保証(個人・団体)
  • 女子3枠保証(個人・団体)

Weightlifting pictogram.svg ウエイトリフティング[編集]

開催国枠として、男女3名ずつの出場を保証されている[4]

  • 男子3枠保証
  • 女子3枠保証

Canoeing (slalom) pictogram.svg カヌー[編集]

開催国枠として、スラロームでは国・地域ごとの上限の出場枠(各種目1名)、スプリントではシングル2種目の出場を保証されている[5][6]世界選手権にて、日本選手が男子スプリント・カヤックフォア500mの出場枠を獲得した[7]ため、男子スプリント・カヤックシングル1000mの開催国枠は適用されない。

  • 羽根田卓也(男子スラローム・カナディアンシングル)[8]
  • 足立和也(男子スラローム・カヤックシングル)[8]
  • 佐藤彩乃(女子スラローム・カナディアンシングル)[8]
  • 矢澤亜季英語版(女子スラローム・カヤックシングル)[8]
  • 松下桃太郎英語版・藤嶋大規・水本圭治・宮田悠佑(男子スプリント・カヤックフォア500m)[9]
  • 男子スプリント・カナディアン1枠保証
  • 女子スプリント・カヤック、同カナディアン各1枠保証

Karate pictogram.svg 空手[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(各種目1名)を保証されている[10][11]

Modern pentathlon pictogram.svg 近代五種[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[13]。アジア・オセアニア選手権にて、日本選手が出場権を獲得したため、開催国枠は世界ランキングからの出場枠に変更された。

Golf pictogram.svg ゴルフ[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[17]

  • 男子1枠保証[18]
  • 女子1枠保証[18]

Surfing pictogram.svg サーフィン[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[19]ワールドサーフリーグなどで日本選手が出場権を獲得したため、開催国枠は世界選手権からの出場枠に変更された。

Football pictogram.svg サッカー[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した。

自転車[編集]

Cycling (road) pictogram.svg ロードレース[編集]

開催国枠として、男女2名ずつの出場を保証されている[27]。世界ランキングにより男女1名ずつの出場枠を獲得したため、開催国枠のうち男女1名ずつは、世界ランキングからの出場枠に変更された。

Cycling (track) pictogram.svg トラックレース[編集]

Cycling (mountain biking) pictogram.svg マウンテンバイク[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[31]

Cycling (BMX) pictogram.svg BMX[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[34][35]

Shooting pictogram.svg 射撃[編集]

開催国枠として、各種目男女1名の出場を保証されている[38][39]

  • 松本崇志(男子ライフル3姿勢)[40]
  • 大山重隆(男子クレー・トラップ)[41]
  • 井川寛之(男子クレー・スキート)[41]
  • 平田しおり(女子ライフル3姿勢)[42]
  • 中山由起枝(女子クレー・トラップ)[43]
  • 石原奈央子(女子クレー・スキート)[41]
  • 男子3枠(エアライフル、ラピッドファイアピストル、エアピストル)保証
  • 女子3枠(エアライフル、ファイアピストル、エアピストル)保証

Judo pictogram.svg 柔道[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(各種目1名)を保証されている[44][45]

男子
女子

水泳[編集]

Swimming pictogram.svg 競泳[編集]

Diving pictogram.svg 飛込[編集]

開催国枠として、各シンクロ種目男女1組の出場を保証されている[50]

Synchronized swimming pictogram.svg アーティスティックスイミング[編集]

開催国として、デュエット、チームともに予選免除で出場が決定した。

Water polo pictogram.svg 水球[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[56]

Skateboarding pictogram.svg スケートボード[編集]

開催国枠として、各種目男女1名の出場を保証されている[57]

  • 男子(パーク、ストリート)各1枠保証
  • 女子(パーク、ストリート)各1枠保証

Climbing pictogram.svg スポーツクライミング[編集]

開催国枠として、各種目男女1名の出場を保証されている[58]世界選手権にて、日本選手が出場権を獲得したため、開催国枠は世界選手権からの出場枠に変更された。

Sailing pictogram.svg セーリング[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(各種目1艇)を保証されている[61][62]

