3番街-149丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
3番街-149丁目駅
3 Avenue–149 Street
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-5.svg
ニューヨーク市地下鉄
01-Third Avenue–149th Street; IRT White Plains Road.jpg
列車から見るホーム柱と壁の駅名標
駅情報
住所 East 149th Street, Third, Willis & Melrose Avenues
Bronx, NY 10455
ブロンクス区
地区 ザ・ハブ, モット・ヘイヴン
座標 北緯40度48分58秒 西経73度55分04秒 / 北緯40.816099度 西経73.917676度 / 40.816099; -73.917676座標: 北緯40度48分58秒 西経73度55分04秒 / 北緯40.816099度 西経73.917676度 / 40.816099; -73.917676
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTホワイト・プレーンズ・ロード線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      5 Stops all times except late nights (深夜を除く終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: Bx2, Bx4, Bx4A, Bx15, Bx19, Bx21, Bx41, Bx41 SBS
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1905年7月10日(113年前) (1905-07-10
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 3番街駅
3 Avenue
利用状況
乗客数 (2017)7,458,222[1]減少 2%
順位 52位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 東180丁目駅 (急行): 5 Stops rush hours in peak direction only
ジャクソン・アベニュー駅 (各停): 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction
南側の隣駅 149丁目-グランド・コンコース駅: 2 Stops all times 5 Stops all times except late nights


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス 東180丁目駅 (急行): 5 Stops rush hours in peak direction only
シンプソン・ストリート駅 (各停): 2 Stops all times 5 Stops all times except rush hours in the peak direction
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 135丁目駅 (レノックス線経由): 2 Stops all times
125丁目駅 (レキシントン線経由): 5 Stops all times except late nights

3番街-149丁目駅(3ばんがい-149ちょうめえき、英語: Third Avenue–149th Street)はニューヨーク市地下鉄IRTホワイト・プレーンズ・ロード線の駅である。ブロンクス区ザ・ハブとモット・ヘイヴンに跨がる東149丁目と3番街、メルローズ・アベニュー、ウィリス・アベニューの交差点に位置し、2系統が終日、5系統が深夜を除く終日停車する。駅は2017年に700万人以上の乗客が利用しており、ニューヨーク市地下鉄全体では52番目、ブロンクス区内の駅に限ると161丁目-ヤンキー・スタジアム駅に次ぎ2番目に乗客数が多い駅となっている[1]

歴史[編集]

1905年7月10日のジャクソン・アベニュー駅 - 149丁目-グランド・コンコース駅間の延伸開業と共に3番街駅 (Third Avenue) として開業した。当駅と1887年に開業していたIRT3番街線149丁目駅英語版との間を無料で乗り換えることができた[2][3]。3番街線とホワイト・プレーンズ・ロード線という2つの高速輸送鉄道の駅ができ付近を走っていた路面電車のターミナルにもなり、商業開発が進んだことから20世紀初頭に駅の位置する交差点は"ザ・ハブ"という名前になった[3][4][5][6]

1973年にIRT3番街線が廃止されたあとも[7][8]、IRT3番街線の代替路線となったBx55バスとの間で紙を利用することで無料で乗り換えができた[9][10][11][12]。また、この駅はメトロカード対応の自動改札機をテストとして最初に導入した駅の1つである[11]

1981年にMTAは、地下鉄で最も老朽化した69駅の中に当駅をあげた[13]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
南行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行き149丁目-グランド・コンコース駅
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行き(149丁目-グランド・コンコース駅)
NYCS-bull-trans-5.svg 週末:ボウリング・グリーン駅行き(149丁目-グランド・コンコース駅)
北行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きジャクソン・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-5.svg 深夜帯以外:イーストチェスター-ダイアー・アベニュー駅行き(夕ラッシュ時:東180丁目駅、それ以外:ジャクソン・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-5.svg 夕ラッシュ時:ネレイド・アベニュー駅行き(東180丁目駅)
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス

駅は相対式ホーム2面と線路2線を有した2面2線の地下駅で、改札内でのホーム間連絡通路は設置されていない。近年駅は改装され両ホームにそれぞれ地上へ接続するエレベーターが設置されADAに準拠するようになった。

駅には1996年にホセ・オルテガにより製作されたアートワーク『Una Raza, Un Mundo, Universo (One Race, One World, One Universe)』が設置されている。これは4つのモザイクアートからなっており、改札口付近のホームに飾られている[14]。また、改装前はホーム壁面にテレコッタの「3」と書かれた板があったが、現在はニューヨーク交通博物館に保存されている1つを除いて全て撤去されている。

