2020年甲子園高校野球交流試合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 2020年甲子園高校野球交流試合
試合日程 2020年8月10日 - 8月17日
出場校 32校
試合数 16試合
選手宣誓 川瀬堅斗(大分商
井上朋也花咲徳栄
大会本塁打 3本塁打
日本の高校野球
テンプレートを表示

2020年甲子園高校野球交流試合(2020ねんこうしえんこうこうやきゅうこうりゅうじあい)は、2020年8月10日から8月17日までの6日間(予備日を除く)にわたって阪神甲子園球場で開催された日本高等学校野球連盟主催の交流試合[1]。日本国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している影響で第92回選抜高等学校野球大会が中止されたことを受けて、毎日新聞社朝日新聞社による後援の下で、同大会への出場が決まっていた全32校を甲子園球場へ招待した[1]

開催までの経緯[編集]

日本高野連は2020年に、日本国内における新型コロナウイルス感染拡大を理由に、阪神甲子園球場で開催を予定していた第92回選抜高等学校野球大会第102回全国高等学校野球選手権大会および、選手権大会への出場校を決める全ての地方大会を相次いで中止した。選抜大会については、出場32校を決定した後(開幕1週間前の3月11日)に中止を決めたことから、日本高野連会長の八田英二は、当日の記者会見で32校への救済措置を講じることを示唆していた。

その一方で、日本プロ野球(NPB)も、新型コロナウイルス感染拡大の影響でレギュラーシーズンの開幕を3月20日から6月19日に延期。延期に伴って、シーズンの日程を大幅に組み直した。しかし、 阪神甲子園球場を本拠地として使用するNPBの阪神タイガースが、例年の選手権大会期間中と同じく、8月中旬に同球場を主催公式戦や練習に使用しないことを決定。選抜大会の主催社・選手権大会の後援社である毎日新聞社や、選手権大会の主催社・選抜大会の後援社である朝日新聞社などの協力もあり、日本高野連は6月10日の常任理事会で、8月中旬に選抜大会出場32校を招待し、1試合限定の交流試合を甲子園球場で開催することを決めた[1][2][3]。招待校への参加可否の確認を経て、7月8日にオンラインによる抽選会が行われ対戦カードが決定した。

招待校[編集]

試合結果[編集]

第1日[編集]

  • 8月10日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大分商 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2
花咲徳栄 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3 8 1
  1. (大) : 川瀬 - 末田
  2. (花) : 髙森 - 中井
  3. 審判:球審…尾崎、塁審…前坂・中西・髙田
  4. 試合時間:2時間14分
  • 8月10日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鳥取城北 1 0 0 0 0 0 0 4 0 5 11 1
明徳義塾 0 1 0 0 1 0 0 2 2x 6 3 0
  1. (鳥) : 松村、阪上、中川、阪上 - 安保
  2. (明) : 新地、代木 - 鈴木
  3. 審判:球審…大槻、塁審…永井・山本・金丸
  4. 試合時間:2時間27分

第2日[編集]

  • 8月11日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島新庄 0 0 0 2 1 0 0 1 0 4 11 2
天理 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. (広) : 秋田、秋山 - 賀谷
  2. (天) : 庭野、達 - 山元
  3. 審判:球審…北田、塁審…小林・大上・三宅
  4. 試合時間:2時間2分
  • 8月11日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
平田 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
創成館 0 0 1 0 0 0 1 2 X 4 10 0
  1. (平) : 古川、高橋 - 三島
  2. (創) : 白水、坂口、前田 - 浦邊、中庭
  3. 審判:球審…吉岡、塁審…土井・黒羽・金岡
  4. 試合時間:2時間6分
  • 8月11日:第3試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
明豊 1 2 0 0 0 0 1 0 0 4 9 1
県岐阜商 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 7 5
  1. (明) : 若杉、楠、太田 - 賀来
  2. (岐) : 野崎、松野、森 - 髙木
  3. 本塁打:  (岐) – 佐々木
  4. 審判:球審…美野、塁審…宅間・大屋・野口
  5. 試合時間:2時間15分

第3日[編集]

  • 8月12日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
智弁学園 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 5 3
中京大中京 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 4 7 2
  1. (延長10回)
  2. (智) : 西村 - 佐藤、田上
  3. (中) : 髙橋 - 印出
  4. 審判:球審…乗金、塁審…金丸・髙田・山本
  5. 試合時間:2時間26分
  • 8月12日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鹿児島城西 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9 1
加藤学園 0 0 0 0 0 1 0 2 X 3 7 2
  1. (鹿) : 八方、前野 - 池山
  2. (加) : 肥沼 - 雨宮
  3. 本塁打:  (加) – 杉山
  4. 審判:球審…中西、塁審…西貝・井狩・永井
  5. 試合時間:1時間54分(中断:6分)

第4日[編集]