体操[編集]

Gymnastics (artistic) pictogram.svg 体操[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[65]世界選手権にて、日本選手が出場枠を獲得したため、開催国枠は世界選手権からの出場枠に変更された。

  • 男子4枠(団体・個人)
  • 女子4枠(団体・個人)

Gymnastics (rhythmic) pictogram.svg 新体操[編集]

開催国枠として、団体と個人1名の出場を保証されている[66]世界選手権にて、日本選手が個人の出場枠を獲得したため、開催国枠は世界選手権からの出場枠に変更された。

Gymnastics (trampoline) pictogram.svg トランポリン[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[67]世界選手権にて、日本選手が出場枠を獲得したため、開催国枠は世界選手権からの出場枠に変更された。

Table tennis pictogram.svg 卓球[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(シングルス2名ずつ、団体3名ずつ、混合ダブルス1組)を保証されている[70]

Taekwondo pictogram.svg テコンドー[編集]

開催国枠として、男女2名ずつの出場を保証されている[71]

Tennis pictogram.svg テニス[編集]

開催国枠として、各種目男女1名(1組)の出場を保証されている[72]

  • 男子シングルス・ダブルス1枠保証[73]
  • 女子シングルス・ダブルス1枠保証[73]
  • 混合ダブルス1枠保証[73]

Triathlon pictogram.svg トライアスロン[編集]

開催国枠として、男女2名ずつの出場を保証されている[74]

Equestrian pictogram.svg 馬術[編集]

開催国枠として、国・地域ごとの上限の出場枠(個人・団体3人馬ずつ)を保証されている[76][77][78]

  • 障害馬術(個人3枠・団体)[79]
  • 馬場馬術(個人3枠・団体)[79]
  • 総合馬術(個人3枠・団体)[79]

バスケットボール[編集]

Basketball pictogram.svg バスケットボール[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[80]

3x3 basketball pictogram.svg 3×3[編集]

開催国として、世界ランキングで上位であった男子のみ予選免除で出場が決定した[80][81]

Badminton pictogram.svg バドミントン[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[82]

  • 男子シングルス1枠保証[83]
  • 女子シングルス1枠保証[83]

バレーボール[編集]

Volleyball (indoor) pictogram.svg バレーボール[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[84]

Volleyball (beach) pictogram.svg ビーチバレー[編集]

開催国枠として、男女1組ずつの出場を保証されている[85]

  • 男子1枠保証[86]
  • 女子1枠保証[86]

Handball pictogram.svg ハンドボール[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[87]

Fencing pictogram.svg フェンシング[編集]

開催国枠として、男女合わせて8名ずつの出場を保証されている[88]

  • 男女計8名保証[89]

Rowing pictogram.svg ボート[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[90]

  • 男子1枠保証
  • 女子1枠保証

Boxing pictogram.svg ボクシング[編集]

開催国枠として、男子4名、女子2名の出場を保証されている[91][92]

開催国枠

Field hockey pictogram.svg ホッケー[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[93]

野球・ソフトボール[編集]

Baseball pictogram.svg 野球[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[94]

Softball pictogram.svg ソフトボール[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[94]

Rugby union pictogram.svg ラグビー[編集]

開催国として、予選免除で出場が決定した[95]

Athletics pictogram.svg 陸上[編集]

Wrestling pictogram.svg レスリング[編集]

開催国枠として、男女1名ずつの出場を保証されている[96]世界選手権にて、日本選手が出場枠を獲得したため、開催国枠はアジア予選からの出場枠に変更された。

脚注[編集]

