3Dムービーメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
3Dムービーメーカー
開発元 マイクロソフトキッズ
最新版 / 1996年
対応OS Windows
種別 3Dコンピュータグラフィックソフトウエア
テンプレートを表示

3Dムービーメーカー(3D Movie Maker)は、1996年にマイクロソフトから発売されたソフトウェア。 製作はマイクロソフトの子会社であるマイクロソフトキッズである。

概要[編集]

このソフトでは3DCGキャラクターを配置したり、動かしたり、音楽を流したり、キャラクター同士で会話させることだけでなく、それを".3mm"および".vmm"形式で保存して友達に送ることが可能である。日本語版である「マイクロソフトキッズ3Dムービーメーカー&ドラえもんキャラクターキット」にはドラえもんデータが収録されていた。

このソフトの最終バージョンである Nickelodeon 3D Movie Makerには、『ぎゃあ!!!リアル・モンスターズ』や『ロッコーのモダンライフ』や『レンとスティンピー』からのキャラクターが収録されていた。 現在では3dmmからリリースされている。

主に、ニコニコ動画などでこのソフトを使用した作品が見られる。

プレイヤーに映画作りの手引きをしてくれるキャラクター・マグジーの日本語版の声は、龍田直樹が担当している。

システム要件[編集]

関連項目[編集]