  • 8月15日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
履正社 2 6 0 0 0 0 1 0 1 10 11 1
星稜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 6 2
  1. (履) : 岩崎 - 関本
  2. (星) : 荻原、野口、安土 - 内山
  3. 審判:球審…美野、塁審…土井・前坂・大屋
  4. 試合時間:2時間10分
  • 8月15日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
磐城 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3 9 1
国士舘 0 0 3 0 0 1 0 0 X 4 9 0
  1. (磐) : 沖 - 岩間
  2. (国) : 中西 - 吉田
  3. 審判:球審…金丸、塁審…山本・西貝・中西
  4. 試合時間:1時間56分
  • 8月15日:第3試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
仙台育英 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 9 0
倉敷商 0 0 0 1 1 1 3 0 X 6 12 2
  1. (仙) : 向坂、伊藤、阿部、笹倉 - 木村、吉原
  2. (倉) : 福家、永野 - 田村
  3. 審判:球審…北田、塁審…黒羽・金岡・倉谷
  4. 試合時間:2時間46分

第5日[編集]

  • 8月16日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
桐生第一 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 5 0
明石商 0 0 0 0 0 2 0 1 X 3 7 1
  1. (桐) : 宮下、蓼原 - 星野
  2. (明) : 中森 - 名村、西田
  3. 審判:球審…乗金、塁審…堅田・尾崎・野口
  4. 試合時間:2時間7分
  • 8月16日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
帯広農 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4 9 4
健大高崎 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 1
  1. (帯) : 井村、水上 - 村中
  2. (健) : 下、長谷川、朝井、橋本拳、鈴木 - 戸丸
  3. 審判:球審…吉岡、塁審…田中・小林・大上
  4. 試合時間:1時間50分
  • 8月16日:第3試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鶴岡東 1 0 2 0 1 0 0 1 0 5 8 3
日本航空石川 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 6 2
  1. (鶴) : 阿部、太田 - 北原
  2. (日) : 嘉手苅、田中 - 中谷
  3. 審判:球審…大屋、塁審…三宅・北田・井狩
  4. 試合時間:2時間25分

第6日[編集]

  • 8月17日:第1試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東海大相模 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 3 2
大阪桐蔭 1 0 0 0 0 0 1 2 X 4 9 0
  1. (東) : 石田、笠川、諸隈 - 神里
  2. (大) : 藤江、松浦 - 吉安
  3. 審判:球審…前坂、塁審…宅間・吉岡・金丸
  4. 試合時間:1時間56分
  • 8月17日:第2試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
智弁和歌山 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
尽誠学園 1 5 0 2 0 0 0 0 X 8 13 1
  1. (智) : 大林、池田、矢田、小林樹 - 石平、宇井
  2. (尽) : 村上、谷口、仲村 - 橘
  3. 審判:球審…髙田、塁審…大上・美野・黒羽
  4. 試合時間:2時間3分
  • 8月17日:第3試合
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
山梨学院 0 1 0 1 0 3 1 2 0 8 11 0
白樺学園 1 0 0 0 1 0 0 0 1 3 10 1
  1. (山) : 川口、古川 - 栗田
  2. (白) : 片山、岩田、坂本武、葛西、奥村 - 業天
  3. 本塁打:  (白) – 川波
  4. 審判:球審…永井、塁審…井狩・乗金・金岡
  5. 試合時間:2時間30分

主な出場選手[編集]

  • 入江大樹(仙台育英)
  • 下慎之介(健大高崎)
  • 井上朋也(花咲徳栄)
  • 山村崇嘉(東海大相模)
  • 西川僚祐(東海大相模)
  • 髙橋宏斗(中京大中京)
  • 中山礼都(中京大中京)
  • 内山壮真(星稜)
  • 嘉手苅浩太(日本航空石川)
  • 仲三河優太(大阪桐蔭)
  • 小深田大地(履正社)
  • 田上奏大(履正社)
  • 内星龍(履正社)
  • 中森俊介(明石商)
  • 来田涼斗(明石商)
  • 小林樹斗(智弁和歌山)
  • 細川凌平(智弁和歌山)
  • 居谷匠真(明豊)
  • 川瀬堅斗(大分商)


実施概要[編集]

第92回選抜大会への出場を予定していた32校を日本高野連が招待したうえで、8月10日 - 12日および15日 - 17日の期間中に、招待校1校につき対抗試合を1試合ずつ(合計16試合)実施する(13、14、18、19日を予備日に設定)[1]

