2020年東京オリンピックの競泳競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
競泳競技
Tokyo Aquatics Centre.jpg
東京アクアティクスセンター
会場東京アクアティクスセンター
お台場海浜公園(マラソンスイミング)
開催日2021年7月24日-8月1日、8月4日-8月5日(マラソンスイミング)
参加選手数 928人
« 20162024 »

2020年東京オリンピック競泳競技[1][2](2020ねんとうきょうオリンピックのきょうえいきょうぎ)は国際水泳連盟(FINA)管轄のもとで実施されるオリンピックの競泳競技

種目[編集]

前回リオ大会で実施された34種目に男子800m自由形、女子1500m自由形、混合4×100mメドレーリレーが追加され全37種目が実施される[3]

屋内競技
屋外競技

出場選手[編集]

屋内競技の個人種目には1種目につき1カ国あたり2名まで出場できる[4]。2019年3月から2021年6月までの予選期間にFINAが定める参加標準記録(Olympic Qualifying Time(OQT / “A” Time))を満たした選手が出場できる。また、ユニバーサリティ出場枠として、いずれかの性別で出場資格を得た選手が存在しないNOCは、出場資格を得た選手が存在しない性別の選手1名を1種目(FINAが定める選考標準記録(Olympic Selection Time(OST / “B” Time)を満たした選手は最大2種目)にエントリーさせることができる。最後に全種目合計の延べ878人の出場枠から、OQTを満たし出場権を獲得した選手、リレーにのみ出場する選手(下記)、ユニバーサリティ出場枠の選手を除いて残った出場枠に対し、OSTを満たした選手を対象として種目ごとに世界ランキングに従いFINAにより選考された選手が出場できる。(1種目につき1カ国からは1名のみ)

リレー種目には2019年世界水泳選手権光州広域市)の上位12カ国と、それらの国を除く2019年3月から2021年5月までの予選期間のベストタイムの上位4カ国の計16カ国が出場できる。リレーにはいずれの個人種目の選手でも(持ちタイムに関係なく)出場できるが、出場国はリレーのみに出場する選手を1種目につき2名まで(ただし最大12名)派遣することができる。(ただし、当該リレー種目の泳法・距離で選考標準記録(Olympic Selection Time(OST / “B” Time))を満たした選手に限られる)

マラソンスイミングには1カ国あたり男女2名ずつまで出場できる[5][6]。2019年世界水泳選手権の上位10名、2021年5月に予定される世界予選(福岡市)の上位9名+5名(大陸枠・他に出場資格を得た選手がいない国の選手が対象)、及び開催国枠1名が出場できる。

日本代表選手の選考

2019年世界選手権個人種目の金メダリストが代表選手に内定する。そのほかは、2021年日本選手権の成績により選考を行う。(ただし、コロナ禍による影響のためのやむを得ない欠場と判断された場合、その選手はジャパンオープン2020の成績も選考対象となる。)[7]

世界選手権では、瀬戸大也が個人メドレー200mと400mで二冠を達成し、両種目の五輪代表に内定した[8]。また、日本は世界選手権の結果により、男女ともフリーリレー4×100m、4×200mとメドレーリレー4×100mの出場枠を獲得したため、出場選手は日本選手権の成績により選考される。

日程[編集]

組織委員会とFINAは伝統にしたがって午前に予選、夜に決勝を実施すると主張していたが、IOCに多額の放映権料を支払う[9]アメリカNBCが午前の決勝開催を要求。これは2008年北京オリンピックの競泳競技と同様。

競技日程は飛込アーティスティックスイミングの会場との調整中であるが、大会前半に組み込まれる見込み。

H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
男子[10]
日 → 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/5
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N A N
50m自由形 H ½ F
100m自由形 H ½ F
200m自由形 H ½ F
400m自由形 H F
800m自由形 H F
1500m自由形 H   F
100m背泳ぎ H ½ F
200m背泳ぎ   H ½ F
100m平泳ぎ H ½ F
200m平泳ぎ H ½ F
100mバタフライ H ½ F
200mバタフライ H ½ F
200m個人メドレー   H ½ F
400m個人メドレー H F
4x100mリレー H F
4x200mリレー H F
4x100mメドレーリレー H F
10kmマラソンスイミング F
H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
女子
日 → 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/4
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N A N
50m自由形 H ½ F
100m自由形   H ½ F
200m自由形 H ½ F
400m自由形 H F
800m自由形 H F
1500m自由形 H   F
100m背泳ぎ H ½ F
200m背泳ぎ H ½ F
100m平泳ぎ H ½ F
200m平泳ぎ   H ½ F
100mバタフライ H ½ F
200mバタフライ H ½ F
200m個人メドレー H ½ F
400m個人メドレー H F
4x100mリレー H F
4x200mリレー H F
4x100mメドレーリレー H F
10kmマラソンスイミング F
H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
混合
日 → 24 土 25 日 26 月 27 火 28 水 29 木 31 金 31 土 1 日
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N
4x100mメドレーリレー H F
A = 午前 , N = 午後

脚注[編集]

[脚注の使い方]