2022 FIFAワールドカップの論争一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カタールへの「2022 FIFAワールドカップ」の開催決定は主催国としてのカタールの適合性とFIFA入札プロセスの公正さの両方について多くの「懸念と議論」を呼び、多くのメディア、スポーツエキスパート、および人権団体からの批判は、カタールのフットボールにおける歴史、高コスト、局地気候、およびカタールの人権の記録などの問題を浮き彫りにした。また、カタール招致委員会とFIFAメンバーとエグゼクティブの間で多くの贈収賄が行われたとの主張があり、その後、Theo Zwanzigerやセップ・ブラッター会長を含め、何人かのFIFA理事は開催権をカタールに決定したことが「誤り」であったと発言した[1][2][3][4]

気候[編集]

ワールドカップは通常北半球が夏の間に開催されるが、その時期のカタールの気温は50℃以上に達していると懸念されていた。2010年11月に現地紙「カタール・トゥデー」のインタビューに応じたドーハのスポーツ病院の2人の医師は、気候が問題であり、地域の気候がプロスポーツ選手の「健康に影響する」であろうと話した。そのうえで、特にフットボール選手は「より多くの誤りが犯されるでしょう」とした上で、穏やかな気候とそれにおいて、「ゲームの間である時は長い」と話した。さらに、医師の1人は、「カタールの気候に順応するのは不可能です」と証言した[5]。誰がトーナメントを主催するかを評価するための検査チームは、カタールの天候が「高リスク」であると語った。FIFA会長セップ・ブラッターは最初批判を拒絶したが、2013年9月に開催されたFIFA理事会で、夏の代わりとして冬に開催実現の可能性を評価するであろうと述べた。

スタジアムの中の供給[編集]

カタールの招致委員会の会長は、「気温は現在も未来も問題ではありません」と述べた[6]。カタールの招致委員会の公式サイトは説明する。

「5つのそれぞれのスタジアムは、太陽光発電を利用してスタジアムでファンとプレーヤーの両方を冷却する装置を設置するでしょう」。試合が開催されていない時間には、スタジアムの太陽光発電設備は送配電網へエネルギーを供給する。試合が開催される際には、スタジアムは送配電網からエネルギーの供給を受けます。これはスタジアムの炭素中立のための基礎です。「他の暑い気候の国でも主要なスポーツ・イベントを主催することができるように、私達が開発したスタジアムにおける冷却技術がそれらの地域でも利用可能となるよう計画しています」

この方法は、理論上50℃から温度を低下させることが可能と主張している。また、招致委員会では地下鉄の駅とスタジアムの間でファンゾーン、トレーニングのピッチと歩道においてそのような冷却技術を使うことを提案している[7]。これはカタールにとって大きなコストの問題を内包している。

冬のワールドカップ[編集]

冬にワールドカップを開催することについては物議を醸した。ブラッター会長は、それが、クリスマスシーズン(カタールの場合は支配するイスラム教であるが、ワールドカップにおけるサッカー選手は主にキリスト教)と衝突するかもしれないので、11月または12月のイベントに関する懸念を表明する一方、2022年の冬季オリンピックによって影響するかもしれないので、トーナメントが1月または2月に開催されないであろうと発言した[8][9]。それとしてこのトーナメントを北半球の冬に移動させることに関するプレミア・リーグの懸念の声はローカルなリーグを妨げることができました。イギリスサッカー協会の会長グレッグ・ダイクは、彼が2013年に彼の仕事を取った少し後に、冬にトーナメントを行うか、トーナメントを別の場所に移動させることのどちらかに開いていると発言した[10]。FIFA理事会メンバーのZwanzigeは、2022年のワールドカップをカタールにおける砂漠の状態に授与することが「あからさまな誤り」であると語り、冬の出来事へのどのような電位シフトでも主要なヨーロッパ国内のリーグへの効果のためunmanagableだと述べた[1]