  • 原則として無観客で開催[1]。招待校に対しては、新型コロナウイルス感染拡大の防止策(マスクの着用など)を講じることを前提に、控え部員、部員の保護者・家族(部員1人につき5人以内)、野球部指導者の家族(1人につき5人以内)、教職員に限って、自校の試合の観戦を認める。NPB球団のスカウトについても、「招待校の3年生部員の進路を保証する」との観点から、人数を制限したうえで入場を許可する[4]
    • 招待校については、上記の条件に該当しない生徒の観戦を認めていないほか、該当する関係者にも大声や楽器による応援の自粛を求めている。
      • ただし、甲子園球場の外野スタンド下に設けられている甲子園歴史館は、交流試合の期間中も無休で開館。高校生が在学校の学生証を受付で提示した場合には、通常は「おとな料金」として扱われる入館料から半額を差し引く(「こども料金」を適用する)ほか、交流試合前後の期間(8月4 - 30日)に「高校野球特別展 甲子園をめざした球児たち」を開催している。
    • 上記の条件に該当する関係者の観戦場所については、内野スタンドで社会的距離を十分に確保したエリア(バックネット裏の銀傘の下など)を招待校ごとに指定。エリア内における校名入り横断幕の掲示も条件付きで認めているが、アルプススタンドや外野スタンドについては、例年の選抜大会・選手権本大会と違って一切開放しない。
      • このような事情から、選抜大会・選手権本大会では恒例になっているスタイルの応援(出場校・協力校の吹奏楽部・チアリーディングチーム・応援団によるアルプススタンドでの応援など)が、交流試合では一切認められなかった。一部の招待校(大阪桐蔭・東海大相模など)の吹奏楽部やチアリーディングチームは、自校の試合中に校内でアルプススタンドさながらの応援・演奏を披露するとともに、その模様を映した動画のライブ配信YouTubeなどで実施している[5]
    • ベンチ入りが可能な登録部員・指導者や上記の関係者から新型コロナウイルスへの感染が確認された場合には、主催者から緊急対策本部を設置することを決めていた[4]。上記の関係者に対しても、感染や感染者との濃厚接触が確認場合に追跡調査を実施することを前提に、入場券の裏面に氏名と座席番号を明記することを要請。退場時には、入場券を入場者からすべて回収する[6]
  • 組み合わせについては、7月8日の抽選会で決定。ただし、例年の選抜大会・選手権本大会と違って、招待各校の主将は全員オンラインを通じて抽選会に参加した[1]
    • 1日あたりの試合数を3試合以内、第1試合の開始時刻を午前10時以降に設定。第92回全国高等学校野球選手権地方大会の代替措置として、都道府県・地区高校野球連盟が主催する独自大会が全都道府県で開催されていることを踏まえて、交流試合と独自大会の期間が重複する都道府県・地区の招待校については、交流試合にも独自大会にも出場できるように試合の日程を調整した。
      • 招待校のうち、花咲徳栄と県岐阜商では、硬式野球部以外の学校関係者が新型コロナウイルスに感染していることが交流試合の開幕前(7月下旬)に判明した(県岐阜商のみ独自大会への出場を辞退)[7][8]。ただし両校とも、硬式野球部の責任教師(部長)から日本高野連への報告を経て、交流試合への参加が認められた[9]。なお、招待される32校から辞退校が出た場合には、第92回選抜大会の補欠校を、選考時点での候補順に招待することになっていた。
  • 最終学年である3年生部員を1人でも多く参加させることへの配慮から、招待校1校当たりのベンチ入り登録部員の上限を、例年の選抜大会・選手権本大会(いずれも18人)から20人に拡大[1]。その一方で、1校当たりの招待人数を合計30人以内(責任教師、監督、選手20人、記録員1人、ノッカー1人、補助員5人、校長または校長に準じる者1人)に限定する。
    • 第92回選抜大会の中止が決まった後に監督を交代している磐城と広島新庄については、前任(選抜大会への出場決定時点)の監督に「令和2年度大会参加資格規定」を適用することによって、以下の条件でチームへの帯同を認める。
      • 磐城の前任監督・木村保は、福島県教育委員会に採用された現役の数学教諭でもあるため、4月1日付の人事異動によって福島県立福島商業高等学校へ赴任した。赴任後は硬式野球部の顧問や福島県高等学校野球連盟の副理事長を務めているが、両校の校長による許可[10][11] の下で、対国士舘戦の試合前練習にノッカーとして7分間参加した[12]。ただし、試合中のベンチ入りまでは認められていなかったため、試合の指揮を後任監督の渡辺純(木村と同じ磐城高校硬式野球部のOB)に委ねていた[13]
      • 広島新庄の前任監督・迫田守昭は、3月31日付で同校の監督を退任。在任中は教員として勤務していなかったが、同校の校長から交流試合限定でチームの指揮を委嘱された場合には、監督としてベンチに入ることを認める方針を日本高野連が示していた。前述した木村と同様に、試合前練習のノッカーを務める余地も残していた[10] が、実際には後任監督の宇多村聡(迫田監督時代のコーチ)が試合の指揮を執った。
    • 交流試合で県岐阜商と対戦した明豊は、「勝つための戦略」という監督の方針で、ベンチ入り部員20名を全員出場させた。選抜大会・選手権本大会を含めた甲子園球場での高校野球の試合では初めての事例[14] で、他の招待校でも、第92回選抜大会への出場決定時点ではベンチ入り(登録)を予定していなかった部員の登録や出場が相次いだ。
  • 大会の運営経費については、例年の選抜大会・選手権本大会ほどの入場料収入を見込めないことから、日本高野連の積立金を充てる[1]
  • 例年の選抜大会・選手権本大会と同じく、第1試合では毎日、甲子園球場のある兵庫県西宮市内在住の小学生(少年野球チームに所属する選手)1名が始球式を務める。
  • 試合中に登板した投手については、日本高野連が2020年春の公式戦から投手への投球数制限(直近1週間の登板試合での総投球数が500球以内)を設けていることに伴って、登板中の投球数を甲子園球場の電光掲示板にリアルタイムで表示(同球場では第92回選抜大会からの開始を予定していた)。直近の6日間で公式戦に登板した投手を擁する招待校が臨む試合では、試合前のメンバー表交換の際に、当該投手が試合中に投球できる残りの球数を対戦校の監督・球審と共に確認する[15]。また、日本高野連が第92回選抜大会からの導入を予定していた申告敬遠制度を、甲子園球場を使用する高校野球の公式戦としては初めて適用する。
