2020年電子決済サービス不正引き出し事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年電子決済サービス不正引き出し事件
場所 日本
日付 2020年9月に発覚
原因 セキュリティ上の不備など
被害者 175件 (2020年9月22日時点)
損害 31,521,530円 (2020年9月22日時点)
テンプレートを表示

2020年電子決済サービス不正引き出し事件(2020ねんでんしけっさいさーびすふせいひきだしじけん)は、2020年9月に発覚した複数の電子決済サービスを通じて、銀行口座の残高が不正に引き出された事件。被害者の銀行口座が第三者によって勝手に電子決済サービスに登録され不正に口座残高の引き出しが行われた。2020年9月22日時点で約3152万円の被害が確認されている[1]

概要[編集]

2020年9月初め頃からSNSなどでドコモ口座への不正引き出しが報告され[2]、9月15日時点で2676万円の被害が確認されている[3]。第三者が何らかの方法で被害者の個人情報を取得し、銀行口座を勝手に電子決済サービスに登録して不正に口座残高を引き出したと考えられている。

不正引き出しの被害は、当初ドコモ利用者、ドコモ口座利用者などと考えられていた。だが9月15日以降、ドコモ口座以外に、PayPay、Kyash、LINE Payなどの決済サービスでも不正引き出しの被害が確認されている[4]。電子決済サービスからの個人情報の流失による被害ではなく、他から流失した個人情報をもとに電子決済サービスを手段として犯罪が行われていたと考えられている。

手口[編集]

犯人はまず、被害者の銀行口座の口座番号や暗証番号などの銀行口座情報を不正に入手。

次に、不正に入手した銀行口座情報をドコモ口座、PayPay、Kyash、LINE Payなどの電子決済サービスに勝手に関連付け。

その後、銀行口座から関連付けた電子決済サービスに銀行口座の残高を送金した[5]

被害[編集]

確認された被害(決済サービスごと)
決済サービス 件数 被害額 確認日 引き出し元銀行 出典
ドコモ口座 145件 26,780,000円 2020年9月16日 七十七銀行中国銀行東邦銀行鳥取銀行滋賀銀行大垣共立銀行紀陽銀行みちのく銀行ゆうちょ銀行(82件、15,460,000円)、イオン銀行第三銀行 [1][6][7][8]
PayPay 18件 2,653,041円 2020年9月22日 ゆうちょ銀行(13件、1,354,041円)、愛知銀行(3件、1,200,000円)、イオン銀行(2件、99,000円) [9][10]
Kyash 4件 530,000円 2020年9月15日 イオン銀行(1件、300,000円)、ゆうちょ銀行(3件、230,000円) [11][12]
メルペイ 4件 1,050,489円 2020年9月18日 ゆうちょ銀行(4件、1,050,489円) [13][14]
LINE Pay 2件 498,000円 2020年9月16日 ゆうちょ銀行(2件、498,000円) [15]
PayPal 2件 10,000円 2020年9月16日 ゆうちょ銀行(2件、10,000円) [6]
支払秘書 調査中 調査中 ゆうちょ銀行 [6]

関連被害[編集]

2020年9月15日、上越市の80代女性の元に警察官を名乗る男から「あなたの口座が不正引き出しの被害を受けている」という内容の電話があり、その約1時間後に自宅を訪れた男が女性が目を離した隙にカードを盗み、その後現金28万7000円が引き出される被害が発生した。新潟県警は同様の不審な電話に関する通報が複数あるとして注意を呼び掛けた[16]

経緯[編集]

2019年5月、りそな銀行の口座からドコモ口座を通じて預金が不正に引き出された[17]

2020年9月始め頃、利用した覚えがないのに銀行口座から「ドコモコウザ」という名義で数十万円(30万円など)のお金が引き出されたという報告が、SNS上で複数行われた[2]

2020年9月5日、0時よりNTTドコモは「ドコモ口座」において、七十七銀行の銀行口座登録・銀行口座変更を停止[18][2]

