2020-21シーズンのFリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Fリーグ > 2020-21シーズンのFリーグ
Fリーグ1部
シーズン 2020-21
優勝 名古屋オーシャンズ(13回目)
試合数 132
ゴール数 782 (1試合平均5.92)
得点王 長坂拓海(浦安)
クレパウジ・ヴィニシウス(町田)
ペピータ(名古屋)
23
2019-20
2021-22 →
Fリーグ2部
シーズン 2020-21
優勝 トルエーラ柏(初)
試合数 30
ゴール数 180 (1試合平均6)
得点王 佐藤建也()
10
2019-20
2021-22 →

2020-21年シーズンのFリーグは、2020年9月 - 2021年3月まで行われた14回目のFリーグである。1部は名古屋オーシャンズが4シーズン連続13回目の優勝を果たした。

概要[編集]

前季F2優勝したY.S.C.C.横浜と2位のボルクバレット北九州がF1昇格。代わってF1ライセンスを取れなかったヴォスクオーレ仙台がF2降格した(Fリーグ選抜は今回から不参加)。その後ヴォスクオーレ仙台はクラブの財政⾯⽴て直しを図る為、2020-21シーズンのリーグ戦には参⼊しないことが決定。F2リーグは6チームで行われることとなった[1]

当初は5月30日に開幕予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大のため延期となった。また開幕前に行われていたオーシャンカップも中止が決定した[2]

そしてリーグ開幕をに9月以降の開幕を予定とすることとなった[3]

2020年7月29日、F1リーグを2020年9月5日に、F2リーグを2020年9月13日にそれぞれ開幕することを発表[4]

参加クラブ[編集]

参加クラブは以下の通りになる[1]


大会スケジュール[編集]

  • F1
    • レギュラーシーズン 2020年9月5日 - 2021年3月14日[4]
    • プレーオフ なし
  • F2
    • レギュラーシーズン 2020年9月13日 - 2021年1月24日[4]

レギュレーション[編集]

開催方式は2020年8月20日に発表された[5]

  • F1、F2ともに2回総当たり。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全試合が開催できなかった場合は、次の順序で順位を決定するものとする。
    1. F1では各チームが16試合、F2では各チームが7試合を実施できた場合、開幕から数えてその試合数での成績
    2. 各チームが1回戦総当たりを実施できた場合、その成績
    3. 上記のいずれにも達しないチームがあった場合は、順位を決定しない。
  • F1とF2の入れ替えは、上記の方法で双方のリーグの順位が決定できた場合に行う。原則として入替戦を実施する。

結果[編集]

ディビジョン1[編集]

チーム 昇格または出場権
1 名古屋オーシャンズ (C) 22 19 2 1 86 42 +44 59
2 バサジィ大分 22 14 3 5 84 50 +34 45
3 ペスカドーラ町田 22 12 4 6 80 66 +14 40
4 湘南ベルマーレ 22 12 3 7 73 50 +23 39
5 立川・府中アスレティックFC 22 12 3 7 72 64 +8 39
6 フウガドールすみだ 22 9 6 7 72 70 +2 33
7 シュライカー大阪 22 9 3 10 55 50 +5 30
8 バルドラール浦安 22 8 4 10 68 69 −1 28
9 ボルクバレット北九州 22 8 2 12 59 70 −11 26
10 エスポラーダ北海道 22 4 6 12 49 61 −12 18
11 Y.S.C.C.横浜 22 2 3 17 39 79 −40 9
12 ボアルース長野 22 2 3 17 45 111 −66 9 入替戦に出場

出典: http://www.fleague.jp/score/teamrank.html
順位の決定基準: 1. 得失点差, 2. 総得点数, 3. 当該クラブ間の対戦成績(勝点→得失点差→総得点数), 4. 抽選.

