2020年東京オリンピックの自転車競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
自転車競技
Izu Velodrome 20111016.jpg
伊豆ベロドローム
会場伊豆ベロドローム
日本サイクルスポーツセンター
武蔵野の森公園
富士スピードウェイ
有明アーバンスポーツパーク
開催日2021年7月24日-8月8日
« 20162024 »

200年東京オリンピック自転車競技(2020ねんとうきょうオリンピックのじてんしゃきょうぎ)は国際自転車競技連合(UCI)が管轄し、2021年7月24日から8月8日まで開催されるオリンピックの自転車競技である。競技は全22種目実施される。

概要[編集]

競技はトラック種目[1]静岡県伊豆市伊豆ベロドロームマウンテンバイク種目[2]は同じく伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで実施される。ロード種目[3]のうちロードレースは東京都調布市武蔵野の森公園からスタートし、神奈川県山梨県を経て、男子のみ途中で山中湖の周回コースを通り、男女ともに静岡県の富士スピードウェイにフィニッシュするコースで行われる。男子は距離は約234km、獲得標高は約4865m、女子は距離は約147km、獲得標高は約2692mの難コースとなっている[4]。同じくタイムトライアルは、富士スピードウェイ発着の周回コースで行われる。BMX種目[5][6]は五輪でスケートボード競技も行われる有明アーバンスポーツパークで実施される。

出場選手[編集]

トラックレース[編集]

UCIが定める種目ごとの2020年3月2日時点のオリンピックランキング[7](過去2シーズンの世界選手権ワールドカップ、大陸選手権の成績による)を基にNOCに出場枠(男子:98名、女子:91名)が与えられる[8]。また、特定の種目で出場枠を得た国は、別の特定の種目に選手を出場させることができる。なお、スプリントオムニアムの出場枠の割り当てにおいては、各大陸から最低1カ国が当該種目に出場できるように考慮される。

開催国枠は設定されていないが、日本はオリンピックランキングにより、男子スプリント、男子ケイリン、男子オムニアム、女子ケイリンで1名ずつ、女子マディソンで2名(1チーム)の計6名分の出場枠を獲得した。2020年6月4日、JKAは日本代表内定選手として、以下の6名を発表した(カッコ内は出場予定種目)[9]新田祐大脇本雄太(いずれも男子スプリント、男子ケイリン)、小林優香(女子スプリント、女子ケイリン)、橋本英也(男子オムニアム)、梶原悠未(女子マディソン、女子オムニアム)、中村妃智英語版(女子マディソン)。

  • チームスプリント(TSP)(男女8チームずつ)…ランキング上位8カ国に出場枠(男子:3名、女子:2名)が与えられる。
  • スプリント(男女30名ずつ)…TSPで出場枠を得た国を除くランキング上位7カ国に出場枠(男女とも1名)が与えられる。なお、TSPの出場国(8カ国)からは2名、ケイリンで出場枠を得た国(7カ国)からは1名が出場できる。
  • ケイリン(男女30名ずつ)…TSPで出場枠を得た国を除くランキング上位7カ国に出場枠(男女とも1名)が与えられる。なお、TSPの出場国(8カ国)からは2名、スプリントで出場枠を得た国(7カ国)からは1名が出場できる。
  • チームパシュート(男女8チームずつ)…ランキング上位8カ国に出場枠(男女とも4名)が与えられる。
  • マディソン(男女16チームずつ)…チームパシュートで出場枠を得た国を除くランキング上位8カ国に出場枠(男女とも2名(1チーム))が与えられる。なお、チームパシュートの出場国(8カ国)からは2名(1チーム)が出場できる。
  • オムニアム(男子:20名、女子:21名)…マディソンで出場枠を得た国を除くランキング上位12カ国(男子)、又は13カ国(女子)に出場枠(男女とも1名)が与えられる。なお、マディソンで出場枠を得た国(8カ国)からは1名ずつ出場できる。

マウンテンバイク[編集]

UCIが定めるオリンピックランキング[10](最大3名分のUCI個人ランキングにより算出)と2019年大陸選手権(アフリカ、アメリカ、アジア)、2019年世界選手権カナダモンサンタンヌ英語版)の成績を基にNOCに出場枠(男女37名ずつ)が与えられる[11]

