4・3・2制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

4・3・2制とは、9年間の義務教育を4年、3年、2年の3期で分ける制度のこと。

小中一貫校などで、この制度を設ける学校がある。この制度を導入するきっかけとしては、勉強の躓きの解消[1]や子どもの発育関連の問題や単式授業によるメリット[2]などがある。

導入している学校[編集]

導入に向けて[編集]

兵庫県加東市は市内の市立小中学校を整備して小中一貫教育への移行を進めている[5]。一貫校は合併前の旧社町滝野町東条町の区分ごとに設置し、従来の「6・3制」から「4・3・2制」への変更なども検討されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “4・3・2制の小中一貫校誕生へ” (日本語). Livedoor NEWS. (2005年12月2日). http://news.livedoor.com/article/detail/1519094/ 2016年2月7日閲覧。 
  2. ^ 南日本新聞2010年2月25日 [要ページ番号]
  3. ^ [1] [リンク切れ]
  4. ^ “小中一貫「北山校」開校 初の校舎共有” (日本語). 佐賀新聞. (2008年4月7日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.856939.article.html 2016年2月7日閲覧。 
  5. ^ 田中靖浩 (2014年12月10日). “市立全小中学校を小中一貫校に 加東市が方針” (日本語). 神戸新聞. http://www.kobe-np.co.jp/news/kyouiku/201412/0007571447.shtml 2016年2月7日閲覧。