27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
26 27 28
素因数分解 33
二進法 11011
六進法 43
八進法 33
十二進法 23
十六進法 1B
十八進法 19
二十進法 17
ローマ数字 XXVII
漢数字 二十七
大字 弐拾七
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v7.png

27二十七廿七、にじゅうしち、にじゅうなな、はたなな、はたちあまりななつ)は自然数、また整数において、26の次で28の前の数である。

性質[編集]

  • 27は合成数であり、正の約数1, 3, 9, 27 である。
  • 1/27 = 37/999 =0.037… (下線部は循環節で長さは3)
  • 27 = 33
  • 27はスミス数である。27 = 33, 2 + 7 = 3 × 3。1つ前は22、次は58
    • 立方数でもあるのは他に729などがある。また、番目(=3番目)にある。
  • 4番目の完全トーシェント数である。1つ前は15、次は39。なお、3の累乗数は全て完全トーシェント数でもある。
  • 27 = 12 + 12 + 52 = 32 + 32 + 32
  • 3乗した数の各位の和が元の数になる最大の数である。 273 = 19683 → 1 + 9 + 6 + 8 + 3 = 27。
    • このような数は6個あり、1, 8, 17, 18, 26, 27。
  • 全ての自然数高々27個の素数の和で表される[要出典]
  • 九九では 3 の段で 3 × 9 = 27(さんくにじゅうしち)、9 の段で 9 × 3 = 27(くさんにじゅうしち)と 2 通りの表し方がある。
  • n = 27 のときの n! + 1 で表せる 27! + 1 = 10888869450418352160768000001 は5番目の階乗素数である。1つ前は11、次は37。(オンライン整数列大辞典の数列 A002981)
  • コラッツの数列において初期値に 27 を選ぶと、1 に到達するまでに 111 ステップ掛かり、その最大は 9,232 にも達する。最大値が初期値の2乗を超えるケースとしては 3, 7 に次いで3番目であり、またステップ数が 100 を超える初めての数である。ステップ数の記録が 2n まで破られないような初期値 n としては 1, 3, 9 に次いで4番目であり、27 の次は 15733191 となる[1]
  • 各位の和が27になるハーシャッド数の最小は999、1000までに1個、10000までに76個ある。
  • 16番目のハーシャッド数である。1つ前は24、次は30
  • 4桁以上の数であれば、3桁毎に区切って足して27の倍数になれば27の倍数となる(例.42336は 42 + 336 = 378 で27の倍数)。
  • 異なる平方数の和で表せない31個の数の中で14番目の数である。1つ前は24、次は28

その他 27 に関連すること[編集]

基本的な計算のリスト[編集]

乗法 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 54 81 108 135 162 189 216 243 270 297 324 351 378 405 432 459 486 513 540 567 594 621 648 675 702

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3257 1-8-39 ㉗
㉗
CIRCLED DIGIT TWENTY SEVEN

脚注[編集]

  1. ^ Eric Roosendaal, 3x+1 Delay Records

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。