2026年冬季オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2026年冬季オリンピック
第25回オリンピック冬季競技大会
XXV Olympic Winter Games
開会式 2026年2月6日
閉会式 2026年2月22日
冬季
2022年北京 2030年未定  >
夏季
2024年パリ 2028年ロサンゼルス  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2026年冬季オリンピック(XXV Olympic Winter Games、: XXVe Jeux olympiques d'hiver)は、2026年に開かれる予定の第25回冬季オリンピック。開催都市は2019年6月24日にスイスローザンヌで開催予定の第134次IOC総会で決定する。

立候補都市[編集]

ヨーロッパ[編集]

開催が決まれば1912年の夏季大会以来114年ぶり2度目。2008年と2022年の北京に続き、夏季と冬季両方開催が実現される。
コルティナダンペッツォは1956年冬季五輪の開催経験があり、実現すれば70年ぶり2度目の五輪開催となる。
当初はトリノも共催都市として立候補を予定していたが、2018年9月18日に共催から離脱したと複数のメディアが報じた。ミラノとトリノの両市長が異なる政治勢力で対立していることを背景に挙げているとロイター通信が報じている[1]

立候補を検討している都市[編集]

アルゼンチン・オリンピック委員会は2018年10月31日、2026年冬季オリンピックの招致を検討していることを明らかにした。検討の背景に、2018年10月8、9日の総会で立候補都市に残った都市で、カルガリーは財政面の問題を抱えており(2018年11月に後述の住民投票で反対多数のため招致を断念)、コルティナダンペッツォ/ミラノとストックホルムはいずれも政府の支援を得られておらず、最悪の場合、立候補都市のすべてが招致を断念する可能性がある[2][3]からである。開催が実現すれば初の南半球での冬季五輪開催となる。

過去に立候補への関心を表明した都市[編集]

2017年10月に招致を問う市民投票が行われ、招致に反対が53%と半数を超えたことで招致活動から撤退した[4]
1992年の夏季オリンピックを開催したバルセロナ市は、2022年冬季大会への立候補を検討していたが、ザビエル・トリアス英語版市長が準備不足として見送った経緯がある。代わりに2026年大会には全精力を傾けるとしていたが[5]、2015年6月にヘラルド・ピサレジョ副市長が立候補取り下げを表明した[6]。2014年以降激化したカタルーニャ独立運動への注力が影響したと思われる。開催すれば1992年の夏季大会以来、34年ぶり2回目の五輪開催となり前回・2022年の中国の北京に続く史上2都市目の夏冬両方の五輪開催都市となっていた。
リレハンメルは1994年冬季五輪開催都市。1952年冬季五輪を開催したオスロとの共催計画もあるが、オスロは2022年冬季五輪に立候補したもの財政負担の大きさから国が開催に否定的な立場となり立候補を辞退した前例がある。
シオンは2002年冬季五輪2006年冬季五輪に立候補していずれも落選している。2018年6月10日、財政支援を問う住民投票で反対が過半数の54%に達したことを受け、2026年大会の招致から撤退した。
アルマトイは2022年冬季五輪に立候補して落選している。2026年大会への立候補を報じられていたが市長は否定した[7]
ケベック・シティーは当初立候補を検討していたが、2011年9月にレジス・ラビームフランス語版市長は2022年冬季大会の立候補を見送った。しかし将来の立候補には含みを持たせた[8]。IOC会長(当時)ジャック・ロゲは「ケベック・シティーが現実的な選択になると信じている」と述べた[9]。当初予定としていた会場が適さないとされた、ダウンヒル競技の会場探しを行わなければならないという問題を抱えている[10]。2016年5月6日、ラビーム市長は「勝機が見込めない。多額のお金を投じる価値があるかについても疑問が生じている」などと理由に立候補を断念した[11]
ソルトレイクシティ2002年冬季五輪都市。2012年に合衆国国内候補地に名乗りをあげた[12]。なお、2年後の2028年にアメリカ合衆国ではロサンゼルスで夏季五輪の開催が決まったが、夏・冬季大会が2年おき開催となった1992年以降に、同一国で冬季、夏季五輪が連続開催された例はない。
2014年11月に上田文雄市長が招致を表明。過去1972年冬季大会を開催。実現すれば54年ぶり2回目の開催となる[13]
しかし、第23回の2018年平昌オリンピックに続き、2022年第24回大会は同じ東アジア地域の北京開催で決定しているため、札幌開催になると3連続で東アジア地域での開催になる上に、2019年のIOC総会へ向けての招致活動が2020年東京夏季五輪の準備と重なるため、現実的ではないとの声がある[14]
2018年5月10日、2030年度の北海道新幹線の札幌延伸など市街地の大型再開発等の事業と歩調を合わせて2030年大会の招致を望む声が経済界を中心に大きいため、札幌市が地元の要望を踏まえて、目標を2030年大会に変更したいとの意向を日本オリンピック委員会に伝えた。両者は変更の是非を検討していくとした[15]が、同年9月6日に発生した北海道胆振東部地震によって招致活動が困難となり、9月17日に2026年五輪招致を断念することをIOCに伝達、IOC側も理解を示し、2030年大会を目指すこととなった[16][17]
エルズルムは過去に2011年冬季ユニバーシアードの開催経験がある。実現すればトルコで夏冬通じて初の五輪開催となるはずだったが、2018年10月4日の理事会で大規模大会の開催経験などで懸念が示されたため、落選した[19]
カルガリーは1988年冬季五輪開催都市。カナダではバンクーバー2010年冬季五輪が開かれている。2018年10月8、9日の総会でエルズルムの落選が正式に決まり、立候補都市に残っていた[20]が、2018年11月13日に行われた住民投票で反対票が56.4%を占め、招致を断念した。市の負担だけでも約4億カナダドル(約344億円)の公金がかかることへの市民の反感が否決につながったとみられる[21]

