21st Cherry Boy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BUCK-TICK > 作品リスト > 21st Cherry Boy
21st Cherry Boy
BUCK-TICKシングル
初出アルバム『極東 I LOVE YOU
A面 21st Cherry Boy
B面 薔薇色の日々
リリース
規格 CDシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル BMG
チャート最高順位
25位(オリコン)
BUCK-TICK シングル 年表
GLAMOROUS
(2000年)
21st Cherry Boy
(2001年)
極東より愛を込めて
(2001年)
テンプレートを表示

21st Cherry Boy」(トゥエンティーファースト・チェリー・ボーイ)は、日本ロックバンドBUCK-TICKの楽曲で、19作目のシングル2001年11月21日BMG JAPANより発売された。

前作「GLAMOROUS」から1年2ヶ月ぶりとなるシングル。ジャケットデザインはサカグチケン

収録曲[編集]

  1. 21st Cherry Boy (4:34)
    BUCK-TICKとして21世紀初のシングルなので、元々は“21世紀の爆竹”を英訳した「21st Cherry Bomb」というタイトルがつけられていた。しかし、2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件の影響で、爆発物を指す言葉を自粛し、語感が似ている「Cherry Boy」に変更した。
    ミュージック・ビデオは、都内のイタリアンレストランを使用して撮影された。一人掛け用のソファーにかけた櫻井敦司の左右では外国人の女性ダンサーが激しく踊り、櫻井敦司はニヤリと笑ったり、星野英彦が振り下ろしたハンマーによって破裂した牛乳パックから牛乳が飛び出して今井寿の顔にかかったり、今井寿のギターを弾いた後のポーズを櫻井敦司が真似るなどファンにとって見どころが多い。
  2. 薔薇色の日々 (4:55)
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦、編曲:BUCK-TICK

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]