2048: ノーウェア・トゥ・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2048:ノーウェア・トゥ・ラン
2048: NOWHERE TO RUN
監督 ルーク・スコット英語版
脚本 ハンプトン・ファンチャー
マイケル・グリーン
ルーク・スコット
出演者 デイヴ・バウティスタ
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
公開 2017年9月16日(米国)
2017年10月3日(日本)
上映時間 5分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

2048:ノーウェア・トゥ・ラン』(2048: NOWHERE TO RUN)は、2017年のアメリカ合衆国のネオノワール英語版SF短編映画である。

概要[編集]

ブレードランナー ブラックアウト2022』と『2036: ネクサス・ドーン』と合わせて短編3部作として製作された[1]。映画『ブレードランナー』と映画『ブレードランナー 2049』の間を描いた短編3部作の中でも、時系列的には『2049』の前年を描いた作品にあたる。『2049』の冒頭でブレードランナーのKによって解任されるネクサス8型レプリカント「サッパー・モートン」が本作の主人公となる。

監督は『2036: ネクサス・ドーン』と同じく、リドリー・スコットの息子であるルーク・スコット英語版が務める。

あらすじ[編集]

2036年、ウォレス社が人間に完全に忠実な新型レプリカント、ネクサス9型を発表し、非合法化されていたレプリカントの製造が再開される。用済みとなった旧型のネクサス8型を解任(処分)するため、ロサンゼルス市警察 (LAPD) は専任捜査官ブレードランナーの組織を強化する。

2048年、軍隊から逃亡したネクサス8型のサッパー・モートンは素性を隠し、ロサンゼルス郊外の農場で蛋白源となる線形動物を養殖している。ある日、市場に出向いたサッパーは、顔なじみの露店の少女アイラに小説『権力と栄光(The Power and the Glory)』をプレゼントする。その後、収穫物を店に仕入れるが、店主に1000ドル値切られてしまう。

店から出ると、アイラと母親がチンピラたちに絡まれていた。カッとなったサッパーは、レプリカント本来の戦闘力を発揮し、男たちを滅多打ちにする。我に返ると辺りは惨状と化し、アイラは恐怖の表情を浮かべていた。サッパーは慌ててその場を立ち去る。彼がカバンから落とした書類を拾った男が何処かへ電話をかけ、「スキンジョブ(レプリカントの蔑称)をみつけた。住所もわかる」と密告する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]