  1. ^ a b "五輪選手団の福井団長「全身全霊で、心一つに臨む」". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 26 November 2019. 2019年11月26日閲覧
  2. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Tokyo 2020 (PDF)”. World Archery (2020年4月28日). 2021年2月6日閲覧。
  3. ^ Beginners’ guide to the Olympic qualification process for Tokyo 2020” (英語). World Archery. 2021年2月6日閲覧。
  4. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD TOKYO2020”. 2020年6月21日閲覧。
  5. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Canoe Slalom”. 2020年8月16日閲覧。
  6. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年8月2日閲覧。
  7. ^ カヌー・カヤックフォア男子、東京オリンピック出場権獲得”. Olympic Channel. 2021年1月31日閲覧。
  8. ^ a b c d JOC - カヌー、羽根田卓也が五輪代表に 4大会連続、女子は矢沢と佐藤” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月31日閲覧。
  9. ^ JOC - カヌーで五輪出場枠獲得 カヤックフォア男子” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月31日閲覧。
  10. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月30日閲覧。
  11. ^ Kosecki, Danielle. “Karate at the 2020 Tokyo Olympics: Everything you need to know” (英語). CNET. 2021年2月6日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 第32回オリンピック競技大会(2020/東京) 日本代表候補選手の選考について” (日本語). 公益財団法人 全日本空手道連盟 (2020年6月22日). 2020年8月4日閲覧。
  13. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – Tokyo 2020”. 2020年6月18日閲覧。
  14. ^ 【近代五種】岩元勝平がリオに続き、東京五輪の出場内定”. Olympic Channel. 2020年6月18日閲覧。
  15. ^ a b 3名以上の日本選手が出場権を得た場合は、世界ランキング上位の2名が代表選手となる。
  16. ^ 近代五種・朝長なつ美 日本勢トップで東京五輪決めた”. www.sponichi.co.jp. 2020年6月18日閲覧。
  17. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年1月29日閲覧。
  18. ^ a b オリンピックゴルフランキングが稼働開始|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会” (日本語). 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会. 2021年1月29日閲覧。
  19. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 INTERNATIONAL SURFING ASSOCIATION (ISA)”. 2020年11月22日閲覧。
  20. ^ 【サーフィン】WSG大会9日目:村上舜が五輪出場内定…強豪スレーターを下すも決勝は4位”. Olympic Channel. 2021年1月29日閲覧。
  21. ^ a b 2021年世界選手権で他の日本選手が出場権を獲得しなければ、オリンピック出場が確定する。
  22. ^ 【サーフィン】五十嵐カノアの東京五輪出場が条件付きで決定…優先される出場枠は?”. Olympic Channel. 2021年1月29日閲覧。
  23. ^ 2021年世界選手権の出場要件を満たせば、オリンピック出場が確定する。
  24. ^ 【サーフィン】ワールドサーフィンゲームズ3日目|松田詩野が東京オリンピック代表内定”. Olympic Channel. 2021年1月29日閲覧。
  25. ^ FIFA.com. “Olympic Football Tournaments 2020 - Men - News - The road to Tokyo - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2021年2月1日閲覧。
  26. ^ FIFA.com. “Who We Are - News - OC for FIFA Competitions approves procedures for the Final Draw of the 2018 FIFA World Cup - FIFA.com” (英語). www.fifa.com. 2021年2月1日閲覧。
  27. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Road Cycling”. 2020年8月1日閲覧。
  28. ^ a b c d 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車競技(ロード)日本代表候補選手の決定について” (日本語). 日本自転車競技連盟 WEB SITE. 2021年1月30日閲覧。
  29. ^ a b c d JOC - 自転車、新城・与那嶺ら五輪へ ロードレースの男女代表を選出” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月30日閲覧。
  30. ^ a b c d e f 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車トラック競技 日本代表内定選手の発表について” (日本語). 47NEWS. 2021年1月30日閲覧。
  31. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Mountain Biking”. 2020年8月1日閲覧。
