2021年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2021年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙

2018 ←
2021年1月15日/16日

  Grundsteinlegung MiQua-7004 (cropped).jpg Friedrich Merz 2019 (cropped).jpg Hart aber fair - 2019-09-30-9427 (cropped).jpg
候補者 アルミン・ラシェット フリードリヒ・メルツ ノルベルト・レトゲン英語版
第1回投票 380票、38.42% 385票、38.93% 224票、22.65%
決選投票 521票、52.79% 466票、47.21%




選挙前党首

アンネグレート・クランプ=カレンバウアー

選出党首

アルミン・ラシェット

2021年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙は、2021年1月16日に行われたドイツキリスト教民主同盟(CDU)の党首を決める選挙。同党の第33回党大会(: 33. Parteitag der CDU Deutschlands、1月15日-16日)内で行われた。

アンネグレート・クランプ=カレンバウアーが2020年2月に党首職の辞意を表明し、4月に党大会が開かれ後継者が選ばれる予定であったが、新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴い党大会が4月から年末まで延期され。その後感染者数が再び増加し始めたため、再度延期された[1]

最初の投票では反メルケル、保守派のフリードリヒ・メルツが385票で1位となり、ノルトライン=ヴェストファーレン州首相のアルミン・ラシェットが380票で僅差で2位、外交通のノルベルト・レトゲン英語版は224票にとどまり3位。メルツとラシェットが決選投票に進んだ。投票の結果、ラシェットが581票を獲得し、466票の獲得にとどまったメルツを逆転で下し新党首に選ばれた[2][3][4]

脚注[編集]

関連項目[編集]