  • 招待校の選手や指導者に向けた熱中症対策の一環として、日本高野連の主催による甲子園球場での公式戦では初めて、ホワイトカラー(白一色)のスパイクを使用することを認める(当初は第92回選抜大会から認める予定だった)。日本高野連および各都道府県・地区の高等学校野球連盟主催の公式戦で選手・指導者が使用するスパイクについて「表面は黒一色で、エナメルおよび光沢のある素材は使用できない」と定めていた高校野球用具の使用制限を、日本高野連が2020年度から緩和したことに伴う措置で、黒一色のスパイクを履く選手と白一色のスパイクを履く選手が同じチームで混在することも認める[16][17]
  • 9回裏までに決着が付かなかった試合では、延長10回表の攻撃からタイブレークを適用する。当初は9回裏で試合を打ち切ったうえで引き分けとして扱う予定だった[18] が、6月17日開催の第1回実行委員会で「勝敗を決めたうえで(勝利校の選手に阪神甲子園球場のグラウンド上で)校歌を聞かせてあげたい」という意見が実行委員から挙がったことを受けて、引き分けを無くす方針に変更した[19]
  • 招待校における新型コロナウイルスへの感染拡大を防止すべく、例年の選抜大会・選手権本大会と違って、以下の方針を立てている。
    • 招待校の宿泊については、試合前日・当日の2泊までにとどめる一方で、宿泊費を主催者が負担。阪神甲子園球場の近隣に在所する招待校に対しては、1泊や日帰りなどの対応も認める[1][20]
      • 宿舎では可能な限り、1人につき1室を確保。ビュッフェ形式での食事の提供や、大浴場の利用を避けることも求める[21]
    • 宿舎のある大阪地区への移動に際しては、次のように手段を限定する[20]
      • 北海道と東北地区の招待校が、航空機鉄道などの公共交通機関で移動した場合には、移動に要した運賃を主催者が支給。対象校が大阪へ到着した際には、主催者が貸切バスを用意したうえで、帰郷の途に就くまで配車する[20]
      • 関東地区以西の招待校については、公共交通機関を使用せず、地元のバス会社から独自に借り切ったバス1台で大阪まで移動する[20]
        • ただし、大分商業の選手・指導者は、同校から大阪までの移動に新幹線を乗り継ぐことが日本高野連から認められていた。開幕試合への出場を控えた選手が、同校から片道で9時間を要するバス移動で疲労する可能性に配慮したことによる[22]
    • 招待校の選手には、練習や試合で屋外のグラウンドに出ている時間帯を除いて、マスクの着用を義務付ける。監督・部長・記録員については、自校の試合中にもベンチ内で着用させる[23]
    • 交流試合に勝利したチームには、例年の選抜大会・選手権本大会と同じく、本塁付近にベンチ入りの全選手・記録員が整列しての校歌斉唱を認める。ただし、大声での斉唱を禁止するほか、整列中には隣の選手との間隔を例年より広く取ることを求める[24]。その一方で、選抜大会・選手権本大会と同じく、試合の1回裏終了後には先攻校、2回表終了後には後攻校の校歌を収録した音源を甲子園球場内に流している。校歌の音源については、選抜大会と同様に、招待校から提出された音源を使用。
    • 試合が終わるたびにベンチ内を消毒する関係で、試合間のインターバルゾーンを、例年の選抜大会・選手権本大会より長い40分間に設定。第2・第3試合に出場する招待校の関係者は、消毒作業が完了してから入場を認める。また、インターバルゾーンで消毒の時間を優先的に確保せざるを得ないことから、試合後にベンチ前で選手が出場の記念に土を集める行為を禁止。阪神甲子園球場のグラウンド整備を担当する阪神園芸からの協力で、試合を開催しない時間帯に土を採取したうえで、採取した土を閉幕後に招待校のベンチ入り部員全員へ贈呈している[24][25]
  • 交流試合や招待校関連の取材を希望する報道陣に対しては、甲子園球場への入場口(関係者入場口)を通常の6号門(本塁後方)から8号門(三塁側付近)へ変更したうえで、8号門からの入場時にサーモグラフィーと検温で体温をチェック。受付で所属媒体と氏名を記録させるほか、運営関係者による検温で37.5度以上の体温が計測された場合には、入場を認めない。入場が認められた場合にも、マスクの着用を義務付けたうえで、以下の方法に沿った取材を求めている[26]
    • 試合への観戦が認められた保護者やスカウトには、場内で直々に接触せず、電話を通じて取材する。
    • 試合後のインタビューについては、監督と(試合での活躍選手や主将から1校につき1名が指名される)選手に限って、従来の選抜大会・選手権本大会と同様に、1階の関係者通路内の一部を「インタビューゾーン」としてテレビ・ラジオ中継や報道素材向けに使用。試合の中継・ライブ配信を担当するNHK朝日放送テレビ毎日放送のアナウンサーが、社会的距離を保ちながら、報道陣を代表してインタビュアーを交互に担当する。
    • インタビューに指名されなかった選手や、「インタビューゾーン」での取材を終えた監督・選手への個別取材については、空調設備が整っている球場内通路(有観客試合の開催時に一般客へ開放される本塁後方の2階通路)のコンコースへ特別に設けた取材ゾーンでのみ、社会的距離の維持やマスクの着用などを条件に認める。新型コロナウイルスへの集団感染(クラスター)発生の一因とされる「三密」の環境を誘発しかねないほど「インタビューゾーン」の周辺が狭い一方で、球場内通路全体が「空気の通り道」と重なって換気しやすいことや、無観客での開催に伴ってコンコース沿いの売店・飲食店が休業していることによる[23]
  • 8月10日の開会式には、開幕戦に出場する花咲徳栄と大分商の選手のみ参加。他の招待校による入場行進や参加が見送られたため、全招待校から寄せられた登録部員の集合写真を、試合の日程順による校名紹介のアナウンスに合わせてスコアボードへ映し出す演出を施した他、その際の楽曲には通常の全国大会での「大会行進曲」(曲:山田耕筰)や歌謡曲のアレンジである選抜大会(当該年は「パプリカ」、曲:米津玄師)などではなく「若い力」(曲:高田信一)が用いられた。
    • 実際には、入場行進以外にも、吹奏楽による演奏・伴奏や現役の高校生(選抜大会の場合には前年のNHK杯全国高校放送コンテスト優勝者)によるグラウンド上の司会・進行などが見送られた。その一方で、従来の選抜大会・選手権本大会と同じく、阪神甲子園球場のスコアボード上に国旗を掲揚する儀式を実施。主催者代表や来賓による挨拶については、交流試合実行委員長(日本高野連の八田会長)の挨拶のみ、ホームベースの後方に仮設された演壇で執り行われた[27]
    • 開会式を締めくくる演壇付近での選手宣誓については、組み合わせ抽選会を通じて出場校の主将から1名が指名される選抜大会・選手権本大会と違って、花咲徳栄・大分商の主将が共同で臨んだ。
  • 閉会式の開催は見送られたが、最終戦(8月17日の第3試合・白樺学園対山梨学院戦)の終了後に、両校の登録部員・指導者による立ち会いの下でスコアボードから国旗を降納。降納の最中には、開会式と同様に、全招待校の集合写真をスコアボードへ映し出していた。

