3万3千平米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

3万3千平米」(さんまんさんぜんへーべー)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の読み切り漫画作品。1975年(昭和50年)『ビッグコミック』8月10号に掲載された。ゴールデンコミックス『異色短編集』第1巻、愛蔵版『SF全短篇』第1巻や、『藤子・F・不二雄 SF短編PERFECT版』第3巻などのSF短編を収録した短編集に収録。

あらすじ[編集]

広い土地、広いマイホームが欲しい主人公の寺主。しかしわずかな貯金とわずかな退職金の前借りで手に入るのは24の土地が限界だった。それでも格安だったのだが、の実現がたった24坪ではと未だに決めかねている。

ところがある日、寺主の家に奇妙な格好をした男が現れ、寺主の持っている3万3千平米の土地を売ってほしいといわれる。

登場人物[編集]

寺主(じぬし)
本作の主人公。友達からはグズでのろまと言われており、実際態度を決めかねる事が多い。謎の男に3万3千平米の土地を売ってくれと頼まれるが、勿論そんな土地を所有している覚えはない。
開発局用地課の男
寺主の持つ3万3千平米の土地を1坪1万円で売ってくれと頼み込む。最初はシルクハットに蝶ネクタイと燕尾服、次はステテコに雪駄、最後は機動隊の姿で現れた。
安田
寺主の子供の頃からの友達で不動産屋。1坪25万円の格安の土地を提供するのだが、寺主のいつまでも決めかねる態度にイライラしている。
寺主の妻
小さくてもマイホームが持てる事に喜んでいる。
寺主一郎
寺主の息子。受験生で、家にいても狭くて暑苦しいので外を歩いていたりする。