21世紀夢の技術展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

21世紀夢の技術展(にじゅういっせいきゆめのぎじゅつてん、愛称ゆめテク)は、2000年7月21日8月6日(17日間)にかけて東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された、日本経済新聞社主催の科学・技術に関する展示イベントである[1]。開催期間中の来場者数は約112万人[2]

概要[編集]

世紀千年紀(ミレニアム)の変わり目における日本経済新聞社の記念事業「2000年プロジェクト」の一環として開催された。20世紀に露呈した公害環境問題の発生など科学・技術に関する影の部分の解決と同時に、生活社会産業の質をより向上させるための科学・技術の有用性の訴求、これらによる豊かな未来の提示を目的としており、21世紀の主要技術として期待される「環境保全」「情報・通信」「生命科学」「宇宙海洋開発」「生活基盤」の5分野において国内外の企業や国立研究機関国立大学など111の団体法人による科学・技術関連の様々な提案および出展、シンポジウムが行われた[3][4][5][6]

出展内容[編集]

最新のテクノロジーが一堂に会しており、出展の内容はコンピュータ関連から宇宙・海洋関連、がん治療関連まで多岐に及んでいるが、前述の5分野(「環境保全」「情報・通信」「生命科学」「宇宙・海洋開発」「生活基盤」)の他には、放送関連や特許ベンチャー企業関連、アニメキャラクター関連などの出展も行われていた[4][7]。また、会場内の「ビアコミュニケーションプラザ」ではアサヒビールによる様々な展示・ショーの他に、実際にビールを飲むことができるビアスペースも設置されていた[8]

会場ではロボット関連の技術が注目を集めており、ホンダブースにおける自立歩行人間型ロボットP3」の歩行バランス感覚に関するデモ[9]ソニーブースの「AIBO」を筆頭に、NECブースやIBMブースなどでも開発中のロボットが展示されていた[5]。この他、セガ・エンタープライゼス(現・セガ)ブースでは高速インターネット(1Gbpsクラスの光ファイバー)回線を利用し映像ゲームなどを楽しむことができるエンターテインメント端末「net@TERMINAL」を多数設置しており、会場にて無料で利用することができた[5][6]第一製薬(現・第一三共)ブースでは15人乗りのシミュレーションマシンに搭乗し、DDS抗がん剤体内を通ってがん組織に到達する様を疑似体験する、遊園地アトラクションさながらの「アドベンチャーシアター」が設置されていた[10]

入場[編集]

通常の入場券であるフルタイム券(大人・大学生:1500円/高校生:500円)は開催期間の17日間を通して何度でも入場が可能であった(中学生以下および65歳以上、障害がある方とその同伴者は入場無料)。また、この他には前売り券(大人・大学生:1000円/高校生:300円)や団体割引(大人・大学生:1000円/高校生:300円)、17時以降に入場できるサンセット券(大人:500円、当日限り有効)があった[11]

関連イベント[編集]

東京国際展示場周辺では当技術展と連動して屋外イベントの「Move2000」が開催された(東京2000年祭実行委員会との共同主催、7月20日〜8月6日、イベントは全て無料)。またイベントの目玉として、日没後(19時30分〜22時、金曜除く平日は21時まで)には映像や音による約20分間のアトラクション「ドリーム・ナイト2000」をイーストプロムナードにて実施[4][12]。アトラクションの一部では、PS2用ソフト『FANTAVISION』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)の映像も使用されていた[13][14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 21世紀夢の技術展:開催概要(公式サイト内archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  2. ^ 21世紀夢の技術展(公式サイトインターネットアーカイブ: 2000年8月16日時点のアーカイブ
  3. ^ 21世紀夢の技術展:開催趣旨(公式サイト内〈archive.is: 2013年5月1日時点のアーカイブ
  4. ^ a b c ゆめテクみどころガイドVol.3(21世紀夢の技術展:ニュースリリース, 2000年7月14日付〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  5. ^ a b c 様々な最新技術が一堂に会した「21世紀夢の技術展」開幕 ホンダの自立歩行人間型ロボットP3が歩く! 階段を上る!(PC Watch, 2000年7月21日付)
  6. ^ a b 写真で見る「21世紀夢の技術展(ゆめテク)」 AIBOプロトタイプからセガの「net@TERMINAL」まで(PC Watch, 2000年7月24日付)
  7. ^ 21世紀夢の技術展:出展分野(公式サイト内〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  8. ^ ビアコミュニケーションプラザ:アサヒビール(公式サイト内:21世紀夢の技術展 出展者〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  9. ^ 生活基盤:本田技研工業(公式サイト内:21世紀夢の技術展 出展者〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  10. ^ 生命科学:第一製薬(公式サイト内:21世紀夢の技術展 出展者〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  11. ^ 21世紀夢の技術展:入場券のご案内(公式サイト内〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  12. ^ 21世紀夢の技術展:Move2000(公式サイト内〈archive.is: 2014年1月23日時点のアーカイブ
  13. ^ 「MOVE2000」に「FANTAVISION」の映像が登場(ITmedia Gamez, 2000年7月12日付)
  14. ^ あの『FANTAVISION』がお台場の夜を華麗にライトアップ!! "ドリーム・ナイト2000"、はなばなしく開催!(ファミ通.com, 2000年7月21日付)

関連項目[編集]