ディビジョン2[編集]

チーム 昇格または出場権
1 トルエーラ柏 (C) 10 10 0 0 49 10 +39 30 入替戦に出場
2 デウソン神戸 10 6 1 3 31 19 +12 19
3 広島エフ・ドゥ 10 5 2 3 28 24 +4 17
4 アグレミーナ浜松 10 4 0 6 23 32 −9 12
5 ヴィンセドール白山 10 3 1 6 26 34 −8 10
6 ポルセイド浜田 10 0 0 10 13 51 −38 0

出典: http://www.fleague.jp/score2/teamrank.html
順位の決定基準: 1. 得失点差, 2. 総得点数, 3. 当該クラブ間の対戦成績(勝点→得失点差→総得点数), 4. 抽選.

入替戦[編集]

入替戦は以下の通り行う[6]ものの、2021年3月7日にトルエーラ柏のF1ライセンス不交付(F2ライセンスの交付となった)が決定したため、試合結果に関わらず入れ替えは行わない[7]。そして3月11日に入替戦そのものの中止を発表[8]



得点ランキング[編集]

1部[編集]

順位 選手名 チーム名 得点
得点王 長坂拓海 バルドラール浦安 23
クレパウジ・ヴィニシウス ペスカドーラ町田
ペピータ 名古屋オーシャンズ
4 ガリンシャ フウガドールすみだ 19
ロドリゴ 湘南ベルマーレ
6 室田祐希 ペスカドーラ町田 16
7 森洸 バサジィ大分 15
加藤竜馬 バルドラール浦安
9 本田真琉虎洲 湘南ベルマーレ 14
アルトゥール 名古屋オーシャンズ

[9]

2部[編集]

順位 選手名 チーム名 得点
得点王 佐藤建也 トルエーラ柏 10
2 佐々木諒 広島エフ・ドゥ 8
武石高弘 デウソン神戸
4 中村友亮 トルエーラ柏 7
野村啓介 トルエーラ柏
6 新後司 広島エフ・ドゥ 5
渡辺大輔 広島エフ・ドゥ
永村八一 ヴィンセドール白山
長谷大地 デウソン神戸
山田翔司 トルエーラ柏
津田京一郎 ヴィンセドール白山
白方秀和 トルエーラ柏

[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Fリーグ2020-2021 クラブ編成” (プレスリリース), 日本フットサルリーグ, (2020年4月14日), https://www.fleague.jp/news/?p=51206 2020年5月23日閲覧。 
  2. ^ “Fリーグ2020-2021開幕延期およびFリーグオーシャンカップ2020年大会開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本フットサルリーグ, (2020年4月14日), https://www.fleague.jp/news/?p=51209 2020年5月23日閲覧。 
  3. ^ “Fリーグ2020-2021開幕について” (プレスリリース), 日本フットサルリーグ, (2020年5月27日), https://www.fleague.jp/news/?p=51316 2020年6月18日閲覧。 
  4. ^ a b c “Fリーグ2020-2021 開幕日および試合日程を発表!” (プレスリリース), 日本フットサルリーグ, (2020年7月29日), https://www.fleague.jp/news/?p=51482 2020年8月1日閲覧。 
  5. ^ Fリーグ2020-2021 大会概要のお知らせ”. Fリーグ公式サイト (2020年8月20日). 2021年1月12日閲覧。
  6. ^ a b Fリーグ2020-2021 ディビジョン1・2 入替戦「ボアルース長野 vs. トルエーラ柏」試合情報および「湘南ベルマーレ vs. 立川・府中アスレティックFC」代替日決定のお知らせ”. 日本フットサルリーグ (2021年3月5日). 2021年3月10日閲覧。
  7. ^ Fリーグ2020-2021 ディビジョン1・2 入替戦に関わるトルエーラ柏のライセンスについてのお知らせ”. 日本フットサルリーグ (2021年3月9日). 2021年3月10日閲覧。
  8. ^ Fリーグ2020-2021 ディビジョン1・2 入替戦「ボアルース長野 vs. トルエーラ柏」 開催中止のお知らせ”. 日本フットサルリーグ (2021年3月11日). 2021年3月13日閲覧。
  9. ^ 2020-21 F1得点ランキング
  10. ^ 2020-21 F2得点ランキング

関連項目[編集]