実際には、招待校や運営の関係者から、期間中に新型コロナウイルスへの感染や感染者との濃厚接触が確認されなかった。さらに、期間を通じて好天に恵まれたことから、予備日を一切活用することなく全日程を終了した。この結果を受けて、日本高野連の八田会長は、「新型コロナウイルスと共存する社会での高校野球(公式戦や大会の)運営に向けて、貴重な経験を積むことができました」というコメントを閉幕の当日(8月17日)に発表[6]。招待校の選手に対しては、「充実した交流試合」との表現でプレーを称賛するとともに、「第92回選抜大会の中止を発表した時に掲げた『何とか機会を見付けて甲子園(球場)の土を踏ませてあげたい』との約束を果たすことができました。決意を新たに、各自の次の目標に歩んで下さい」と呼び掛けた[28]

試合中継の放送・配信体制[編集]

NHKでは、例年の選抜大会・選手権本大会と同様に、地上波のテレビ(総合テレビEテレ)とラジオ(ラジオ第一)で全試合を中継した。一部の府県・地区で独自大会も同時に開催していることから、地方局によっては、交流試合を開催している時間帯でも放送対象地域内での独自大会の中継を優先。交流試合中継については、総合テレビのサブチャンネルを活用する[注釈 1]か、Eテレで放送するか、中断の措置を講じることで対応している。なお、当初は「NHKプラス」(3月1日から提供を開始したNHK地上波テレビ放送のインターネット常時同時・見逃し番組配信サービス)による交流試合中継のサイマル(同時)配信も検討されていたが、実際には見送られた[29][30]