2013年10月に、タスク・フォースでは、代わりの日付を考慮し、ブラジルでの2014年のワールドカップの後に報告することを委任された[11]。2014年の初頭、FIFA事務総長ジェロームValckeは、次のように発言し、これを先取するようだった:「率直に言うと、私は、それが、天候がより安定している時期であるので、それが11月15日と12月の終わりの間で起こるであろうと思います」。「それはヨーロッパで春により似ています」。これは、クリスマスシーズンとの可能な衝突と「実行委員会に関する限り、それは完全に決められていません」と言うことにおいて反応しているジム・ボイス副会長のためにFIFA内部で物議をかもしていた。それは、すべてのステークホルダーが会うべきであり、すべてのステークホルダーがインプットを持つべきであり、それから決定がされるであろうということに合意した。そして、私が理解していることへのその決定は、2015年に合う2014または3月のエグゼクティブの終わりまで取られない。「現状では、2014年の終わりまで予期されている決定または2015年3月で夏に残っています」[12]。 交互に、暑さの問題と戦う別のオプションは、ワールドカップの日付を、カタールの気候がより冷たいであろう北半球の冬に変更していたが、ちょうど、特にヨーロッパで多くの国内のリーグのカレンダーを変えなければならないであろうと同じくらい問題が多いと判明した[1]

フランツ・ベッケンバウアー(FIFA理事会のメンバー)は、冬にカタールが、2022年のワールドカップを主催することを許されることができると発言した。カタールが、違った形で、彼らが、スタジアムを冷却することにおいて使ったと思われるお金を蓄えているであろうという理由で、彼は彼の提案を正当化した。ベッケンバウアーは、「人は別の解決策について考えるべきです」と発言した。「1月と2月に、あなたはそこに快適な25℃を持っています」と彼は言いました。「カタールは票を勝ち取り、中東から最初のホストとして公正なチャンスに値しています」[13]。ワールドカップを授与された機会を祝っているカタールの式典の中で、FIFA会長であるセップ・ブラッターは後で、この提案がもっともらしかったことに合意した[14]。しかし、後で、FIFAは6月と7月のゲームの入札ポジションからのどのような変化でも、ホスト協会が提案することであるであろうということを明確化した[15]。贈収賄の調査のために協力することを断ったベッケンバウアーは後にFIFAからサッカー関連の活動について90日間の禁止を受けた[16]

ヨーロッパの冬の間にこのワールドカップを持つ観念は、彼が、それに応じてヨーロッパクラブ競技会を組み替える用意ができていたことを示していたUEFA会長のミシェル・プラティニによってさらに押し上げられた。2022年の夏のワールドカップへのプラティニの票はカタールに行った[17]。FIFA会長のセップ・ブラッターは、空調の効いたスタジアムにもかかわらず、イベントが試合より多くあり、他の文化的なイベントに関係していたと発言した。そのうえで、彼は、ファンとプレーヤーが夏の温度に加わることができたかどうかを疑った[18]

ヨーロッパリーグによる反対に加え、フランク・レービ(オーストラリアサッカー連盟の会長)は、夏から冬までの2022年のワールドカップ日付の変化がAリーグのスケジュールを覆すであろうと言い、万が一、決定が先に進むならば、FIFAから補償を求めるであろうと言いました[19]

2013年9月に、FIFAが、ワールドカップの日付を変更するという決定の上の放送局との話し合いが他のスケジューリングされたテレビの番組編成との潜在的な衝突を起こすことができると考えていたことは主張された。その上、その年のNFLシーズンによってかぶるであろう時に、米国で2018年と2022年のワールドカップの両方を放送する権利に対して4億2500万ドルを支払ったフォックスでは後で可能な季節を切り替えることに怒りを表明した(それは冬に起こる)。このネットワークは、この権利を、トーナメントが夏に起こるであろうという理解で買うと言い、もし、変化が先に進んだならば、彼らは補償を求めるであろう[20]

コスト[編集]

いくつかの見積りによれば、ワールドカップは、カタールにおよそ1380億ポンド(2200億米ドル)の予算を必要としようとしている。これは、南アフリカで行われた2010年のFIFAワールドカップに使った35億ドルのおよそ60倍にあたる[21]。ニコラ・リッター博士(ドイツの法律と金融のアナリスト)は、投資者のサミットが、1070億ポンドがスタジアムと設備に加えて、輸送インフラストラクチャーの上のさらなる10億ポンド上で使われるであろうとミュンヘンにおいて考えていたと話した。また、リッターは、300億ポンドが、プレーヤーとファンのための設備と宿泊施設を訓練することにおいて480億ポンドを持つ空調されたスタジアムを建てることに使われるであろうと言った。 さらなる280億ポンドは、トーナメントの開幕戦と決勝が行われるスタジアムを取り囲むであろうLusailと呼ばれる新しい都市を創ることに使われるでしょう[22]。2013年4月にメリルリンチによって発表されたリポートによれば、バンクオブアメリカの投資バンキング部門で、カタールの組織者は、増大するコストのため、少しのスタジアムを承認するために、FIFAから要求した[23]。ブルームバーグは、開催地の数を12から8か9に減らす計画を立てると発言[24]。2010年12月9日に発表されたリポートは、FIFA会長のセップ・ブラッターが、カタールの隣国がワールドカップまでの間でいくつかの国際試合を主催することができたと述べることを引用したが、リポートの中で特定の国は名前を挙げられなかった[25]。ブラッターは、そのような決定が最初にカタールによってされ、その後にFIFAの理事会によって承認されなければならないと付け加えた[14]ヨルダンのフセイン国王はオーストラリア新聞協会に対して、バーレーンアラブ首長国連邦、およびサウジアラビアで試合を行うことが、地域の人々に役立つであろうと述べた[26]