  32. ^ a b 4度目のオリンピックへ!山本幸平がMTB日本代表に内定 女子は今井美穂 |自転車動画シクロチャンネル CYCLOCHANNEL” (日本語). 「自転車専門インターネット放送局」シクロチャンネル. 2021年1月30日閲覧。
  33. ^ a b JOC - MTB東京五輪代表に山本幸平 4大会連続、女子は初の今井美穂” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月30日閲覧。
  34. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – BMX Freestyle”. 2020年8月1日閲覧。
  35. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – BMX Race”. 2020年8月1日閲覧。
  36. ^ a b c d 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車競技(BMX)日本代表候補選手記者会見” (日本語). 日本自転車競技連盟 WEB SITE. 2021年1月30日閲覧。
  37. ^ a b c d JOC - 五輪BMX代表に中村、大池 自転車競技、長迫と畠山も選出” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年1月30日閲覧。
  38. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年7月7日閲覧。
  39. ^ OLYMPIC GAMES QUALIFICATION Quota Places by Nation and Number including the Host Federations Quotas”. www.issf-sports.org. 2021年2月6日閲覧。
  40. ^ 【アジア選手権速報】松本崇志選手日本人選手トップの順位で2020東京五輪内定”. www.riflesports.jp. 2021年1月31日閲覧。
  41. ^ a b c 日本クレー射撃協会が東京五輪代表選手を発表:海外グランプリ参戦などで本戦に備える”. Olympic Channel. 2021年1月31日閲覧。
  42. ^ 【アジア選手権速報】平田しおり選手銅メダルでQP獲得、2020東京五輪内定!!”. www.riflesports.jp. 2021年1月31日閲覧。
  43. ^ 第14回アジア大陸射撃選手権大会(QAT)の成績について – JCSA 日本クレー射撃協会”. clay-shooting.website. 2021年1月31日閲覧。
  44. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月21日閲覧。
  45. ^ Tokyo 2020 Olympic qualification set to begin with star-studded spectacle” (英語). www.ijf.org. 2021年2月6日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g h i j k l 第32回オリンピック競技大会柔道競技代表内定者一覧 (2月27日) | 全日本柔道連盟” (日本語). 全日本柔道連盟 | 全柔連ホームページ (2020年2月27日). 2021年1月31日閲覧。
  47. ^ 阿部一二三「運命を感じた」12月13日に五輪切符”. 日刊スポーツ (2020年12月14日). 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月15日閲覧。
  48. ^ 女子78キロ超・素根輝、五輪代表内定第1号…グランドスラム優勝 : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック” (日本語). 読売新聞オンライン (2019年11月24日). 2021年1月31日閲覧。
  49. ^ 【東京オリンピック出場枠争い】競泳:世界水泳で瀬戸大也が五輪代表に内定。リレーは6種で出場枠確保。残る選考大会は2020年日本選手権”. Olympic Channel. 2021年1月31日閲覧。
  50. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD –TOKYO 2020”. 2020年7月26日閲覧。
  51. ^ 世界水泳・韓国大会2日目:男子シンクロ3m飛板飛込の寺内/坂井ペアが五輪代表1号に”. Olympic Channel. 2021年2月1日閲覧。
  52. ^ 五輪内定第1号は寺内・坂井組 男子シンクロ板飛び込み:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年2月1日閲覧。
  53. ^ 飛び込み、39歳寺内健が五輪へ アジア・カップ優勝 - JOC” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2021年2月1日閲覧。
  54. ^ 暴れ馬!三上紗也可パワー型飛び込みで五輪内定掴む - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年2月1日閲覧。
  55. ^ 飛び込み18歳荒井祭里が東京五輪内定…女性第1号 - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年2月1日閲覧。
  56. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年2月1日閲覧。
  57. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Skateboarding”. worldskate.org. World Skate (2018年4月6日). 2019年9月11日閲覧。
  58. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 INTERNATIONAL FEDERATION OF SPORT CLIMBING (IFSC) Sport Climbing”. 2020年11月22日閲覧。
  59. ^ a b c d 公益社団法人日本・山岳スポーツクライミング協会”. www.jma-sangaku.or.jp. 2021年1月30日閲覧。
  60. ^ a b c d Sクライミング、日本の訴え棄却 原田、野中が五輪代表に - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2021年1月30日閲覧。
  61. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Sailing”. ワールドセーリング (2020年5月17日). 2021年1月31日閲覧。