例年は選抜大会の全試合を主にGAORAで中継している毎日放送グループでは、本来は選抜大会関連のポータルサイトである「センバツLIVE!」(毎日新聞社との共同運営)や、Sportsnaviの高校野球ページを通じて全試合のライブ配信を実施[注釈 2]。放送向けの中継は制作しなかったが、同局の現役スポーツアナウンサー[注釈 3]が、夏に開催の高校野球の試合を初めて実況している。地上波テレビでは、交流試合の開幕前から終了直後まで、関連番組や試合の速報を関西ローカル向けに放送。ラジオでは、開幕の直前と最終日の夜間(第3試合終了後)に特別番組を放送した(当該項で詳述)。

例年は選手権本大会の全試合を中継する朝日放送グループでは、地上波(テレビ[注釈 4]ラジオ[注釈 5])で全試合を生中継[注釈 6]スカイ・Aで録画中継。直接のグループ会社ではないが、ANN基幹局のテレビ朝日を通じて関係のある[注釈 7]BS朝日での全国向け中継も制作するほか、本来は選手権大会関連のポータルサイトである「バーチャル高校野球」(朝日新聞社・運動通信社との共同運営)で全試合のライブ配信を実施していた。全日とも第1試合の開始時刻が10:00以降に設定されていたが、地上波テレビでは第1試合の開始から最長で17:50、ラジオでは最長で17:55まで放送[31]。地上波のテレビ中継については、1985年から選手権本大会の中継で関西地方向けに実施してきた近畿圏独立局とのリレーネットを適用しなかったため、一部の時間帯で中断していた[注釈 8](中断の時間帯と重なる試合についてはBS朝日向けの完全生中継で補完)。さらに、例年は選手権本大会の期間中に放送されている『熱闘甲子園』(テレビ朝日との共同制作によるダイジェスト番組)に代わって、『2020高校野球 僕らの夏』(交流試合のダイジェストや出場選手の様子を紹介する朝日放送テレビ単独制作の30分番組)を、関西ローカル向けに初日(8月10日)から8日間にわたって編成[32]。また、テレビ朝日と共同で、『高校野球特番2020 君だけの甲子園』を制作している(閉幕翌週の23日21:00 - 22:54にANN系列全国ネットで放送)。ラジオでは、『高校野球スペシャル 届け!この夏の想い』という統一タイトルの下で、交流試合の前後に複数の関連番組を放送した。

毎日放送と朝日放送テレビは、例年の選抜大会・選手権本大会期間中と同様に、自社で加盟する地上波テレビの系列(朝日放送テレビはANN・毎日放送はJNN)他局と共同で、甲子園球場の場外に中継本部を設置。毎日放送を中心にJNN加盟局が共同で運営する「JNN甲子園本部」では、JNN全体で放送・取材に携わるイベントとしては初めて、加盟各局に対する映像素材の伝送に「Microsoft Azure」(マイクロソフトが提供するクラウドコンピューティングサービス)を初めて活用した[33]

インターネット向けのライブ配信では、朝日放送テレビ側のスタッフが撮影する動画を毎日放送でも使用。「センバツLIVE!」では、その動画に選抜大会仕様のテロップを挿入していた[注釈 9](「バーチャル高校野球」では地上波テレビ・BS朝日向け中継映像のサイマル配信で対応)。その一方で、関連会社(ヤフー株式会社)がSportsnaviを運営するソフトバンクからの技術協力によって、「センバツLIVE!」ではVRライブ配信とマルチアングル(多視点)ライブ配信[34]、「バーチャル高校野球」では360度撮影できるカメラ(甲子園球場のバックネット裏と一塁側・三塁側ベンチ横に1台ずつ設置)からの動画を活用した「VR LIVE 360」の配信も全試合で実施している[35]