それとは別に開催国枠として日本に男女1名ずつの出場枠が与えられており、2020年6月3日、日本自転車競技連盟山本幸平今井美穂を代表に選出した[12][13]

  • クロスカントリー(XC)(男女38名ずつ)…オリンピックランキングで1位と2位の国には3名、3位~7位の国には2名、8位~21位の国には1名の出場枠(計30名)が与えられる。次にその他の国を対象として大陸選手権(アフリカ、アメリカ、アジア)の上位1カ国に1名ずつ出場枠(計3名)が与えられる。更にランキング、大陸選手権のいずれでも出場枠を得ていない国を対象として世界選手権(エリート、U23)のそれぞれ上位2カ国(同じ国がエリートとU23の両方の出場枠を得ることはできない)に1名ずつ出場枠(計4名)が与えられる。

ロードレース[編集]

2019年10月22日時点のUCI世界ランキング(英語版)(国別・個人)と2019年大陸選手権(アフリカ、アメリカ、アジア)、2019年世界選手権イギリスハロゲイト)の成績を基にNOCに出場枠(男子:128名、女子:65名)が与えられる[14]

それとは別に開催国枠として日本に男女2名ずつの出場枠(個人ロードレースのみ)が与えられていたが、世界ランキングにより男女1名ずつの出場枠を獲得したため、開催国枠のうち男女1名ずつは不使用となり、世界ランキングにより割り当てられることとなった。また、日本からは女子個人タイムトライアルにおいて、UCI国別ランキングのアジア最上位国として1人の選手(個人ロードレースに出場する選手のいずれか)を出場させることができる。2020年11月4日、日本自転車競技連盟は新城幸也増田成幸與那嶺恵理、金子広美の代表選出と、與那嶺が女子個人タイムトライアルに出場することを発表した[15][16]

  • 個人ロードレース(男子:130名、女子:67名)…UCI国別ランキングにより、下表の通り、NOCに出場枠が与えられる。ただし、国別ランキングにより出場枠を得ていない国の選手が、UCI個人ランキングの上位200名(男子)、又は100名(女子)にランクインしている場合、当該国に1名の出場枠が与えられる。その代わりに複数の出場枠を得ている国の出場枠が、国別ランキング下位から順に1つずつ削減される。更に世界ランキングにより出場枠を得ていない国を対象として、大陸選手権(アフリカ、アメリカ、アジア)の上位2カ国(男子)、又は1カ国(女子)に出場枠(男女とも1名)が与えられる。
UCI国別ランキングと出場枠
出場枠 男子 女子
5名 1位~6位
4名 7位~13位 1位~5位
3名 14位~21位 6位~13位
2名 22位~32位 14位~22位
1名 33位~50位
122名 62名
  • 個人タイムトライアル(ITT)(男子:40名、女子:25名)…ITTにおいては出場枠が割り当てられないため、個人ロードレースの出場選手のみがITTにも出場できる。UCI国別ランキングの上位30カ国(男子)、又は15カ国(女子)と世界選手権の上位10カ国はそれぞれ1名ずつ(1カ国につき男女とも最大2名)を出場させることができる。なお、各大陸からの出場選手が最低数(男子:2名、女子:1名)に満たない場合は、その大陸の国別ランキング上位国から出場させることができるが、その代わりに他の大陸の国からの出場選手数が国別ランキング下位から順に削減される。

BMX[編集]

フリースタイルは、UCIが定めるオリンピックランキング(世界選手権(英語版)等の2名分の個人成績により算出)と2019年世界選手権(中国成都市)の成績を基にNOCに出場枠(男女とも8名ずつ)が与えられる[17]レーシングはUCIが定めるオリンピックランキング(世界選手権等の3名分の個人成績により算出)とUCI個人ランキング、2021年世界選手権の成績を基にNOCに出場枠(男女とも23名ずつ)が与えられる[18]日本に与えられる開催国枠はフリースタイル、レーシングともに男女1名ずつである。2020年6月9日、日本自転車競技連盟は長迫吉拓、畠山紗英(レーシング)、中村輪夢、大池水杜(フリースタイル)の代表選出を発表した[19][20]