文化的で政治的な問題[編集]

カタールとフットボール[編集]

ワールドカップ招致時、サッカーカタール代表はFIFAランクで113位だった[27]。そして、前に一度もワールドカップの出場権を得たことがなかった。このチームがAFCアジアカップの中で最も上位に進出したのは、2000年のAFCアジアカップ2011年のAFCアジアカップの準々決勝だった。チームが勝ち取った最も名誉ある賞賛はGulf Cupで2回だった。スイスより小さいカタールは、ワールドカップを主催する最も小さな国になるであろうし、2010年現在、100万人未満の人々の常住人口で、トーナメントを主催した1930年のウルグアイの170万人未満の人口を持っていた。これらの事実のために、カタールで、そしてそれが彼らを不適なワールドカップホストにしたがためにフットボール文化の力を疑う気になった。

また、カタールの代表チームはまた外国の国家から帰化プレーヤーに知られている[28][29]。主な選手として、年下であるセバスチャンソリアとルイス・マーティン・カルロスがいる。

アルコール[編集]

カタール2022FIFAワールドカップ招致委員会会長は、イスラム教国家がイベントの間またアルコール消費を許すであろうと述べた[30][31] アルコールが買うことができる所で、具体的なファンゾーンが設けられる[32][33][34]。しかし、国外在住者はアルコールを購入することができて、一定のビジネスが許可証によってアルコールを販売できるが、カタールの法律制度が法律に基づく時に、公然と飲むことは許されないと規定されている[35]

イスラエルの資格[編集]

カタール入札代表団のリーダーは、サッカーイスラエル代表が、資格を与えたならば、彼らが、イスラエルの主権を認めていないカタールにもかかわらずワールドカップにおいて試合をすることができるであろうと述べた[31][33][36]

Human rights issues[編集]

Migrant workers, slavery and death of 1100 slaves[編集]

One of the most touched-on issues of the Qatar world cup was the treatment of workers hired to build the infrastructure. Human Rights Watch and the International Trade Union Confederation allege that the Kafala system leaves migrant workers vulnerable to systematic abuse.[37][38] Workers may not change jobs or even leave the country without their sponsor's permission.[37] In November 2013, Amnesty International reported "serious exploitation", including workers having to sign false statements that they had received their wages in order to regain their passports.[39] After visiting a labour camp, Sharan Burrows of the ITUC described the workers as "basically slaves" and added that "If two years on [since the award of the 2022 World Cup] the [Qatari] Government has not done the fundamentals, they have no commitment to human rights."[37] The Qatar 2022 Supreme Committee said: "Our commitment is to change working conditions in order to ensure a lasting legacy of improved worker welfare. We are aware this cannot be done overnight. But the 2022 FIFA World Cup is acting as a catalyst for improvements in this regard."[37]

Nepalese ambassador to Qatar, Maya Kumari Sharma, said that Qatar had become "an open jail" for workers from her homeland.[40] A September 2013 report by The Guardian said a number of Nepalese workers have faced poor conditions as companies handling construction for 2022 World Cup infrastructure forced workers to stay by denying them promised salaries and withholding necessary worker ID permits, rendering them illegal aliens. The Guardian wrote that their investigation "found evidence to suggest that thousands of Nepalese, who make up the single largest group of labourers in Qatar, face exploitation and abuses that amount to modern-day slavery, as defined by the International Labour Organisation, during a building binge paving the way for 2022." Nepalese workers in Qatar have been dying at a rate of one per day.[41] A video report accompanying The Guardian's article showed men living in labour camps with unsanitary and dilapidated conditions. Workers told The Guardian they were promised high salaries before coming to Qatar and then their contracts were destroyed upon their arrival to Qatar. Some said they had not been paid in months, but the construction companies denied them their worker IDs or passports, rendering them trapped. Workers described having to beg for food and being beaten. They could try to escape, but if caught without proper papers, they would be arrested.[42][43] The Young Turks crew have also openly criticised those responsible for these human rights violations which have taken place on other projects in Qatar.[44]

