3次元再構成法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

3次元再構成法(さんじげんさいこうせいほう)とは、トモグラフィック復元の一手法で、異なる投影角度により投影された2次元の画像の集合から、元の3次元像を再構成する手法の事である。医療画像処理電子顕微鏡画像で用いられるコンピュータ断層撮影(Computed Tomography : CT、トモグラフィー)法や単粒子解析法などの各種方法がある。数学的には、ラドン変換、逆ラドン変換により記述することができる[1]フーリエ変換における中央断面定理が、投影像からの3次元像の再構成が可能であることを理解しやすい形で示している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 戸田裕之. X線CT―産業・理工学でのトモグラフィー実践活用. 共立出版. ISBN 978-4-320-08222-9. 

関連項目[編集]