2020年東京オリンピックの飛込競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
競泳競技
Tokyo Aquatics Centre.jpg
東京アクアティクスセンター
会場東京アクアティクスセンター
開催日2021年7月25日-8月7日
参加選手数 136人
« 20162024 »

2020年東京オリンピック飛込競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのとびこみきょうぎ)は、FINAが管轄し、2021年7月25日から8月7日まで東京アクアティクスセンターにて男女計8種目で行われる[2]

概要[編集]

男女68名ずつ、計136名の選手が出場し、1か国からは男女それぞれ8名(個人競技は1種目2名、シンクロ競技は1組)まで出場できる[3][4]

本大会のシンクロ競技には8組が出場。出場枠は2019年世界選手権大韓民国の旗光州)3、2021年W杯日本の旗東京アクアティクスセンター/2020年4月に予定されていたが新型コロナウイルス感染症の流行の影響により、2021年5月に延期)4、開催国1。個人競技の出場枠は2019年世界選手権12、2021年W杯18、各大陸予選5である。

開催国の日本は上記の通り、男女4名ずつのシンクロ競技の出場枠を持ち、2019年世界選手権の男子3mシンクロ板飛込で7位となった寺内健坂井丞ペアが日本水連の選考基準により出場選手に内定し、全競技を通じて2020年東京オリンピックの日本代表内定第1号となった[5][6]。また、個人競技では2019年世界選手権にて、三上紗也可[7](女子3m板飛込)と荒井祭里[8](女子10m高飛込)、大陸予選(アジアカップ)にて寺内健[9](男子3m板飛込)、2021年W杯[10]では玉井陸斗と西田玲雄(ともに男子10m高飛込)、榎本遼香(女子3m板飛込)が個人競技の出場枠を獲得し、出場選手に内定している。

競技日程[編集]

[2]

予選 準決勝 決勝
種目\日時 7月26日 7月27日 7月28日 7月29日 7月30日 7月31日 8月1日 8月2日 8月3日 8月4日 8月5日 8月6日 8月7日 8月8日
男子3m板飛込







準・決



男子10m高飛込











準・決
男子3mシンクロ板飛込












男子10mシンクロ高飛込












女子3m板飛込










女子10m高飛込









準・決

女子3mシンクロ板飛込












女子10mシンクロ高飛込












競技結果[編集]

男子[編集]

種目
3m板飛込
10m高飛込
3mシンクロ板飛込
10mシンクロ高飛込

女子[編集]

種目
3m板飛込
10m高飛込
3mシンクロ板飛込
10mシンクロ高飛込

脚注[編集]

  1. ^ 飛込” (日本語). 東京2020. 2020年6月17日閲覧。
  2. ^ a b 飛込 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年10月18日閲覧。
  3. ^ Diving - Olympic Games XXXII - Tokyo (JPN) 2021 | fina.org - Official FINA website”. www.fina.org. 2020年7月26日閲覧。
  4. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD –TOKYO 2020”. 2020年7月26日閲覧。
  5. ^ 世界水泳・韓国大会2日目:男子シンクロ3m飛板飛込の寺内/坂井ペアが五輪代表1号に”. Olympic Channel. 2020年7月26日閲覧。
  6. ^ 五輪内定第1号は寺内・坂井組 男子シンクロ板飛び込み:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月26日閲覧。
  7. ^ 暴れ馬!三上紗也可パワー型飛び込みで五輪内定掴む - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月17日閲覧。
  8. ^ 飛び込み18歳荒井祭里が東京五輪内定…女性第1号 - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ 飛び込み、39歳寺内健が五輪へ アジア・カップ優勝 - JOC” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年6月17日閲覧。
  10. ^ 男子は玉井、西田 女子は榎本が初の五輪代表に 飛び込みW杯” (日本語). 毎日新聞. 2021年5月6日閲覧。