235 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
235
Fumiko
235  Fumikoの画像
プロフィール
リングネーム 235
本名 佐藤 扶美子
身長 152cm
体重 50kg
誕生日 (1987-04-14) 1987年4月14日(30歳)
出身地 愛知県一宮市
所属 アイスリボン
トレーナー 志田光
村上和成
デビュー 2012年12月31日
山口ルツコ&若松江莉&竹田彩乃戦
(パートナーは世羅りさ&寺田浩子
引退 2017年5月31日
テンプレートを表示

235(ふみこ、1987年4月14日 - )は、日本の女優、元女子プロレスラー。本名・佐藤 扶美子(さとう ふみこ)。愛知県一宮市出身[1]。プロレスラーとしてはアイスリボンに所属していた。

経歴[編集]

アイスリボンの新人デビュープロジェクトに参加し、2012年11月23日19時女子プロレス帯広さやかとエキシビション[2]

12月30日、リングネームが「235」に決まる。命名は同郷の296[1]

12月31日の後楽園ホール大会にて「新人6人タッグイリミネーション」でデビューするが、最初に敗退[3]

2013年1月3日、初の道場マッチに出場も、内藤メアリ山口ルツコに連敗[4]

1月19日、初となる他団体選手との対戦としてラビット美兎JWP)と対戦も、後方回転エビ固めに屈する[5]

2月11日、横浜大会で山口ルツコとシングル、しかしギブアップ負け[6]

2月13日、道場マッチで世羅りさと対戦、しかしエアーズロックに屈する[7]

3月31日、後楽園大会で大島くじらと対戦、ギブアップを奪い初勝利[8]

12月1日のプロレスサークル自主興行を以って志田光より同サークルのコーチを引き継いだが、2014年7月を最後に成宮真希に交代した。

2017年5月4日の横浜大会(1)にて引退を発表し[9]、5月31日の道場マッチで15人掛け戦による引退試合を行った[10][11]。引退後は女優に専念する。

得意技[編集]

  • チャド共和国
    • オクラホマロールの形で入りジャーマンスープレックスホールドの形で固める丸め込み
  • ダイビングクロスボディ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【大会情報】アイスリボン12/31後楽園大会全対戦カード&当日券情報!!” (プレスリリース), ネオプラス・アイスリボン事業部, オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。, https://archive.is/20130426170127/http://iceribbon.com/page/newsData_608.html 
  2. ^ 19時女子プロレス第141戦”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2012年11月23日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  3. ^ 後楽園ホール「RIBBONMANIA2012」12時試合開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2012年12月31日). 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  4. ^ 新春道場マッチ 15時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年1月3日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  5. ^ アイスリボン442 14時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年1月19日). 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  6. ^ 横浜リボン 13時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年2月11日). 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  7. ^ アイスリボン448 19時30分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年2月13日). 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  8. ^ アイスリボン後楽園ホール大会 12時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年3月31日). 2013年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月1日閲覧。
  9. ^ “試合結果『横浜リボン2017GWⅠ』” (プレスリリース), ネオプラス・アイスリボン事業部, (2017年5月4日), オリジナル2017年6月6日時点によるアーカイブ。, http://archive.is/20170606010226/http://iceribbon.com/event_detail.php?id=1809 
  10. ^ “アイスリボン235 引退!悔い無き人生へアラサー女子の決断”. 週刊ファイト6月8日号 (株式会社ミラクルファイト・エンタテインメント). (2017年6月2日). オリジナル2017年6月6日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20170606005306/https://miruhon.net/69731 
  11. ^ “235がプロレス卒業!ラストマッチの15人掛けで藤本つかさに勝利し「諦めなくてよかった」と涙の笑顔”. バトル・ニュース (株式会社コラボ総研). (2017年6月1日). オリジナル2017年6月6日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170606005720/http://battle-news.com/?p=30362 

関連項目[編集]