駅の北側(地理的には東側)では線路は地上へ上がり高架線となりジャクソン・アベニュー駅に入る。この地下線から高架線へとなる部分にはかつて3番街線とホワイト・プレーンズ・ロード線間の連絡線があり、現在もその跡を見ることができる[15]。また、急行線は東180丁目駅まで停車しない。駅間距離は3.4マイル(5.5キロメートル)で7駅通過しており、同じく7駅通過しているIND8番街線125丁目駅 - 59丁目-コロンバス・サークル駅間の急行線3.5マイル(5.6キロメートル)に次いでニューヨーク市地下鉄内で2番目に長い急行停車駅間距離となっている。

出口[編集]

改札口はホームと同じ階にあり、閉鎖されたホーム間連絡通路もある。また、改札口にはバス乗換ブースがあり、IRT3番街線の代替バスであるBx55バスに乗車する場合はこのブースで無料連絡用の紙を貰ってバスへ乗り換えることになっていた。しかし、1997年7月にメトロカードが導入され、自動的に無料連絡が可能となったためこのブースは閉鎖された[16]

地上へは両ホームともに3つの階段と1機のエレベーターが接続している。北行ホーム側からは東149丁目と3番街、メルローズ・アベニュー、ウィリス・アベニューの交差点南西に階段1つとエレベーター1機、同交差点南東に階段2つが接続しており、南行ホーム側からは同交差点北西に階段1つとエレベーター1機、同交差点北側に階段2つが接続している[17][18]

駅周辺[編集]

  • アルフレッド・E・スミス・キャリア技術教育高等学校[17]
  • ブロンクス・オペラハウス[17]
  • ニューロシェル大学[17]
  • パターソン・ハウス[17]
  • サウス・ブロンクス教育キャンパス、かつてはサウス・ブロンクス高等学校[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ “Subway Trains Running from Bronx to Battery”. ニューヨーク・タイムズ: p. 1. (1905年7月10日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1905/07/10/101363643.pdf 2011年10月4日閲覧。 
  3. ^ a b The Bronx Had Everything, Including Own Shows”. ニューヨーク・タイムズ (1972年9月4日). 2015年10月7日閲覧。
  4. ^ Bronx Has New Crosstown Trolley Line Entering Manhattan Through 149th Street”. ニューヨーク・タイムズ (1911年10月22日). 2015年10月7日閲覧。
  5. ^ REVIEW OF WEEK'S IMPORTANT DEALS”. ニューヨーク・タイムズ (1911年5月7日). 2015年10月7日閲覧。
  6. ^ THE REAL ESTATE FIELD; Bronx Plot Sells for $200 a Front Foot -- John D. Rockefeller, Jr., Takes Title to the Francis S. Kinney House -- $148,000 Paid for Theatre and Office Building Site in Jamaica, L.I.”. ニューヨーク・タイムズ (1912年3月2日). 2015年10月7日閲覧。
  7. ^ If You're Thinking of Living In/Belmont; Close-Knit Bronx Area With Italian Aura”. ニューヨーク・タイムズ (2001年7月29日). 2015年9月24日閲覧。
  8. ^ Now That El's Gone, Bronx Hub Sees A Brighter Future”. ニューヨーク・タイムズ (1977年8月27日). 2015年9月24日閲覧。
  9. ^ City Plans to Raze 3d Ave. El in Bornx”. ニューヨーク・タイムズ (1972年7月18日). 2015年9月24日閲覧。
  10. ^ The 3rd Avenue Corridor”. The Bronx Journal (2013年3月27日). 2015年9月24日閲覧。
  11. ^ a b Bronx Bus Line Riders Get Glimpse of Future”. ニューヨーク・タイムズ (1992年11月18日). 2015年9月24日閲覧。
  12. ^ 3d Avenue El Closes Saturday; Fleet of 60 Buses to Replace It”. ニューヨーク・タイムズ (1973年4月22日). 2015年10月7日閲覧。
  13. ^ Gargan, Edward A. (1981年6月11日). “AGENCY LISTS ITS 69 MOST DETERIORATED SUBWAY STATIONS”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1981/06/11/nyregion/agency-lists-its-69-most-deteriorated-subway-stations.html 2016年8月13日閲覧。 
  14. ^ ART REVIEW; Way Up in the Bronx A Hardy Spirit Blooms”. ニューヨーク・タイムズ (1999年5月7日). 2015年10月7日閲覧。
  15. ^ 30 HURT, 500 IN PERIL IN ODD TRAIN WRECK ON 3D AV. ELEVATED; Cars Jump the Rails at Switch and Dash a Signal Tower to Pieces.”. ニューヨーク・タイムズ (1921年5月31日). 2015年10月7日閲覧。
  16. ^ Transfer Scheme Ends”. ニューヨーク・タイムズ (1997年7月8日). 2015年10月7日閲覧。
  17. ^ a b c d e f MTA Neighborhood Maps: Grand Concourse / Yankee Stadium”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2015年). 2015年10月7日閲覧。
  18. ^ NYC Official Accessibility Guide”. nyc.gov. City of New York (2008年). 2015年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。