20200101

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
20200101
香取慎吾スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 『20200101』収録のシングル
    1. 「10%(配信シングル)」
      リリース: 2019年10月1日
    2. 「Trap(配信シングル)」
      リリース: 2019年11月1日
    3. 「Prologue (feat.TeddyLoid&たなか)(配信シングル)」
      リリース: 2019年11月22日
    4. 「FUTURE WORLD (feat. BiSH)(配信シングル)」
      リリース: 2019年12月24日
    ミュージックビデオ

    「ビジネスはパーフェクト (feat.スチャダラパー)」 - YouTube
    「Now & Forever (feat.SONPUB&向井太一)」 - YouTube

    テンプレートを表示


    20200101(ニワニワワイワイ)は、香取慎吾オリジナル・アルバム2020年1月1日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

    概要[編集]

    ソロとしては初となるフルアルバム[4]

    SMAP解散後ジャニーズ事務所を退所し、草彅剛稲垣吾郎と共に新しい地図として活動している香取だが、一時期は音楽がまったく聴けなかった時期があったという。新しい地図としての活動を通して再び音楽に対する愛情が湧きあがり、今回のソロアルバムのリリースに繋がったという[4]

    制作にあたっては東京オリンピックパラリンピックの開催年であった2020年を盛り上げるべく、「皆でワイワイ楽しもう!」がテーマとして掲げられ[5]BiSH氣志團KREVASALU須田景凪スチャダラパーSONPUB&向井太一TeddyLoid&たなかWONKyahyelがコラボレーションアーティストとして参加。香取も楽曲制作に関わっている[6]

    2020年1月5日には発売を記念したラジオ番組『FM OH! SUNDAY SPECIAL しんラジ!-シーズン 1-』がFM OH!で放送され、香取と淡路祐介がラジオDJを務めた[7]

    公式発表上の発売日は2020年1月1日となっているが、実際には2019年12月26日より店頭での販売を開始しており、同日付のオリコン・デイリーアルバムランキングでは初登場1位にランキングされた[2][5]

    発売に合わせ、タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」のポスターに起用された。

    リリース[編集]

    通常盤である「通常BANG!」(WPCL-13167)のほか、初回限定盤として「初回限定・観るBANG!」(WPZL-31722)と、「初回限定・GOLD BANG!」(WPCL-13166)がリリースされている。「初回限定・観るBANG!」には、「Trap」と「FUTURE WORLD (feat. BiSH)」のミュージック・ビデオが収録されたDVDが同梱され、「初回限定・GOLD BANG!」には、ボーナストラックとして「10% (小西康陽remix)」が収録される。

    収録内容[編集]

    CD(通常BANG!、初回限定・観るBANG!)[1]
    #タイトル作詞・作曲編曲時間
    1.「Prologue (feat.TeddyLoid&たなか)」TeddyLoid、Tanaka、ShingoTeddyLoid、Tanaka
    2.「Trap」WTM、Shingo 
    3.「Metropolis (feat.WONK)」WONK、Yanosuke、Shingo 
    4.「welp (feat.須田景凪)」Keina SudaKeina Suda
    5.「I'm so tired (feat.氣志團)」Show Ayanocozey、Takeshi Kiuchi、Shingo竹上良成
    6.「ビジネスはパーフェクト (feat.スチャダラパー)」M.KOSHIMA、Y.Matsumoto、S.Matsumoto、Shingo 
    7.「Neo (feat.yahyel)」yaryel、Shingo 
    8.「嫌気がさすほど愛してる (feat.KREVA)」KREVA、Shingo 
    9.「OKAY (feat.SALU)」SALU、CHAKI ZULU、Shingo 
    10.「10%」HIRO、Naruhiro Gompa、Shingo 
    11.「Now & Forever (feat.SONPUB&向井太一)」SONPUB、向井太一、CELSIOR COUPE、Shingo 
    12.「FUTURE WORLD (feat.BiSH)」松隈ケンタJ×S×K、ShingoSCRAMBLES、門脇大輔
    CD(初回限定・GOLD BANG!)[8] 上記12曲の他、ボーナストラックとして下記楽曲を収録
    #タイトル作詞・作曲編曲時間
    13.「10% (小西康陽remix)」HIRO、Naruhiro Gompa、Shingo 
    DVD(初回限定・観るBANG!)[9]
    #タイトル作詞・作曲編曲
    1.「Trap」WTM、Shingo 
    2.「FUTURE WORLD (feat.BiSH)」松隈ケンタ、J×S×K、ShingoSCRAMBLES、門脇大輔