Homosexual fans[編集]

The status of homosexuality as illegal in Qatar attracted attention in the media. FIFA President Sepp Blatter initially said: "I would say they should refrain from any sexual activities;" he later added that "we [FIFA] don't want any discrimination. What we want to do is open this game to everybody, and to open it to all cultures, and this is what we are doing in 2022."[45][46][47][48][49][50][51] After reports that Qatar would introduce medical screening tests to "detect" and ban homosexuals from entering the country, LGBT activist Peter Tatchell said "FIFA now has no option but to cancel the world cup in Qatar."[52]

Corruption controversies[編集]

There have been allegations of bribery or corruption in the selection process involving members of FIFA's executive committee.

2011[編集]

In May 2011, allegations of corruption within the FIFA senior officials raised questions over the legitimacy of the World Cup being held in Qatar. According to then vice-President Jack Warner, an email has been publicised about the possibility that Qatar 'bought' the 2022 World Cup through bribery via Mohammed bin Hammam who was president of the Asian Football Confederation at the time. Qatar's officials in the bid team for 2022 have denied any wrongdoing.[53] A whistleblower, revealed to be Phaedra Almajid, alleged that several African officials were paid $1.5m by Qatar[54] She later retracted her claims of bribery, stating she had fabricated them in order to exact revenge on the Qatari bid team for relieving her of her job with them. She also denied being put under any pressure to make her retraction. FIFA confirmed receiving an email from her which stated her retraction.[55][56]

2014[編集]

In March 2014 it was discovered that a firm linked to Qatar’s successful campaign paid committee member Jack Warner and his family almost $2 million. The FBI is investigating Warner and his alleged links to the Qatari bid.[57]

On June 1, 2014, the Sunday Times claimed to have obtained documents including e-mails, letters and bank transfers which allegedly proved that Bin Hammam had paid more than 5 million US dollars to Football officials to support the Qatar bid. Bin Hamman and all those accused of accepting bribes denied the charges [58]

Later in June 2014, Qatar Airways CEO Akbar Al Baker gave an interview to German media in June 2014 stating that the allegations are being driven by envy and mistrust by parties who do not want the World Cup staged in Qatar, and that the country is not getting the respect it deserves over its efforts to hold the World Cup. He reiterated that the Qatari Emir strictly punishes and forbids instances of corruption and bribery with a zero-tolerance policy.[59]

References[編集]