初日(8月10日)の9:15 - 9:30に催された開会式については、NHK総合テレビとBS朝日で生中継。例年の選手権本大会では地上波テレビ・ラジオで開会式も中継する朝日放送グループでは、ヒロド歩美(朝日放送テレビアナウンサーで『2020高校野球 僕らの夏』のキャスター)がBS朝日向けの中継で実況を担当したものの、編成上の事情[注釈 8]から地上波テレビ向けの中継を見送った[注釈 10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NHK大阪放送局を例に取れば、8月10日の午後(13:05以降)にマルチ編成を実施。メインチャンネルでは「令和2年大阪府高等学校野球大会」(大阪府高等学校野球連盟主催の独自大会)の最終日(準決勝)2試合、サブチャンネルでは交流試合1日目(第2・3試合)の中継を並行で放送した。
  2. ^ 大阪桐蔭対東海大相模戦の配信のみ、両校内からの生中継による応援・演奏動画を随時挿入
  3. ^ 森本栄浩近藤亨三ツ廣政輝金山泉井上雅雄仙田和吉森本尚太美藤啓文赤木誠(以上担当順、森本尚太・美藤以外のアナウンサーはNPBの公式戦中継でも実況を担当、美藤・赤木は嘱託契約扱いの「シニアスタッフ」)
  4. ^ 中継映像および実況・解説陣は地上波テレビ・BS朝日共通で、朝日放送テレビの放送対象地域である近畿広域圏では、地上波での中断を除く時間帯に並行放送。中継のフォーマットは例年の選手権本大会中継に準拠していて、「ねったまじゃんけん」(選手権本大会の地上波テレビ向け中継でイニング間のCM明けに放送している企画)を、BS朝日でも初めて放送している。
  5. ^ 朝日放送ラジオと同じJRNNRNに加盟する民放ラジオ局の大分放送RSK山陽放送和歌山放送でも、放送対象地域(RSKでは岡山県・香川県)からの招待校が出場する試合の中継を、朝日放送ラジオからの同時ネット方式で放送。
  6. ^ 選手権大会・NPB公式戦中継でも実況を担当するスポーツアナウンサーに加えて、2020年に新卒で朝日放送テレビに入社したばかりの大野雄一郎東留伽両アナウンサーを、「インタビューゾーン」のインタビュアーに抜擢。
  7. ^ テレビ朝日ホールディングスによる完全子会社化以前には、(持株会社化以前の旧法人である)朝日放送も出資していた。
  8. ^ a b 交流試合を開催する平日(8月10 - 12日および17日)には、通常編成と同じく、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日制作)のフルネットを8:00 - 9:55に実施(10日の開会式の時間帯にも飛び降りずに放送)。9:55 - 11:42に午前中の試合を中継してから、全国ネット番組(テレビ朝日発の『大下容子ワイド!スクランブル』(第1部のみ11:45の『ANNニュース』から飛び乗り。第2部は通常通り放送)『徹子の部屋』および自社発の『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』)などの放送による中断(例年の選手権本大会期間中は独立局へのリレーネットで試合中継を補完)をはさんで、14:00から試合の中継を再開していた。9:55から試合を中継した15日(土曜日)については、『ANNニュース』(11:45 - 12:00)による中断だけで、本来は12:00 - 13:25に実施している『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日制作)の同時ネットを臨時に返上(前年の第101回選手権本大会期間中の措置を踏襲=中継予定の試合が雨天中止の場合のみ放送)。10:00から試合を中継した16日(日曜日)については、『ANNニュース』(11:50 - 12:00)の同時ネットと自社発全国ネット番組(『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』)の先行放送(本来は12:00 - 12:55に実施しているテレビ朝日発『ビートたけしのTVタックル』の同時ネットを臨時で返上することに伴う放送枠の55分繰り上げ)などによる中断をはさんで、13:05から中継を再開した(11:53 - 12:15にはNHK総合は本来のEテレではなく編成の都合でサブチャンネルで放送)。なお、両日とも16時台の後半にテレビ朝日発の全国ネット番組(15日『クレヨンしんちゃん』・16日『サンデーステーション』)が控えていたため、編成上は中継の終了時刻を16:25に定めていた(15日は16:25で終了・16日は17:20まで延長した後に17:25から『サンデーステーション』へ飛び乗り)。
  9. ^ ただし、開催の季節を踏まえて、ベースカラーを選抜大会中継時のパステルピンクからパステルブルーに変更。
  10. ^ 地上波ラジオでは、『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(月 - 木曜日午前9 - 11時台の生ワイド番組で交流試合の開催日のみ放送枠を9:00 - 9:55に短縮)内で、伊藤史隆(朝日放送テレビのスポーツアナウンサー)の実況による開会式の生中継を挿入。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日本高野連が今春センバツの代替試合を発表 無観客の甲子園で8月に各校1試合 リモート開会式も検討”. スポーツ報知 (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
  2. ^ “センバツ出場予定だった32校を甲子園に 8月に交流戦:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASN6B4R1HN69PTQP00C.html 2020年6月10日閲覧。 
  3. ^ 甲子園にセンバツ32校招待!8・10から対抗試合 - 高校野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月10日閲覧。
  4. ^ a b "甲子園交流試合、部員の家族や教職員の入場認める". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 29 July 2020. 2020年8月6日閲覧
  5. ^ "リモート応援演奏 届け甲子園に 吹奏楽部も晴れ舞台". 産経新聞社. 17 August 2020. 2020年8月21日閲覧
  6. ^ a b "交流試合全6日間終了 日本高野連・八田会長「貴重な経験」来春センバツ開催の礎に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 August 2020. 2020年8月18日閲覧