    演奏[編集]

    • 香取慎吾:Vocal & Produce
    • TeddyLoid:All Instruments (#1)
    • たなか:Vocal Arrangement & All Backing Vocals (#1)
    • ISSEI:Human Beat Box (#2)
    • Funky D:Bass (#2)
    • 井上惇志:Keyboards (#2)
    • 森善太郎:Programming (#2)
    • 長塚健斗:Vocal & Chorus (#3)
    • 江崎文武:Keyboards (#3)
    • 井上幹:Bass & Synthesizer (#3)
    • 荒田洸:Drums (#3)
    • 小川翔:Support Guitar (#3)
    • 須田景凪:Vocal & Programming (#4)
    • 綾小路翔:Vocal (#5)
    • 西園寺瞳星グランマニエ:Guitar (#5)
    • 白鳥松竹梅:Bass (#5)
    • 叶亜樹良:Drums (#5)
    • 吉澤達彦:Trumpet (#5)
    • 竹上良成:Alto Sax, Baritone Sax (#5)
    • 大郷良知:Tenor Sax (#5)
    • 高井天音:Trombone (#5)
    • ANI、Bose:Vocal (#6)
    • SHINCO:DJ Scratch (#6)
    • 松田浩二 (SLY MONGOOSE):Keyboards (#6)
    • Takumi Sakai, Souta Oono, Ayumi Matsumura:Child Chorus (#6)
    • 池貝峻:Vocal & All Instruments (#7)
    • 篠田ミル、杉本亘、山田健人:All Instruments (#7)
    • ジェフ・ミヤハラ:Vocal Produce
    • KREVA:Vocal, Programming & All Instruments (#8)
    • 佐々木久美:Chorus (#8)
    • SALU:Vocal (#9)
    • Chaki Zulu:All Instruments (#9)
    • HIRO:Chorus, All Instruments & Programming (#10)
    • Tiger福原美穂前迫潤哉:Chorus (#10)
    • 向井太一:Vocal (#11)
    • SONPUB:All Instruments (#11)
    • BiSH:Vocal (#12)
    • 小原ジャストビガン:Track Design (#12)
    • 門脇大輔:Piano, Violin, Viola & Strings Arrangement (#12)
    • 藤田弥生:Violin & Viola (#12)

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b 香取慎吾/20200101<通常BANG!>”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2020年1月4日閲覧。
    2. ^ a b オリコン週間 アルバムランキング 2020年1月13日付”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME. 2020年1月18日閲覧。
    3. ^ Hot Albums 2020/1/13付け”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2020年1月18日閲覧。
    4. ^ a b 香取慎吾が語る、一度離れて実感した音楽への愛着と『20200101』「僕が好きなものしか詰まってない」”. リアルサウンド. 株式会社blueprint (2019年12月28日). 2020年1月4日閲覧。
    5. ^ a b “香取慎吾 初アルバム『20200101』オリコン・デイリーランキング初登場1位を獲得、レギュラー番組元日特番でBiSHらとコラボ曲披露”. SPICE (株式会社イープラス). (2019年12月27日). https://spice.eplus.jp/articles/263256 2020年1月4日閲覧。 
    6. ^ “香取慎吾、大阪のFM局で特別番組”. Lmaga.jp (株式会社京阪神エルマガジン社). (2019年12月23日). https://www.lmaga.jp/news/2019/12/84142/ 2020年1月4日閲覧。 
    7. ^ “香取慎吾、『20200101』をワイワイ語る特別番組”. BARKS. (2019年12月23日). https://www.barks.jp/news/?id=1000176380 2020年1月8日閲覧。 
    8. ^ 香取慎吾/20200101<初回限定・GOLD BANG!>”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2020年1月4日閲覧。
    9. ^ 香取慎吾/20200101 [CD+DVD]<初回限定・観るBANG!>”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2020年1月4日閲覧。