  62. ^ Tokyo 2020 Olympic Sailing Competition Qualification System published” (英語). sailing.org. 2021年2月6日閲覧。
  63. ^ a b c d e f g h i 2020年東京オリンピック代表選考順位・選考得点 公示⑱ – オリンピック強化委員会”. jsaf-osc.jp. 2021年2月1日閲覧。
  64. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Sailing”. ワールドセーリング (2020年5月17日). 2021年1月30日閲覧。
  65. ^ Olympic Qualification System Tokyo 2020 ART”. 2020年6月19日閲覧。
  66. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月20日閲覧。
  67. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月20日閲覧。
  68. ^ 【トランポリン部】堺亮介選手東京五輪トランポリン個人種目出場内定 | 金沢星稜大学” (日本語). 金沢星稜大. 2021年2月1日閲覧。
  69. ^ 森ひかる東京五輪内定、日本人初V トランポリン - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年2月1日閲覧。
  70. ^ “Tokyo 2020 – ITTF Table Tennis Qualification System” (pdf). ITTF. (2020年7月20日). https://www.ittf.com/wp-content/uploads/2020/07/20200720_Tokyo2020_RQS_TT_en.pdf 2021年2月6日閲覧。 
  71. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Taekwondo”. 2021年1月31日閲覧。
  72. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. ITF. 2020年6月17日閲覧。
  73. ^ a b c QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. ITF. 2020年6月17日閲覧。
  74. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月6日閲覧。
  75. ^ a b c 第 32 回オリンピック競技大会(2020/東京)トライアスロン競技日本代表選手・選考基準設定の概況と目的”. 2021年1月30日閲覧。
  76. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 EQUESTRIAN - JUMPING”. 2020年7月11日閲覧。
  77. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 EQUESTRIAN - EVENTING”. 2020年7月11日閲覧。
  78. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 EQUESTRIAN - DRESSAGE”. 2020年7月11日閲覧。
  79. ^ a b c 東京五輪の馬術代表は来年6月までの成績で選考” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月7日). 2021年1月30日閲覧。
  80. ^ a b 公益財団法人日本バスケットボール協会 (2019年3月30日). “東京2020オリンピック競技大会 バスケットボール競技 5人制・3人制の全カテゴリーでオリンピック出場権獲得のご報告” (日本語). 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2021年1月30日閲覧。
  81. ^ 3人制バスケの開催国枠、男女どちらかだけに 東京五輪:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月30日閲覧。
  82. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年8月23日閲覧。
  83. ^ a b 2020年東京オリンピック選考規定”. 2021年1月30日閲覧。
  84. ^ 東京2020オリンピック バレーボール男女は開催国枠の出場権を獲得”. 2021年1月30日閲覧。
  85. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年8月9日閲覧。
  86. ^ a b 東京2020ビーチバレーボール日本代表決定戦 延期のお知らせ”. 2021年1月30日閲覧。
  87. ^ ハンドボール:男女五輪出場 開催国枠で女子は44年ぶり - 毎日新聞”. web.archive.org (2019年11月3日). 2021年1月30日閲覧。
  88. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月18日閲覧。
  89. ^ 2020年東京オリンピック大会フェンシング種目の参加資格システム”. 2021年1月30日閲覧。
  90. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年1月30日閲覧。
  91. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD –TOKYO 2020” (2020年5月11日). 2020年8月7日閲覧。
  92. ^ a b c 東京五輪ボクシング、開催国枠は男4・女2階級に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2021年1月30日閲覧。
  93. ^ 東京五輪、ホッケー男女に開催国枠 男子は52年ぶりの出場” (日本語). サンスポ (2018年5月8日). 2021年1月30日閲覧。
  94. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2019年1月21日). “野球、ソフトの東京五輪予選会場発表 日本は開催国枠” (日本語). 産経ニュース. 2021年1月30日閲覧。
  95. ^ 7人制ラグビーで開催国枠 東京五輪、男女各12チーム” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2021年1月30日閲覧。
  96. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月21日閲覧。

出典[編集]