  7. ^ 花咲徳栄 学校関係者がコロナ感染、今月いっぱい休校&部活動停止”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2020年7月29日). 2020年7月29日閲覧。
  8. ^ 県岐阜商コロナ感染で独自大会辞退 部員は全員陰性”. nikkansports,com. 日刊スポーツ新聞社 (2020年7月19日). 2020年7月19日閲覧。
  9. ^ 県岐阜商、花咲徳栄は予定通り出場 8月の『甲子園高校野球交流試合』”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2020年7月29日). 2020年7月29日閲覧。
  10. ^ a b "センバツ時に監督だった2人 交流試合参加の可能性". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 17 June 2020. 2020年8月6日閲覧
  11. ^ "悲願実現!磐城の前監督木村保氏が甲子園でノッカー". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 August 2020. 2020年8月9日閲覧
  12. ^ "「人生で最も濃密な7分間」磐城・木村保前監督が魂のノック 応えた選手が随所に好プレー連発". 中日スポーツ. 中日新聞社. 15 August 2020. 2020年8月16日閲覧
  13. ^ "「苦しみ残し去っていいのか」 磐城、2人の監督の思い". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 20 April 2020. 2020年8月9日閲覧
  14. ^ "甲子園史上初の1試合1チーム20人出場 明豊ベンチ入り全員起用". 中日スポーツ. 中日新聞社. 11 August 2020. 2020年8月19日閲覧
  15. ^ "甲子園電光掲示板に投球数表示 高校野球交流試合". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 August 2020. 2020年8月11日閲覧
  16. ^ "ホワイトカラースパイクについて". 日本高等学校野球連盟. 24 May 2019. 2020年8月15日閲覧
  17. ^ "甲子園交流試合 「白スパイク解禁」10度低い実験結果も、選手「黒には戻れない」". iza. 産経新聞社. 13 August 2020. 2020年8月15日閲覧
  18. ^ "甲子園交流試合10回からタイブレーク制に 高野連". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 17 June 2020. 2020年8月6日閲覧
  19. ^ "高野連 「甲子園交流試合」延長10回からタイブレーク制 引き分けなくし「校歌を聴かせたい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 June 2020. 2020年8月6日閲覧
  20. ^ a b c d "甲子園で「交流試合」貸し切りバスで移動、感染防止に全力 ベンチ入り2人増". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 June 2020. 2020年6月11日閲覧
  21. ^ "土集め、大声斉唱、大浴場ダメ/交流試合の感染対策". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 10 August 2020. 2020年8月10日閲覧
  22. ^ 大分商は疲労考慮し新幹線で移動「バスだと9時間」 日刊スポーツ、2020年8月9日、2020年8月10日閲覧
  23. ^ a b "各校、特注のマスク。そのファッションセンスに注目!?/2020甲子園交流試合リポートVol.8". 週刊ベースボールオンライン. 日刊スポーツ新聞社. 3 August 2020. 2020年8月16日閲覧
  24. ^ a b "交流試合「甲子園の土」集め禁止 校歌も大声ははNG". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 3 August 2020. 2020年8月6日閲覧
  25. ^ "甲子園の土集めを阪神園芸が代行 粋な計らいで球児のもとへ". デイリースポーツ. デイリースポーツ新聞社. 18 August 2020. 2020年9月3日閲覧
  26. ^ "密を避ける2020年甲子園高校野球交流試合、割を食ったのは…". VICTORY. 14 August 2020. 2020年8月16日閲覧
  27. ^ 交流試合、2校だけの開会式 他校は大型ビジョンの集合写真で「参加」”. デジタル毎日. 毎日新聞社 (2020年8月10日). 2020年8月16日閲覧。
  28. ^ 日本高野連会長「約束を果たすことができました」甲子園交流試合終え安ど”. デイリースポーツ (2020年8月17日). 2020年8月18日閲覧。
  29. ^ NHK会長 1日スタートの「NHKプラス」は「使い勝手いい」、サーバー増設も”. スポーツニッポン (2020年3月18日). 2020年8月15日閲覧。
  30. ^ NHK センバツ代替試合の放送に前向き「中継できたら」 大阪府大会も「中継したい」”. デイリースポーツ (2020年6月11日). 2020年8月15日閲覧。
  31. ^ ABC テレビ&ラジオで「甲子園高校野球交流試合」を生中継 (『デイリースポーツ2020年7月1日付記事)
  32. ^ 「熱闘甲子園」代替特番 古田氏、ヒロド歩美アナで (『日刊スポーツ2020年7月20日付記事)
  33. ^ 毎日放送ら、甲子園高校野球交流試合でクラウド活用しJNN各局へ映像素材を伝送 (『日経クロステック2020年7月30日付記事)
  34. ^ スポーツナビ内の「センバツLIVE!」で「甲子園交流試合」の全試合をライブ中継(『BASEBALLKING』2020年8月8日付記事)
  35. ^ 「SPORTS BULL」内の「バーチャル高校野球」で2020年甲子園高校野球交流試合の全16試合をライブ中継 360°カメラによるVRライブ中継、臨場感ある試合観戦も(朝日新聞社2020年8月5日付ニュースリリース)

関連項目[編集]