脚注[編集]

  1. ^ 招致からトリノ離脱 イタリアのミラノなど2都市共催に産経新聞、2018年9月19日公開 2018年9月20日閲覧
  2. ^ 五輪=アルゼンチン、2026年冬季五輪招致を検討 ロイター 2018年11月2日
  3. ^ ストックホルム、五輪招致に暗雲 税金投入認めない動き 朝日新聞 2018年10月12日
  4. ^ インスブルック五輪、招致断念へ”. 朝日新聞 (2017年10月16日). 2017年11月7日閲覧。
  5. ^ “Barcelona won’t bid for 2022 Winter Games, will wait for 2026”. The Washington Post. (2013年10月25日). http://www.washingtonpost.com/sports/olympics/barcelona-wont-bid-for-2022-winter-games-will-wait-for-2026/2013/10/25/961aa64c-3d53-11e3-b0e7-716179a2c2c7_story.html 2013年10月25日閲覧。 
  6. ^ “Barcelona retira la candidatura de los Juegos Olímpicos de Invierno 2026”. LA VANGUARDIA. (2015年6月17日). http://www.lavanguardia.com/local/barcelona/20150617/54432882701/barcelona-retira-candidatura-juegos-olimpicos-invierno.html 2016年8月1日閲覧。 
  7. ^ Mayor refutes rumors of Almaty bidding to host 2026 Olympics”. inform.kz/en (2017年11月9日). 2017年11月19日閲覧。
  8. ^ No 2022 Winter Bid From Quebec City”. GamesBids.com. 2012年3月5日閲覧。
  9. ^ IOC's Jacques Rogge encourages Olympic bids for Quebec City, Toronto
  10. ^ It’s looking downhill for Quebec’s Olympic bid Archived 2013年6月29日, at Archive.is
  11. ^ ケベックが招致断念へ、『勝機見込めない』産経新聞、2016年5月12日
  12. ^ Utah to bid for 2026 Winter Olympics”. ESPN.com (2012年12月3日). 2013年2月4日閲覧。
  13. ^ 朝日新聞digital. “札幌市、冬季五輪招致検討 26年以降の開催を念頭”. 2014年2月10日閲覧。
  14. ^ 札幌市長、2026年五輪招致を正式表明 課題も多く 日本経済新聞 2016年2月5日閲覧
  15. ^ 札幌市の冬季五輪招致、2030年に変更要望 2026年から先送り、JOCに伝達産経新聞、2018年5月10日閲覧
  16. ^ 五輪=2026年冬季大会、札幌市が地震の影響で招致断念 30年に変更へ ロイター 2018年9月28日閲覧
  17. ^ 2026年冬季大会候補から除外 札幌市 2030年に向け対話 FNN 2018年9月28日閲覧
  18. ^ 26年冬季五輪、トルコが立候補へ 東部のエルズルム 朝日新聞 2017年4月13日
  19. ^ 2026年冬季五輪招致は3候補 来年6月に開催都市決定 産経新聞 2018年10月10日
  20. ^ カルガリーなど3候補に IOC、26年冬季五輪招致 サンケイスポーツ 2018年10月5日
  21. ^ カナダ・カルガリー、五輪招致断念 住民投票で反対多数 朝日新聞 2018年11月14日

関連項目[編集]