29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
28 29 30
素因数分解 29 (素数
二進法 11101
六進法 45
八進法 35
十二進法 25
十六進法 1D
十八進法 1B
二十進法 19
ローマ数字 XXIX
漢数字 二十九
大字 弐拾九
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v9.png

29二十九廿九、にじゅうきゅう、にじゅうく、はたちあまりここ)は、自然数整数において、28の次で30の前の数である。

性質[編集]

  • 10番目の素数である。1つ前は23、次は31
  • 1/29 = 0.0344827586206896551724137931…(下線部は循環節でその長さは28)
  • (29, 31) は5番目の双子素数である。1つ前は (17, 19)、次は (41, 43) 。
    • 唯一差がそれぞれ2となる(3, 5, 7)の組みを含めるパターンでは、三つ子素数でない最小の奇素数ともいえる。
  • 6番目のソフィー・ジェルマン素数である。1つ前は23、次は41
  • 29 = 22 + 32 + 42
    • 3つの連続する数の平方和で表せる数である。1つ前は14、次は50
    • 3連続平方和と4連続平方和 (30 = 12 + 22 + 32 + 42) が連続する最小の数、次は365 , 366
    • 3連続平方和が素数になる最小の数。ただし自然数の範囲。次は149
    • 異なる3つの平方数の和として1通りに表すことができる4番目の数である。1つ前は26、次は30。(オンライン整数列大辞典の数列 A025339)
    • n = 2 のときの 2n + 3n + 4n の値とみたとき1つ前は9、次は99。(オンライン整数列大辞典の数列 A074526)
  • ルーカス数のうちテトラナッチ数の7番目の要素。1つ前は15、次は56
  • 7番目のリュカ数である。1つ前は18、次は47
  • 5番目のペル数である。1つ前は12、次は70
  • 2n2 + 29 で表される数は 0≦ n ≦ 28 において素数である。
  • 29! = 8,841,741,993,739,701,954,543,616,000,000
  • 連続した素数を2つに分けたそれぞれの和でも表せる素数。
29 = 2 + 3 + 7 + 17 = 5 + 11 + 13

その他 29 に関連すること[編集]

基本的な計算のリスト[編集]

乗法 1 2 3 4 5
29 58 87 116 145

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3259 1-8-41 ㉙
㉙
CIRCLED DIGIT TWENTY NINE

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。