  • フリースタイル(男女9名ずつ)…オリンピックランキング1位の国には2名、2位~5位の国には1名の出場枠が与えられる。次にその他の国を対象として世界選手権の上位2カ国に1名ずつ出場枠が与えられる。
  • レーシング(男女24名ずつ)…オリンピックランキング1位と2位の国には3名、3位~5位の国には2名、6位~11位の国には1名の出場枠が与えられる。次にその他の国の選手を対象としてUCI個人ランキングの上位3名の選手が属する国に1名ずつの出場枠が与えられる。更にいずれの出場枠も得ていない国を対象として世界選手権の上位2カ国に1名ずつ出場枠が与えられる。

競技日程[編集]

H 予選 QF 準々決勝 SF 準決勝 F 決勝
トラックレース[21][22]
種目/日付 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7 8/8
男子 チームスプリント H SF F
男子 スプリント H QF SF F
男子 ケイリン H QF SF F
男子 チームパシュート H SF F
男子 マディソン F
男子 オムニアム SR TR ER PR
女子 チームスプリント H SF F
女子 スプリント H QF SF F
女子 ケイリン H QF SF F
女子 チームパシュート H SF F
女子 マディソン F
女子 オムニアム SR TR ER PR
マウンテンバイク、ロードレース、BMX[23][24][25][26][22]
種目/日付 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1
マウンテンバイク
男子 クロスカントリー F
女子 クロスカントリー F
ロードレース
男子 ロードレース F
男子 タイムトライアル F
女子 ロードレース F
女子 タイムトライアル F
BMX フリースタイル
男子 H F
女子 H F
BMX レーシング
男子 QF SF F
女子 QF SF F

参考文献[編集]

  1. ^ 自転車競技(トラック)” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ 自転車競技(マウンテンバイク)” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  3. ^ 自転車競技(ロード)” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  4. ^ Tokyo 2020 unveil cycling road races courses for Olympic Games”. www.insidethegames.biz (1533839100). 2020年6月18日閲覧。
  5. ^ 自転車競技(BMX フリースタイル)” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  6. ^ 自転車競技(BMX レーシング)” (日本語). 東京2020. 2020年6月18日閲覧。
  7. ^ Rankings” (英語). UCI. 2020年11月19日閲覧。
  8. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Track Cycling”. 2020年8月1日閲覧。
  9. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車トラック競技 日本代表内定選手の発表について” (日本語). 47NEWS. 2020年7月30日閲覧。
  10. ^ Rankings” (英語). UCI. 2020年11月19日閲覧。
  11. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Mountain Biking”. 2020年8月1日閲覧。
  12. ^ JOC - MTB東京五輪代表に山本幸平 4大会連続、女子は初の今井美穂” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年8月1日閲覧。
  13. ^ 4度目のオリンピックへ!山本幸平がMTB日本代表に内定 女子は今井美穂 |自転車動画シクロチャンネル CYCLOCHANNEL” (日本語). 「自転車専門インターネット放送局」シクロチャンネル. 2020年8月1日閲覧。
  14. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Road Cycling”. 2020年8月1日閲覧。
  15. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車競技(ロード)日本代表候補選手の決定について” (日本語). 日本自転車競技連盟 WEB SITE. 2020年11月22日閲覧。
  16. ^ JOC - 自転車、新城・与那嶺ら五輪へ ロードレースの男女代表を選出” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年11月22日閲覧。
  17. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – BMX Freestyle”. 2020年8月1日閲覧。
  18. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – BMX Race”. 2020年8月1日閲覧。
  19. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車競技(BMX)日本代表候補選手記者会見” (日本語). 日本自転車競技連盟 WEB SITE. 2020年11月22日閲覧。
  20. ^ JOC - 五輪BMX代表に中村、大池 自転車競技、長迫と畠山も選出” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年11月22日閲覧。
  21. ^ 自転車競技(トラック) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  22. ^ a b Schedule - Cycling Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月1日閲覧。
  23. ^ 自転車競技(マウンテンバイク) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  24. ^ 自転車競技(ロード) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  25. ^ 自転車競技(BMXフリースタイル) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  26. ^ 自転車競技(BMXレーシング) 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。