  1. ^ a b c “Qatar World Cup decision 'a blatant mistake' – RTÉ Sport”. Rte.ie. (2013年7月24日). http://www.rte.ie/sport/soccer/international/2013/0724/464396-qatar-world-cup-a-mistake-fifa-executive/ 2014年2月17日閲覧。 
  2. ^ “Sepp Blatter: Awarding Qatar World Cup may have been 'mistake'”. Sports Illustrated. (2013年9月9日). http://sportsillustrated.cnn.com/soccer/news/20130909/2022-qatar-world-cup-mistake-sepp-blatter-winter/?sct=obnetwork 2013年9月15日閲覧。 
  3. ^ Sepp Blatter: awarding 2022 World Cup to Qatar was a mistake | Football”. theguardian.com. 2014年5月16日閲覧。
  4. ^ Sepp Blatter admits summer World Cup in Qatar mistake - CBC Sports - Soccer”. Canadian Broadcasting Corporation. 2014年5月17日閲覧。
  5. ^ Foreign Bodies, pp98-100, Qatar Today, November 2010. http://www.issuu.com/oryxmags/docs/qt_november_2010
  6. ^ “Will you be heading to Russia or Qatar for the World Cup?”. The Guardian (London). (2010年12月2日). http://www.guardian.co.uk/football/blog/2010/dec/02/russia-2018-qatar-2022-world-cup 
  7. ^ Qatar 2022 World Cup Bid Reveals New Stadium Plans and Cooling Technologies”. Worldfootballinsider.com (2010年4月28日). 2011年12月2日閲覧。
  8. ^ Blatter: Qatar 2022 won't clash with Winter Olympics”. FIFA.com. 2014年5月16日閲覧。
  9. ^ Rumsby, Ben (2013年9月19日). “Fifa warned 2022 World Cup in Qatar must not clash with Winter Games”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/world-cup/10321916/Fifa-warned-2022-World-Cup-in-Qatar-must-not-clash-with-Winter-Games.html 
  10. ^ FA boss urges Qatar 2022 World Cup rethink
  11. ^ World Cup 2022: Fifa taskforce to seek new dates for tournament”. BBC (2013年10月4日). 2014年1月9日閲覧。
  12. ^ FIFA split over Qatar World Cup dates – Football”. Al Jazeera English. 2014年2月17日閲覧。
  13. ^ “Qatar World Cup possible in winter”. ALJAZEERA English. (2010年12月4日). オリジナル2010年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101209054815/http://english.aljazeera.net/sport/2010/2010/12/201012414282409180.html 2010年12月4日閲覧。 
  14. ^ a b FIFA 'backs' winter 2022 Qatar cup – FOOTBALL”. Al Jazeera English. 2012年2月28日閲覧。
  15. ^ “FIFA quashes talk of winter World Cup”. Fox News. (2011年1月20日). http://www.foxnews.com/sports/2011/01/20/fifa-quashes-talk-winter-world-cup/ 
  16. ^ Franz Beckenbauer banned by Fifa for not taking part in World Cup inquiry”. The Guardian (2014年6月13日). 11-7-14閲覧。
  17. ^ Platini: Qatar 2022 should be held in winter – Football”. Al Jazeera English (2011年10月4日). 2011年12月2日閲覧。
  18. ^ Blatter raises doubts over summer World Cup – Football”. Al Jazeera English. 2013年5月16日閲覧。
  19. ^ Lutz, Tom (2013年9月17日). “World Cup 2022: Australia wants Fifa compensation for failed bid”. The Guardian. 2014年12月20日閲覧。
  20. ^ Rumsby, Ben (2013年9月26日). “Fifa holds secret talks with broadcasters over switching 2022 Qatar World Cup to winter”. The Telegraph. 2014年6月1日閲覧。
  21. ^ Qatar's World Cup will cost $220bn – What does that mean? | Doha News”. Dohanews.co. 2013年2月28日閲覧。
  22. ^ “Qatar World Cup in 2022 could cost £138 billion according to financial analyst”. The Telegraph (London). (2011年9月8日). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/world-cup-2010/8749931/Qatar-World-Cup-in-2022-could-cost-138-billion-according-to-financial-analyst.html 2013年2月28日閲覧。 
  23. ^ Qatar 2022: Nine stadiums instead of twelve? –”. Stadiumdb.com (2013年4月25日). 2013年5月25日閲覧。
  24. ^ Fattah, Zainab (2013年4月22日). “Qatar Is in Talks to Reduce World Cup Stadiums, BofA Says”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/2013-04-22/qatar-is-in-talks-with-fifa-reduce-world-cup-stadiums-bofa-says.html 2013年5月25日閲覧。 
  25. ^ “Report: Qatar neighbors could host 2022 WC games”. Fox Soccer/AP. (2010年12月9日). http://msn.foxsports.com/foxsoccer/worldcup/story/Qatar-neighbors-could-host-WC-games 
  26. ^ “Jordan’s Prince Ali calls for winter WCup in Qatar”. Yahoo! Sports/AP. (2010年12月13日). http://sports.yahoo.com/soccer/news?slug=ap-wcupbids-qatar 
  27. ^ Football rankings: FIFA Ranking: November 2010 final preview”. football-rankings.info. 2014年6月1日閲覧。
  28. ^ http://www.thebesteleven.com/2010/11/qatar-national-team-naturalized-players.html
  29. ^ http://www.sportsonearth.com/article/62922312/naturalization-is-undermining-the-credibility-of-international-soccer
  30. ^ Beer on Tap for 2022 World Cup”. Aroundtherings.com (2012年3月14日). 2013年2月28日閲覧。