2020年9月8日、0時より中国銀行大垣共立銀行の銀行口座登録・銀行口座変更を停止[18]。また、イオン銀行池田泉州銀行大分銀行紀陽銀行滋賀銀行仙台銀行第三銀行但馬銀行鳥取銀行北洋銀行みちのく銀行伊予銀行東邦銀行琉球銀行の銀行口座登録・銀行口座変更を停止[19]
同日ドコモは、同社システムへの不正アクセスでは無いことを報じた[20]

2020年9月9日、9時40分ゆうちょ銀行の銀行口座登録・銀行口座変更を停止[21]

2020年9月10日、0時より35行全ての提携銀行における銀行口座登録・銀行口座変更を停止[22][23]。同日、金融庁は報告徴求命令を出し、実態の解明、報告を命じた。同日16時30分よりNTTドコモは本件に関する記者会見を本社で開き、丸山副社長が謝罪し、セキュリティの不備を認めた[24][25]。被害が確認された銀行は11行[26]、66件で合計被害額は約1800万円[27]

2020年9月15日、0時時点でドコモ口座経由の不正引き出し被害が確認された銀行は11行、143件で合計被害額は2676万円[3]。この他一連の不正引き出しがドコモ口座以外にPayPay(17件約141万円)[9]Kyash(4件53万円)[11][12]LINE Pay(2件49.8万円)[15]などでも確認された[4]

2020年9月16日、0時時点でドコモ口座経由の不正引き出し被害は、145件で合計被害額は2678万円確認されている[1]

捜査・被疑者逮捕など[編集]

捜査は埼玉県警を中心に10府県の警察が合同捜査本部を設置して行っている[28]

2021年1月1日、2019年3月に「ドコモ口座」に他人の銀行口座をひも付け、預金約100万円を不正に出金したとして、警視庁と6県警の合同捜査本部は37歳の男をこの事件の主犯格として電子計算機使用詐欺窃盗などの疑いで再逮捕する方針と報じられた[29][30]

