2020年東京オリンピックの近代五種競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
近代五種競技
Ajinomoto Stadium - Tokyo derby.jpg
東京スタジアム
会場東京スタジアム
武蔵野の森総合スポーツプラザ
開催日2021年8月5日 - 8月7日
参加選手数 72人
« 20162024 »

2020年東京オリンピック近代五種競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのきんだいごしゅきょうぎ)とは、国際近代五種連合(UIPM)が管轄し、2021年8月に行われるオリンピックの近代五種競技。会場は東京スタジアム武蔵野の森総合スポーツプラザ(いずれも東京都調布市)。前回同様、男女個人戦のみの実施となる。フェンシング(ランキングラウンド、ボーナスラウンド)、200m自由形障害飛越、レーザーラン(射撃5的+800メートル走を4回)を実施し、メダルが決まる。フェンシングランキングラウンドを除く、全種目を同じ日に東京スタジアムで実施するため、観客は移動せずに全競技を観戦することができる[2][3]

出場選手について[編集]

今大会の近代五種競技には男女各36名が参加。1つの国からは男女各2名まで参加できる。開催国日本からは男女各1名の参加が保証されているが[4]、アジア・オセアニア選手権(アジアからは上位5名(ただし1カ国からは1名のみ)に出場権が与えられる)にて、岩元勝平[5]朝長なつ美[6]が出場権を獲得したため、開催国枠は世界ランキングからの出場枠に変更された。

男子[編集]

大会名 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国枠 1→0 日本 日本 (JPN)
2019 UIPMワールドカップファイナル 2019年6月27日-30日 日本の旗 東京[7] 1 イギリス ジョー・チュン英語版 (GBR)
アフリカ選手権 2019年2月23日 エジプトの旗 カイロ 1 エジプト シェリフ・ナゼイル英語版 (EGY)
2019年パンアメリカン競技大会 2019年7月27日-30日 ペルーの旗 リマ 1 (北米)
2 (中米)
2 (南米)
ヨーロッパ選手権 2019年8月6日-11日 イギリスの旗 バース 8
2019世界選手権 2019年9月3日-9日 ハンガリーの旗 ブダペスト 3→2 (2位の選手は既に出場権を得ているため、
1枠は世界ランキングからの出場枠に変更された。)
アジア・オセアニア選手権 2019年11月11日-21日 中華人民共和国の旗 昆明市 5 日本 岩元勝平 (JPN)
1 (オセアニア)
2021世界選手権 2021年6月7日-13日 ベラルーシの旗 ミンスク 3
近代五種世界ランキング 2021年6月14日[8] 6→8
特別招待 2
Total 36

女子[編集]

大会名 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国枠 1→0 日本 日本 (JPN)
2019 UIPMワールドカップファイナル 2019年6月27日-30日 日本の旗 東京[7] 1 リトアニア ラウラ・アサダウスカイテ英語版 (LTU)
アフリカ選手権 2019年2月23日 エジプトの旗 カイロ 1 エジプト ハイディ・モーシー英語版 (EGY)
2019年パンアメリカン競技大会 2019年7月27日-30日 ペルーの旗 リマ 1 (北米)
2 (中米)
2 (南米)
ヨーロッパ選手権 2019年8月6日-11日 イギリスの旗 バース 8
2019世界選手権 2019年9月3日-9日 ハンガリーの旗 ブダペスト 3→2 (3位の選手は既に出場権を得ているため、
1枠は世界ランキングからの出場枠に変更された。)
アジア・オセアニア選手権 2019年11月11日-21日 中華人民共和国の旗 昆明市 5 日本 朝長なつ美 (JPN)
1 (オセアニア)
2021世界選手権 2021年6月7日-13日 ベラルーシの旗 ミンスク 3
近代五種世界ランキング 2021年6月14日[8] 6→8
特別招待 2
Total 36

競技日程[編集]

競技日程 [2][9]
日付 8/5 8/6 8/7
男子 FRR S FBR RSJ L-R
女子 FRR S FBR RSJ L-R

FRR = フェンシングランキングラウンド、S = 水泳、FBR = フェンシングボーナスラウンド、RSJ = 馬術(障害飛越)、L-R = レーザーラン(ゴールした順で最終順位を決定)

結果[編集]

種目
男子
女子

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 近代五種” (日本語). 東京2020. 2020年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 近代五種 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月6日閲覧。
  3. ^ 東京五輪の近代五種で史上初の試み、メダル決定日は全種目を同一会場で実施へ” (日本語). サンスポ (2017年8月16日). 2020年12月6日閲覧。
  4. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – Tokyo 2020”. 2020年6月18日閲覧。
  5. ^ 【近代五種】岩元勝平がリオに続き、東京五輪の出場内定”. Olympic Channel. 2020年6月18日閲覧。
  6. ^ 近代五種・朝長なつ美 日本勢トップで東京五輪決めた”. www.sponichi.co.jp. 2020年6月18日閲覧。
  7. ^ a b Tokyo to Host 2019 UPIPM World Cup Final
  8. ^ a b New qualification system for Modern Pentathlon at Tokyo 2020 Olympic Games published” (英語). Union Internationale de Pentathlon Moderne (UIPM) (2020年4月30日). 2020年11月1日閲覧。
  9. ^ Schedule - Modern Pentathlon Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。