2020年東京オリンピックの馬術競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年東京オリンピック
馬術競技
Baji koen setagaya.jpg
馬事公苑
会場馬事公苑
海の森公園
開催日2021年7月24日-8月7日
« 20162024 »

2020年東京オリンピック馬術競技(2020ねんとうきょうオリンピックのばじゅつきょうぎ)は国際馬術連盟(FEI)管轄の下、2021年7月24日から8月7日まで開催されるオリンピックの馬術競技である。前回大会同様、障害馬術(障害飛越)馬場馬術総合馬術の個人団体計6種目で開催される[1]。競技会場は馬事公苑、総合馬術は海の森公園のクロスカントリーコースでも実施される。

出場資格[編集]

FEIにより、開催国日本は全種目の出場枠(計9人馬)が保証されている[2]。団体戦はいずれの種目も1チーム3人馬で構成され、2018年世界馬術選手権アメリカ合衆国トライオン英語版)や地域別予選等により選出された障害飛越20チーム、総合馬術・馬場馬術は各15チームが出場する。個人戦には団体の人馬に加え、FEIが定めるオリンピックランキング等によりNOCに出場枠が与えられ、障害飛越15人馬(団体戦と合わせて75人馬)[3]、総合馬術20人馬(同65人馬)[4]、馬場馬術15人馬(同60人馬)[5]が出場する。1つの国からは団体戦の出場国からは3人馬、非出場国からは障害飛越と馬場馬術は1人馬、総合馬術は2人馬まで出場できる。

団体戦の出場枠
種目 開催国 2018年
世界選手権
地域グループ 合計 備考
A&B C D&E F G
障害飛越 1 6 2 2 3 2 2 1 20 ※2019年のFEIネーションズカップの上位1カ国
総合馬術 1 6 2 1 2 2 1 15 ※FEI Eventing Nations Cup Series 2019の上位1カ国
馬場馬術 1 6 3 1 2 1 1 - 15
個人戦の出場枠
種目 団体戦
出場国
地域グループ 合計 備考
A,B,C,F,G D E
障害飛越 60 各2 4 1 75 ※オリンピックランキングの上位1カ国
総合馬術 45 各2 2 2 6 65 ※オリンピックランキングの上位6カ国
馬場馬術 45 各2 4 1 60 ※オリンピックランキングの上位1カ国

グループA…北西ヨーロッパ、グループB…南西ヨーロッパ、グループC…中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ及び中央アジア、グループD…北米、グループE…中南米、グループF…アフリカ及び中東、グループG…東アジア、南アジア及びオセアニア

本大会に出場する人馬は2021年6月21日までに出場最低基準(MER:Minimum Eligibility Requirements)を満たす必要があり、満たせなかった場合は、出場枠は他の国に割り当てられる。(団体戦の出場国が3人馬を揃えられない場合は、個人戦1人馬の出場枠に置き換えられる。空いた団体戦の出場枠は、国ごとの上位3名のオリンピックランキングにおける成績合計が最も良い国に与えられる。)

競技日程[編集]

競技会場は馬事公苑。8月1日のクロスカントリーのみ、海の森公園のクロスカントリーコースで実施される。

[6]

日付 種目 内容 備考
7/24 馬場馬術 グランプリ1日目 団体予選・個人予選
7/25 グランプリ2日目
7/27 グランプリスペシャル 団体決勝
7/28 グランプリフリースタイル 個人決勝
7/30 総合馬術 馬場馬術1日目 団体・個人
7/31 馬場馬術2日目
8/1 クロスカントリー
8/2 障害馬術
8/3 障害飛越 - 個人予選
8/4 - 個人決勝
8/6 - 団体予選
8/7 - 団体決勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]