2021年1月6日、住所不定無職の37歳の男を電子計算機使用詐欺容疑などで再逮捕した。2019年3月に他人名義のスマートフォンで開設したドコモ口座に東京都在住40代男性の銀行口座情報を登録し、10回にわたり計約100万円を入金、その後コンビニエンスストアのATMで引き出した疑いがある。被疑者は「全く身に覚えがない」と容疑を否認している[31][32]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ドコモ不正、被害2678万円に 145件:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年9月16日閲覧。
  2. ^ a b c ドコモと七十七銀行、「ドコモ口座」への口座登録をストップ--不正利用の発覚で” (日本語). CNET Japan (2020年9月7日). 2020年9月10日閲覧。
  3. ^ a b ドコモ口座の不正引き出し、被害は143件、総額2676万円に増加” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年9月15日閲覧。
  4. ^ a b ゆうちょ、8事業者との口座連携を停止 ドコモに続きPayPayでも不正引き出し発覚” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年9月16日閲覧。
  5. ^ 緊急解説 なぜ起きた?「ドコモ口座」不正引き出し(2020年9月11日) - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月3日閲覧。
  6. ^ a b c 日本放送協会. “ゆうちょ銀行 不正引き出し これまでに109件 1811万円被害確認”. NHKニュース. 2020年9月16日閲覧。
  7. ^ 日本放送協会. “「ドコモ口座」通じた不正引き出し10行に拡大 本人確認強化へ”. NHKニュース. 2020年9月16日閲覧。
  8. ^ ドコモ口座不正、第三銀行でも数件被害” (日本語). 高知新聞. 2020年9月16日閲覧。
  9. ^ a b PayPay. “「PayPay」利用時の本人確認および不正利用防止に向けた対応について - PayPayからのお知らせ” (日本語). PayPay. 2020年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  10. ^ PayPay. “「PayPay」利用時の本人確認および不正利用防止に向けた対応について - PayPayからのお知らせ” (日本語). PayPay. 2020年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月7日閲覧。
  11. ^ a b 一部金融機関の新規登録および入金の一時停止について - Kyash PR”. pr.kyash.co. 2020年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  12. ^ a b 弊社に関する一部報道について - Kyash PR”. pr.kyash.co. 2020年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  13. ^ メルペイの利用における本人確認、不正利用対策強化について” (日本語). 株式会社メルペイ. 2020年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。 “また、本日より、ゆうちょ銀行に関する新規の銀行口座登録・銀行チャージを一時停止いたします。加えて、当社サービスにおける、ゆうちょ銀行との連携において発生いたしました事案について以下の通り報告いたします。なお、現時点で他の金融機関様についての被害は確認されておりません。 ・対象金融機関:ゆうちょ銀行 ・対象件数  :3件 ・被害金額  :計498,113円”
  14. ^ メルペイの利用における本人確認、不正利用対策強化について” (日本語). 株式会社メルペイ. 2020年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月7日閲覧。 “・対象金融機関:ゆうちょ銀行 ・対象件数  :4件 ・被害金額  :計1,050,489円”
  15. ^ a b ゆうちょ銀行に関する新規銀行口座登録・チャージの一時停止と 本人以外による利用事案のご報告について” (日本語). LINE Pay. 2020年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月16日閲覧。
  16. ^ ドコモ口座便乗、詐欺電話に注意 新潟で28万円被害:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2020年9月18日閲覧。
  17. ^ 日本放送協会. “「ドコモ口座」去年5月にも同様の不正引き出し”. NHKニュース. 2020年9月15日閲覧。
  18. ^ a b 一部銀行の銀行口座登録および銀行口座変更の申込受付停止について”. docomokouza.jp. 2020年9月10日閲覧。
  19. ^ 一部銀行の銀行口座登録および銀行口座変更の申込受付停止について(2020年9月9日追加分)”. docomokouza.jp. 2020年9月10日閲覧。
  20. ^ ドコモからのお知らせ 一部銀行の口座情報を使用したドコモ口座の不正利用について”. NTT docomo (2020年9月8日). 2020年10月5日閲覧。
  21. ^ 一部銀行の銀行口座登録および銀行口座変更の申込受付停止について(2020年9月9日追加分②)”. docomokouza.jp. 2020年9月10日閲覧。
  22. ^ 【重要】全ての金融機関における銀行口座登録の申込受付停止について”. docomokouza.jp. 2020年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月10日閲覧。
  23. ^ 【重要】銀行口座登録の申込受付停止および一部銀行のチャージ停止について(2020年9月10日15時更新)”. docomokouza.jp (2020年9月10日). 2020年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月10日閲覧。
  24. ^ NTTドコモ、16時30分から会見 口座不正引き出しを説明” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年9月10日閲覧。
  25. ^ “ドコモが10日夕方に会見へ 口座不正引き出しで対応説明” (jp). Mainichi Daily News. (2020年9月10日). https://mainichi.jp/articles/20200910/k00/00m/020/118000c 2020年9月10日閲覧。 
  26. ^ ドコモ口座不正、被害は11銀行に|全国のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2020年9月10日閲覧。
  27. ^ 株式会社インプレス (2020年9月10日). “ドコモ口座不正利用、被害額は約1800万円。「本人確認が不十分だった」” (日本語). Impress Watch. 2020年9月10日閲覧。
  28. ^ 日経「ドコモ口座で不正出金、容疑者逮捕 20年秋と別手口」
  29. ^ 「ドコモ口座」不正で詐欺G主犯格の男を再逮捕へ、警視庁など合同捜査本部”. TBS NEWS. 2021年1月3日閲覧。
  30. ^ 共同通信「ドコモ口座不正、再逮捕へ」『Reuters』、2021年1月1日。2021年1月3日閲覧。
  31. ^ ドコモ口座で不正出金容疑 他人の預金99万円、男逮捕―警視庁:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月6日閲覧。
  32. ^ ドコモ口座で不正出金、容疑者逮捕 20年秋と別手口” (日本語). 日本経済新聞 (2021年1月6日). 2021年1月6日閲覧。

関連項目[編集]