  31. ^ a b World Cup 2022 | Drinking Laws In Qatar | Alcohol Qatar”. SportsGrid (2010年12月15日). 2011年12月2日閲覧。
  32. ^ Tamara Walid (2010年5月25日). “Qatar would 'welcome' Israel in 2022”. Thenational.ae. 2011年12月2日閲覧。
  33. ^ a b World Cup – Qatar 2022 green lights Israel, booze”. Yahoo! Eurosport (2009年11月10日). 2009年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  34. ^ Whitaker, Brian (2010年12月3日). “Qatar is more boring than backward”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/dec/03/qatar-myths-world-cup-2022 
  35. ^ Alcohol and Liquor Licences in Qatar - AngloInfo
  36. ^ Qatar to allow Israel, alcohol at World Cup » Kuwait Times Website”. Kuwaittimes.net. 2011年12月2日閲覧。
  37. ^ a b c d Montague, James (2013年5月1日). “Desert heat: World Cup hosts Qatar face scrutiny over 'slavery' accusations”. CNN. http://edition.cnn.com/2013/04/30/sport/football/football-qatar-world-cup-2022-worker-rights 
  38. ^ Morin, Richard (2013年4月12日). “Indentured Servitude in the Persian Gulf”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/04/14/sunday-review/indentured-servitude-in-the-persian-gulf.html?pagewanted=1&_r=0&hpw 2013年4月17日閲覧。 
  39. ^ “Qatar: End corporate exploitation of migrant construction workers”. Amnesty International. (2013年11月17日). http://www.amnesty.org/en/news/qatar-end-corporate-exploitation-migrant-construction-workers-2013-11-17 
  40. ^ “evidence of forced labour on the Qatar 2022 World Cup infrastructure project”. ESPN. http://www.espn.co.uk/football/sport/story/241827.html 
  41. ^ Pattisson, Pete (2013年9月25日). “Revealed: Qatar's World Cup 'slaves'”. The Guardian (UK). http://www.theguardian.com/world/2013/sep/25/revealed-qatars-world-cup-slaves 2014年4月25日閲覧。 
  42. ^ Qatar: the migrant workers forced to work for no pay in World Cup host country – video”. The Guardian (UK). 2014年12月20日閲覧。
  43. ^ “Qatar World Cup: Stadium builders working in 'sub-human' conditions”. The Daily Telegraph (London). (2014年4月6日). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/10748171/Qatar-World-Cup-Stadium-builders-working-in-sub-human-conditions.html 
  44. ^ Migrant Workers Dying In Shocking Numbers In Qatar”. YouTube (2014年3月21日). 2014年5月16日閲覧。
  45. ^ Gibson, Owen (2010年12月14日). “World news,World Cup 2022 (Football),Sepp Blatter,Fifa,Football,Sport”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/football/2010/dec/14/fifa-boss-gay-fans-no-sex 
  46. ^ FIFA President: Gay Fans 'Should Refrain From Any Sexual Activities' During 2022 World Cup In Qatar”. FitPerez.com (2010年12月13日). 2011年12月2日閲覧。
  47. ^ “Blatter sparks Qatar gay furore”. BBC News. (2010年12月14日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/9284186.stm 
  48. ^ Gay rights group wants apology from FIFA's Sepp Blatter for comments – ESPN”. Espn.go.com (2010年12月15日). 2011年12月2日閲覧。
  49. ^ Blatter: Gays should ‘refrain from sexual activities’ in Qatar | Football”. The Sport Review (2010年12月13日). 2011年12月2日閲覧。
  50. ^ FIFA president says gays should refrain from homosexuality during Qatar World Cup”. PinkNews.co.uk. 2011年12月2日閲覧。
  51. ^ Gerald Imray (2010年12月13日). “FIFA President: Gay Fans 'Should Refrain From Any Sexual Activities' During 2022 World Cup In Qatar”. Huffingtonpost.com. http://www.huffingtonpost.com/2010/12/13/fifa-president-gay-fans_n_796068.html 2011年12月2日閲覧。 
  52. ^ Qatar 2022: Gulf States' 'Gay Tests' Trigger World Cup Boycott Call”. International Business Times (2013年10月8日). 2014年7月14日閲覧。
  53. ^ “Valcke denies 2022 'bought' claim”. BBC News. (2011年5月30日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/13592684.stm 
  54. ^ Sports Illustrated, "Sorry Soccer", 23 May 2011, p. 16.
  55. '^ FIFA tight-lipped over whistleblower”. 'Al Jazeera (2011年7月11日). 2012年10月12日閲覧。
  56. ^ Qatar World Cup whistleblower retracts her claims of Fifa bribes. The Guardian. 10 July 2011. Retrieved 12 October 2012.
  57. ^ Watt, Holly (2014年3月18日). “World Cup 2022 investigation: demands to strip Qatar of World Cup”. The Telegrph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/world-cup/10706977/World-Cup-2022-investigation-demands-to-strip-Qatar-of-2020-World-Cup.html 2014年3月20日閲覧。 
  58. ^ Bond, David (1-6-2014). “'£3m payments to officials' corruption claim”. BBC News. 2014年6月1日閲覧。
  59. ^ Terms of trade union are killing Lufthansa”. Handelsblatt (2014年6月30日). 2014年7月4日閲覧。