2880

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2879 2880 2881
素因数分解 26×32×5
二進法 101101000000
六進法 21200
八進法 5500
十二進法 1800
十六進法 B40
十八進法 8G0
二十進法 740
ローマ数字 MMDCCCLXXX
漢数字 二千八百八十
大字 弐千八百八拾
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v8.pngCounting rod h8 num.pngCounting rod 0.png

2880二千八百八十、にせんはっぴゃくはちじゅう)は自然数、また整数において、2879の次で2881の前の数である。

性質[編集]

  • 2880は合成数であり、約数1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 15, 16, 18, 20, 24, 30, 32, 36, 40, 45, 48, 60, 64, 72, 80, 90, 96, 120, 144, 160, 180, 192, 240, 288, 320, 360, 480, 576, 720, 960, 1440, 2880 である。
    • 約数の和は9906。
    • 約数を42個もつ最小の数である。次は4032。
  • 2880 = 26 × 32 × 5
  • 2880 = 4! × 5!
  • 560番目のハーシャッド数である。1つ前は2862、次は2889。
  • 約数の和が2880になる数は29個ある。(840, 1128, 1218, 1240, 1242, 1254, 1288, 1330, 1434, 1485, 1528, 1738, 1786, 1798, 1869, 1917, 1947, 2001, 2065, 2157, 2185, 2233, 2261, 2395, 2513, 2629, 2759, 2773, 2879) 約数の和29個で表せる最小の数である。次は11904。
    • 約数の和が2880より小さな数で29個以上ある数はない。1つ前は1440 (21個) 、次は4320 (35個) 。
  • 連続してある数に対して約数の和を求めていった場合68個の数が2880になる。2880より小さい数で68個ある数はない。1つ前は2016(64個)、次は4800(79個)。いいかえると を満たす n が68個あるということである。(ただし σ は約数関数) (参照オンライン整数列大辞典の数列 A241954)
  • 各位の和が18になる179番目の数である。1つ前は2871、次は2907。

関連項目[編集]